中之島

カテゴリ:中之島 の記事一覧

中之島 〜 ダイビル本館 グランドオープン (5)周辺ビル 〜

ダイビル本館特集。その5(7月9日撮影)
今日は周辺の高層ビルのご紹介です。

dai_4_00DSC_0763.jpg
北西側 田蓑橋(堂島川)北詰から
左(東)から、中之島三井ビルディング(140.15m)、中之島ダイビル(160m)、
ダイビル本館(108.19m)、関電ビルディング(195.45m)




dai_4_17DSC_0648.jpg
北東側 渡辺橋(堂島川)から
手前(東)から、中之島三井ビルディング(140.15m)、中之島ダイビル(160m)、
ダイビル本館(108.19m)



dai_4_18DSC_0118.jpg
北東側 渡辺橋(堂島川)から(夜景)




dai_4_26DSC_0632.jpg
南東側 肥後橋(土佐堀川)から
手前(東)から、中之島三井ビルディング(140.15m)、中之島ダイビル(160m)、
関電ビルディング(195.45m)




dai_4_27DSC_0770.jpg
ダイビル本館の南側から
手前(東)から、中之島ダイビル(160m)、中之島三井ビルディング(140.15m)
奥には中之島フェスティバルタワー(200m)も見えます。




dai_1_08DSC_0764.jpg
関電ビルディング(高さ195.45m/地上41階・地下5階・塔屋1階)
中之島フェスティバルタワー(200m)に次いで、現在中之島で2番目に高いビルです。
ダイビル・関西電力・関電不動産の3社で進めている「中之島3丁目共同開発」の第1期工事★ として2004年竣工。
関西電力の本店、及びその関連会社が入居しています。
様々な方法で省エネに取り組んでおり、2005年度 第18回日経ニューオフィス賞を受賞しました。

★第2期工事:中之島ダイビル(2009年竣工)、第3期工事:ダイビル本館(2013年竣工)




dai_4_19DSC_0751.jpg
中之島通の歩道から
中之島三井ビルディング(140.15m)、中之島ダイビル(160m)、ダイビル本館(108.19m)と
3棟の高層ビルが隣接しています。




dai_4_20DSC_0867.jpg
中之島三井ビルディング(高さ140.15m/地上31階・地下2階・塔屋1階)
昭和8年竣工の旧中之島三井ビルの跡地に、2002年建設されたオフィスビルです。
縦方向のラインを基調とした旧建物における外観を継承しつつ、
ガラスのカーテンウォールやステンレスを採用し、開放性と先進性を表現しています。
上層階に東レ大阪本社が入居しており、東側の壁面上部に「'TORAY'」のロゴがあります。



dai_4_21DSC_0868.jpg
北側のエントランス



dai_4_22DSC_0869.jpg
上層階




dai_4_23DSC_0870.jpg
中之島ダイビル(160m/地上35階・地下2階・塔屋3階)
ダイビル・関西電力・関電不動産の3社で進めている「中之島3丁目共同開発」の第2期工事★ として2009年竣工。
阪神高速池田線を挟んで隣接するダイビル本館と地下2階で接続し、
京阪中之島線渡辺橋駅とも地下で直結しています。

★第1期工事:関電ビルディング(2004年竣工)、第3期工事:ダイビル本館(2013年竣工)



dai_4_23DSC_0974.jpg
ダイビル本館ほどではないですが、中之島ダイビルも旧ダイビル本館の装飾が再現されています。



dai_4_24DSC_0866.jpg
北側のエントランス



dai_4_25DSC_0865.jpg
上層階


ダイビル本館特集
とりあえず今日で終了です。

※ダイビル本館周辺に関しての以前の記事もぜひご覧ください。
 → 中之島周辺の散策 201210 (5)中之島西部 2 渡辺橋〜田蓑橋
 → 中之島周辺の散策 201210 (6)中之島西部 3 田蓑橋〜玉江橋
 
 

中之島周辺の散策 201210 (14)中之島公園周辺 2

 
中之島周辺の散策 201210(13)中之島公園周辺 1 に続いて、
中之島 周辺の散策 今日は中之島東端の「剣先」周辺を中心にご紹介します。


11DSC_0676.jpg
天満橋「八軒家浜」から見た天神橋と中之島剣先



12DSC_0654.jpg
ズームで



14DSC_0553.jpg
天神橋上から見た夜の剣先




剣先まで行ってみます。

13DSC_0705.jpg




剣先には「帆(ふね) Sailing to the NEXT STAGE」という作品名のモニュメントが設置されています。
これは、中之島公園の再整備の締めくくりとして、大阪市が公園の東端(通称剣先)に設置した噴水が
大阪の新名所となるようなモニュメントのデザインを募集し、決まったものです。
噴水は、0分と30分に噴き出します。

14DSC_0717.jpg



15DSC_0713.jpg



15_2DSC_0710.jpg



19DSC_0544.jpg




16DSC_0690.jpg
剣先から噴水が出ている様子(八軒家浜から撮影)



01DSC_0130.jpg
剣先から噴水が出ている様子(天神橋上から撮影)




20DSC_0567.jpg
夜はこのようにライトアップされます。






最後は「水都大阪フェス2012」に登場した
巨大アヒルの「ラバー・ダック」と巨大こけしの「イッテキマスNIPPONシリーズ”花子”」


21DSC_0255.jpg
ラバー・ダック



21_2DSC_0251.jpg
ラバー・ダック



22DSC_0353.jpg
バラ園から




23DSC_0267.jpg
花子



24DSC_0610.jpg
後から見た花子と天神橋


中之島周辺の散策 201210(15)天満橋周辺 1 に続きます。
 
■関連カテゴリ
中之島 周辺
中之島
天満橋
 

 

中之島周辺の散策 201210 (13)中之島公園周辺 1

 
中之島周辺の散策 201210(12)天神橋周辺 に続いて、
中之島 周辺の散策 今日は中之島公園の周辺をご紹介します。


01中之島DSC_0031
中之島公園
中之島の東部に位置する中之島公園は1891年(明治24年)に大阪市で初めて誕生した公園で、
東西約1.5キロ、面積10.6haの緑あふれる都心のオアシスとして市民に親しまれています。

難波橋から東に向って散策していきます。



02DSC_0260.jpg
難波橋の東側からバラ園が広がっています。



02_2DSC_0387.jpg
夜のバラ園



03_1DSC_0257.jpg
「ばらぞの橋」東詰北側から



03DSC_0259.jpg
バラ園の北東側にはビアガーデンが人気のレストランがあります。



04DSC_0518.jpg
夜はかなりにぎわっていました。



05DSC_0521.jpg
中之島ではカヌーの練習をしている人もよく見かけます。





06DSC_0273.jpg
ばらぞの橋
バラ園内を南北に横切る水路に架かっている橋で、バラ園にちなんで「ばらぞの橋」と名付けられました。


07_1DSC_0523.jpg


07DSC_0528.jpg





08DSC_0525.jpg
「ばらぞの橋」東詰南側から見た中之島公園と土佐堀川の夜景




バラ園を抜け、さらに東に進むと芝生広場が出てきます。

09DSC_0135.jpg
天神橋上から見た中之島公園芝生広場


10DSC_0136.jpg
土佐堀川対岸から見た中之島公園芝生広場
右(東)側には天神橋が見えてきました。

天神橋の下をくぐると、いよいよ中之島の東端「剣先」です。
中之島公園の散策 次回に続きます。
 
 

中之島周辺の散策 201210 (9)中央公会堂周辺

中之島周辺の散策 今日は大阪市中央公会堂周辺のご紹介をします。

明治・大正の面影を残す重厚な歴史建築がいくつも立ち並んでいる中之島において、
ひときわ目を引くのが赤レンガの壁に青銅のドーム屋根が美しい大阪市中央公会堂(旧中之島公会堂)です。
大阪市中央公会堂は「北浜の三傑」に数えられた株式仲買人・岩本栄之助が私財100万円を寄付したことにより建設され、
1918年(大正7年)に完成しました。日本有数の公会堂建築であり、外観、内装ともに意匠の完成度が高く、
日本の近代建築史上重要なものとして2002年(平成14年)国の重要文化財に指定されています。
コンサートやオペラ、講演会などが次々と開催され、大阪の文化の発信地となってきました。

01中之島DSC_0086
OMMビルから


02公会堂DSC_0154
正面(西側)から


03公会堂DSC_0237
南側 栴檀木橋南詰から


04公会堂DSC_0241
南側から


05DSC_0158.jpg
南側から 中央公会堂前交差点方面


06DSC_0157.jpg
南東側から 大阪市役所方面



夜はライトアップされます。

07公会堂DSC_0400
正面(西側)から


08公会堂DSC_0592
北東側から


09公会堂DSC_0413
南側 栴檀木橋南詰から



10DSC_0602.jpg
中央公会堂の向かい中之島通南側にはこのようなイタリアンのカフェ&レストランがあります。
店から聞こえてくるオルガネットの生演奏がいい雰囲気を醸し出していました。



11DSC_0242.jpg
中央公会堂前交差点 向かい中之島通北側には大阪市立東洋陶磁美術館があります。



大阪市役所と中央公会堂の間には大阪府立中之島図書館があります。
住友家の寄付を受けて建造が開始され、1904年(明治37年)に「大阪図書館」として開館しました。
1974年(昭和49年)国の重要文化財に指定されました。

12図書館DSC_0303
南西側から


13図書館DSC_0298
北西側から



14DSC_0163.jpg
水晶橋南詰から見た中之島通

水晶橋は、堂島川の大江橋のひとつ東(上流側)に架かっている歩行者専用橋
1929年(昭和4年)完成。錦橋と同様に可動堰として建設されましたが、その後改造され、現在は一般的な「橋」になっています。


15水晶橋DSC_0590
水晶橋のライトアップ 南詰から


16水晶橋DSC_0521
水晶橋のライトアップ 大江橋から




17DSC_0281.jpg
中之島通 堺筋(難波橋)との交差点付近から
正面に中央公会堂が見えます。


18DSC_0284.jpg



19DSC_0279.jpg
難波橋上から見た土佐堀川と中之島西側


20DSC_0800.jpg
最後は、難波橋上から見た土佐堀川と中之島西側の夜景です。


中之島周辺の散策 201210(10)北浜周辺 1 に続きます。
 
 

中之島周辺の散策 201210 (8)中之島西部 5 堂島大橋〜中之島西端

中之島周辺の散策の続きです。今日は、堂島大橋〜中之島西端までをご紹介します。


01DSC_0124.jpg
堂島大橋 南詰東側から
堂島大橋は堂島川に架かるあみだ池筋の橋で、現在の橋は1927年(昭和2年)に架け替えられたものです。



02DSC_0125.jpg
堂島大橋南詰 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
国際会議やコンサート、展示会などが様々なイベントが開かれています。
設計は黒川紀章によるもので、地上13階、地下3階、建物の高さは104.51mあります。


03DSC_0120.jpg
大阪国際会議場の前から見た中之島通



04DSC_0128.jpg
堂島大橋 南詰西側遊歩道から
ちょうどライトアップが点灯したところです。


05DSC_0135.jpg
堂島川沿いに遊歩道を西(下流)側に向って進んでいきます。


06DSC_0131.jpg
堂島川の遊歩道から見た中之島インテス(98.46m)と中之島プラザ


07DSC_0134.jpg
上船津橋
上船津橋は堂島川に架かる橋で、上を阪神高速3号神戸線、下を新なにわ筋が通っています。
このあたりまでくると、川から海に雰囲気が変わってきたように思います。



08DSC_0136.jpg
中之島センタービル(1975年竣工 129m)
中之島の西端近くに建っている古参の超高層ビルで、建設当時は西日本一の高さを誇っていました。
個人的には本町の大阪国際ビルティングそっくりだと思っているんですが。


08_2DSC_0223.jpg
ちなみにこれがその大阪国際ビルティングです。(1973年竣工 125.11m)
どうでしょう?


09DSC_0139.jpg
西側から見た中之島センタービル



10DSC_0142.jpg
船津橋南詰
いよいよ中之島の西端まできました。
ここで堂島川と土佐堀川が再び合流し「安治川」となります。
堂島川と合流する直前に土佐堀川から「木津川」が分流しており、
川がアルファベットの「K」のようにに交差する非常に複雑な地形をしています。


11DSC_0141.jpg
この信号の真下が中之島西端の剣先になっています。
弁天町の超高層ビル群や大阪市中央卸売市場本場が見えます。


12DSC_0147.jpg
端建蔵橋(はたてくらばし)
堂島川、土佐堀川、木津川、安治川の合流地点に架かる橋で、中之島西端から対岸の西区川口地区を繋いでいます。


13DSC_0146.jpg
昭和橋
土佐堀川の終端部で木津川が分岐したすぐの場所に架かっている橋で、西区川口地区と土佐堀通を繋いでいます。


14DSC_0149.jpg
昭和橋上から見た土佐堀川と中之島方面
「ぽんぽん船」の船着場があります。


15DSC_0150.jpg
中之島西端から端建蔵橋、昭和橋を渡り、土佐堀通にきました。
左折し湊橋を渡って再び中之島に戻ります。



16DSC_0157.jpg
湊橋
湊橋は土佐堀川に架かる橋で、上船津橋と同じく、上を阪神高速3号神戸線、下を新なにわ筋が通っています。



土佐堀川沿いに東(上流)側に向って戻ります。

17越中橋からDSC_0162
越中橋から見た土佐堀川西(下流)方面。
手前の橋は土佐堀橋です。あみだ池筋に架かる橋で、堂島川の堂島大橋に繋がります。


18越中橋からDSC_0161
越中橋から見た、パークタワー大阪中之島フロント(118.25m)


19越中橋からDSC_0167
越中橋から見た、住友病院


20越中橋からDSC_0164
越中橋から見た、リーガロイヤルホテル大阪(107m)


21越中橋からDSC_0163
最後は、越中橋から見た土佐堀川東(上流)方面
左から、N4.TOWER(116.2m)、関電ビルディング(195.45m)、グランスイート中之島タワー(89.3m)、中之島ダイビル(160m)、
中之島三井ビルディング(140.15m)、住友生命中之島セントラルタワー(141.645m)、中之島フェスティバルタワー(198.96m)、
アパホテル大阪肥後橋駅前(107m)
試験点灯中の中之島フェスティバルタワーが目を引きます。


中之島周辺の散策 次回からは中之島の東部をご紹介していく予定です。
 
 

中之島周辺の散策 201210 (7)中之島西部 4 玉江橋〜堂島大橋

 
中之島周辺の散策 201210(6)中之島西部 3 田蓑橋〜玉江橋 に続いて
今日は、堂島川沿い玉江橋〜堂島大橋をご紹介します。


01DSC_0093.jpg
玉江橋南詰西側から


02玉江橋からDSC_0387
玉江橋南詰から 南東方向
N4.TOWERや関電ビルディングの他、肥後橋のD'グラフォート大阪N.Y.タワーHIGOBASHI(150.7m)や
アパホテル大阪肥後橋駅前(107m)等も見えます。


03玉江橋からDSC_0384
玉江橋上から 西方向
堂島川の北岸にはタワーマンションが建ち並んでいます。
手前から クレヴィアタワー中之島(127.25m)、リバーサイドタワー中之島(102m)、キングマンション堂島川(142m)
京阪中之島線終点の中之島駅も見えます。


04DSC_0185.jpg
玉江橋上から 西方向の夜景


05DSC_0186.jpg
川の向こうの方に見えるアーチ状の橋は堂島大橋です。
南岸(左側)には、リーガロイヤルホテルや大阪国際会議場が見えます。



06DSC_0094.jpg
堂島川南側中之島バンクスの遊歩道を西に向って進んでいきます。


07DSC_0092.jpg




08DSC_0099.jpg
振り返って、遊歩道から見た玉江橋方面



09DSC_0101.jpg
遊歩道から見た京阪中之島駅出入口とリーガロイヤルホテル大阪

リーガロイヤルホテル(RIHGA ROYAL HOTEL)
昭和10年「関西に賓客を迎えるための迎賓館的なホテルを」との政財界からの要望により設立された、大阪を代表する高級ホテル。
全国にリーガロイヤルホテルチェーンを展開する「株式会社ロイヤルホテル」の本社もここにあります。
1973年(昭和48年)に完成した高さ107mの新館(タワーウイング)は、大阪最古参の超高層ビルの一つです。




10DSC_0102.jpg
堂島川対岸のリバーサイドタワー中之島(102m)、クレヴィアタワー中之島(127.25m)




11DSC_0103*
中之島バンクスまで来ました。

中之島バンクス(NAKANOSHIMA BANKS)
国土交通省による「社会実験区域」の指定を受け作られた、堂島大橋から玉江橋までの全長400mの親水空間です。
EAST、CENTER、WESTの3つのゾーンからなり、規制緩和を利用しての全国で初めての河川敷の水上カフェや、
飲食店、ギャラリー、イベント・情報施設 等が入居しています。



12DSC_0105.jpg
中之島バンクス EAST ZONE
中之島デザインミュージアム「de sign de > 」やカフェ「de sign de > cafe」等が入居しています。


13DSC_0108.jpg
中之島バンクス EAST ZONE 


14DSC_0107.jpg
中之島バンクス SQUARE ZONECENTER ZONE


15DSC_0113.jpg
中之島バンクス CENTER ZONE
レストランやライブフロアからなる「Saint Louis Amuse」が入居しています。


16DSC_0117.jpg
中之島バンクス 水上デッキWEST ZONE(チャペル)



17DSC_0123.jpg
堂島大橋側から見た中之島バンクス 遊歩道 


中之島周辺の散策 次回に続きます。
 
 

中之島周辺の散策 201210 (5)中之島西部 2 渡辺橋〜田蓑橋

少し間があいてしまいましたが、中之島周辺の散策の続き
今日は、堂島川沿い渡辺橋〜田蓑橋をご紹介します。


01渡辺橋DSC_0029
渡辺橋(堂島川)南詰西側から
渡辺橋は堂島川に架かる四つ橋筋の橋で、現在の橋は昭和41年に架け替えられたものです。


02渡辺橋DSC_0028
渡辺橋南詰 京阪中之島線渡辺橋駅


03渡辺橋DSC_0032
堂島川南側の遊歩道を西に向って進んでいきます。


04渡辺橋DSC_0030
振り返ると中之島フェスティバルタワーがそびえていました。


05渡辺橋DSC_0033
中之島三井ビルディング中之島ダイビル 等の超高層ビル群を左に見ながら


06渡辺橋DSC_0034
堂島川対岸には、NTTテレパーク堂島第2ビル(99.95m)や「ほたるまち」が見えてきました。


07田蓑橋DSC_0041
田蓑橋です。


08DSC_0054.jpg
田蓑橋を渡り、堂島川の北岸から中之島の超高層ビル群を見てみます。
左から、住友生命中之島セントラルタワー(141.645m)、大阪三井物産ビル(104.95m)、中之島フェスティバルタワー(198.96m)、
中之島三井ビルディング(140.15m)、中之島ダイビル(160m)、ダイビル本館(108.19m)、関電ビルディング(195.45m)


09DSC_0207.jpg
夜はこんな感じです。
土曜日ということもあり、オフィスビルの電気がほとんどついていない中、
中之島フェスティバルタワーの試験点灯の明るさが際立っていました。


10DSC_0063.jpg
中之島フェスティバルタワー(198.96m)


11関電ビルDSC_0395
関電ビルディング(195.45m)


09DSC_0050.jpg
ダイビル本館関電ビルディング


12DSC_0058.jpg
ダイビル本館(108.19m)
低層部は、旧ダイビル本館(1925年竣工)の外装に使われていたレンガや装飾品を再利用して、
近代建築として評価の高かった外観やエントランスホールを残すように配慮したものとなっています。
2013年2月末完成予定です。


13DSC_0039.jpg
田蓑橋南詰から


14ダイビルDSC_0404
低層部


15ダイビルDSC_0406
細部までかなり緻密に再現されています。


16ダイDSC_0353
南側
北側とはガラッと表情が変わり、全面ガラスカーテンウォールの近代的な外観となっています。



17国立国際美術館DSC_0362
最後は、田蓑橋と筑前橋(土佐堀川)の間にある国立国際美術館大阪市立科学館です。

中之島周辺の散策 201210(6)中之島西部 3 田蓑橋〜玉江橋 に続きます。
 

中之島周辺の散策 201210 (4)中之島西部 1

中之島周辺の散策 201210(3)中之島中部 肥後橋・渡辺橋周辺 2 に続いて、
肥後橋・渡辺橋からさらに西側を紹介していきます。

肥後橋のひとつ下流(西側)に架かる土佐堀川「筑前橋」から

01筑前橋からDSC_0357
北東方向 中之島フェスティバルタワー方面


03筑前橋からDSC_0361
中之島フェスティバルタワー


02筑前橋からDSC_0358
関電ビルディング
手前はタワーマンションのグランスイート中之島タワー(89.3m)


04筑前橋からDSC_0359
土佐堀川下流方向



続いては、土佐堀川の筑前橋のひとつ下流(西側)に架かる、なにわ筋の橋「常安橋」から
この常安橋も、淀屋橋の名前の由来にもなった豪商淀屋常安にちなんで常安橋と呼ばれるようになったそうです。

05常安橋からDSC_0374
北東方向 中之島の超高層ビル群


07常安橋からDSC_0368
左端のビルはタワーマンションのN4.TOWER(116.2m)


06常安橋からDSC_0365




08常安橋からDSC_0372
北西方向 中之島西端部
手前から リーガロイヤルホテル大阪(107m)、グランキューブ大阪(大阪国際会議場)(104.51m)、住友病院、中之島センタービル(129m)等々 超高層ビルが建ち並んでいます。


09土佐堀ダイビルDSC_0363
南方向 常安橋南詰 手前から 土佐堀ダイビル(79.75m)、江戸堀センタービル(101.63m)

中之島周辺の散策 201210(5)中之島西部 2 渡辺橋〜田蓑橋 に続きます。
 

中之島周辺の散策 201210 (3)中之島中部 肥後橋・渡辺橋周辺 2

昨日の 中之島周辺の散策 201210(2)中之島中部 肥後橋・渡辺橋周辺 1 に続いて、
中之島中部の肥後橋・渡辺橋周辺をご紹介します。
今日は堂島川サイドを中心にご紹介させていただきます。


14渡辺橋DSC_0566
渡辺橋(堂島川)南詰から
渡辺橋は堂島川に架かる四つ橋筋の橋で、現在の橋は昭和41年に架け替えられたものです。
橋の南詰には京阪中之島線渡辺橋駅があります。
堂島川を挟んでアクア堂島(87.3m)、ANAクラウンプラザ大阪(87m)が見えます。



12ガーデンよりDSC_0439
中之島ガーデンブリッジ(堂島川)から見た西方向 渡辺橋方面


13ガーデンよりDSC_0445
ズームで
渡辺橋の他、阪神高速の高架道路が川の上やビルの間を縫うようにして走っています。



16ガーデンDSC_0455
中之島ガーデンブリッジ
堂島川の大江橋と渡辺橋の間に架けられている歩行者専用の橋です。
撮影した日は「北新地ガーデンブリッジカフェ」の期間中で、橋の上にオープンカフェができていました。


17ガーデンDSC_0433


18ガーデンDSC_0436


19ガーデンDSC_0434


夜はライトアップされます。

20ガーデンDSC_0547


21ガーデンDSC_0545


22_1ガーデンDSC_0524


〈以下の写真はクリックすると拡大できます。〉
22_2ガーデンDSC_0525*

22_3ガーデンDSC_0527

22_4ガーデンDSC_0529

22_5ガーデンDSC_0532

22_6ガーデンDSC_0533





最後は再び土佐堀川に戻りまして
(昨日の記事に入れるはずだったんですが、抜けていました…)

11錦橋DSC_0341
錦橋
土佐堀川の肥後橋のすぐ東に架かっている歩行者専用橋
1931年(昭和6年)に設置され、かつては可動堰として機能していました。


DSC_0236.jpg
夜の錦橋


DSC_0478.jpg
夜の錦橋



肥後橋・渡辺橋周辺 ここまで
次回は 中之島周辺の散策 201210(4)中之島西部 をご紹介します。
  

中之島周辺の散策 201210 (2)中之島中部 肥後橋・渡辺橋周辺 1

昨日の 中之島周辺の散策 201210(1)淀屋橋周辺 に続いて、
中之島中部の肥後橋・渡辺橋周辺をご紹介します。

まずは、肥後橋周辺から
淀屋橋と同様に、肥後橋という正式な住所はなく、肥後橋というのは土佐堀川に架かる四つ橋筋の橋の名前ですが、周辺の地域名として呼ばれる場合が多いです。肥後橋周辺は高層ビルが林立する大阪有数のオフィス街となっています。橋の地下には地下鉄四つ橋線が通っており、橋の南詰に肥後橋駅があります。
「肥後橋」という橋の名前は、江戸時代、橋の北詰の中之島に肥後熊本藩の蔵屋敷があったことに由来します。

01肥後橋DSC_0345
錦橋(土佐堀川)から見た肥後橋
橋を囲むようにアパホテル大阪肥後橋駅前(107m)、朝日新聞、中之島三井ビルディング(140.15m)、関電ビルディング(195.45m)等が建ち並んでいます。
上を走る高架道路は環状線から分岐した阪神高速11号池田線です。


DSC_0475.jpg




02肥後橋DSC_0427
肥後橋南詰の肥後橋交差点


03大同生命DSC_0428
肥後橋交差点の南東角にある大同生命本社ビル(88m)
界わいのランドマークとして親しまれ街の財産となっていたウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の旧大同生命ビルディングの社会的価値が継承されています。テラコッタの外壁、チューダー式アーチや屋上に並ぶピナクルなど、旧ビルのネオゴシック様式を受け継ぐその姿は、ガラス張りの高層ビルには無い新たな近代的オフィスビルを実現し、再びランドマークとして親しまれています。


04フェス横DSC_0563*
肥後橋交差点 北東方面
土佐堀川を挟んで住友生命中之島セントラルタワー(141.645m)、大阪三井物産ビル(104.95m)が見えます。


05フェスDSC_0561
肥後橋交差点 北方面
中之島フェスティバルタワー(198.96m)が見えます。
中之島フェスティバルタワーは、四つ橋筋を挟んで相対する新朝日ビルディングとフェスティバルホール、大阪朝日ビルと朝日新聞ビルを高さ200メートルの2棟の超高層ビルへ建て替える「大阪・中之島プロジェクト」の東地区で、今秋完成予定です。(フェスティバルホールは2013年完成予定)
低層階にフェスティバルホール、四ツ橋筋を挟んで西側にある大阪本社ビルから朝日新聞大阪本社が移転し、中高層階はテナントオフィスとなります。


06_1フェスDSC_0349
肥後橋北詰
四つ橋筋を挟んで、朝日新聞ビル(左)と中之島フェスティバルタワー(右)


06_2フェスDSC_0347
肥後橋北詰 中之島フェスティバルタワー低層部
旧フェスティバルホール壁面にあったレリーフ「牧神、音楽を楽しむの図」も、当時と同じ信楽焼によって再制作されて設置されています。


07_1フェスDSC_0417
渡辺橋(堂島川)上から見た中之島フェスティバルタワー


07_2朝日新聞DSC_0423
渡辺橋(堂島川)上から見た現・朝日新聞大阪本社
朝日新聞グループの登記上の本店
でもあります。
中央の大阪朝日ビルと、その南西部分をL字型に囲むように増築された朝日新聞ビルで一体感を持たせています。


08フェスDSC_0419
渡辺橋(堂島川)上から見た四ツ橋筋南方面
大同生命本社ビルの南側には、大手化学メーカーの石原産業本社が入る新石原ビル(86m)や、タワーマンション「D'グラフォート大阪N.Y.タワーHIGOBASHI(150.7m)」が見えます。


09フェスDSC_0425
四ツ橋筋大同生命本社ビル前から見た中之島フェスティバルタワー


10フェスフェスDSC_0409
中之島通 渡辺橋駅上から見た朝日新聞ビル・大阪朝日ビルと中之島フェスティバルタワー


中之島周辺の散策 201210(3)中之島中部 肥後橋・渡辺橋周辺 2
に続きます。
 

中之島周辺の散策 201210 (1)淀屋橋周辺

高層ビルからの眺望が続いたので、趣向を変えて地上からの写真を紹介していきます。
中之島周辺を散策してみましたので、何回かに分けて紹介していきます。

中之島は、大阪市北区にあり堂島川と土佐堀川に挟まれた東西約3kmの細長い中洲で、天下の台所と言われた江戸時代は、旧淀川の堂島川や土佐堀川の水運を利用する為に、各藩の蔵屋敷が立ち並び、ここに全国各地の物資が集まる様になりました。明治時代になると、大坂の商業やビジネスの中心としての役割だけでなく、国の重要文化財の大阪府立中之島図書館や大阪市中央公会堂等の文化施設や大阪帝国大学(現・大阪大学)を始めとする学校や病院が市民の寄付などで建設され、近代商都大阪においては情報と文化の発信地でもあった土地です。現在でも大阪の経済・政治の中心地であり、東部には都心部の貴重な公園である中之島公園も整備されています。

今日は、その(1)として、まずは淀屋橋周辺から紹介して行きます。

そもそも淀屋橋という正式な住所はなく、淀屋橋というのは土佐堀川に架かる橋の名前でしたが、地下鉄や京阪の駅名になっていることもあり、周辺の地域名として呼ばれています。淀屋橋周辺には大阪市役所、日本銀行、大手企業の本社ビルが建ち並び、大阪の中枢であり代表的なオフィス街になっています。

01栴檀木橋よりDSC_0240
栴檀木橋(土佐堀川)から見た西側 淀屋橋方面
木で隠れていますが、右側に大阪市役所があります。正面には中之島中部の高層ビル群が見えます。


02淀屋橋DSC_0176*
南西側から見た淀屋橋
御堂筋を挟んで大阪市役所(右)と日銀(左)があります。
「淀屋橋」という橋名の由来は、江戸時代の豪商・淀屋がこの橋を架橋し管理したことによるとされています。現在の橋はパリのセーヌ川を参考に、1935年(昭和10年)に完成しました。北側の堂島川に架かる大江橋とともに、コンクリートの橋としては珍しく国の重要文化財に指定されています。


03日銀DSC_0176
夜はライトアップされます。


04淀屋橋DSC_0943
淀屋橋 北西側から
大阪のメインストリート御堂筋が南(難波方面)に向って走っています。


05淀屋橋からDSC_0174*
淀屋橋から見た中之島中部の高層ビル群(西方向)
住友生命中之島セントラルタワー(141.645m)、大阪三井物産ビル(104.95m)、中之島フェスティバルタワー(198.96m)、中之島三井ビルディング(140.15m)、中之島ダイビル(160m)、関電ビルディング(195.45m)等々 超高層ビルが建ち並んでいます。


06淀屋橋からDSC_0174
夜はこんな感じです。中之島フェスティバルタワーがオープンしたらもっと綺麗な夜景が見れるんでしょうね。


07住友DSC_0334
住友ビル本館(左)と住友ビルディング(右)
このあたりは「住友村」と呼ばれ、住友系企業の本社や拠点が建ち並んでいます。住友グループにとって重要な歴史ある地となっています。


08住友DSC_0339
住友ビルディング
1926年に住友財閥の総本店として建築され、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)第一軍司令部、住友銀行本店等を経て、現在は三井住友銀行大阪本店となっています。


09市役所DSC_0181*
大阪市役所
現在の庁舎は、1986年に完成したものです。


10サイボスDSC_0326
10月29日からインテックス大阪で開催される金融業界最大規模の国際会議「サイボス(Sibos)」をPRするバナーが掲げられていました。
「サイボス(Sibos)」とは、世界209ヵ国、9700社以上の金融機関が加盟する、ベルギーに本部を置く金融メッセージングサービスを提供する協同組合組織「スイフト(SWIFT・国際銀行間通信協会)」が毎年、秋に開催する国際会議。今回で35回目となり日本での開催は初めてとなります


11日銀DSC_0169
日本銀行大阪支店
日銀大阪支店は、1882年(明治15年)に開設されました。
西日本の母店としての機能や災害時の本店のバックアップ機能等、本店に次ぐ大変重要な役割を担っています。
手前にある旧館は、ネオ・ルネサンス様式で1903年(明治36年)に建設されたもので、日本銀行本店や東京駅の赤レンガ駅舎なども設計した辰野金吾博士によって設計されました。


12日銀DSC_0327
旧館玄関ポーチ

夜はライトアップされます。

13日銀DSC_0586
大江橋南詰から

14日銀DSC_0169*
淀屋橋北詰から



17大江橋DSC_0311
南東側から見た大江橋
現在の橋は淀屋橋と同じくパリのセーヌ川を参考に、1935年(昭和10年)に完成しました。南側の淀屋橋とともに、コンクリートの橋としては珍しく国の重要文化財に指定されています。


18大江橋DSC_0472
大江橋 北東側から
夜はこんな感じでライトアップされます。


15DSC_0162.jpg
水晶橋(堂島川)南詰から見た 大江橋方面
左側は大阪市役所です。


16ガーデン橋よりDSC_0431
中之島ガーデンブリッジ(堂島川)から見た 大江橋方面



19日銀DSC_0183
大江橋南詰
日銀の手前にある木材を使った外観の建物は、中之島の地下を東西に縦断して通っている京阪中之島線の大江橋駅の出入り口です。


20日銀DSC_0180
大江橋南詰 中之島通 渡辺橋方面


21DSC_0171.jpg
大江橋から見た水晶橋方面


22DSC_0313.jpg
大江橋から見た中之島ガーデンブリッジ方面
右側の川の上を走る高架道路は阪神高速環状線です。


中之島ガーデンブリッジ方面 夜はこんな感じです。

23大江橋からDSC_0939


24大江橋からDSC_0929


中之島周辺の散策 201210(2)中之島中部 肥後橋・渡辺橋周辺 1 に続きます。
 
■関連記事
中之島 周辺