■高槻市

カテゴリ:■高槻市 の記事一覧

高槻市役所 総合センターR階展望フロアからの眺望 201310

tktk01_00DSC_0535.jpg
高槻市役所 総合センターR階展望フロアから見た高槻市中心部


高槻市の記事でちょこちょことご紹介していましたが、
今日は高槻市役所 総合センターR階展望フロアからの眺望をご紹介します。

tktk00_01DSC_0545.jpg
高槻市役所 総合センター(地上16階/高さ80m)

高槻市役所 総合センターR階(16階)展望フロア

■開放時間
6月1日~9月30日:8時30分~20時00分
10月1日~5月31日:8時30分~18時00分

■入場料:無料

展望フロアの1つ下の15階は展望レストランとなっており、
和食料理店 「和献洋彩 にんにん」、中華料理店 「中華菜館 桃莉」が入居しています。


tktk00_02DSC_0456.jpg
北側から見た高槻市役所 総合センター
手前の高架は阪急京都線




tktk00_03DSC_0540.jpg
展望フロア




では、眺望をご紹介していきます。
西→北→東→南と時計回りに見ていくことにします。

tktk00_04DSC_0476.jpg
西側 茨木、箕面方面
写真左端の線路は阪急京都線です。




tktk00_05DSC_0463.jpg
北側 高槻市中心部




tktk02_01DSC_0464.jpg
JR高槻駅北側 アクトアモーレ(ローレルスクエア高槻)




tktk00_07DSC_0480.jpg
オーロラシティ高槻西武MUSEたかつき「ジオ高槻ミューズEX」「ジオタワー高槻ミューズフロント」




tktk00_10DSC_0529.jpg
オーロラシティ高槻西武松坂屋高槻店




tktk04_01DSC_0466.jpg
MUSEたかつき
「ジオタワー高槻ミューズフロント」、建設中の「ジオタワー高槻ミューズガーデン」、「関西大学 高槻ミューズキャンパス」





tktk00_11DSC_0482.jpg
北西側 
写真右端の線路は阪急京都線です。




tktk00_12DSC_0522.jpg
阪急高槻市駅周辺
手前の高架を梅田行きの9300系が走っています。





tktk00_13DSC_0467.jpg
東側 京都方面




tktk00_14DSC_0515.jpg
樟葉周辺




tktk00_15DSC_0486.jpg
南側 枚方・寝屋川方面




tktk00_16DSC_0497.jpg
京阪枚方市駅周辺
関西医科大学のキャンパスや附属病院が見えます。




tktk00_17DSC_0510.jpg
京阪枚方公園駅周辺




tktk00_18DSC_0499.jpg
ひらかたパーク




tktk00_19DSC_0512.jpg
香里園方面





tktk00_20DSC_0485.jpg
南西側 大阪市内方面
超高層ビル群が広がっているのがわかります。




tktk00_21DSC_0505.jpg
大阪市内の超高層ビル群 1
群を抜いて高いのが、高さ日本一のあべのハルカス(高さ300m)です。
OBPやNHKも確認できます。




tktk00_22DSC_0505.jpg
大阪市内の超高層ビル群 2
写真中央右寄りに、分譲マンションとしては高さ日本一の「The Kitahama(ザ・キタハマ)」(高さ209m)が見えます。




tktk00_23DSC_0506.jpg
大阪市内の超高層ビル群 3
梅田、中之島周辺
写真右端には大阪府咲洲庁舎(高さ256.0m)も見えています。
 
 
 

高槻市 201310(9)阪急高槻市駅

高槻市特集その9

tktk07_20DSC_0842.jpg
阪急高槻市駅 ホーム

高槻市は大阪府の北東部に位置する人口は約36万人(大阪府内で第6位)の中核市です。

大阪と京都の中間に位置し、ベッドタウンとして発展してきましたが、
幹線道路沿線を中心に大規模な工場や流通施設が立地する産業都市としての性格も併せ持っています。
また、JR高槻駅周辺〜阪急高槻市駅周辺にかけては百貨店や大型商業施設・商店街が多数集まり、
北摂でも有数の商業集積地となっています。
近年はJR高槻駅北側の大規模な再開発によって、ますます注目を集めています。



昨日は阪急高槻市駅周辺をご紹介しましたが、その続きとして、今日は阪急高槻市駅構内を中心にご紹介したいと思います。

tktk07_01DSC_0703.jpg
阪急高槻市駅
阪急高槻市駅は阪急京都線の駅で「快速特急(土・休日のみ運転)」を除き、全種別が停車します。
日中は1時間あたり特急6本・準急6本・普通6本の計18本が発着。
2012年度の平均一日平均乗降人員は63,556人となっています。(※JR高槻駅は約13万人)

現在の高架駅は1993年に完成。
改札・コンコースは2階、ホームは3階にあります。
※駅構内図 http://rail.hankyu.co.jp/station/pdf/map/takatsuki_shi.pdf をご覧ください。

改札外(1・2階)は「ミング阪急高槻」となっており、ファッション、飲食、スーパー、書店、
スポーツクラブ(KONAMI)、銀行等々、様々な店舗が入居しています。
※ミング阪急高槻の詳細は http://ming.hankyu.co.jp/index.html をご覧ください。



それではまず、昨日の高槻市 201310(8)阪急高槻市駅周辺でもご紹介した駅構内の南北通路の部分から見ていきます。

tktk07_12DSC_07732.jpg
駅構内の南北通路から見た改札階への階段・エスカレーター
規模は全く違いますが、なんとなく阪急梅田駅のBIG MAN前広場のところに構造や雰囲気が似ているような気がします。




tktk07_03DSC_0751.jpg
1つ上の写真の階段上から見た南北通路




tktk07_05DSC_0750.jpg
2階 コンコース(改札側)




tktk07_04DSC_0738.jpg
2階 コンコース(南北通路への階段側)





続いて、駅西側から「ミング阪急高槻」の様子を見ながら改札方面に進んで行きます。

tktk07_06DSC_0810.jpg
西側、高架下から見た阪急高槻市駅と「ミング阪急高槻」西側出入口




tktk07_07DSC_0694.jpg
1つ上の写真の出入口から入った「ミング阪急高槻」ハッピー広場
阪急らしい内装です。




tktk07_08DSC_0812.jpg
2階に上がります。




tktk07_09DSC_0814.jpg
エスカレーター上から見たハッピー広場




tktk07_10DSC_0815.jpg
ハミング広場




tktk07_11DSC_0747.jpg
「ミング阪急高槻」2階中央寄りの出入口




tktk07_12DSC_0746.jpg
1つ上の写真の出入口から見た東側 2階 コンコース(改札方面)




tktk07_02DSC_0742.jpg
1つ上の写真の場所から見た、南北通路の吹抜け及び改札階への階段・エスカレーター




tktk07_13DSC_0754.jpg
エスカレーターを上がったところから見た西側(「ミング阪急高槻」出入口側)




tktk07_13DSC_0756.jpg
1つ上の写真の場所から見た東側
写真左側は改札口、右側は通路(ミング阪急高槻)が駅東側に向かって続いています。




tktk07_14DSC_0752.jpg
コンコースから見た改札口




tktk07_15DSC_0828.jpg
改札口




tktk07_16DSC_0837.jpg
改札内




tktk07_17DSC_0850.jpg
3階 ホーム西端よりから
ホームは島式2面4線で、ホーム有効長は10両。




tktk07_19DSC_0843.jpg
駅名表示板




tktk07_18DSC_0853.jpg
ホーム中央よりから




tktk07_20DSC_0856.jpg
最後は、9300系「通勤特急」梅田行き



高槻市 201310 次回「高槻市役所 総合センターR階展望フロアからの眺望 」に続きます。

 
 

高槻市 201310(8)阪急高槻市駅周辺

高槻市特集その8

tktk07_00DSC_0718.jpg
阪急高槻市駅 北側

高槻市は大阪府の北東部に位置する人口は約36万人(大阪府内で第6位)の中核市です。

大阪と京都の中間に位置し、ベッドタウンとして発展してきましたが、
幹線道路沿線を中心に大規模な工場や流通施設が立地する産業都市としての性格も併せ持っています。
また、JR高槻駅周辺〜阪急高槻市駅周辺にかけては百貨店や大型商業施設・商店街が多数集まり、
北摂でも有数の商業集積地となっています。
近年はJR高槻駅北側の大規模な再開発によって、ますます注目を集めています。



今日は阪急高槻市駅周辺を中心にご紹介したいと思います。
まずは、駅北側から

tktk07_03DSC_0704.jpg
阪急高槻市駅北側の広場「ラピスの泉」




tktk07_04DSC_0713.jpg
駅前広場から阪急高槻市駅2階(改札口)は通路で直結しています。



tktk07_05DSC_0721.jpg
階段を上がったところから見た西側
三井住友銀行の右側の通りは、高槻市 201310(7)JR高槻駅〜阪急高槻市駅でご紹介した「高槻本通り商店街」




tktk07_07DSC_0723.jpg
通路上から見た阪急高槻市駅
3階部分に電車が見えています。




tktk07_09DSC_0731.jpg
通路上から見た西側
阪急京都線の高架と「阪急みずき通り」




tktk07_08DSC_0726.jpg
通路上から見た阪急高槻市駅北側の広場




tktk07_10DSC_0762.jpg
1つ上の写真の駅北側の広場から「阪急みずき通り」を渡ったところ
阪急高槻市駅 北口
駅構内の南北通路を通って駅南側の方にも抜けることができます。




tktk07_11DSC_0768.jpg
駅構内の南北通路




tktk07_11DSC_0765.jpg
駅構内の南北通路
左側の階段を上がったところに改札口があります。
※阪急高槻市駅の構内については明日詳しくご紹介します。




tktk07_14DSC_0780.jpg
南側から見た南北通路




tktk07_13DSC_0775.jpg
南北通路南側の出口から見た駅南側




tktk07_15DSC_0793.jpg
阪急高槻市駅 南口




tktk07_16DSC_0786.jpg
阪急高槻市駅 南口から見た東側
「阪急高槻南駅前通り商店街」が東側 国道171号方面に向かって伸びています。




tktk07_17DSC_0789.jpg
阪急高槻市駅 南口から見た南西側




tktk07_18DSC_0798.jpg
1つ上の写真の左側の通りを進んだところ
南側から見た阪急高槻市駅 南口




tktk07_19DSC_0782.jpg
阪急高槻市駅 南口から見た西側




tktk07_19DSC_0687.jpg
1つ上の写真の通りを少し西に進んだところ
「城北通り商店街」が南側 国道171号方面に向かって伸びています。




tktk07_02DSC_0675.jpg
北側「阪急みずき通り」から見た、阪急京都線の高架と「城北通り商店街」




tktk07_01DSC_0693.jpg
1つ上の写真の場所から見た西側
高槻市 201310(7)JR高槻駅〜阪急高槻市駅でご紹介した「高槻本通り商店街」「高槻センター街」東側入口



高槻市 201310 次回に続きます。
 
 

高槻市 201310(7)JR高槻駅〜阪急高槻市駅

高槻市特集その7

tktk06_00DSC_0610.jpg
高槻本通り商店街

高槻市は大阪府の北東部に位置する人口は約36万人(大阪府内で第6位)の中核市です。

大阪と京都の中間に位置し、ベッドタウンとして発展してきましたが、
幹線道路沿線を中心に大規模な工場や流通施設が立地する産業都市としての性格も併せ持っています。
また、JR高槻駅周辺〜阪急高槻市駅周辺にかけては百貨店や大型商業施設・商店街が多数集まり、
北摂でも有数の商業集積地となっています。
近年はJR高槻駅北側の大規模な再開発によって、ますます注目を集めています。



今日はJR高槻駅南側〜阪急高槻市駅にかけての商店街を中心にご紹介したいと思います。

tktk06_02DSC_0568.jpg

高槻市 201310(6)JR高槻駅南側でご紹介した松坂屋高槻店周辺からご紹介していきます。
※キャプションにつけている(→○)は写真の方向を表します。




tktk06_01DSC_0590.jpg
松坂屋高槻店東側を南北に伸びる通り(→南/JR高槻駅南側のペデストリアンデッキから)




tktk06_04DSC_0623.jpg
1つ上の写真の逆側から(→北)




tktk06_07DSC_0620.jpg
松坂屋高槻店南東側入口





tktk06_08DSC_0621.jpg
1つ上の写真の松坂屋高槻店南東側入口から見た南側(→南)
突き当たりは「高槻センター街」




tktk06_08DSC_0607.jpg
松坂屋高槻店南側を南北に伸びる通り(→西)
松坂屋高槻店の東隣には高槻駅前郵便局があります。




tktk06_09DSC_0626.jpg
高槻駅前郵便局南東角から見た高槻駅前郵便局東側を東西に伸びる通り(→北)
写真奥に見える高層ビルは、高槻市 201310(5)JR高槻駅北側5 MUSEたかつきでご紹介した
タワーマンション「ジオタワー高槻ミューズフロント」(高さ139m/地上41階)




tktk06_10DSC_0604.jpg
1つ上の写真と同じ通り
高槻駅前郵便局南東角から見た高槻駅前郵便局東側を南北に伸びる通り(→南)
突き当たりは「高槻センター街」




tktk06_11DSC_0615.jpg
高槻駅前郵便局南東角から見た東側(→東)
「高槻本通り商店街」
高槻駅前郵便局南側から阪急高槻市駅にかけて東西に伸びる商店街。別名「タカツキスクエア レッドストリート」。
人通りが多く非常に活気があります。飲食店が多いです。


「高槻本通り商店街」を西から東に向かって見ていきます。

tktk06_12DSC_0643.jpg
「高槻本通り商店街」(→西)


tktk06_13DSC_0647.jpg
「高槻本通り商店街」(→東)


tktk06_14DSC_0649.jpg
「高槻本通り商店街」(→東)


tktk06_16DSC_0657.jpg
「高槻本通り商店街」(→西)


tktk06_17DSC_0710.jpg
「高槻本通り商店街」東端(阪急高槻市駅)付近から(→西)




tktk06_19DSC_0666.jpg
「高槻中通り商店街」(→西)
「高槻本通り商店街」の1つ南側を東西に伸びる商店街
別名「タカツキスクエア ブルーストリート」





続いて、「高槻センター街」をご紹介していきます。

tktk06_21DSC_0452.jpg
「高槻センター街」(西側入口)
「高槻中通り商店街」「高槻本通り商店街」の南側、
府道128号線「市役所前けやき大通り」から阪急高槻市駅にかけて東西に伸びる商店街。
約300mのアーケード街には衣食住・温泉やホテル・劇場まで様々な店舗が並んでいます。
人通りが多く、「高槻本通り商店街」と並んで、高槻のメイン商店街という感じです。

※詳細は http://www.centergai.net/index.php?FrontPage をご覧ください。



tktk06_20DSC_0450.jpg
府道128号線「市役所前けやき大通り」から見た「高槻センター街」西側入口



tktk06_22DSC_0631.jpg
「高槻センター街」(→東)



tktk06_23DSC_0672.jpg
「高槻センター街」(→西)



tktk06_24DSC_0673.jpg
阪急高槻市駅付近から見た「高槻センター街」(東側入口)





tktk06_18DSC_0662.jpg
1つ上の写真「高槻センター街」東側入口の角から北に向かって伸びる通り
(写真は「高槻中通り商店街」との交差点から見た南側「高槻センター街」東側入口、阪急高槻市駅方面)





tktk06_25DSC_0679.jpg
最後は、阪急京都線の高架と「阪急みずき通り」、そして「高槻センター街」東側入口(→西)



高槻市 201310 次回に続きます。
 
 

高槻市 201310(6)JR高槻駅南側

高槻市特集その6

tktk05_01DSC_0584.jpg
松坂屋高槻店から見たJR高槻駅南口

高槻市は大阪府の北東部に位置する人口は約36万人(大阪府内で第6位)の中核市です。

大阪と京都の中間に位置し、ベッドタウンとして発展してきましたが、
幹線道路沿線を中心に大規模な工場や流通施設が立地する産業都市としての性格も併せ持っています。
また、JR高槻駅周辺〜阪急高槻市駅周辺にかけては百貨店や大型商業施設・商店街が多数集まり、
北摂でも有数の商業集積地となっています。
近年はJR高槻駅北側の大規模な再開発によって、ますます注目を集めています。


今日はJR高槻駅南側のペデストリアンデッキを中心にご紹介したいと思います。

tktk05_02DSC_0441.jpg
南西側から見たJR高槻駅南口




tktk01_13DSC_0411.jpg
ペデストリアンデッキで直結するグリーンプラザたかつき1号館と松坂屋高槻店(グリーンプラザたかつき2号館)



tktk01_14DSC_0416.jpg
グリーンプラザたかつき3号館
JR高槻駅南口及び坂屋高槻店(グリーンプラザたかつき2号館)とデッキで直結しています。




JR高槻駅の南口からペデストリアンデッキ周辺を見ていきます。

tktk05_03DSC_0418.jpg
JR高槻駅南口




tktk05_04DSC_0417.jpg
1つ上の写真のJR高槻駅南口から南東側に向かって伸びるペデストリアンデッキ




tktk05_05DSC_0578.jpg
松坂屋高槻店前から見たJR高槻駅南口方面




tktk05_06DSC_0580.jpg
以前はなかった記憶がありますので、この屋根は最近新たに付けられたものだと思います。




tktk05_07DSC_0409.jpg
松坂屋高槻店(グリーンプラザたかつき2号館)
1979年(昭和54年)に開店。現在、近畿では唯一の松坂屋の店舗となっています。
※詳細は http://www.matsuzakaya.co.jp/takatsuki/ をご覧ください。




tktk05_09DSC_0588.jpg
別角度、北東側から見た松坂屋高槻店




tktk05_10DSC_0427.jpg
松坂屋高槻店 2階 JR高槻駅連絡口




tktk05_12DSC_0435.jpg
グリーンプラザたかつき1号館




tktk05_16DSC_0429.jpg
ペデストリアンデッキ南東側
以前は階段でしたが、数年前にバリアフリー化工事が行われ、エスカレータとエレベーターが新たに設置されました。




tktk05_16DSC_0583.jpg
エスカレータ及び階段
写真左側に看板が見えますが、現在ペデストリアンデッキの美装化工事が行われているようです。




tktk05_11DSC_0592.jpg




tktk05_17DSC_0573.jpg
エスカレータ及び階段を下りた部分




tktk05_18DSC_0557.jpg
ペデストリアンデッキの下の部分




tktk05_19DSC_0564.jpg
この辺りはバス乗場になっています。




tktk05_13DSC_0407.jpg
グリーンプラザたかつき3号館
JR高槻駅南口から、松坂屋等とは別の南西側に伸びるデッキで直結しています。




tktk05_15DSC_0408.jpg
松坂屋高槻店とグリーンプラザ3号館もデッキで繋がっています。
この松坂屋高槻店とグリーンプラザ3号館の間の通りを南に進んだところに高槻市役所があります。




tktk05_15DSC_0552.jpg
南側の地上から見たグリーンプラザ3号館と松坂屋高槻店



高槻市 201310 次回に続きます。
 
 

高槻市 201310(5)JR高槻駅北側5 MUSEたかつき

高槻市特集その5

tktk04_01DSC_0466.jpg
高槻市役所 総合センターR階展望フロアから見た「MUSEたかつき」周辺

高槻市は大阪府の北東部に位置する人口は約36万人(大阪府内で第6位)の中核市です。

大阪と京都の中間に位置し、ベッドタウンとして発展してきましたが、
幹線道路沿線を中心に大規模な工場や流通施設が立地する産業都市としての性格も併せ持っています。
また、JR高槻駅周辺〜阪急高槻市駅周辺にかけては百貨店や大型商業施設・商店街が多数集まり、
北摂でも有数の商業集積地となっています。
近年はJR高槻駅北側の大規模な再開発によって、ますます注目を集めています。


今日はJR高槻駅北東側「MUSEたかつき」周辺をご紹介したいと思います。

tktk04_03DSC_0267.jpg
MUSEたかつき(JR高槻駅北東地区開発事業)
阪急不動産株式会社、特別・特定医療法人愛仁会、学校法人関西大学、株式会社西武百貨店の4社によって進められている
総開発面積約9.3haのという壮大な駅前複合開発プロジェクトです。
商業施設、業務施設、集合住宅、福祉施設、教育施設等の複合機能をもたせた3つのエリアで構成されています。

※MAP上の黄色のラインがデッキになります。



tktk04_02DSC_0242.jpg




例によって、JR高槻駅の北口からペデストリアンデッキを通って「MUSEたかつき」に行ってみます。

tktk03_02DSC_0162.jpg
JR高槻駅北口から見た「MUSEたかつき」方面
手前は複合棟「ジオ高槻ミューズEX」、奥の高層ビルはタワーマンション「ジオタワー高槻ミューズフロント」(高さ139m/地上41階)




tktk04_04DSC_0177.jpg
オーロラシティ高槻西武の手前で北東側「MUSEたかつき」方面にペデストリアンデッキが分岐しています。




tktk03_07DSC_0189.jpg
1つ上の写真の場所から見たJR高槻駅方面




tktk04_05DSC_0263.jpg
一部に屋根が付いているので雨の日でも安心です。
デッキの下は歩道になっています。




tktk04_06DSC_0190.jpg
デッキの途中から見た西側JR高槻駅方面




tktk04_07DSC_0259.jpg
途中でさらに分岐します。
左(北)側、商業ゾーン「高槻ミューズコート」の方に進みます。




tktk04_08DSC_0193.jpg
商業ゾーン「高槻ミューズコート」




tktk04_09DSC_0258.jpg
向かって左側が「ジオ高槻ミューズEX」の低層部、右側が「ジオタワー高槻ミューズフロント」の低層部です。




tktk04_09DSC_0255.jpg
1つ上の写真の逆側から




tktk04_10DSC_0256.jpg
「ジオ高槻ミューズEX」と「ジオタワー高槻ミューズフロント」の間の通りを抜けたところが「にぎわい広場」です。




tktk04_11DSC_0240.jpg
1つ上の写真の逆側「にぎわい広場」から




tktk04_12DSC_0253.jpg
「にぎわい広場」は「ジオタワー高槻ミューズフロント」「ジオ高槻ミューズEX」「オーロラシティ高槻西武」
「西武パーキング館」に囲まれた広場で、広場の周囲は「高槻ミューズコート」の店舗が並んでいます。




tktk04_13DSC_0248.jpg
「オーロラシティ高槻西武」への連絡通路




tktk04_13DSC_0245.jpg
「にぎわい広場」からさらに東側に通路が伸びています。




tktk04_14DSC_0238.jpg
タワーマンション「ジオタワー高槻ミューズガーデン」、福祉棟「愛仁会リハビリテーション病院」、関西大学などに通じています。




tktk04_14DSC_0234.jpg
1つ上の写真の逆側から




tktk04_15DSC_0227.jpg




tktk04_16DSC_0228.jpg
複合棟「ジオ高槻ミューズスイート」の建設が進められていましたが、
計画を見直すことになったようで、現在は工事が止まっている状態です。




tktk04_17DSC_0212.jpg
「愛仁会リハビリテーション病院」
3階部分をデッキが通っています。




「高槻ミューズコート」の方に進んだ分岐点から、今度はデッキを東側に直進します。

tktk04_18DSC_0195.jpg
分岐点から少し進んだところでデッキは終了。歩道に下ります。




tktk04_19DSC_0196.jpg
歩道から見たデッキ




tktk04_20DSC_0205.jpg
東側から見た「ジオタワー高槻ミューズフロント」(高さ139m/地上41階)




tktk04_21DSC_0200.jpg
こちらは「ジオタワー高槻ミューズフロント」の東側に建設中のタワーマンション
「ジオタワー高槻ミューズガーデン」(高さ142.23m/地上42階)
現在は25階あたりを構築しているところ、半分を少し超えたくらいでしょうか。




tktk04_22DSC_02142.jpg
「ジオタワー高槻ミューズガーデン」の東にあるのが「関西大学 高槻ミューズキャンパス」

関西大学 高槻ミューズキャンパス
JR高槻駅北東地区開発事業の一環として2010年4月に開設されました。
初等部、中等部、高等部、社会安全学部および大学院社会安全研究科が開設されています。




tktk04_22DSC_0222.jpg
「ジオタワー高槻ミューズガーデン」「愛仁会リハビリテーション病院」と、「関西大学 高槻ミューズキャンパス」の間の通り
写真左側「高槻ミューズコート」からのデッキと、写真右側「弁天跨線橋」が繋がっています。




tktk04_22DSC_0223.jpg
「弁天跨線橋」はJR京都線の南北を繋いでいます。




tktk04_23DSC_0217.jpg
最後は「弁天跨線橋」から見た西側

15年ほど前に茨木に住んでいた時期があって、当時は高槻にもよく来ていましたが、
まさか、JR高槻駅の北側がこんなタワーマンションが建ち並ぶ街になるとは想像もできませんでした。



高槻市 201310 次回に続きます。
 
 

高槻市 201310(4)JR高槻駅北側4 オーロラシティ高槻西武 等

高槻市特集その4

tktk01_05DSC_0379.jpg
アクトアモーレから見た駅北東側 オーロラシティ高槻西武、「MUSEたかつき」方面

高槻市は大阪府の北東部に位置する人口は約36万人(大阪府内で第6位)の中核市です。

大阪と京都の中間に位置し、ベッドタウンとして発展してきましたが、
幹線道路沿線を中心に大規模な工場や流通施設が立地する産業都市としての性格も併せ持っています。
また、JR高槻駅周辺〜阪急高槻市駅周辺にかけては百貨店や大型商業施設・商店街が多数集まり、
北摂でも有数の商業集積地となっています。
近年はJR高槻駅北側の大規模な再開発によって、ますます注目を集めています。


今日はJR高槻駅北東側「オーロラシティ高槻西武」周辺をご紹介したいと思います。

tktk01_07DSC_0161.jpg
オーロラシティ高槻西武
1974年 JR高槻駅北東側に「西武タカツキショッピングセンター」として開店。
2004年 全館リニューアル。百貨店と専門店ゾーンの機能と役割を明確にした
複合商業施設「オーロラシティ高槻西武」としてリニューアルオープンしました。
百貨店ゾーンでは、60のファッションブランドや「デパ地下グルメ」ストリートを新たに導入。
専門店(テナント)ゾーンは「オーロラモール」と命名され、紀伊國屋書店、タワーレコード、ロフト、無印良品、
ユニクロ、ABCマート、アカチャンホンポなどの大型専門店が入居しています。
※詳細は https://www2.seibu.jp/wsc-customer-app/page/061/dynamic/top/Top をご覧ください。

高槻駅や「MUSEたかつき」とはペデストリアンデッキで直結されています。




それでは、JR高槻駅の北口からペデストリアンデッキを通ってオーロラシティ高槻西武に行ってみます。

tktk03_03DSC_0159.jpg
JR高槻駅北口




tktk03_00DSC_0156.jpg
JR高槻駅北口から見たオーロラシティ高槻西武方面




tktk03_04DSC_0173.jpg
オーロラシティ高槻西武




tktk03_05DSC_0174.jpg
オーロラシティ高槻西武前のロータリー
アクトアモーレ前のロータリーがバスターミナルで、こちらはタクシーや一般車の乗降場所になっているようです。




tktk03_06DSC_0181.jpg




tktk03_10DSC_0183.jpg
オーロラシティ高槻西武 JR高槻駅連絡口




tktk03_09DSC_0268.jpg
1つ上の写真の場所から見たJR高槻駅アクトアモーレ方面




tktk03_11DSC_0281.jpg
地上から見たオーロラシティ高槻西武




tktk03_12DSC_0273.jpg
オーロラシティ高槻西武の西側の道路
正面に見える鳥居は「上宮天満宮」です。




tktk03_13DSC_0271.jpg
オーロラシティ高槻西武前から見た駅前ロータリーとペデストリアンデッキ




tktk03_15DSC_0278.jpg
東側オーロラシティ高槻西武前のタクシー乗場と、西側アクトアモーレ前のバスターミナルの間はこのような歩道になっています。
写真中央の階段を上るとJR高槻駅北口です。




tktk03_16DSC_0280.jpg
アクトアモーレ前のバスターミナル



高槻市 201310 次回に続きます。
 
 

高槻市 201310(3)JR高槻駅北側3 アクトモール商店街 等

高槻市特集その3

tktk02_17DSC_0289.jpg
アクトアモーレとアクトモール

高槻市は大阪府の北東部に位置する人口は約36万人(大阪府内で第6位)の中核市です。

大阪と京都の中間に位置し、ベッドタウンとして発展してきましたが、
幹線道路沿線を中心に大規模な工場や流通施設が立地する産業都市としての性格も併せ持っています。
また、JR高槻駅周辺〜阪急高槻市駅周辺にかけては百貨店や大型商業施設・商店街が多数集まり、
北摂でも有数の商業集積地となっています。
近年はJR高槻駅北側の大規模な再開発によって、ますます注目を集めています。


今日は、昨日の「アクトアモーレ」に続いて、JR高槻駅北側「アクトモール」(商店街)周辺をご紹介したいと思います。

tktk02_15DSC_0169.jpg
アクトモール(商店街)
アクトアモーレの北側にある商店街で、向かって左側(南側)はアクトアモーレの1階部分となっていますが、
店舗の入口は商店街の方になっています。




tktk02_16DSC_0286.jpg
西側から東側に向かって見ていきます。



tktk023_16DSC_0287.jpg




tktk023_17DSC_0292.jpg
アクトアモーレ北東角とアクトモール




tktk023_18DSC_0296.jpg
1つ上の写真の場所から見た、JR高槻駅北口やバスターミナル




tktk02_19DSC_0297.jpg
平日の昼間ですが、そこそこ人通りが多いです。




tktk02_19-2DSC_0299.jpg
アクトモールに面したアクトアモーレの出入口
ここを入ったところが、昨日のアクトアモーレの記事でご紹介した「アトリウム」です。




tktk02_20DSC_0302.jpg
まもなく西端




tktk02_21DSC_0306.jpg
アクトモールの西側は、大通りを挟んで「芥川商店街」がさらに西に伸びています。




tktk02_22DSC_0325.jpg
芥川商店街




tktk02_24DSC_0317.jpg
西側(芥川商店街側)から見たアクトアモーレとアクトモール





tktk02_23DSC_0319.jpg
西側から見たアクトモール




tktk023_21DSC_0307.jpg
アクトモール西側入口付近




tktk023_20DSC_0301.jpg
アクトモール
西側から見た東側JR高槻駅北口やバスターミナル方面




tktk023_24DSC_0330.jpg
アクトアモーレ、アクトモールと芥川商店街の間の通り



高槻市 201310 明日に続きます。
 
 

高槻市 201310(2)JR高槻駅北側2 アクトアモーレ周辺

高槻市特集その2

tktk02_01DSC_0464.jpg
高槻市役所 総合センターR階展望フロアから見たアクトアモーレ(ローレルスクエア高槻)

高槻市は大阪府の北東部に位置する人口は約36万人(大阪府内で第6位)の中核市です。

大阪と京都の中間に位置し、ベッドタウンとして発展してきましたが、
幹線道路沿線を中心に大規模な工場や流通施設が立地する産業都市としての性格も併せ持っています。
また、JR高槻駅周辺〜阪急高槻市駅周辺にかけては百貨店や大型商業施設・商店街が多数集まり、
北摂でも有数の商業集積地となっています。
近年はJR高槻駅北側の大規模な再開発によって、ますます注目を集めています。


今日はJR高槻駅北側「アクトアモーレ」周辺をご紹介したいと思います。

tktk02_03DSC_0165.jpg
アクトアモーレ(ACT AMORE)
2004年にJR高槻駅北側にオープンした複合商業施設で、高槻駅とはペデストリアンデッキで直結されています。
低層階及び商業棟は、1〜4階のアル・プラザ、5・6階のシネマコンプレックスの他、専門店も多数入居しています。
※詳細は http://www.actamore.jp/index.html をご覧ください。



tktk02_02DSC_01662.jpg
高層階は高さ100mを超える2棟のタワーマンション「ローレルスクエア高槻」となっています。
写真手前がイーストタワー(高さ約104m/地上28階・地下3階)、
奥がウエストタワー(高さ約104m/地上30階建・地下3階)です。




tktk022_14DSC_0282.jpg
北東側から




tktk02_18DSC_0388.jpg
アクトアモーレ北東角




tktk022_15DSC_0387.jpg
バスを降りて、アクトアモーレ〜ペデストリアンデッキを通って駅に向かう人も多いようです。




tktk02_25DSC_03352.jpg
アクトアモーレ南西角




tktk022_16DSC_0337.jpg
アクトアモーレ南側の通り




それでは、JR高槻駅の北口からペデストリアンデッキを通ってアクトアモーレに行ってみます。

tktk02_04DSC_0393.jpg
JR高槻駅北口から見たアクトアモーレ方面




tktk02_06DSC_0391.jpg
アクトアモーレ方面へのペデストリアンデッキの途中にある「JR高槻駅NKビル」2階入口
6階建て複合ビルで、駐車場や駐輪場の他、「丸福珈琲店」や各種クリニックが入居しています。




tktk02_05DSC_0368.jpg
「JR高槻駅NKビル」前から見たJR高槻駅北口側




tktk02_07DSC_0374.jpg
「JR高槻駅NKビル」前から見たアクトアモーレ中央「アクトドーム」




tktk02_07-2DSC_0385.jpg
地上から




tktk02_08DSC_0370.jpg
「アクトドーム」へ向かいます。




tktk02_08-2DSC_0361.jpg




tktk02_09DSC_0365.jpg
「アクトドーム」側から見た、西側の連絡通路とJR高槻駅方面




tktk02_10DSC_0357.jpg
「アクトドーム」




tktk02_10-3DSC_0347.jpg
「アクトドーム」




tktk02_04-2DSC_0344.jpg
アクトアモーレ前から見たJR高槻駅・JR高槻駅NKビル〜アクトアモーレを結ぶペデストリアンデッキ
2ヶ所で繋がっています。




tktk02_10-2DSC_0343.jpg
1つ上の写真の場所から見た「アクトドーム」




tktk02_11DSC_0348.jpg
アル・プラザの2階及び、1階「アトリウム」への入口




tktk02_13DSC_0349.jpg
「アトリウム」
アクトアモーレ北側「アクトモール」(商店街)にも通じています。




tktk02_14DSC_0353.jpg
1つ上の写真の逆側から
「アトリウム」から見た「アクトドーム」側



高槻市 201310 明日に続きます。
 
 

高槻市 201310(1)JR高槻駅

今日からしばらく高槻市をご紹介していきたいと思います。

tktk01_00DSC_0535.jpg
高槻市役所 総合センターR階展望フロアから

高槻市は大阪府の北東部に位置する人口は約36万人(大阪府内で第6位)の中核市です。

大阪と京都の中間に位置し、ベッドタウンとして発展してきましたが、
幹線道路沿線を中心に大規模な工場や流通施設が立地する産業都市としての性格も併せ持っています。
また、JR高槻駅周辺〜阪急高槻市駅周辺にかけては百貨店や大型商業施設・商店街が多数集まり、
北摂でも有数の商業集積地となっています。
近年はJR高槻駅北側の大規模な再開発によって、ますます注目を集めています。


今日はJR高槻駅をご紹介したいと思います。

tktk01_23DSC_0216.jpg
北東側(京都方面側)から見たJR高槻駅

JR高槻駅はJR京都線(東海道本線)の駅で、日中は1時間あたり新快速4本・快速4本・普通8本の計16本が発着。
新快速で新大阪まで10分・大阪まで15分・京都まで13分と、大阪方面、京都方面共に大変利便性が高いです。
平成24年度の一日平均乗降人員は約13万人となっています。



tktk01_21DSC_0131.jpg
ホームの駅名表示板




tktk01_21DSC_0130.jpg
1・2番ホームから

ホームは島式2面4線(3番線〜6番線)の地上駅で、ホーム有効長は12両。

現在、駅構内にはホームを持たない線路も含めて全8線ありますが、ホームの混雑や列車の機外停車を解消するために、
現在の1・8番線(外側線の待避線)を廃止し、その跡地に外側線用のホームを増設する予定になっています。
完成は2016年の春頃を予定しています。
(詳細は http://www.westjr.co.jp/press/article/2013/04/page_3687.html をご覧ください。)



tktk01_20DSC_0135.jpg
3・4番ホームから




tktk01_19DSC_0140.jpg
中央口 改札
駅東寄りの橋上駅舎にあります。




tktk01_19DSC_0138.jpg
改札内から見た中央口




tktk01_18DSC_0400.jpg
改札外から見た中央口




tktk01_15DSC_0151.jpg
中央口の改札外は南北連絡通路になっています。(写真は北側から)




tktk01_16DSC_0146.jpg
南北連絡通路(写真は南側から)




tktk01_17DSC_0148.jpg
南北連絡通路は商業施設も充実しています。




中央口の南北の出口をざっとご紹介します。(周辺のご紹介は明日以降)
まずは北口から

tktk01_03DSC_0392.jpg
中央口 北口




tktk01_09DSC_0182.jpg
北口からは、アクトアモーレ(ローレルスクエア高槻)やオーロラシティ高槻西武、「MUSEたかつき」等と
ペデストリアンデッキ直結しています。




tktk01_05DSC_0379.jpg
東側 オーロラシティ高槻西武、「MUSEたかつき」側




tktk01_07DSC_0161.jpg
オーロラシティ高槻西武




tktk01_02DSC_0180.jpg
西側 アクトアモーレ(ローレルスクエア高槻)側





続いて南口

tktk01_11DSC_0412.jpg
中央口 南口




tktk01_10DSC_0423.jpg
南口からは、松坂屋高槻店やグリーンプラザたかつき等とペデストリアンデッキ直結しています。




tktk01_13DSC_0411.jpg
東側 グリーンプラザ1号館と松坂屋高槻店




tktk01_14DSC_0416.jpg
西側 グリーンプラザ3号館





tktk01_22DSC_0326.jpg
最後は、駅西端地下部分に設けられた西口改札からの出口



高槻市 201310 明日に続きます。