南海高野線沿線

カテゴリ:南海高野線沿線 の記事一覧

三国ヶ丘駅 201410(4)屋上公園「みくにん広場」

 
三国ヶ丘駅 201410(1)東口・JR三国ケ丘駅 等
三国ヶ丘駅 201410(2)南海三国ヶ丘駅・東西自由通路・西口 等
三国ヶ丘駅 201410(3)N.KLASS三国ヶ丘 等
に続いて、三国ヶ丘駅のレポート。

mkngok141022_41DSC_0817.jpg
屋上公園「みくにん広場」から

三国ヶ丘駅
南海高野線とJR阪和線が乗り入れる接続駅で、両社の共同使用駅となっています。

三国ヶ丘駅では2011年から、利便性向上を目的とした「三国ヶ丘駅改良事業」として、
東西自由通路の整備・駅舎の橋上駅舎化、商業施設のリニューアル等の工事が進められてきましたが、
昨年(2013年)9月7日に、東西自由通路および橋上駅舎が供用開始。
今年の4月26日に屋上公園「みくにん広場」
5月29日には駅ナカ商業施設「N.KLASS(エヌクラス)三国ヶ丘」
それぞれオープンしました。

「三国ヶ丘駅改良事業」の詳細は下記PDFをご覧ください。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/140324_3.pdf




今日は、今年の4月26日にオープンした
屋上公園「みくにん広場」を中心に見ていきます。

mkngok141022_60DSC_0848.jpg
「みくにん広場」

屋上公園「みくにん広場」
「三国ヶ丘駅改良事業」の一環として、駅ビルの屋上(3階)に誕生した公園。
面積は約640平方メートルで、その内約640平方メートルは木々や花々、芝生が植えられた緑地となっています。
また、仁徳天皇陵古墳を望むことができる眺望デッキや、
行き交う電車を眺めことができるトレインビューも設けられています。



mkngok141022_47DSC_0781.jpg

■概要
面積:約640平方メートル(緑地部分:約250平方メートル)
施設:芝生の広場、仁徳天皇陵古墳眺望デッキ、トレインビュー
開放時間:9:00〜18:00
入園料:無料




では、順に見ていきます。

mkngok141022_42DSC_0737.jpg
駅ビル2階「N.KLASS三国ヶ丘」内にある「みくにん広場」への階段




mkngok141022_43DSC_0740.jpg
「みくにん広場」への階段




mkngok141022_44DSC_0853.jpg
階段から「みくにん広場」への出入口




mkngok141022_48DSC_0748.jpg
1つ上の写真の場所から




mkngok141022_49DSC_0754.jpg




mkngok141022_50DSC_0759.jpg




mkngok141022_51DSC_0761.jpg
西側、窓沿いの一段高くなったウッドデッキ部分に
トレインビューや仁徳天皇陵古墳眺望デッキがあります。
段差にはスロープが設けられています。




mkngok141022_52DSC_0771.jpg
トレインビュー




mkngok141022_53DSC_0775.jpg
トレインビュー説明板




mkngok141022_54DSC_0792.jpg
駅や車両の写真と共に、三国ヶ丘駅や南海高野線・JR阪和線の歴史が説明されており、
鉄道好きにとってはなかなか興味深いものになっています。




mkngok141022_55DSC_0767.jpg
南海高野線 堺東駅方面




mkngok141022_59DSC_0806.jpg
堺市役所堺駅前のホテル・アゴーラ リージェンシー堺等が見えています。




mkngok141022_58DSC_0800.jpg
地上を走る南海高野線と掘割部分を走るJR阪和線が立体交差しています。




mkngok141022_61DSC_0852.jpg
南西角部分に設けられた仁徳天皇陵古墳眺望デッキ




mkngok141022_62DSC_0807.jpg
仁徳天皇陵古墳眺望デッキ




mkngok141022_63DSC_0809.jpg
仁徳天皇陵古墳説明板




mkngok141022_65DSC_0796.jpg
正面に見える小山というか丘のような部分が仁徳天皇陵古墳です。

※仁徳天皇陵古墳については
堺市 201309(17)百舌鳥駅・仁徳天皇陵古墳・大仙公園(1)
で詳しく触れています。




mkngok141022_66DSC_0816.jpg
仁徳天皇陵古墳とJR阪和線の掘割




mkngok141022_67DSC_0826.jpg
西口の駅前広場と国道310号線




mkngok141022_64DSC_0834.jpg
仁徳天皇陵古墳眺望デッキから見たトレインビュー側




mkngok141022_45DSC_0786.jpg
駅ビル2階、1階JR改札前とのエレベーターも設置されています。

 
三国ヶ丘駅 201410 以上です。
 
 
■2013年9月の記事:堺市 201309(6)三国ヶ丘駅
■2014年10月の記事:
三国ヶ丘駅 201410(1)東口・JR三国ケ丘駅 等
三国ヶ丘駅 201410(2)南海三国ヶ丘駅・東西自由通路・西口 等
三国ヶ丘駅 201410(3)N.KLASS三国ヶ丘 等
 
 

三国ヶ丘駅 201410(3)N.KLASS三国ヶ丘 等

 
三国ヶ丘駅 201410(1)東口・JR三国ケ丘駅 等
三国ヶ丘駅 201410(2)南海三国ヶ丘駅・東西自由通路・西口 等
に続いて、三国ヶ丘駅のレポート。

mkngok141022_02DSC_0917.jpg
三国ヶ丘駅 駅ビル(東口側ロータリーから)

三国ヶ丘駅
南海高野線とJR阪和線が乗り入れる接続駅で、両社の共同使用駅となっています。

三国ヶ丘駅では2011年から、利便性向上を目的とした「三国ヶ丘駅改良事業」として、
東西自由通路の整備・駅舎の橋上駅舎化、商業施設のリニューアル等の工事が進められてきましたが、
昨年(2013年)9月7日に、東西自由通路および橋上駅舎が供用開始。
今年の4月26日に屋上公園「みくにん広場」
5月29日には駅ナカ商業施設「N.KLASS(エヌクラス)三国ヶ丘」
それぞれオープンしました。

「三国ヶ丘駅改良事業」の詳細は下記PDFをご覧ください。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/140324_3.pdf




mkngok141022_15DSC_0881.jpg
三国ヶ丘駅 駅ビル(西口側 国道310号線から)




今日は、今年の5月29日にオープンした
駅ナカ商業施設「N.KLASS(エヌクラス)三国ヶ丘」の2階を中心に見ていきます。

mkngok141022_25DSC_0709.jpg
「N.KLASS三国ヶ丘」フロアガイド

N.KLASS(エヌクラス)三国ヶ丘
「三国ヶ丘駅改良事業」の一環として、駅ビルの1・2階にオープンした駅ナカ商業施設。
店舗面積は約1,335平方メートルで、飲食店を中心にスーパー、書店、100円ショップ、
コンビニエンスストア、クリーニング等 計13店舗が入居しています。

「N.KLASS(エヌクラス)」という施設名は、
南海(NANKAI)がある日常を、
素敵に(NICE)
暮らす(KURASU)ことと、
ひとつ上のクラス(CLASS)を目指すこと
を表現しています。



mkngok141022_23DSC_0715.jpg
階段・エスカレーターの吹き抜け部分




mkngok141022_21DSC_0728.jpg
階段・エスカレーターの吹き抜け部分を囲むように店舗が並んでいます。




mkngok141022_27DSC_0736.jpg
吹き抜け周りをぐるっと見ていきます。




mkngok1410★27DSC_1120
周辺案内図とフロアガイド




mkngok141022_26DSC_0930.jpg
柱に描かれたイラスト




mkngok1410★29DSC_1126
犬鳴叉焼包・和スイーツ「咲蔵(SAKURA)」




mkngok1410★29DSC_1128
「ノムラクリーニング」前の通路を奥に進むと、
エレベーターとトイレがあります。




mkngok141022_46DSC_0778.jpg
1階 JR改札前〜2階〜みくにん広場(3階)を結ぶエレベーター




mkngok141022_46DSC_1130.jpg
最近のショッピングモール内にあるようなトイレで、非常に綺麗でした。




mkngok1410★29DSC_1136
「ドトールコーヒー」、「駅ナカらーめん ス・ス・ル」




mkngok1410★29DSC_1153
1つ上の写真の逆側から




mkngok1410★29DSC_1151
「南海そば&驛中酒場スタンドミクニ」、「天牛堺書店」、スイーツ「シエスタ」




mkngok141022_29DSC_0722.jpg
1つ上の写真の逆側から





南海のきっぷうりばの前、東西自由通路の方に移って

mkngok141022_30DSC_0734.jpg
コンビニエンスストア「アンスリー」、100円ショップ「meets.」




mkngok1410★30DSC_1114
1つ上の写真の逆側から

 
三国ヶ丘駅 201410 次回に続きます。
 
 
■2013年9月の記事:堺市 201309(6)三国ヶ丘駅
■2014年10月の記事:
三国ヶ丘駅 201410(1)東口・JR三国ケ丘駅 等
三国ヶ丘駅 201410(2)南海三国ヶ丘駅・東西自由通路・西口 等
 
 

三国ヶ丘駅 201410(2)南海三国ヶ丘駅・東西自由通路・西口 等

 
昨日の、三国ヶ丘駅 201410(1)東口・JR三国ケ丘駅 等に続いて、
三国ヶ丘駅のレポート。(2014年10月撮影)

mkngok1410★15DSC_1261
夜の三国ヶ丘駅 駅ビル(東口側から)

三国ヶ丘駅
南海高野線とJR阪和線が乗り入れる接続駅で、両社の共同使用駅となっています。

三国ヶ丘駅では2011年から、利便性向上を目的とした「三国ヶ丘駅改良事業」として、
東西自由通路の整備・駅舎の橋上駅舎化、商業施設のリニューアル等の工事が進められてきましたが、
昨年(2013年)9月7日に、東西自由通路および橋上駅舎が供用開始。
今年の4月26日に屋上公園「みくにん広場」
5月29日には駅ナカ商業施設「N.KLASS(エヌクラス)三国ヶ丘」
それぞれオープンしました。

「三国ヶ丘駅改良事業」の詳細は下記PDFをご覧ください。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/140324_3.pdf




今日は、橋上駅舎2階にある南海の改札口及び、
東西自由通路から西口にかけてを見ていきます。

mkngok1410★16DSC_1198
橋上駅舎2階




mkngok1410★16DSC_1087
階段・エスカレーターを上ったところから




mkngok1410★16DSC_1115
南海高野線とJR阪和線の乗り換え駅になっているので、常に多くの人が行き交います。




mkngok1410★16DSC_1221
2階 南海改札口

南海高野線 三国ヶ丘駅
準急と各駅停車のみ停車し、なんばから準急で約14分、各駅停車で約25分です。
南海の駅で5位と、本来、急行や区急を停車させてもおかしくない乗降客数ですが、
堺東駅の隣ということや遠近分離等の理由から、準急と各駅停車のみの停車となっています。




mkngok141022_32DSC_0726.jpg
改札口




mkngok1410★32DSC_1081
自動改札機




mkngok141022_35DSC_0898.jpg
駅南東側(中百舌鳥・河内長野方面)の踏切から見た南海三国ヶ丘駅

ホームは相対式ホーム2面2線で、ホーム有効長は10両。
線路やホームは地上レベルにあり、下の掘割部分を走るJR阪和線と立体交差しています。




mkngok141022_34DSC_0933.jpg
南海三国ヶ丘駅ホーム




mkngok141022_33DSC_0931.jpg
ホームと改札階を結ぶエスカレーター






mkngok1410★23DSC_1092
駅ビル2階に戻りまして




mkngok1410★31DSC_1103
南海のきっぷうりばと東西自由通路
写真正面が西口方面です。




mkngok141022_31DSC_0861.jpg
1つ上の写真の逆側から




mkngok1410★31DSC_1109
西口への階段・エスカレーター・エレベーター




mkngok141022_20DSC_0865.jpg
西口への階段・エスカレーター




mkngok141022_19DSC_0889.jpg
エスカレーターの下から




mkngok141022_18DSC_0888.jpg
三国ヶ丘駅 駅ビル(西口側から)




mkngok141022_17DSC_0872.jpg
三国ヶ丘駅 駅ビル(西口側から)




mkngok141022_16DSC_0885.jpg
三国ヶ丘駅 駅ビル(西口側から)
西口の駅前にもロータリーがあります。

 
三国ヶ丘駅 201410 次回に続きます。
 
 
■2013年9月の記事:堺市 201309(6)三国ヶ丘駅
■2014年10月の記事:三国ヶ丘駅 201410(1)東口・JR三国ケ丘駅 等
 
 

三国ヶ丘駅 201410(1)東口・JR三国ケ丘駅 等

今日から4回に分けて、三国ヶ丘駅をご紹介したいと思います。

昨年9月にUPした前回記事「堺市 201309(6)三国ヶ丘駅」の時はまだ工事中だった、
駅ナカ商業施設や屋上公園を中心にご紹介していきます。(2014年10月撮影)

mkngok141022_03DSC_0909.jpg
三国ヶ丘駅 駅ビル(東口側から)

三国ヶ丘駅
南海高野線とJR阪和線が乗り入れる接続駅で、両社の共同使用駅となっています。

三国ヶ丘駅では2011年から、利便性向上を目的とした「三国ヶ丘駅改良事業」として、
東西自由通路の整備・駅舎の橋上駅舎化、商業施設のリニューアル等の工事が進められてきましたが、
昨年(2013年)9月7日に、東西自由通路および橋上駅舎が供用開始。
今年の4月26日に屋上公園「みくにん広場」
5月29日には駅ナカ商業施設「N.KLASS(エヌクラス)三国ヶ丘」
それぞれオープンしました。

「三国ヶ丘駅改良事業」の詳細は下記PDFをご覧ください。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/140324_3.pdf




mkngok141022_01DSC_0912.jpg
東口 ロータリー




ということで、今日は東口及び、1階のJR改札口付近を見ていきます。

mkngok141022_04DSC_0697.jpg
東口付近




mkngok141022_05DSC_0693.jpg
東口を入ったところ
向かって右側がJR改札口、左側が南海の改札口や商業施設がある2階への階段・エスカレーターとなっています。




mkngok1410★05DSC_1228
1つ上の写真の逆側から




mkngok1410★06DSC_1236
1階 JR改札口側




mkngok141022_11DSC_0685.jpg
2階への階段・エスカレーター側




mkngok141022_06DSC_0699.jpg
三角の誘導サイン




まずは、JR側を見ていきます。

mkngok141022_07DSC_0681.jpg
JRの改札口ときっぷうりば

JR阪和線 三国ケ丘駅
以前は区間快速と普通のみの停車でしたが、現在は特急(はるか・くろしお)以外の全種別が停車します。
天王寺から快速・区間快速で10分前後、普通で20分前後です。
阪和線の途中駅では1位、JR西日本の駅では42位の乗降人員となっています。




mkngok141022_08DSC_0682.jpg
改札口

南海の改札口が地上にある頃はJR→南海、南海→JRの連絡改札口が設けられていましたが、
2013年9月7日の東西自由通路および橋上駅舎の供用を開始をもって、閉鎖されました。




mkngok141022_09DSC_0678.jpg
JRの改札内から




mkngok141022_10DSC_0677.jpg
JR三国ケ丘駅ホーム
ホームは相対式ホーム2面2線で、ホーム有効長は8両。
線路やホームは掘割部分にあり、上を南海高野線や国道310号線等が通っています。





続いて、2階への階段・エスカレーター

mkngok1410★12DSC_1233
2階にある南海の改札口や商業施設の他、西口への東西自由通路にもなっています。




mkngok141022_12DSC_0702.jpg
この部分は昨年(2013年)9月から供用開始されていました。




mkngok141022_13DSC_0703.jpg
上りエスカレーターから
階段とエスカレーター周辺の吹き抜け部分は2階の天井も天窓になっており、
非常に明るく開放的な造りとなっています。




mkngok141022_14DSC_0707.jpg
2階から




mkngok1410★13DSC_1144
2階から

 
三国ヶ丘駅 201410 次回に続きます。
 
■2013年9月の記事:堺市 201309(6)三国ヶ丘駅
 
 

堺市 201309(10)北野田駅 2

昨日の 堺市 201309(9)北野田駅 1 に続いて、
今日も北野田駅周辺をご紹介したいと思います。

ski_09_22DSC_0849.jpg
北野田駅西側の通り
左はベルヒル北野田、右はアミナス北野田

北野田駅は、堺市東区北野田にある南海高野線の駅で、特急を除く全種別が停車します。
なんばから快急・急行・区急で約20分です。
平成23年度の一日平均乗降人員は34,450で、南海の駅では7位となっています。




ski_09_21DSC_0854.jpg
ベルヒル北野田
堺市立東文化会館 文化ホール(北野田フェスティバル)、商業施設などが入居しています。




ski_09_13DSC_0864.jpg
北野田駅西口から見たベルヒル北野田
高層マンション「サンメゾン北野田サンタワー(高さ109.3m)」も併設されています。




ski_09_23DSC_0845.jpg
ベルヒル北野田1階東側の入口




ski_09_24DSC_0815.jpg
1つ上の写真の通路を進むと、このような吹き抜け空間が広がります。
文化ホール・商業施設・高層マンションの中心部分になります。




ski_09_25DSC_0819.jpg
吹抜けから高層マンション「サンメゾン北野田サンタワー(高さ109.3m)」を見上げる




ski_09_26DSC_0818.jpg
2階 吹抜け部分




ski_09_27DSC_0812.jpg
2階 北野田駅やアミナス北野田からのペデストリアンデッキとの接続部分付近
堺市立東文化会館 文化ホール(北野田フェスティバル)のエントランスがあります。




ski_09_28DSC_0825.jpg
北東側から見たベルヒル北野田




ski_09_30DSC_0832.jpg
北西側から見たベルヒル北野田




ski_09_29DSC_0827.jpg
北側から見たアミナス北野田とベルヒル北野田
奥にはタワーズランド北野田も見えます。




ski_09_31DSC_0822.jpg
1つ上の写真の交差点から見た西側




ski_09_33DSC_0836.jpg
西に進んでいくと昔ながらの商店街があります。




ski_09_34DSC_0833.jpg
商店街沿いにダイエー北野田店が立地しています。




ski_09_35DSC_0834.jpg
商店街を西側に抜けたところ
ここをそのまま西側に進むと高級住宅街「大美野田園都市」が広がります。
大美野田園都市は、昭和初期にヨーロッパの田園都市になぞらえて開発された住宅街で、
ロータリーを中心として放射状に道路が伸びている街並みが有名です。




続いて、東口の方も少し触れておきます。


ski_09_36DSC_0790.jpg
東口はライフ北野田店やパチンコ店が入るビルに直結しています。




ski_09_38DSC_0783.jpg
ビルのエントランス




ski_09_37DSC_0785.jpg
ビル側から見た北野田駅入口




ski_09_42DSC_0784.jpg
ビル側から見た北野田駅南側




ski_09_39DSC_0786.jpg
ビル内の通路




ski_09_40DSC_0792.jpg
北側から




ski_09_41DSC_0793.jpg
ビルの北側から見た北野田駅方面





ski_09_43DSC_0797.jpg
最後は北東側から見た北野田駅

 
堺市 201309 次回に続きます。
 
 

堺市 201309(9)北野田駅 1

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日は北野田駅をご紹介したいと思います。

ski_09_01DSC_0858.jpg
北野田駅 西口駅前

北野田駅は、堺市東区北野田にある南海高野線の駅で、特急を除く全種別が停車します。
なんばから快急・急行・区急で約20分です。
平成23年度の一日平均乗降人員は34,450で、南海の駅では7位となっています。



ski_09_02DSC_0777.jpg
1・2番線南側から

ホームは島式2面4線で、ホーム有効長は8両。
改札口は橋上駅舎上に南北2か所、出口も西口・東口の2か所ある。




ski_09_02DSC_0870.jpg
3・4番線北側から




ski_09_03DSC_0780.jpg
ホームの駅名表示板




ski_09_04DSC_0776.jpg
ホームから




ski_09_05DSC_0781.jpg
改札口




ski_09_06DSC_0782.jpg
橋上駅舎上の東西連絡通路
正面は西側の出口




ski_09_07DSC_0799.jpg
西口




ski_09_08DSC_0851.jpg
外観(西口側)




ski_09_09DSC_0801.jpg
西口を出たところ




ski_09_10DSC_0803.jpg
西口からは、ペデストリアンデッキによってアミナス北野田やベルヒル北野田と直結しています。




ski_09_11DSC_0809.jpg
ペデストリアンデッキ
アミナス北野田2階に面した部分は店舗が並んでいます。




ski_09_12DSC_0850.jpg
アミナス北野田
図書館、生涯学習施設、商業施設などが入居しています。
高層マンション「ローレルコート北野田(高さ70m)」も併設されています。




ski_09_14DSC_0807.jpg
ベルヒル北野田側から見た北野田駅




ski_09_15DSC_0813.jpg
ベルヒル北野田側から見たアミナス北野田




ski_09_16DSC_0846.jpg
アミナス北野田
ペデストリアンデッキの下の部分




ski_09_30DSC_0842.jpg
北西側から見たアミナス北野田




ski_09_17DSC_0867.jpg
ペデストリアンデッキから見た西口の駅前ロータリー、バスターミナル




ski_09_18DSC_0806.jpg
タワーズランド北野田
北野田駅の南側に立地する高層マンション
フロントタワー(高さ81m)・セントラルタワー(高さ82m)・サウスタワー(高さ81m)の3棟が並んでいます。



ski_09_19DSC_0860.jpg
バスターミナルから見た北野田駅西口




ski_09_20DSC_0861.jpg
バスターミナルから見たアミナス北野田、ベルヒル北野田

 
堺市 201309 北野田駅 次回に続きます。
 
 

堺市 201309(8)中百舌鳥(なかもず)駅

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日は中百舌鳥(なかもず)駅をご紹介したいと思います。

ski_08_01DSC_0738.jpg
南海・泉北高速鉄道 中百舌鳥駅 北口

中百舌鳥(なかもず)駅は、堺市北区中百舌鳥町二丁にある南海・泉北高速鉄道(大阪府都市開発)・大阪市営地下鉄の駅です。
相互直通運転を行っている南海高野線と泉北高速鉄道の分岐点にある駅で、両社の共同使用駅となっています。
大阪市営地下鉄御堂筋線の南側の終点でもあり、南海高野線・泉北高速鉄道・地下鉄御堂筋線の接続点として、
交通の要所となっています。

一日平均乗降人員(2011年度)
南海:95,597人(連絡旅客を含む。連絡旅客を除くと22,532人)
泉北高速鉄道:118,663人
地下鉄:81,128人

1980年代には駅周辺に再開発計画があり、そごうと西武百貨店が出店競争を繰り広げましたが、
紆余曲折の後、バブル崩壊で再開発計画は頓挫し、結局百貨店は建設されませんでした。



ski_08_02DSC_0746.jpg
南海・泉北高速鉄道の橋上駅舎から見た駅北側のロータリー(西側)




ski_08_03DSC_0750.jpg
南海・泉北高速鉄道の橋上駅舎から見た駅北側のロータリー(東側)




ski_08_04DSC_07310000.jpg
北東側から見た北口のロータリー




ski_08_04DSC_0739.jpg
南東側から見た北口のロータリー




ski_08_05DSC_0075.jpg
西側から見た北口のロータリー




ski_08_06DSC_0742.jpg
南海・泉北高速鉄道側から見た地下鉄なかもず駅方面
この辺りは南海・泉北高速鉄道と地下鉄の乗換えの導線になっており、常に人通りが多いです。




ski_08_07DSC_0069.jpg
地下鉄なかもず駅付近




ski_08_08DSC_0729.jpg
地下鉄なかもず駅側から見た南海・泉北高速鉄道 中百舌鳥駅方面




ski_08_09DSC_0756.jpg
南海・泉北高速鉄道 中百舌鳥駅 南口





ski_08_10DSC_0755.jpg
南口
北口に比べて規模は小さいですが、南口にもロータリーやバス停があります。




ski_08_10DSC_0754.jpg
南口
この写真ではわかりにくいですが、歩道の先に御堂筋線なかもず駅出入口もあります。




ski_08_10DSC_0727.jpg
駅の東側を通る大阪府道28号大阪高石線(通称「上町筋」「あびこ筋」「ときはま線」)
天王寺〜なかもず間で、地下鉄御堂筋線が地下を通っています。





それでは、各駅の内部を見ていきます。
まず、南海・泉北高速鉄道から。

ski_08_11DSC_0745.jpg
南海・泉北高速鉄道 中百舌鳥駅 北口




ski_08_11DSC_07430000.jpg
南海・泉北高速鉄道 中百舌鳥駅 北口




ski_08_12DSC_0699.jpg
橋上駅舎上の南北連絡通路
改札口は連絡通路を挟んで東西2か所あります。




ski_08_13DSC_0753.jpg
改札口(西側)




ski_08_16DSC_0767.jpg
4番線西側から
ホームは島式2面4線で、ホーム有効長は10両。
外側の1・4番線を南海高野線、内側の2・3番線を泉北高速鉄道線および同線からの乗り入れ列車が使用します。
(1番線:高野山方面、2番線:和泉中央方面、3番線:難波方面、4番線:なんば方面)

三国ヶ丘駅同様、乗換駅の上に、本来、急行や区急を停車させてもおかしくない乗降人員がありますが、
遠近分離や地下鉄御堂筋線へ乗客流出防止(?)の理由から、準急と各駅停車のみの停車となっています。




ski_08_15DSC_0764.jpg
ホームの駅名表示板(1番線:南海高野線 高野山方面)




ski_08_14DSC_0763.jpg
ホームの駅名表示板(2番線:泉北高速鉄道線 和泉中央方面)




ski_08_15DSC_0769.jpg
橋上駅舎の下の部分




ski_08_17DSC_0768.jpg
2番線に停車中の準急和泉中央行(泉北高速鉄道3000系)




続いて地下鉄御堂筋線なかもず駅

ski_08_18DSC_0726.jpg
御堂筋線なかもず駅出入口(北口側)




ski_08_19DSC_0725.jpg
のりばへと続く階段・エスカレーター




ski_08_20DSC_0066.jpg
御堂筋線に電車が着く度に混雑します。




ski_08_21DSC_0723.jpg
改札口前のコンコース




ski_08_22DSC_0722.jpg
売店
乗客へのサービス向上や駅使用料収入の増収のため、売店がファミリーマートとポプラの運営になりました。




ski_08_23DSC_0714.jpg
トイレ
今里筋線を除く地下鉄112駅においてトイレが順次リニューアルされる予定です。




ski_08_24DSC_0715.jpg
トイレ
以前の地下鉄のトイレからは想像もできないくらい、明るく・清潔感のあるトイレになっています。




ski_08_25DSC_0712.jpg
ホームは島式1面2線で、ホーム有効長は10両となっています。


 
堺市 201309 次回に続きます。


【泉北高速鉄道関連記事一覧】
堺市 201309(8)中百舌鳥(なかもず)駅
堺市 201309(13)深井駅
堺市 201309(11)泉ケ丘駅 1
堺市 201309(12)泉ケ丘駅 2
堺市 201309(14)栂・美木多駅
堺市 201309(15)光明池駅 1
堺市 201309(16)光明池駅 2
和泉市 201309(1)和泉中央駅 1
和泉市 201309(2)和泉中央駅 2
和泉市 201309(3)和泉中央駅 3

 

堺市 201309(6)三国ヶ丘駅

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日は南海・JR西日本 三国ヶ丘駅をご紹介したいと思います。

ski_06_01DSC_0903.jpg
三国ヶ丘駅 東口(旧・北口)

南海高野線とJR阪和線が乗り入れる接続駅で、両社の共同使用駅となっています。
現在「三国ヶ丘駅改良事業」として、東西自由通路の整備・駅舎の橋上駅舎化・商業施設のリニューアル等の工事が行われています。
平成25年(2013年)9月7日に、東西自由通路および橋上駅舎の供用が開始されました。
全面開業は平成26年(2014年)春の予定で、屋上には仁徳天皇陵などが一望できる展望所も整備される予定です。



ski_06_00DSC_0895.jpg
橋上駅舎

三国ヶ丘駅改良事業の詳細は下記PDFをご覧ください。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/130813.pdf




ski_06_03DSC_0897.jpg
東口 ロータリー




ski_06_02DSC_0894.jpg
駅周辺




ski_06_00DSC_0893.jpg
駅周辺





それでは、駅の中をご紹介していきます。

ski_06_04DSC_0905.jpg
東口



ski_06_05DSC_0913.jpg
向かって左側、階段(エスカレーター)を上った橋上駅舎2階部分に南海の改札口、
向かって右側がJRの改札口となっています。

以前はJR→南海、南海→JRの連絡改札口が設けられていましたが、
9月7日の東西自由通路および橋上駅舎の供用を開始をもって、閉鎖されました。




まず、南海から

ski_06_06DSC_0907.jpg
改札階への階段とエスカレーター
東西自由通路にもなっています。




ski_06_07DSC_0911.jpg
上から




ski_06_08DSC_0883.jpg
南海の改札口

南海三国ヶ丘駅
準急と各駅停車のみ停車し、なんばから準急で約14分、各駅停車で約25分です。
南海の駅で5位と、本来、急行や区急を停車させてもおかしくない乗降人員ですが、
堺東駅の隣ということや遠近分離、またJR阪和線へ乗客流出防止の理由から、
準急と各駅停車のみの停車になっていると考えられます。




ski_06_09DSC_0872.jpg
2番線(難波方面のりば)から
ホームは相対式ホーム2面2線で、ホーム有効長は10両。




ski_06_12DSC_0875.jpg
2番線のホームなんば寄りからは、下の掘割部分を通るJR阪和線の線路や電車を見ることができます。




ski_06_10DSC_0981.jpg
ホームの駅名表示板




ski_06_11DSC_0982.jpg
2番線(高野山方面のりば)から





続いてJR

ski_06_14DSC_0915.jpg
JRの改札口

JR三国ケ丘駅
以前は区間快速と普通のみの停車でしたが、現在は特急(はるか・くろしお)以外の全種別が停車します。
天王寺から快速・区間快速で10分前後、普通で20分前後です。
阪和線の途中駅では1位、JR西日本の駅では43位の乗降人員となっています。




ski_06_15DSC_0916.jpg
1番線(和歌山方面のりば)南よりから見た天王寺方面
ホームは相対式ホーム2面2線で、ホーム有効長は8両。
線路やホームは掘割部分にあり、上を南海高野線や国道310号線等が通っています。




ski_06_15DSC_0978.jpg
ホームの駅名表示板




ski_06_17DSC_0918.jpg
1番線(和歌山方面のりば)南よりから見た和歌山方面




ski_06_16DSC_0901.jpg
阪和線の掘割の上を通る歩道から





最後は、西口のご紹介です。

ski_06_13DSC_0886.jpg
国道310号線から
西口の駅前にもロータリーがあります。




ski_06_00DSC_0885.jpg
橋上駅舎から西口へ下りる階段から


 
堺市 201309 次回に続きます。