JR西日本(南紀)

カテゴリ:JR西日本(南紀) の記事一覧

南紀 20141017-18(6) 鉄道編3 特急「くろしお」283系

 
南紀 20141017-18(6) 鉄道編 その3

今日は、特急「くろしお」381系をご紹介します。

141017nanki_04_11DSC_0344.jpg
特急「くろしお」381系(パノラマグリーン車/新宮駅にて)

JR西日本 381系
国鉄時代、中央本線特急「しなの」に続いて1978年に「くろしお」に導入された特急形車両。
急カーブが多い路線のスピードアップに適した振子式電車で、車体の軽量化と低重心化が図られています。




141017nanki_04_12DSC_0376.jpg
特急「くろしお」381系(パノラマグリーン車/和歌山駅にて)




141017nanki_04_13DSC_0377.jpg
真横から見た先頭部分(パノラマグリーン車/和歌山駅にて)




141017nanki_04_14DSC_0891.jpg
車内(普通車)





141017nanki_04_15DSC_0437.jpg
最後は白浜駅で撮影した3種類の「くろしお」用車両
381系(左)・283系(中央)・287系(右手前)

南紀 20141017-18 鉄道編 以上です。
 

南紀 20141017-18(4) 鉄道編2 特急「くろしお」283系

 
南紀 20141017-18(4) 鉄道編 その2

今日は、特急「くろしお」283系をご紹介します。

141017nanki_04_01DSC_0434.jpg
特急「くろしお」283系(貫通型先頭車両/白浜駅にて)

JR西日本 283系
京都・大阪から南紀方面への特急「スーパーくろしお(オーシャンアロー)※」として
1996年7月に営業運転を開始した特急形車両。
急カーブが連続する紀勢本線(きのくに線)にも強い「制御付き振り子式」が採用されています。

デザインは、南国へのリゾートムードを盛り上げる鮮やかなブルー、
先頭車(非貫通型)のスマートな鼻先と輝く目は太平洋のイルカをイメージしています。

※1997年3月のダイヤ改正から283系で運転される特急は「オーシャンアロー」になりましたが、
2012年3月のダイヤ改正からは、「くろしお」、「スーパーくろしお」、「オーシャンアロー」が
すべて「くろしお」に統一されました。



141017nanki_04_05DSC_0448.jpg
特急「くろしお」283系(非貫通型先頭車両/天王寺駅にて)
※非貫通の写真を撮り忘れてしまっていて帰りの天王寺で降車した際に慌てて撮影したので、
写真がブレてしまっています。申し訳ございません。




141017nanki_04_02DSC_0407.jpg
車両側面(紀伊勝浦駅にて)




141017nanki_04_04DSC_0445.jpg
車両側面(天王寺駅にて)
側面には「OCEAN ARROW」のロゴが描かれています。




141017nanki_04_03DSC_0442.jpg
車両側面の種別(列車名)・行先表示器




141017nanki_04_06DSC_0414.jpg
車内(普通車)




141017nanki_04_07DSC_0411.jpg
デッキ部分
一部のデッキにはトイレ・洗面所の他、飲物の自動販売機も設置されています。




141017nanki_04_09DSC_0421.jpg
展望ラウンジ(フリースペース)
海側に1人掛けの座席が4席、山側には2人掛けのソファーが2つ設置されています。
太平洋の景色が見渡せるように窓が大きく取られています。




141017nanki_04_10DSC_0416.jpg
展望ラウンジ
ここからの景色は本当に素晴らしかったです。





最後は余談ですが、今回ご紹介したJR西日本283系と
北近畿 20140711-12(2)KTR 北近畿タンゴ鉄道 2でご紹介したKTR8000形って
見た目そっくりじゃないですか?特に貫通型先頭車両の方。

141017nanki_04_01DSC_0434改
左の2枚が283系、右の2枚がKTR8000形

どちらも営業運転を開始したのが同じ1996年で、当時京都駅で見間違えたことがあります(笑)


南紀 20141017-18 鉄道編 次回に続きます。
 

南紀 20141017-18(2) 鉄道編1「ハローキティ和歌山号」等

 
南紀 20141017-18(2) 鉄道編 その1

今日はまず「ハローキティ和歌山号」を中心に
新宮駅で見た車両をいくつかご紹介します。

141017nanki_04_18DSC_0317.jpg
新宮駅 2番ホームに停車中の「ハローキティ和歌山号」

「ハローキティ和歌山号」
和歌山デスティネーションキャンペーン(わかやまDC)の一環として期間限定で運転されている観光列車で、
サンリオのキャラクター「ハローキティ」が観光地を楽しく紹介しているラッピングが施されています。
使用されている車両は2012年からJR西日本の山陰本線やJR四国の高徳線等で走行試験や試運転が行われている
「Smart BEST(スマートベスト)」と呼ばれる非電化路線向けの自己充電型バッテリー車両(DGBC2系)で、
外装や内装・シート配置等が観光列車用に改造されています。
自己充電型バッテリー車両として日本初の営業運転となります。

運転日:平成26年9月13日〜12月14日の土日祝日(1日2往復)
運転区間:紀勢本線(きのくに線)新宮〜串本

※詳細は和歌山デスティネーションキャンペーン特設サイトをご覧ください。




141017nanki_04_16DSC_0321.jpg
「ハローキティ和歌山号」




141017nanki_04_17DSC_0330.jpg
「ハローキティ和歌山号」




141017nanki_04_19DSC_0323.jpg
「ハローキティ和歌山号」車内
車内にもラッピングが施されている他、海側座席が窓向きに配置されています。






141017nanki_04_20DSC_0399.jpg
新宮駅1番ホームに停車中の普通 串本行き
(JR西日本105系)




141017nanki_04_21DSC_0401.jpg
南部駅〜新宮駅間で開催されている“列車×アート”プロジェクト「紀の国トレイナート2014」の、
「デザイン列車プロジェクト」のラッピングが施されています。

※「紀の国トレイナート2014」の詳細は公式HP(http://trainart.jp/)をご覧ください。






141017nanki_04_22DSC_0333.jpg
新宮駅3番ホームに停車中の普通 紀伊長島行き
(JR東海キハ11形)


南紀 20141017-18 鉄道編 次回に続きます。