住友ビルディング(三井住友銀行大阪本店)2015.7.26

150726smtm_04DSC_0584.jpg

このところ仕事がバタバタしていて、また更新が止まってしまっていますが、
普段はなかなか入ることができない住友ビルディング(三井住友銀行大阪本店)1階のステンドグラスが
本日(2015年7月26日)一般公開されるということで、非常に貴重な機会なので、
仕事の合間になんとか撮影してきました。


nknsm150604_●15DSC_0620
中之島から撮影した住友ビルディング(三井住友銀行大阪本店)
(2015年6月4日撮影)

住友ビルディング(三井住友銀行大阪本店)
1926年(大正15年)に完成した住友グループの「総本山」や「象徴」と言えるビル。
当時は住友銀行(現三井住友銀行)の他、住友信託銀行、住友生命、住友林業、住友化学など
グループ各社が入居していましたが、昭和37年からは住友銀行の単独所有となり、
現在は三井住友銀行の大阪本店となっています。

■住友ビルディング(三井住友銀行大阪本店) 概要
・第1期工事(北側半分):大正11年(1922年)12月〜大正15年(1926年)4月
・第2期工事(南側半分):昭和2年(1927年)9月〜昭和5年(1930年)8月
・設  計:住友合資会社工作部
・施  工:大林組
・階  数:地上6階・地下1階
・最高高さ:34.5m
・構  造:鉄骨鉄筋コンクリート構造
・延床面積:36,220㎡
・外  装:黄竜山石(兵庫県産)と大理石(イタリア産)を混ぜた擬石





nknsm150604_15DSC_0975.jpg
(2015年6月8日撮影)

老朽化により一時は取り壊して建て替える案もあったそうですが、
住友グループのシンボルとしての歴史的な価値を重視し、
2013年3月から約2年かけて耐震補強を中心に改修が進められてきました。

耐震補強や防災機能の強化、省エネ化の他、1階の旧事務室のスペースを応接エリアに改造。
建設当時から残るステンドグラス(面積:約108㎡・ガラス:3635枚・天井の高さ:約6m)には
LED照明が設置され、1989年に防水シートで覆われて以来26年ぶりに光を取り戻しました。

改修工事が終わった5月19日以降、平日の夕方〜午後9時までライトアップが行われています。




150726smtm_01DSC_0590.jpg
北側(土佐堀通側)の玄関(2015年7月26日撮影)

住友ビルディング(三井住友銀行大阪本店)に関する詳細は、
中之島周辺 2015.6(2)中之島から見た「住友村」 等(2015年6月19日更新)
中之島周辺 2015.6(3)住友ビルディング(三井住友銀行大阪本店)(2015年6月20日更新)
住友村 界隈 2015.6(2015年7月2日更新)
等の記事をご覧いただくとしまして、
ここからは本日(2015年7月26日)の撮影分の写真を見ていきます。




150726smtm_02DSC_0579.jpg
北側(土佐堀通側)の玄関(2015年7月26日撮影)




150726smtm_03DSC_0575.jpg
北側(土佐堀通側)の玄関(2015年7月26日撮影)




150726smtm_05DSC_0566.jpg
1階共用応接ロビー(2015年7月26日撮影)

住友ビルディング(三井住友銀行大阪本店)の歴史を紹介するパネルが展示されていました。




150726smtm_06DSC_0546.jpg
1階共用応接ロビー(2015年7月26日撮影)




150726smtm_07DSC_0551.jpg
1階共用応接ロビー(2015年7月26日撮影)




150726smtm_08DSC_0543.jpg
1階共用応接ロビーの天井(2015年7月26日撮影) 

この天井ステンドグラスは、第1期工事(大正11年(1922年)〜大正15年(1926年))に
住友銀行営業部の採光用の窓として作られたもので、
アメリカ製(Kokomo Opalescent Glass, Inc.製)の3,635枚のガラスで構成されています。
共用応接ロビーの面積は175㎡、天井ステンドグラスは115㎡となっています。
現在、光源には自然光ではなくLED照明が使用されています。
(本日現地で配布されていたリーフレットより)



150726smtm_09DSC_0572.jpg
1階共用応接ロビーの天井(2015年7月26日撮影) 




150726smtm_10DSC_0554.jpg
1階共用応接ロビーの天井(2015年7月26日撮影) 


残念ながら、1階共用応接ロビー以外は館内すべて撮影禁止だったので、
写真でご紹介することができませんが、玄関から1階共用応接ロビーへと続く通路や
その奥にある営業室等、館内の他の部分も本当に素晴らしかったです。

特に営業室のスケールや豪華さには驚きました。
一般的な中学校や高校の体育館くらいの広さと天井の高さは優にありそうな広々とした空間。
そしてそこに立ち並ぶ大理石製のコリント式の柱、柱頭や天井の装飾・・。
ちょっと言葉では表現しきれませんが、本当に感動したというか圧倒されました。

9月9日(水)・10日(木) の9:00~15:00にもまた一般公開があるそうなので、
興味のある方はぜひとも実際に見に行ってみてください。


■関連記事
中之島周辺 2015.6(2)中之島から見た「住友村」 等(2015年6月19日更新)
中之島周辺 2015.6(3)住友ビルディング(三井住友銀行大阪本店)(2015年6月20日更新)
住友村 界隈 2015.6(2015年7月2日更新)
 
関連記事

大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6(2)中央線・四つ橋線ホーム 等

 
大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6(1)御堂筋線ホーム 等に続いて、
今日は、中央線と四つ橋線のホームを中心に見ていきます。
(全写真、2015年6月21日(日)・7月5日(日)撮影)


★hnmc150705_43DSC_0315
本町駅 中央線ホームと、コスモスクエア行きの電車(相互乗入れ先の近鉄7000系)

大阪市営地下鉄 本町駅
大阪市中央区船場中央にある大阪市営地下鉄の駅で、1933年(昭和8年)開業。
御堂筋線中央線四つ橋線の3路線が乗り入れています。

1日あたりの乗降客数は約21万4千人(中央線・四つ橋線含む)で、
梅田駅(御堂筋線単独で約44万人/谷町線東梅田駅・四つ橋線西梅田駅を含むと約70万人)、
難波駅(約35万人/千日前線・四つ橋線含む)、
天王寺駅(約25万人/谷町線含む)、淀屋橋駅(御堂筋線単独で約22万人)に次いで、
御堂筋線で第5位となっています。


★hnmc150705_00DSC_0086
駅周辺の地図(写真左が北・上が東)

南北に延びる御堂筋線・四つ橋線と東西に延びる中央線がコの字型に接続しています。



★hnmc150705_00DSC_0222
各線が少し離れていることや駅の上に船場センタービルがあることもあり、
駅構内はかなり複雑な構造になっています。
心斎橋駅や難波駅同様、改札内で繋がってはいますが御堂筋線と四つ橋線はかなり離れているので、
本町駅で御堂筋線と四つ橋線を乗り換える人は少なそうです。

■駅構内図(公式サイト)
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/station-guide/M/m18.html




ということで、中央線ホームから見ていきます。

★hnmc150705_30DSC_0327
本町駅 中央線ホーム(ホーム西端部分から)

島式ホーム1面2線ですが、船場センタービルの真下に位置している関係で
1番線と2番線が隔てられた構造になっています。

同じく船場センタービルの真下にある堺筋本町駅の中央線ホームも同じような構造ですが、
両方向の線路やホームが完全に並行している堺筋本町駅に対して、
本町駅は船場センタービルの西端部分にあるので、
東から西に向かって両側の線路の間隔やホームの幅が狭くなっています。
(下の地図を参照)




★hnmc150705_30DSC_0262
中央線ホームは、西側を頂点にした三角形のような形になっています。




★hnmc150705_32DSC_0238
中央線ホームの東端部分から見た
御堂筋線ホーム方面へのエスカレーター

中央線は三路線の中で一番深い場所にあります。




★hnmc150705_33DSC_0241
ホームの東端付近
三角形の底辺にあたるところで、ホームの幅が最も広いところです。

写真奥、車両が写っているところが2番ホーム(弁天町・大阪港・コスモスクエア方面)、
写真手前側に、1番ホーム(森ノ宮・長田・生駒・学研奈良登美ヶ丘方面)があります。



★hnmc150705_35DSC_0240
一つ上の写真と同じ地点から見た
1番ホーム(森ノ宮・長田・生駒・学研奈良登美ヶ丘方面)




★hnmc150705_34DSC_0249
ホームの東端から見た2番ホーム(弁天町・大阪港・コスモスクエア方面)




★hnmc150705_36DSC_0246
ホームの東端から見た1番ホーム(森ノ宮・長田・生駒・学研奈良登美ヶ丘方面)




★hnmc150705_37DSC_0250
駅名表示板と路線案内板
御堂筋線ホームと同じく、新しいデザインのものになっています。




★hnmc150705_39DSC_0281
ホームの西端から見た中央線ホーム
三角形の頂点にあたるところで、ホームの幅が最も狭いところです。



★hnmc150705_41DSC_0275
ホームの西端から見た1番ホーム(森ノ宮・長田・生駒・学研奈良登美ヶ丘方面)



★hnmc150705_42DSC_0285
ホームの西端から見た2番ホーム(弁天町・大阪港・コスモスクエア方面)




★hnmc150705_44DSC_0292
中央線ホームの西端部分から見た
四つ橋線ホーム方面への階段・エスカレーター




★hnmc150705_45DSC_0336
一つ上の写真の階段を上ったところ 四つ橋線ホーム方面への乗換え通路




★hnmc150705_50DSC_0342
一つ上の写真の通路を四つ橋線ホーム方面へ進んだ地点
写真左側、柵の向こう側は並行する改札外の通路です。 




★hnmc150705_52DSC_0353
中央線ホームの西端部分から150m弱西に進んだ地点
四つ橋線ホームと四つ橋線南東改札。

オリックス本町ビル(オリックス大阪本社)の下に位置しています。




★hnmc150705_51DSC_0349
一つ上の写真 四つ橋線南東改札から
中央線御堂筋線ホーム方面への通路を振り返る




★hnmc150705_53
四つ橋線ホーム

御堂筋線中央線のホームは特徴のある構造ですが、
四つ橋線ホームは相対式ホーム2面2線の、ごく普通の地下鉄ホームという感じです。




★hnmc150705_54DSC_0364
路線案内板
御堂筋線中央線と同じく、新しいデザインのものになっています。




★hnmc150705_55DSC_0372
四つ橋線1番ホーム(なんば・大国町・住之江公園方面)と、住之江公園行きの電車(23系)




★hnmc150705_56DSC_0369
四つ橋線1番ホーム(なんば・大国町・住之江公園方面)のトイレ




★hnmc150705_57DSC_0373
このトイレも、入口・内部共にリニューアル済です。


2回に渡ってご紹介してきました「大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6」以上になります。

■地下鉄関連記事
大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6(2)中央線・四つ橋線ホーム 等(2015/07/19)
大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6(1)御堂筋線ホーム 等(2015/07/18)
淀屋橋駅(地下鉄御堂筋線)2015.6(2015/07/04)
地下鉄御堂筋線心斎橋駅 可動式ホーム柵設置 2015.3(2015/03/03)
地下鉄御堂筋線天王寺駅 可動式ホーム柵設置 2015.2(2015/02/24)
大阪市営地下鉄の可動式ホーム柵(千日前線) 201410(2014/11/02)
地下鉄御堂筋線 天王寺駅(2013/04/22)
  
関連記事

大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6(1)御堂筋線ホーム 等

hnmc150621_01DSC_0980.jpg
本町駅 御堂筋線ホーム(ホーム中央の階段から)
(全写真、2015年6月21日(日)・7月5日(日)撮影)

大阪市営地下鉄 本町駅
大阪市中央区船場中央にある大阪市営地下鉄の駅で、1933年(昭和8年)開業。
御堂筋線中央線四つ橋線の3路線が乗り入れています。

1日あたりの乗降客数は約21万4千人(中央線・四つ橋線含む)で、
梅田駅(御堂筋線単独で約44万人/谷町線東梅田駅・四つ橋線西梅田駅を含むと約70万人)、
難波駅(約35万人/千日前線・四つ橋線含む)、
天王寺駅(約25万人/谷町線含む)、淀屋橋駅(御堂筋線単独で約22万人)に次いで、
御堂筋線で第5位となっています。


★hnmc150705_00DSC_0086
駅周辺の地図(写真左が北・上が東)

南北に延びる御堂筋線・四つ橋線と東西に延びる中央線がコの字型に接続しています。



★hnmc150705_00DSC_0222
各線が少し離れていることや駅の上に船場センタービルがあることもあり、
駅構内はかなり複雑な構造になっています。
心斎橋駅や難波駅同様、改札内で繋がってはいますが御堂筋線と四つ橋線はかなり離れているので、
本町駅で御堂筋線と四つ橋線を乗り換える人は少なそうです。

■駅構内図(公式サイト)
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/station-guide/M/m18.html




それでは、今日は御堂筋線ホームを中心に見ていきます。

★hnmc150705_01DSC_0126

御堂筋線ホームは、島式ホーム1面2線で、ホーム有効長は10両分。

梅田駅・淀屋橋駅心斎橋駅天王寺駅等と同様に高い天井と広々とした空間が特徴ですが、
ホーム中央に天井を支える柱があったり、シャンデリア風の照明ではない点で、
淀屋橋駅心斎橋駅とは少し雰囲気が違います。

最近、壁面と天井がリニューアルされ、以前に比べてかなり明るく綺麗になりました。




★hnmc150705_01DSC_0187
御堂筋線ホーム 案内図




hnmc150621_02DSC_0994.jpg
御堂筋線ホーム




★hnmc150705_06DSC_0135
御堂筋線ホーム




★hnmc150705_03DSC_0998DSC_0137
ホーム壁面と駅名表示板・路線案内板

以前の緑と赤のタイルからかなり雰囲気が変わりました。




hnmc150621_04DSC_0999.jpg
駅名表示板(数年前から(船場西)と併記されるようになりました)

現在大阪市交通局では駅サインのリニューアルが進められていますが、
モデル駅に選ばれた本町駅では先行して新サインが導入されています。


駅名表示板以外のサインもざっとご紹介していきます。

hnmc150621_05DSC_0003.jpg
路線案内板




★hnmc150705_06DSC_0156
時刻表・乗車位置案内・全線路線図 等




hnmc150621_11DSC_0028.jpg
出口や駅周辺等の案内




hnmc150621_07DSC_0017.jpg
ホームの番号と行き先の方面




hnmc150621_08DSC_0009.jpg
乗換え・出口の案内




★hnmc150705_13DSC_0107
床に貼られたタイプ

まだまだいろんなタイプのサインがありますが、
キリがないのでとりあえずこの辺にしておきます。




★hnmc150705_14DSC_0161
ホーム中央付近
最近、天王寺駅の御堂筋線ホームでも新たにまた設けられましたが、
ホーム上の中2階にあたる部分に改札階とホームを結ぶバイパス通路が設けられています。
天井が高い広々とした空間が狭くなってゴチャゴチャしてしまうという弊害もありますが、
混雑が激しい駅なので仕方ないですね。




★hnmc150705_15DSC_0165
写真右側 バイパス通路を通って改札階(中改札)に向かいます。




★hnmc150705_16DSC_0171
階段の途中から見たホームとバイパス通路




★hnmc150705_17DSC_0176
バイパス通路上



★hnmc150705_19DSC_0181
結構有名な話だとは思いますが、
バイパス通路上の天井の照明は「HOMMACHI」の形になっています。




★hnmc150705_18DSC_0183
改札側から見たバイパス通路




★hnmc150705_24DSC_0211
バイパス通路を抜けた地点 中改札付近




★hnmc150705_22DSC_0191
中改札近くのトイレ入口

大阪市営地下鉄では、今里筋線を除く112駅においてトイレのリニューアルが順次進めれていますが、
本町駅中改札のトイレは2013年(平成25年)8月にリニュールが完了しました。




★hnmc150705_23DSC_0209
トイレ内(男子トイレ)
高級感のある落ち着いた内装になっています。

一方、女子トイレはの方はワインレッドを基調とした内装になっているそうです。
また、淀屋橋駅同様、女子トイレにはパウダーコーナーも設置されています。




★hnmc150705_21DSC_0219
中改札付近から見た、バイパス通路・ホーム方面


とりあえず今日はここまでです。
次回 大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6(2)中央線・四つ橋線ホーム 等に続きます。

■地下鉄関連記事
大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6(2)中央線・四つ橋線ホーム 等(2015/07/19)
大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6(1)御堂筋線ホーム 等(2015/07/18)
淀屋橋駅(地下鉄御堂筋線)2015.6(2015/07/04)
地下鉄御堂筋線心斎橋駅 可動式ホーム柵設置 2015.3(2015/03/03)
地下鉄御堂筋線天王寺駅 可動式ホーム柵設置 2015.2(2015/02/24)
大阪市営地下鉄の可動式ホーム柵(千日前線) 201410(2014/11/02)
地下鉄御堂筋線 天王寺駅(2013/04/22)
 
関連記事

淀屋橋odona 2015.6(3)2階外周部

 
少し間が開いてしまいましたが、
淀屋橋odona 2015.6(1)7/12 写真追加・差し換え済)、
淀屋橋odona 2015.6(2)1階外周部7/12 写真追加・差し換え済)に続いて、
「淀屋橋odona」その3。
今日は2階外周部(北・西・南面)を中心にUPしていきます。
(2015年6月21日(日)・7月5日(日)撮影)


odona150705_63DSC_0428.jpg
淀屋橋odona 2階北側のウッドデッキ(回廊)

淀屋橋odonaの1・2階は、外周部の回廊に面して店舗が配置されているのが特徴で、
1階の外周部は通りまでゆったりと取られた空間とポルティコ(北・南面)、
2階の外周部にはウッドデッキの回廊(東面除く)が設けられており、
屋内と屋外の両側から各店舗に出入りすることができます。
(一部店舗は屋内もしくは屋外からの入口のみ)


★★★odona150709_60DSC_0091 (1)




まずは、2階の屋内部分から見ていきます。

odona150705_●61DSC_0390
「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」




odona150705_61DSC_0369.jpg
「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」




odona150705_●62DSC_0374
「淀屋橋三井ビルディング」





続いて、屋外のウッドデッキの回廊部分です。
北東角を起点に→北西角→南西角→南東角と、左回りに見ていきます。


odona150705_●64DSC_0403
北東角
突き当りの向こうは御堂筋です。




odona150705_●60DSC_0411
北東角付近から見た西側(北側の回廊)




odona150705_64DSC_0436.jpg
北西角付近から見た東側(北側の回廊)




odona150705_65DSC_0440.jpg
北西角から見た西側

住友ビル本館や住友ビルディング等、「住友村」のビル群が見えています。




odona150705_66DSC_0449.jpg
住友ビルディング方面をズームで

住友ビルディングの後方(西側)には、
肥後橋の大同生命大阪本社ビル(88.8m)、アパホテル大阪肥後橋駅前(107m)、
さらに後方には中之島の関電ビルディング(195.45m)が重なって見えています。




odona150705_68DSC_0461.jpg
北西角付近から見た南側(西側の回廊)




odona150705_69DSC_0468.jpg
北西角付近から見た淀屋橋odona西側の通り




odona150705_70DSC_0493.jpg
西側の回廊の中間辺りから見た北側
住友ビル本館や堂島の新ダイビル(高さ148m)等が見えています。




odona150705_73DSC_0502.jpg
西側の回廊の中間辺りから見た南西側




odona150705_74DSC_0512.jpg
南西角から見た西側
「住友村」にある大阪倶楽部、銀泉淀屋橋ビル(三井住友カード大阪本社)、
肥後橋の新石原ビル(石原産業本社)等が見えています。



odona150705_75DSC_0543.jpg
南西角から見た東側
(南側の回廊)




odona150705_78DSC_0566.jpg
南東角
突き当りの向こうは御堂筋です。




odona150705_77DSC_0564.jpg
南東角から見た西側
(南側の回廊)





odona150621_02DSC_0433.jpg
南東側(御堂筋)から見た淀屋橋odona

淀屋橋odona(三井住友海上大阪淀屋橋ビル・淀屋橋三井ビルディング)
淀屋橋の御堂筋沿い(中央区今橋四丁目)に立地する大型複合ビルで、
敷地の西側はいわゆる「住友村」の一角に面しています。
建物は一体化していますが、北半分がA棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」、
南半分がB棟「淀屋橋三井ビルディング」と、2棟のビルで構成されています。

A棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」は、東京の駿河台ビル・駿河台新館と並ぶ三井住友海上火災保険の主要拠点、
B棟「淀屋橋三井ビルディング」は、地権者および三井不動産の賃貸オフィスとなっています。

A棟・B棟共に、低層階(地下1階~地上2階)は、商業施設「淀屋橋odona」となっており、
「はたらく街」から「たのしむ街」へ。をコンセプトに、飲食店や雑貨店、書店など35店舗が入居しています。
※淀屋橋odonaの詳細は公式サイト(odona.jp)をご覧ください。

規 模:地上16階・地下4階建
竣 工:2008年




淀屋橋odona 2015.6 以上です。
  
関連記事

淀屋橋odona 2015.6(2)1階外周部

odona150705_●24DSC_0696
淀屋橋odona 1階北側のポルティコ(回廊)

先日の 淀屋橋odona 2015.6(1)に続いて、「淀屋橋odona」その2。
今日は1階外周部(北・西・南面)の写真をUPしていきます。
(2015年6月21日(日)・7月5日(日)撮影)
7/12 写真追加・差し換え済


odona150705_23DSC_0693.jpg
淀屋橋odona 1階北側のポルティコ(回廊)

淀屋橋odonaの1・2階は、外周部の回廊に面して店舗が配置されているのが特徴で、
1階の外周部は通りまでゆったりと取られた空間とポルティコ、
2階の外周部にはウッドデッキの回廊(東面除く)が設けられており、
屋内と屋外の両側から各店舗に出入りすることができます。
(一部店舗は屋内もしくは屋外からの入口のみ)


odona150705_●20DSC_0346
店舗一覧と1階のフロアガイド




それでは北東角を起点に→北西角→南西角→南東角と、
左回りに1階外周部を見ていきます。

odona150705_21DSC_0657.jpg
北東角から見た北側の通り




odona150705_22DSC_0685.jpg
1階北側のポルティコと歩道




★odona150709_24DSC_0029
1階北側のポルティコと歩道
(7月9日撮影)




odona150621_08DSC_0344.jpg
1階北側のポルティコと歩道

ファンションビルのテナントというより、路面店という雰囲気です。




smtm150621_24DSC_0338.jpg
北西角 




odona150621_07DSC_0329.jpg
北西角から見た東側
淀屋橋odona北側の通り




smtm150621_15DSC_0335.jpg
北西角から見た南側
淀屋橋odona西側の通り




★odona150709_261DSC_0039
この一角はパティスリー「ジョエル(joel)」と
スペインバール/レストラン「ファロ デル ポニエンテ(FARO DEL PONIENTE)」が並んでおり、
店の前にはテラス席も設けられています。
(7月9日撮影)



★odona150709_262DSC_0047
「ファロ デル ポニエンテ(FARO DEL PONIENTE)」とテラス席
(7月9日撮影)




★odona150709_263DSC_0063
「ファロ デル ポニエンテ(FARO DEL PONIENTE)」とテラス席
(7月9日撮影)




★odona150709_264DSC_0052
通りから見た「ジョエル(joel)」と「ファロ デル ポニエンテ(FARO DEL PONIENTE)」
(7月9日撮影)




odona150705_27DSC_0726.jpg
西側の通りから見た北側
突き当りには住友ビル本館の南東角が見えています。




odona150705_●29DSC_0739
西側の通りから2階外周部のウッドデッキへと通じる階段

その左側の緑の部分には、淀屋橋odonaができる以前、
ここに立地していた旧・愛日小学校の石碑が残されています。




odona150705_29DSC_0744.jpg




odona150705_32DSC_0757.jpg
西側の通りから見た南側




odona150705_34DSC_0783.jpg
南西角




odona150705_33DSC_0786.jpg
南西角から見た北側
淀屋橋odona西側の通り

正面には住友ビル本館や新ダイビル(148m)が見えています。




odona150705_35DSC_0777.jpg
南西角から見た東側
淀屋橋odona南側の通り

正面には日本生命本店の本館と東館が見えています。




odona150705_36DSC_0800.jpg
南側の通りから見た西側
通りの先には、大阪倶楽部、住友ビル2号館・3号館、新石原ビル(石原産業本社)等が見えています。

淀屋橋odonaは、いわゆる「住友村」と「日本生命村」に挟まれた地点に立地しています。




odona150705_37DSC_0790.jpg
1階南側のポルティコと歩道




odona150705_38DSC_0573.jpg
1階南側のポルティコと歩道




odona150705_39DSC_0812.jpg
南側の通りから見た東側

御堂筋と日本生命本店の本館と東館




odona150705_41DSC_0583.jpg
南東角付近から見た1階南側のポルティコと歩道



odona150705_42DSC_0637.jpg
南東角付近から見た南側の通り




淀屋橋odona 2015.6 次回に続きます。

odona150621_02DSC_0433.jpg
南東側(御堂筋)から見た淀屋橋odona

淀屋橋odona(三井住友海上大阪淀屋橋ビル・淀屋橋三井ビルディング)
淀屋橋の御堂筋沿い(中央区今橋四丁目)に立地する大型複合ビルで、
敷地の西側はいわゆる「住友村」の一角に面しています。
建物は一体化していますが、北半分がA棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」、
南半分がB棟「淀屋橋三井ビルディング」と、2棟のビルで構成されています。

A棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」は、東京の駿河台ビル・駿河台新館と並ぶ三井住友海上火災保険の主要拠点、
B棟「淀屋橋三井ビルディング」は、地権者および三井不動産の賃貸オフィスとなっています。

A棟・B棟共に、低層階(地下1階~地上2階)は、商業施設「淀屋橋odona」となっており、
「はたらく街」から「たのしむ街」へ。をコンセプトに、飲食店や雑貨店、書店など35店舗が入居しています。
※淀屋橋odonaの詳細は公式サイト(odona.jp)をご覧ください。

規 模:地上16階・地下4階建
竣 工:2008年


  
関連記事