■和泉市

カテゴリ:■和泉市 の記事一覧

和泉市 201309(3)和泉中央駅 3

昨日・一昨日の和泉市 201309(1)和泉中央駅 1 和泉市 201309(2)和泉中央駅 2 に続いて、
和泉中央駅周辺のレポート

和泉市は大阪府泉北地域に位置する市で、人口は187,334人(統計いずみ平成24年版より)で、
大阪府下で12番目の人口となっています。
大阪都心のベッドタウンとして発展し、人口も増加し続けています。
JR阪和線の和泉府中駅周辺が長年に渡って市の政治や経済の中心を担ってきましたが、
泉北ニュータウンの光明池地区やトリヴェール和泉の開発で、経済の中心はこの和泉中央駅周辺に移りつつあります。

izm_01_55★DSC_0618
和泉中央駅

和泉中央駅は、大阪府和泉市いぶき野(トリヴェール和泉)にある泉北高速鉄道の終着駅です。
1995年(平成7年)泉北高速鉄道の光明池~和泉中央延伸時に開業しました。
平成24年度の一日平均乗降客数は30,108人で、年々増加傾向にあります。


■泉北高速鉄道について
堺市北区の中百舌鳥駅から和泉市の和泉中央駅までを結ぶ大阪府都市開発の鉄道路線
南海高野線との相互直通運転、また中百舌鳥駅では地下鉄御堂筋線と連絡しており、
泉北ニュータウンやトリヴェール和泉といった郊外の大規模住宅都市と都心をつなぐ大動脈となっています。

1971年(昭和46年)中百舌鳥泉ケ丘間営業開始
1973年(昭和48年)泉ケ丘栂・美木多間営業開始
1977年(昭和52年)栂・美木多光明池間営業開始
1995年(平成7年)光明池和泉中央間営業開始


izm_01_55DSC_0041.jpg
和泉中央駅近くから見た光明池駅方面

深井駅〜和泉中央駅はほとんどが直線区間で踏切はありません。
泉北高速鉄道の線路の両脇を泉北1号線(府道34号堺狭山線・府道38号富田林泉大津線・府道223号三林岡山線)の道路が並走しています。
和泉中央駅付近ではさらに阪和自動車道も並走しています。



izm_01_55★DSC_0490
和泉中央駅と駅南側の商業施設の間を走る阪和自動車道と泉北1号線
駅南側の出口付近では、バスターミナルの地下部分を走っています。

泉ケ丘駅栂・美木多駅同様、ホームや線路は並走する泉北1号線、阪和自動車道とともに掘割部にあり、
橋上駅舎の改札階が周辺の地上と同じレベルにあります。



駅内部やロータリーの詳細は一昨日の和泉市 201309(1)和泉中央駅 1をご覧いただくとして、
今日は昨日の和泉市 201309(2)和泉中央駅 2 に続いて、駅周辺のレポートです。
昨日のエコールいずみの続きからいきます。


izm_01_38DSC_0516.jpg
エコールいずみアムゼモール2階




izm_01_45★DSC_0512
アムゼモール2階から、さらに南側に向かって通路が伸びています。




izm_01_45DSC_0577.jpg
通路を南に向かって進んでいきます。





izm_01_46DSC_0517.jpg
エコールいずみの南側、和泉中央駅から徒歩約3分ほどのところに「和泉シティプラザ」があります。




izm_01_48DSC_0528.jpg
和泉シティプラザ
財団法人和泉市公共施設管理公社が管理・運営を行ってる文化施設で、2003年にオープンしました。
多目的ホール「弥生の風ホール」(客席数664席)、和泉市役所出張所、図書館、男女共同参画センター、生涯学習センター等が入っています。
和泉シティプラザの詳細はHPをご覧ください。→ http://www.izumicityplaza.or.jp/index.html



izm_01_49★DSC_0531
図書館は中庭の「知のオアシス」を取り巻くような構造で、椅子の多い滞在型の図書館としてくつろげる空間となっています。
一般書、児童書、ティーンズ、雑誌、ビジネス書など蔵書数は12万冊に及びます。




izm_01_50DSC_0540.jpg
図書館と中庭「知のオアシス」
後方にはエコールいずみが見えます。




izm_01_51DSC_0543.jpg
館内を奥の方に進むとこのような開放的な空間もありました。




izm_01_51DSC_0646.jpg
カフェ「シアトルズベストコーヒー」も入居しています。




izm_01_52DSC_0558.jpg
かなり雰囲気のいい施設です。




izm_01_46★DSC_0551
さて、またアムゼモールの通路を通って和泉中央駅方面に戻ります。




izm_01_31DSC_0026.jpg
エコールいずみ本館前から見た連絡通路

続いて駅北側にも少し触れておきます。



izm_01_54DSC_0010.jpg
和泉中央駅と駅北側を結ぶ連絡通路




izm_01_54★DSC_0008
連絡通路から見た光明池方面




izm_01_54DSC_0009.jpg
駅北側には、昨日ご紹介した「エコールいずみ」の北館や、
2012年10月に新たにオープンした「コープ和泉中央」 を核店舗とした複合商業施設等があります。




izm_01_54DSC_0603.jpg
エコールいずみ北館
薬局、クリニックやカルチャースクール、塾が多いです。
エコールいずみの詳細はHPをご覧ください。→ http://www.ecoll-izumi.com/




izm_01_54DSC_0605.jpg
連絡通路は、コープ和泉中央のビルの北側や、エコールいずみ北館の東側にあるいぶきの病院にも続いています。




izm_01_56DSC_0046.jpg
最後は、和泉中央駅の連絡通路から見た西側
個人的にはこの先のさらなる延伸が実現してほしいなあと思ってるんですけどね。


ということで、3回に渡ってご紹介してきた「和泉市 201309 和泉中央駅」これで終了です。


【泉北高速鉄道関連記事一覧】
堺市 201309(8)中百舌鳥(なかもず)駅
堺市 201309(13)深井駅
堺市 201309(11)泉ケ丘駅 1
堺市 201309(12)泉ケ丘駅 2
堺市 201309(14)栂・美木多駅
堺市 201309(15)光明池駅 1
堺市 201309(16)光明池駅 2
和泉市 201309(1)和泉中央駅 1
和泉市 201309(2)和泉中央駅 2
和泉市 201309(3)和泉中央駅 3

 

和泉市 201309(2)和泉中央駅 2

昨日の和泉市 201309(1)和泉中央駅 1に続いて、和泉中央駅周辺のレポート

和泉市は大阪府泉北地域に位置する市で、人口は187,334人(統計いずみ平成24年版より)で、
大阪府下で12番目の人口となっています。
大阪都心のベッドタウンとして発展し、人口も増加し続けています。
JR阪和線の和泉府中駅周辺が長年に渡って市の政治や経済の中心を担ってきましたが、
泉北ニュータウンの光明池地区やトリヴェール和泉の開発で、経済の中心はこの和泉中央駅周辺に移りつつあります。

izm_01_30DSC_0037.jpg
和泉中央駅

和泉中央駅は、大阪府和泉市いぶき野(トリヴェール和泉)にある泉北高速鉄道の終着駅です。
1995年(平成7年)泉北高速鉄道の光明池~和泉中央延伸時に開業しました。
平成24年度の一日平均乗降客数は30,108人で、年々増加傾向にあります。


izm_01_30DSC_0481.jpg
和泉中央駅近くから見た光明池駅方面

■泉北高速鉄道について
堺市北区の中百舌鳥駅から和泉市の和泉中央駅までを結ぶ大阪府都市開発の鉄道路線
南海高野線との相互直通運転、また中百舌鳥駅では地下鉄御堂筋線と連絡しており、
泉北ニュータウンやトリヴェール和泉といった郊外の大規模住宅都市と都心をつなぐ大動脈となっています。

1971年(昭和46年)中百舌鳥泉ケ丘間営業開始
1973年(昭和48年)泉ケ丘栂・美木多間営業開始
1977年(昭和52年)栂・美木多光明池間営業開始
1995年(平成7年)光明池和泉中央間営業開始


izm_01_30DSC_0454.jpg
泉北高速鉄道の車内から(光明池~和泉中央間)

深井駅〜和泉中央駅はほとんどが直線区間で踏切はありません。
泉北高速鉄道の線路の両脇を泉北1号線(府道34号堺狭山線・府道38号富田林泉大津線・府道223号三林岡山線)の道路が並走しています。
和泉中央駅付近ではさらに阪和自動車道も並走しています。



izm_01_30DSC_0035.jpg
駅南側

泉ケ丘駅栂・美木多駅同様、ホームや線路は並走する泉北1号線、阪和自動車道とともに掘割部にあり、
橋上駅舎の改札階が周辺の地上と同じレベルにあります。



駅内部やロータリーの詳細は昨日の和泉市 201309(1)和泉中央駅 1をご覧いただくとして、
今日は駅南側の商業施設ゾーンを中心にレポートします。


izm_01_32DSC_0691.jpg
橋上駅舎2階への階段・エスカレーター




izm_01_32DSC_0004.jpg
1つ上の写真の階段を上ったところ 橋上駅舎2階から見た改札口方面




izm_01_33DSC_0015.jpg
橋上駅舎2階からは駅の南北両サイドにある商業施設施設や公共施設への連絡通路が伸びています。




izm_01_33DSC_0012.jpg
連絡通路




まずは、駅南側を見ていきます。


izm_01_35DSC_0052.jpg
駅南側のロータリーから見た連絡通路




izm_01_34DSC_0016.jpg
「エコールいずみ」(写真は本館)

エコールいずみ
エコールいずみは、イズミヤ、ニトリ、アカチャンホンポや各種専門店からなるショッピングセンターで、
本館(1〜3階)、アムゼモール(1〜2階)、東館(1〜3階)、北館(1〜3階)の4つのフロアから構成されます。

エコールいずみの詳細はHPをご覧ください。→ http://www.ecoll-izumi.com/



izm_01_31★DSC_0025
連絡通路を通ってエコールいずみに入ると、本館、東館、そして本館と東館の間にあるアムゼモールの分岐点になっています。
アムゼモールは、駅からの連絡通路の延長線上にあり、さらに南側にある和泉シティプラザへの通路にもなっています。




izm_01_37DSC_0509.jpg
1つ上の写真の地点 アムゼモール2階から見た和泉中央駅連絡通路方面




izm_01_36DSC_0027.jpg
アムゼモール2階




izm_01_40DSC_0029.jpg
アムゼモール2階




izm_01_40★DSC_0039
本館2階入口




izm_01_40★DSC_0038
東館への通路




izm_01_39DSC_0028.jpg
アムゼモールにあるエスカレーターで1階に下ります。




izm_01_41DSC_0504.jpg
エスカレーター下から




izm_01_42★DSC_0503
本館(アムゼモール)と東館の間は広場になっています。




izm_01_44DSC_0584.jpg
この日は「ケラケラ」というグループのイベント(ライブ)が行われていて、中高生を中心にたくさんの人が集まっていました。




izm_01_43DSC_0506.jpg
広場から見た本館(アムゼモール)




izm_01_42DSC_0505.jpg
広場から見た東館




izm_01_53★DSC_0497
エコールいずみ東館のさらに東側には「PIVO和泉中央」というビルやヤマダ電機があり、
エコールいずみからも連絡通路で繋がっています。




izm_01_53DSC_0483.jpg
いぶき野大橋東から見たPIVO和泉中央とヤマダ電機

 
和泉市 201309 和泉中央駅 次回に続きます。


【泉北高速鉄道関連記事一覧】
堺市 201309(8)中百舌鳥(なかもず)駅
堺市 201309(13)深井駅
堺市 201309(11)泉ケ丘駅 1
堺市 201309(12)泉ケ丘駅 2
堺市 201309(14)栂・美木多駅
堺市 201309(15)光明池駅 1
堺市 201309(16)光明池駅 2
和泉市 201309(1)和泉中央駅 1
和泉市 201309(2)和泉中央駅 2
和泉市 201309(3)和泉中央駅 3

 

和泉市 201309(1)和泉中央駅 1

和泉市は大阪府泉北地域に位置する市で、人口は187,334人(統計いずみ平成24年版より)で、
大阪府下で12番目の人口となっています。
大阪都心のベッドタウンとして発展し、人口も増加し続けています。
JR阪和線の和泉府中駅周辺が長年に渡って市の政治や経済の中心を担ってきましたが、
泉北ニュータウンの光明池地区やトリヴェール和泉の開発で、経済の中心はこの和泉中央駅周辺に移りつつあります。

izm_01_01DSC_0017.jpg
和泉中央駅

和泉中央駅は、大阪府和泉市いぶき野(トリヴェール和泉)にある泉北高速鉄道の終着駅です。
1995年(平成7年)泉北高速鉄道の光明池~和泉中央延伸時に開業しました。
平成24年度の一日平均乗降客数は30,108人で、年々増加傾向にあります。


■泉北高速鉄道について
堺市北区の中百舌鳥駅から和泉市の和泉中央駅までを結ぶ大阪府都市開発の鉄道路線
南海高野線との相互直通運転、また中百舌鳥駅では地下鉄御堂筋線と連絡しており、
泉北ニュータウンやトリヴェール和泉といった郊外の大規模住宅都市と都心をつなぐ大動脈となっています。

1971年(昭和46年)中百舌鳥泉ケ丘間営業開始
1973年(昭和48年)泉ケ丘栂・美木多間営業開始
1977年(昭和52年)栂・美木多光明池間営業開始
1995年(平成7年)光明池和泉中央間営業開始

izm_01_02DSC_0470.jpg
和泉中央駅から見た光明池駅方面

深井駅〜和泉中央駅はほとんどが直線区間で踏切はありません。
泉北高速鉄道の線路の両脇を泉北1号線(府道34号堺狭山線・府道38号富田林泉大津線・府道223号三林岡山線)の道路が並走しています。
和泉中央駅付近ではさらに阪和自動車道も並走しています。




izm_01_05DSC_0493.jpg
南側から見た和泉中央駅(駅手前の道路は阪和自動車道です。)

泉ケ丘駅栂・美木多駅同様、ホームや線路は並走する泉北1号線、阪和自動車道とともに掘割部にあり、
橋上駅舎の改札階が周辺の地上と同じレベルにあります。


izm_01_04DSC_0475.jpg
ホームは島式1面2線で、ホーム有効長は10両
1番線・2番線の外側に各1線ずつ線路がある他、光明池と逆側に引き上げ線が500mほど続いています。




izm_01_03DSC_0995.jpg
ホーム北側(光明池駅側)から




izm_01_08DSC_0999.jpg
駅ビルの中にホームがあるので、地下駅のような雰囲気です。




izm_01_06DSC_0996.jpg
ホームの駅名表示板




izm_01_07DSC_0998.jpg
ホームの液晶式の発車案内板




izm_01_09DSC_0058.jpg
改札口
改札口は橋上駅舎1階に1か所です。




izm_01_10DSC_0002.jpg
改札口から見た橋上駅舎1階(改札階)のコンコース
橋上駅舎1階(改札階)から、駅南側・西側のそれぞれのロータリーへの出口がある他、
橋上駅舎2階からは、駅の両サイドにある商業施設ゾーンへの連絡通路も伸びています。




izm_01_14DSC_0666.jpg
駅南側のロータリー側の出口




izm_01_11DSC_0051.jpg
1つ上の写真の出口から見た改札口方面




izm_01_13DSC_0685.jpg
駅西側のロータリー側の出口への通路




izm_01_12DSC_0664.jpg
橋上駅舎2階への階段・エスカレーター
かなり天井の高い吹抜け空間となっています。




和泉中央駅には、駅南側・西側にロータリーが2ヶ所あり、
南側にはバスターミナル、西側には タクシー乗り場があります。


izm_01_15DSC_0043.jpg
南側から見た和泉中央駅




izm_01_19DSC_0499.jpg
南側地上から見た和泉中央駅とロータリー




izm_01_16DSC_0036.jpg
バスの駐車場にもなっているようです。




izm_01_17DSC_0023.jpg
駅南側のロータリーの地下部分は、泉北1号線、阪和自動車道が通っています。




izm_01_20DSC_0024.jpg
南側から見た駅西側のロータリー




izm_01_22DSC_0013.jpg
北側から見た駅西側のロータリー




izm_01_21DSC_0020.jpg
和泉中央駅からさらに泉南地域へも延伸可能な構造となっていますが、現状では延伸の目処は立っていません。

 
和泉市 201309 和泉中央駅 次回に続きます。


【泉北高速鉄道関連記事一覧】
堺市 201309(8)中百舌鳥(なかもず)駅
堺市 201309(13)深井駅
堺市 201309(11)泉ケ丘駅 1
堺市 201309(12)泉ケ丘駅 2
堺市 201309(14)栂・美木多駅
堺市 201309(15)光明池駅 1
堺市 201309(16)光明池駅 2
和泉市 201309(1)和泉中央駅 1
和泉市 201309(2)和泉中央駅 2
和泉市 201309(3)和泉中央駅 3