2013年09月 の記事一覧

堺市 201309(13)深井駅

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日は深井駅をご紹介したいと思います。
泉ケ丘駅と順番が前後してしまいましたが、なんば堺東方面から言うと中百舌鳥の次の駅です。

ski_13_08DSC_0128.jpg
深井駅西側

深井駅は、堺市中区深井沢町にある泉北高速鉄道の駅。
1971年(昭和46年)泉北高速鉄道開業時に設置されました。
平成24年度の一日平均乗降客数は24,100人


■泉北高速鉄道について
堺市北区の中百舌鳥駅から和泉市の和泉中央駅までを結ぶ大阪府都市開発の鉄道路線
南海高野線との相互直通運転、また中百舌鳥駅では地下鉄御堂筋線と連絡しており、
泉北ニュータウンやトリヴェール和泉といった郊外の大規模住宅都市と都心をつなぐ大動脈となっています。

1971年(昭和46年)中百舌鳥泉ケ丘間営業開始
1973年(昭和48年)泉ケ丘栂・美木多間営業開始
1977年(昭和52年)栂・美木多光明池間営業開始
1995年(平成7年)光明池和泉中央間営業開始




ski_13_02DSC_0090.jpg
ホーム南側から
ホームは島式1面2線の高架駅で、ホーム有効長は10両




ski_13_01DSC_0087.jpg
ホームの駅名表示板




ski_13_03DSC_0140.jpg
準急和泉中央行がホームに入ってきたところ。
写真の車両は相互直通運転している南海の車両です。




ski_13_04DSC_0138.jpg
ホームから見た駅西側




ski_13_05DSC_0096.jpg
ホームから見た駅東側




ski_13_06DSC_0135.jpg
改札口は高架下の2階に1か所です。




ski_13_07DSC_0099.jpg
2階(改札階)のコンコース及び深井プラザの2階部分

深井プラザは、深井駅の高架下1・2階にある商業施設で、
物品販売・飲食・サービスの店舗及び銀行等、約29店舗入っています。




ski_13_09DSC_0102.jpg
深井駅西側
駅西側・東側共にロータリーが整備されており、バス停やタクシー乗場も両側にあります。




ski_13_10DSC_0132.jpg
深井プラザ及び駅への入口
この部分は駅東側への通路にもなっています。




ski_13_11DSC_0117.jpg
1つ上の写真の通路を東側に抜けたところ
深井駅東側




ski_13_12DSC_0118.jpg
深井駅東側のロータリー


 
堺市 201309 次回に続きます。


【泉北高速鉄道関連記事一覧】
堺市 201309(8)中百舌鳥(なかもず)駅
堺市 201309(13)深井駅
堺市 201309(11)泉ケ丘駅 1
堺市 201309(12)泉ケ丘駅 2
堺市 201309(14)栂・美木多駅
堺市 201309(15)光明池駅 1
堺市 201309(16)光明池駅 2
和泉市 201309(1)和泉中央駅 1
和泉市 201309(2)和泉中央駅 2
和泉市 201309(3)和泉中央駅 3

 
関連記事

堺市 201309(12)泉ケ丘駅 2

昨日の 堺市 201309(11)泉ケ丘駅 1 の続きで、
今日も泉ケ丘駅周辺をご紹介したいと思います。

ski_11_35DSC_0253.jpg

泉ケ丘駅は、堺市南区竹城台(泉北ニュータウン)にある泉北高速鉄道の駅。
1971年(昭和46年)泉北高速鉄道開業時に終点駅として設置されました。(1973年に栂・美木多駅まで延伸)
平成24年度の一日平均乗降客数は42,942人


■泉北高速鉄道について
堺市北区の中百舌鳥駅から和泉市の和泉中央駅までを結ぶ大阪府都市開発の鉄道路線
南海高野線との相互直通運転、また中百舌鳥駅では地下鉄御堂筋線と連絡しており、
泉北ニュータウンやトリヴェール和泉といった郊外の大規模住宅都市と都心をつなぐ大動脈となっています。

1971年(昭和46年)中百舌鳥泉ケ丘間営業開始
1973年(昭和48年)泉ケ丘栂・美木多間営業開始
1977年(昭和52年)栂・美木多光明池間営業開始
1995年(平成7年)光明池和泉中央間営業開始


ski_11_01DSC_0306.jpg
栂・美木多付近から見た泉ケ丘駅方面

深井駅〜和泉中央駅はほとんどが直線区間で踏切はありません。
泉北高速鉄道の線路の両脇を泉北1号線(府道34号堺狭山線・府道38号富田林泉大津線・府道223号三林岡山線)の道路が並走しています。



昨日は駅施設やショップタウン泉ヶ丘を中心とした駅東側の商業施設をご紹介しましたが、
今日は駅東側のバスターミナル周辺や、駅西側をご紹介します。

ski_11_37DSC_0183.jpg
駅から泉ヶ丘センタービルを西側に抜けたところはロータリーになっており、バスターミナルやタクシー乗場があります。
ロータリー部分はバスターミナルやタクシー乗場を覆うようにペデストリアンデッキが設けられています。




ski_11_36DSC_0185.jpg
南側




ski_11_39DSC_0265.jpg
西側に進んだところから
かなり大規模なバスターミナルです。




ski_11_32DSC_0276.jpg
ロータリーの北側、ショップタウン泉ヶ丘との間には、ペデストリアンデッキへの階段とエスカレーターがあります。




ski_11_33DSC_0195.jpg
1つ上の写真の階段を上ったところから ペデストリアンデッキ上部
かなり広いです。




ski_11_33DSC_0198.jpg
ペデストリアンデッキ上部




ski_11_33DSC_0193.jpg
泉ヶ丘センタービル(ショップタウン泉ヶ丘)の2階とも繋がっています。




ski_11_33DSC_0220.jpg
泉ヶ丘センタービル(ショップタウン泉ヶ丘)の2階




ski_11_40DSC_0204.jpg
ペデストリアンデッキから見たロータリー(バスターミナル)北側
奥にはショップタウン泉ヶ丘やパンジョが見えます。




ski_11_41DSC_0219.jpg
ペデストリアンデッキから見たロータリー(バスターミナル)南側




ski_11_42DSC_0218.jpg
ペデストリアンデッキからはさらに東側に通路が伸びており、
「国際障害者交流センタービッグ・アイ」や「大阪府立大型児童館ビッグバン」に繋がっています。




ski_11_43DSC_0212.jpg
国際障害者交流センタービッグ・アイ
「国連・障害者の十年(1983~1992年)」を記念し、2001年に国が設置した施設で、
多目的ホール、研修室、宿泊室、レストラン等が入っています。
詳細はHPをご覧ください。→ http://www.big-i.jp/




ski_11_44DSC_0210.jpg
大阪府立大型児童館ビッグバン
「遊び」をテーマに「子どもの豊かな遊びと文化創造の中核拠点」として、平成11年6月にオープンしました。
名誉館長は松本零士さんで、外観のデザインも担当したそうです。
詳細はHPをご覧ください。→ http://www.bigbang-osaka.or.jp/

実際に外観は宇宙船をイメージしているそうですが、スタートレックを連想させる外観で
トレッキーの私としては見た瞬間「おお!」となりました(笑)




ski_11_41DSC_0208.jpg
ビッグ・アイやビッグバン側から見た泉ヶ丘駅方面




続いて、駅西側の様子を少しご紹介します。

ski_11_47DSC_0157.jpg
駅東側への通路




ski_11_48DSC_0155.jpg
通路から見た南側




ski_11_47DSC_0159.jpg
駅西側のビル1・2階には、ショップタウン泉ヶ丘 3番街、コノミヤ、SOUTH MALL(商店街)があります。




ski_11_47DSC_0161.jpg
ショップタウン泉ヶ丘 3番街




ski_11_50DSC_0162.jpg
コノミヤ、SOUTH MALL(商店街)




ski_11_47DSC_0164.jpg
東側に比べると少し規模は小さいですが、駅西側にもロータリーがあり、
バスターミナルやタクシー乗場があります。




ski_11_47DSC_0165.jpg
1階に下ります。




ski_11_51DSC_0171.jpg
ロータリーから見た泉ケ丘駅西側出口



堺市 201309 次回に続きます。


【泉北高速鉄道関連記事一覧】
堺市 201309(8)中百舌鳥(なかもず)駅
堺市 201309(13)深井駅
堺市 201309(11)泉ケ丘駅 1
堺市 201309(12)泉ケ丘駅 2
堺市 201309(14)栂・美木多駅
堺市 201309(15)光明池駅 1
堺市 201309(16)光明池駅 2
和泉市 201309(1)和泉中央駅 1
和泉市 201309(2)和泉中央駅 2
和泉市 201309(3)和泉中央駅 3

 
関連記事

堺市 201309(11)泉ケ丘駅 1

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日は泉ケ丘駅をご紹介したいと思います。

ski_11_45DSC_0214.jpg
駅東側 泉ヶ丘センタービル

泉ケ丘駅は、堺市南区竹城台(泉北ニュータウン)にある泉北高速鉄道の駅。
1971年(昭和46年)泉北高速鉄道開業時に終点駅として設置されました。(1973年に栂・美木多駅まで延伸)
平成24年度の一日平均乗降客数は42,942人


■泉北高速鉄道について
堺市北区の中百舌鳥駅から和泉市の和泉中央駅までを結ぶ大阪府都市開発の鉄道路線
南海高野線との相互直通運転、また中百舌鳥駅では地下鉄御堂筋線と連絡しており、
泉北ニュータウンやトリヴェール和泉といった郊外の大規模住宅都市と都心をつなぐ大動脈となっています。

1971年(昭和46年)中百舌鳥泉ケ丘間営業開始
1973年(昭和48年)泉ケ丘栂・美木多間営業開始
1977年(昭和52年)栂・美木多光明池間営業開始
1995年(平成7年)光明池和泉中央間営業開始


ski_11_01DSC_0306.jpg
栂・美木多付近から見た泉ケ丘駅方面

深井駅〜和泉中央駅はほとんどが直線区間で踏切はありません。
泉北高速鉄道の線路の両脇を泉北1号線(府道34号堺狭山線・府道38号富田林泉大津線・府道223号三林岡山線)の道路が並走しています。




ski_11_02DSC_0145.jpg
ホームの駅名表示板




ski_11_03DSC_0283.jpg
ホーム北より
ホームは島式1面2線で、ホーム有効長は10両




ski_11_03DSC_0151.jpg
ホーム南側から




ski_11_04DSC_0153.jpg
改札口は橋上駅舎上に1か所、出口は2ヶ所で、駅の両サイドを走る泉北1号線を挟んで東西の駅ビルに直結しています。




それでは、駅東側から駅周辺の様子を見ていきます。


ski_11_04DSC_0176.jpg
駅東側への通路




ski_11_05DSC_0178.jpg
通路から見た北側




ski_11_06DSC_0179.jpg
通路を渡ったところが、泉ヶ丘センタービルです。




ski_11_07DSC_0180.jpg
泉ヶ丘センタービルの1・2階には駅前専門店街(ショップタウン泉ヶ丘※)が入っています。


ショップタウン泉ヶ丘
泉ヶ丘駅周辺に5つの専門店街を展開する商業施設
駅前専門店街:駅東側 泉ヶ丘センタービルの1・2階に入る専門店街。ニュータウン誕生と同時に開業しました。
南専門店街:泉ヶ丘駅から高島屋、パンジョ等へ続く回廊沿い1階に位置する商店会。
グッディ専門店街:泉ヶ丘駅から高島屋、パンジョ等へ続く回廊沿い2階に位置する商店会。
食品名店街:泉ヶ丘駅から高島屋、パンジョへ等続く回廊沿い1階に位置する食料品及び癒しの品が中心の専門店街。
3番街:駅西側のビルの1・2階に入る商店街

ショップタウン泉ヶ丘の詳細はHPをご覧ください。→ http://izumigaoka.info/




ski_11_08DSC_0222.jpg
泉ヶ丘センタービル2階から




ski_11_10DSC_0186.jpg
泉ヶ丘センタービル 1階北側




ski_11_11DSC_0187.jpg
泉ヶ丘センタービルから見た高島屋、パンジョ方向
噴水広場の周りをショップタウン泉ヶ丘が囲んでいます。




ski_11_09DSC_0271.jpg
南専門店街から見た泉ヶ丘センタービル方向




ski_11_13DSC_0232.jpg
高島屋、パンジョ側から見た噴水広場




ski_11_14DSC_0272.jpg
ショップタウン泉ヶ丘(南専門店街)




ski_11_15DSC_0228.jpg
ショップタウン泉ヶ丘(グッディ専門店街)




ski_11_16DSC_0261.jpg
ショップタウン泉ヶ丘(グッディ専門店街、食品名店街)




ski_11_17DSC_0230.jpg
ショップタウン泉ヶ丘(グッディ専門店街、食品名店街)
吹抜け部分にはちびっこ広場が設けられています。




ski_11_25DSC_0234.jpg
ショップタウン泉ヶ丘から北側にさらに連絡通路が伸びており、ジョイパーク泉ヶ丘や泉ヶ丘プールに繋がっています。




ski_11_27DSC_0235.jpg
ジョイパーク泉ヶ丘
トイザらス、しまむら、サンプラザ、歯科、眼科等が入るショッピングモール




ski_11_26DSC_0243.jpg
連絡通路から見たショップタウン泉ヶ丘




ski_11_18DSC_0254.jpg
パンジョ
泉北高島屋と123の専門店からなる商業施設。
1974年にオープン。1996年、2004年、2010年にリニューアルされています。

パンジョの詳細はHPをご覧ください。→ http://www.panjo.co.jp/



ski_11_34DSC_0201.jpg
泉ヶ丘駅前から見たパンジョ




ski_11_21DSC_0256.jpg
フロアガイド




ski_11_24DSC_0259.jpg
1階 高島屋入口



ski_11_19DSC_0267.jpg
スカイハット




ski_11_20DSC_0251.jpg
スカイハット内部




ski_11_22DSC_0247.jpg
2階 高島屋・専門店街入口




ski_11_23DSC_0248.jpg
2階 光の広場

 
堺市 201309 泉ケ丘駅 次回に続きます。


【泉北高速鉄道関連記事一覧】
堺市 201309(8)中百舌鳥(なかもず)駅
堺市 201309(13)深井駅
堺市 201309(11)泉ケ丘駅 1
堺市 201309(12)泉ケ丘駅 2
堺市 201309(14)栂・美木多駅
堺市 201309(15)光明池駅 1
堺市 201309(16)光明池駅 2
和泉市 201309(1)和泉中央駅 1
和泉市 201309(2)和泉中央駅 2
和泉市 201309(3)和泉中央駅 3

 
関連記事

堺市 201309(10)北野田駅 2

昨日の 堺市 201309(9)北野田駅 1 に続いて、
今日も北野田駅周辺をご紹介したいと思います。

ski_09_22DSC_0849.jpg
北野田駅西側の通り
左はベルヒル北野田、右はアミナス北野田

北野田駅は、堺市東区北野田にある南海高野線の駅で、特急を除く全種別が停車します。
なんばから快急・急行・区急で約20分です。
平成23年度の一日平均乗降人員は34,450で、南海の駅では7位となっています。




ski_09_21DSC_0854.jpg
ベルヒル北野田
堺市立東文化会館 文化ホール(北野田フェスティバル)、商業施設などが入居しています。




ski_09_13DSC_0864.jpg
北野田駅西口から見たベルヒル北野田
高層マンション「サンメゾン北野田サンタワー(高さ109.3m)」も併設されています。




ski_09_23DSC_0845.jpg
ベルヒル北野田1階東側の入口




ski_09_24DSC_0815.jpg
1つ上の写真の通路を進むと、このような吹き抜け空間が広がります。
文化ホール・商業施設・高層マンションの中心部分になります。




ski_09_25DSC_0819.jpg
吹抜けから高層マンション「サンメゾン北野田サンタワー(高さ109.3m)」を見上げる




ski_09_26DSC_0818.jpg
2階 吹抜け部分




ski_09_27DSC_0812.jpg
2階 北野田駅やアミナス北野田からのペデストリアンデッキとの接続部分付近
堺市立東文化会館 文化ホール(北野田フェスティバル)のエントランスがあります。




ski_09_28DSC_0825.jpg
北東側から見たベルヒル北野田




ski_09_30DSC_0832.jpg
北西側から見たベルヒル北野田




ski_09_29DSC_0827.jpg
北側から見たアミナス北野田とベルヒル北野田
奥にはタワーズランド北野田も見えます。




ski_09_31DSC_0822.jpg
1つ上の写真の交差点から見た西側




ski_09_33DSC_0836.jpg
西に進んでいくと昔ながらの商店街があります。




ski_09_34DSC_0833.jpg
商店街沿いにダイエー北野田店が立地しています。




ski_09_35DSC_0834.jpg
商店街を西側に抜けたところ
ここをそのまま西側に進むと高級住宅街「大美野田園都市」が広がります。
大美野田園都市は、昭和初期にヨーロッパの田園都市になぞらえて開発された住宅街で、
ロータリーを中心として放射状に道路が伸びている街並みが有名です。




続いて、東口の方も少し触れておきます。


ski_09_36DSC_0790.jpg
東口はライフ北野田店やパチンコ店が入るビルに直結しています。




ski_09_38DSC_0783.jpg
ビルのエントランス




ski_09_37DSC_0785.jpg
ビル側から見た北野田駅入口




ski_09_42DSC_0784.jpg
ビル側から見た北野田駅南側




ski_09_39DSC_0786.jpg
ビル内の通路




ski_09_40DSC_0792.jpg
北側から




ski_09_41DSC_0793.jpg
ビルの北側から見た北野田駅方面





ski_09_43DSC_0797.jpg
最後は北東側から見た北野田駅

 
堺市 201309 次回に続きます。
 
 
関連記事

堺市 201309(9)北野田駅 1

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日は北野田駅をご紹介したいと思います。

ski_09_01DSC_0858.jpg
北野田駅 西口駅前

北野田駅は、堺市東区北野田にある南海高野線の駅で、特急を除く全種別が停車します。
なんばから快急・急行・区急で約20分です。
平成23年度の一日平均乗降人員は34,450で、南海の駅では7位となっています。



ski_09_02DSC_0777.jpg
1・2番線南側から

ホームは島式2面4線で、ホーム有効長は8両。
改札口は橋上駅舎上に南北2か所、出口も西口・東口の2か所ある。




ski_09_02DSC_0870.jpg
3・4番線北側から




ski_09_03DSC_0780.jpg
ホームの駅名表示板




ski_09_04DSC_0776.jpg
ホームから




ski_09_05DSC_0781.jpg
改札口




ski_09_06DSC_0782.jpg
橋上駅舎上の東西連絡通路
正面は西側の出口




ski_09_07DSC_0799.jpg
西口




ski_09_08DSC_0851.jpg
外観(西口側)




ski_09_09DSC_0801.jpg
西口を出たところ




ski_09_10DSC_0803.jpg
西口からは、ペデストリアンデッキによってアミナス北野田やベルヒル北野田と直結しています。




ski_09_11DSC_0809.jpg
ペデストリアンデッキ
アミナス北野田2階に面した部分は店舗が並んでいます。




ski_09_12DSC_0850.jpg
アミナス北野田
図書館、生涯学習施設、商業施設などが入居しています。
高層マンション「ローレルコート北野田(高さ70m)」も併設されています。




ski_09_14DSC_0807.jpg
ベルヒル北野田側から見た北野田駅




ski_09_15DSC_0813.jpg
ベルヒル北野田側から見たアミナス北野田




ski_09_16DSC_0846.jpg
アミナス北野田
ペデストリアンデッキの下の部分




ski_09_30DSC_0842.jpg
北西側から見たアミナス北野田




ski_09_17DSC_0867.jpg
ペデストリアンデッキから見た西口の駅前ロータリー、バスターミナル




ski_09_18DSC_0806.jpg
タワーズランド北野田
北野田駅の南側に立地する高層マンション
フロントタワー(高さ81m)・セントラルタワー(高さ82m)・サウスタワー(高さ81m)の3棟が並んでいます。



ski_09_19DSC_0860.jpg
バスターミナルから見た北野田駅西口




ski_09_20DSC_0861.jpg
バスターミナルから見たアミナス北野田、ベルヒル北野田

 
堺市 201309 北野田駅 次回に続きます。
 
 
関連記事

堺市 201309(8)中百舌鳥(なかもず)駅

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日は中百舌鳥(なかもず)駅をご紹介したいと思います。

ski_08_01DSC_0738.jpg
南海・泉北高速鉄道 中百舌鳥駅 北口

中百舌鳥(なかもず)駅は、堺市北区中百舌鳥町二丁にある南海・泉北高速鉄道(大阪府都市開発)・大阪市営地下鉄の駅です。
相互直通運転を行っている南海高野線と泉北高速鉄道の分岐点にある駅で、両社の共同使用駅となっています。
大阪市営地下鉄御堂筋線の南側の終点でもあり、南海高野線・泉北高速鉄道・地下鉄御堂筋線の接続点として、
交通の要所となっています。

一日平均乗降人員(2011年度)
南海:95,597人(連絡旅客を含む。連絡旅客を除くと22,532人)
泉北高速鉄道:118,663人
地下鉄:81,128人

1980年代には駅周辺に再開発計画があり、そごうと西武百貨店が出店競争を繰り広げましたが、
紆余曲折の後、バブル崩壊で再開発計画は頓挫し、結局百貨店は建設されませんでした。



ski_08_02DSC_0746.jpg
南海・泉北高速鉄道の橋上駅舎から見た駅北側のロータリー(西側)




ski_08_03DSC_0750.jpg
南海・泉北高速鉄道の橋上駅舎から見た駅北側のロータリー(東側)




ski_08_04DSC_07310000.jpg
北東側から見た北口のロータリー




ski_08_04DSC_0739.jpg
南東側から見た北口のロータリー




ski_08_05DSC_0075.jpg
西側から見た北口のロータリー




ski_08_06DSC_0742.jpg
南海・泉北高速鉄道側から見た地下鉄なかもず駅方面
この辺りは南海・泉北高速鉄道と地下鉄の乗換えの導線になっており、常に人通りが多いです。




ski_08_07DSC_0069.jpg
地下鉄なかもず駅付近




ski_08_08DSC_0729.jpg
地下鉄なかもず駅側から見た南海・泉北高速鉄道 中百舌鳥駅方面




ski_08_09DSC_0756.jpg
南海・泉北高速鉄道 中百舌鳥駅 南口





ski_08_10DSC_0755.jpg
南口
北口に比べて規模は小さいですが、南口にもロータリーやバス停があります。




ski_08_10DSC_0754.jpg
南口
この写真ではわかりにくいですが、歩道の先に御堂筋線なかもず駅出入口もあります。




ski_08_10DSC_0727.jpg
駅の東側を通る大阪府道28号大阪高石線(通称「上町筋」「あびこ筋」「ときはま線」)
天王寺〜なかもず間で、地下鉄御堂筋線が地下を通っています。





それでは、各駅の内部を見ていきます。
まず、南海・泉北高速鉄道から。

ski_08_11DSC_0745.jpg
南海・泉北高速鉄道 中百舌鳥駅 北口




ski_08_11DSC_07430000.jpg
南海・泉北高速鉄道 中百舌鳥駅 北口




ski_08_12DSC_0699.jpg
橋上駅舎上の南北連絡通路
改札口は連絡通路を挟んで東西2か所あります。




ski_08_13DSC_0753.jpg
改札口(西側)




ski_08_16DSC_0767.jpg
4番線西側から
ホームは島式2面4線で、ホーム有効長は10両。
外側の1・4番線を南海高野線、内側の2・3番線を泉北高速鉄道線および同線からの乗り入れ列車が使用します。
(1番線:高野山方面、2番線:和泉中央方面、3番線:難波方面、4番線:なんば方面)

三国ヶ丘駅同様、乗換駅の上に、本来、急行や区急を停車させてもおかしくない乗降人員がありますが、
遠近分離や地下鉄御堂筋線へ乗客流出防止(?)の理由から、準急と各駅停車のみの停車となっています。




ski_08_15DSC_0764.jpg
ホームの駅名表示板(1番線:南海高野線 高野山方面)




ski_08_14DSC_0763.jpg
ホームの駅名表示板(2番線:泉北高速鉄道線 和泉中央方面)




ski_08_15DSC_0769.jpg
橋上駅舎の下の部分




ski_08_17DSC_0768.jpg
2番線に停車中の準急和泉中央行(泉北高速鉄道3000系)




続いて地下鉄御堂筋線なかもず駅

ski_08_18DSC_0726.jpg
御堂筋線なかもず駅出入口(北口側)




ski_08_19DSC_0725.jpg
のりばへと続く階段・エスカレーター




ski_08_20DSC_0066.jpg
御堂筋線に電車が着く度に混雑します。




ski_08_21DSC_0723.jpg
改札口前のコンコース




ski_08_22DSC_0722.jpg
売店
乗客へのサービス向上や駅使用料収入の増収のため、売店がファミリーマートとポプラの運営になりました。




ski_08_23DSC_0714.jpg
トイレ
今里筋線を除く地下鉄112駅においてトイレが順次リニューアルされる予定です。




ski_08_24DSC_0715.jpg
トイレ
以前の地下鉄のトイレからは想像もできないくらい、明るく・清潔感のあるトイレになっています。




ski_08_25DSC_0712.jpg
ホームは島式1面2線で、ホーム有効長は10両となっています。


 
堺市 201309 次回に続きます。


【泉北高速鉄道関連記事一覧】
堺市 201309(8)中百舌鳥(なかもず)駅
堺市 201309(13)深井駅
堺市 201309(11)泉ケ丘駅 1
堺市 201309(12)泉ケ丘駅 2
堺市 201309(14)栂・美木多駅
堺市 201309(15)光明池駅 1
堺市 201309(16)光明池駅 2
和泉市 201309(1)和泉中央駅 1
和泉市 201309(2)和泉中央駅 2
和泉市 201309(3)和泉中央駅 3

 
関連記事

堺市 201309(7)堺市駅

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日はJR阪和線 堺市駅をご紹介したいと思います。

ski_07_15DSC_0964.jpg
堺市駅前のベルマージュ堺

堺市駅は、堺区東雲西町にあるJRにおける堺市の中心駅で、特急(はるか・くろしお)を除く全種別が停車します。
かつては「金岡駅」という駅名でした。
天王寺から快速・区間快速で8分前後、普通で18分前後です。
阪和線の途中駅では三国ヶ丘・鳳・和泉府中についで第4位の乗降人員となっています。




ski_07_02DSC_0946.jpg
1番線(天王寺方面のりば)から見た南側
ホームは相対式ホーム2面2線で、ホーム有効長は8両




ski_07_03DSC_0944.jpg
ホームの駅名表示板




ski_07_04DSC_0947.jpg
改札口




ski_07_05DSC_0948.jpg
橋上駅舎の通路
正面は西側の出口




ski_07_06DSC_0966.jpg
南西側から見た堺市駅外観




ski_07_10DSC_0953.jpg
西側の出口からペデストリアンデッキによって駅前ロータリーを挟んで立地するベルマージュ堺と直結しています。




ski_07_09DSC_0950.jpg
ベルマージュ堺
堺都市計画事業堺市駅前地区第一種市街地再開発事業として、1999年2月に開業した複合施設。
住宅、図書館、商業施設などが入居しています。
向かって左側がベルマージュ堺壱番館(43階建・高さ142.83m)
向かって右側がベルマージュ堺弐番館(43階建・高さ145.58m)



ski_07_00DSC_0841.jpg
【9/25追加】後日撮影したベルマージュ堺の内部吹抜けの様子(1階から)



ski_07_00DSC_0851.jpg
【9/25追加】後日撮影したベルマージュ堺の内部吹抜けの様子(1階から)



ski_07_00DSC_0856.jpg
【9/25追加】後日撮影したベルマージュ堺の内部吹抜けの様子(4階から)



ski_07_00DSC_0861.jpg
【9/25追加】後日撮影したベルマージュ堺の内部吹抜けの様子(4階から)




ski_07_11DSC_0956.jpg
堺市駅とベルマージュ堺を結ぶペデストリアンデッキ




ski_07_08DSC_0955.jpg
ペデストリアンデッキから見た駅前ロータリー、バスターミナル




ski_07_12DSC_0960.jpg
ベルマージュ堺側から見たペデストリアンデッキと駅前ロータリー




ski_07_13DSC_0968.jpg
堺市駅側から見た駅前ロータリー、バスターミナル




ski_07_14DSC_0962.jpg
ベルマージュ堺側から見た駅前ロータリー




ski_07_07DSC_0952.jpg
ペデストリアンデッキから見た駅南側



ski_07_16DSC_0970.jpg
駅南東側はこのような商店街が東に向かって伸びています。




ski_07_17DSC_0974.jpg
駅南東側から見た西側


 
堺市 201309 次回に続きます。
 
 
関連記事

JR天王寺駅 中央コンコース 130923

今日は、一旦堺特集は休ませてもらって、
2013年9月23日の、JR天王寺駅の中央コンコース等のレポートです。

tnj130923_01DSC_0373.jpg
JR天王寺駅 中央コンコース

JR天王寺駅は、北側の地上部に阪和線ホーム(頭端式)5面5線、
南側の掘割部に大阪環状線・大和路線ホーム(島式)4面8線、計9面13線を有する巨大なターミナルです。
中央コンコースは1962年に竣工した駅ビル(現・MIOプラザ館 → 詳細はこちらの記事で)の1階部分です。



コンコース南側から北に向って見ていきます。

tnj130923_02DSC_0383.jpg
南西側 阿倍野歩道橋の階段を下ったところ(551前)から




tnj130923_03DSC_0382.jpg
地下鉄御堂筋線 天王寺駅ekimo(エキモ)天王寺からの階段を上がったところから
補強され太くなった柱には、60インチ縦型2段のデジタルサイネージが多数設置されています。




tnj130923_04DSC_0376.jpg
南西側を振り返る




tnj130923_05DSC_0377.jpg
南東側を振り返る
MIO本館方面




tnj130923_06DSC_0367.jpg
中央改札(北西側から)




tnj130923_07DSC_0372.jpg
中央改札(正面から)




tnj130923_09DSC_0368.jpg
北西側
地下鉄谷町線 天王寺駅、あべちか方面




tnj130923_10DSC_0363.jpg
中央改札を入ったところ




tnj130923_11DSC_0361.jpg
改札内から見た中央改札




tnj130923_12DSC_0359.jpg
11〜18番ホーム(掘割部)へのコンコース




tnj130923_13DSC_0360.jpg
1〜9番ホーム(阪和線地上ホーム)へのコンコース




9月23日撮影のJR天王寺駅周辺の夜景も何枚かご紹介しておきます。

tnj130923_14DSC_0410.jpg
阿倍野歩道橋南西側から見た北東側 JR天王寺駅・MIO方面




tnj130923_15DSC_0415.jpg
阿倍野歩道橋あびこ筋
左はJR天王寺駅(天王寺MIO)、右は近鉄阿部野橋駅あべのハルカス




tnj130923_16DSC_0400.jpg
天王寺MIO
今日のプラザ館の大型LEDディスプレーは秋っぽいカラフルなイラストが流れていました。




tnj130923_17DSC_0403.jpg
阿倍野歩道橋南西側から見た南西側
あべのnini・あべのキューズモール方面




tnj130923_18DSC_0418.jpg
最後は、阿倍野橋から見たあべのハルカス

 
明日はまた堺特集に戻る予定です。
 
 
関連記事

堺市 201309(6)三国ヶ丘駅

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日は南海・JR西日本 三国ヶ丘駅をご紹介したいと思います。

ski_06_01DSC_0903.jpg
三国ヶ丘駅 東口(旧・北口)

南海高野線とJR阪和線が乗り入れる接続駅で、両社の共同使用駅となっています。
現在「三国ヶ丘駅改良事業」として、東西自由通路の整備・駅舎の橋上駅舎化・商業施設のリニューアル等の工事が行われています。
平成25年(2013年)9月7日に、東西自由通路および橋上駅舎の供用が開始されました。
全面開業は平成26年(2014年)春の予定で、屋上には仁徳天皇陵などが一望できる展望所も整備される予定です。



ski_06_00DSC_0895.jpg
橋上駅舎

三国ヶ丘駅改良事業の詳細は下記PDFをご覧ください。
http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/130813.pdf




ski_06_03DSC_0897.jpg
東口 ロータリー




ski_06_02DSC_0894.jpg
駅周辺




ski_06_00DSC_0893.jpg
駅周辺





それでは、駅の中をご紹介していきます。

ski_06_04DSC_0905.jpg
東口



ski_06_05DSC_0913.jpg
向かって左側、階段(エスカレーター)を上った橋上駅舎2階部分に南海の改札口、
向かって右側がJRの改札口となっています。

以前はJR→南海、南海→JRの連絡改札口が設けられていましたが、
9月7日の東西自由通路および橋上駅舎の供用を開始をもって、閉鎖されました。




まず、南海から

ski_06_06DSC_0907.jpg
改札階への階段とエスカレーター
東西自由通路にもなっています。




ski_06_07DSC_0911.jpg
上から




ski_06_08DSC_0883.jpg
南海の改札口

南海三国ヶ丘駅
準急と各駅停車のみ停車し、なんばから準急で約14分、各駅停車で約25分です。
南海の駅で5位と、本来、急行や区急を停車させてもおかしくない乗降人員ですが、
堺東駅の隣ということや遠近分離、またJR阪和線へ乗客流出防止の理由から、
準急と各駅停車のみの停車になっていると考えられます。




ski_06_09DSC_0872.jpg
2番線(難波方面のりば)から
ホームは相対式ホーム2面2線で、ホーム有効長は10両。




ski_06_12DSC_0875.jpg
2番線のホームなんば寄りからは、下の掘割部分を通るJR阪和線の線路や電車を見ることができます。




ski_06_10DSC_0981.jpg
ホームの駅名表示板




ski_06_11DSC_0982.jpg
2番線(高野山方面のりば)から





続いてJR

ski_06_14DSC_0915.jpg
JRの改札口

JR三国ケ丘駅
以前は区間快速と普通のみの停車でしたが、現在は特急(はるか・くろしお)以外の全種別が停車します。
天王寺から快速・区間快速で10分前後、普通で20分前後です。
阪和線の途中駅では1位、JR西日本の駅では43位の乗降人員となっています。




ski_06_15DSC_0916.jpg
1番線(和歌山方面のりば)南よりから見た天王寺方面
ホームは相対式ホーム2面2線で、ホーム有効長は8両。
線路やホームは掘割部分にあり、上を南海高野線や国道310号線等が通っています。




ski_06_15DSC_0978.jpg
ホームの駅名表示板




ski_06_17DSC_0918.jpg
1番線(和歌山方面のりば)南よりから見た和歌山方面




ski_06_16DSC_0901.jpg
阪和線の掘割の上を通る歩道から





最後は、西口のご紹介です。

ski_06_13DSC_0886.jpg
国道310号線から
西口の駅前にもロータリーがあります。




ski_06_00DSC_0885.jpg
橋上駅舎から西口へ下りる階段から


 
堺市 201309 次回に続きます。
 
 
関連記事

堺市 201309(5)堺東駅周辺3 〜堺東駅〜

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日は南海高野線 堺東駅をご紹介したいと思います。

ski_04_01DSC_0482.jpg
南海高野線 堺東駅

全種別が停車し、なんばから特急・急行・区急・準急で約12分、各停で約21分です。
平成23年度の一日平均乗降人員は59,343人で、南海の駅では4位となっています。



ski_04_10DSC_0701.jpg
ホームの駅名表示板




ski_04_12DSC_0434.jpg
駅南西側のペデストリアンデッキから




ski_04_00DSC_0697.jpg
3・4番線南側から

ホームは島式2面4線で、ホーム有効長は10両。
ホームの南北2ヶ所に跨線橋があり、それぞれの東西に改札口が設けられています。
(西口・東口・北西口・北東口の計4箇所)




ski_04_11DSC_0706.jpg
3・4番線北側から




ski_04_00DSC_0704.jpg
北側の跨線橋の通路
突き当たりが北東口(北西口改札側から撮影)




ski_04_00DSC_0703.jpg
北西口改札
高島屋の3階の入口にも直結しています。




ski_04_09DSC_0689.jpg
南側の跨線橋の通路
突き当たりが東口(西口改札側から撮影)




ski_04_00DSC_0693.jpg
1つ上の写真の逆側 改札内通路から見た西口改札




ski_04_08DSC_0682.jpg
西口改札




ski_04_00DSC_0671.jpg
西口改札前コンコース



ski_04_00DSC_0672.jpg
南側 ジョルノ方面へ伸びるペデストリアンデッキへ通じる通路




ski_04_07DSC_0661.jpg
高島屋の3階の入口




ski_04_00DSC_0673.jpg
ロータリーやバスターミナルへの階段とエスカレーター




ski_04_04DSC_0441.jpg
1つ上の写真の階段を下ったところから




ski_04_03DSC_0492.jpg
南海高野線 堺東駅西口

 
堺市 201309 次回に続きます。
 
 
関連記事

堺市 201309(4)堺東駅周辺2 〜繁華街〜

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日は堺東駅周辺の繁華街をご紹介したいと思います。

ski_05_01DSC_0494.jpg
堺東駅西口前から




ski_05_02DSC_0545.jpg
えきまえどーり(堺東駅前商店街協同組合)
府道30号大阪和泉泉南線の西側の歩道にある商店街




ski_05_03DSC_0553.jpg
えきまえどーり




ski_05_04DSC_0496.jpg
堺銀座通り
堺東駅西口から西に向かって伸びる商店街
大阪の堺の駅前なのに、なにが「銀座」やねん・・・って思っていたのですが、
実はこの辺りが「銀座」発祥の地らしいです。
人通りや活気もあり堺東ではここがメインの商店街になると思います。




ski_05_05DSC_0500.jpg
堺銀座通り




ski_05_06DSC_0507.jpg
堺銀座通り




ski_05_07DSC_0519.jpg
堺銀座通り(西側の入口)
堺東駅よりの東側に比べると人通りが少なくなります。




ski_05_10DSC_0532.jpg
堺東なかしん(堺東中瓦町商店街振興組合)
堺銀座を取り囲むように東西・南北いくつかの通りからなる商店街
写真は大小路側(南側)の入口




ski_05_08DSC_0536.jpg
大小路から




ski_05_13DSC_0543.jpg
堺東なかしん
突き当たりは堺銀座




ski_05_14DSC_0514.jpg
堺東なかしん
北側の入口




ski_05_16DSC_0526.jpg
堺東なかしん
アーケードのない部分もあります。




ski_05_17DSC_0556.jpg
銀座北ロード(堺銀座北商店街)
堺東銀の一つ北側の通りにあります。



ski_05_18DSC_0557.jpg
銀座北ロード




ski_05_19DSC_0559.jpg
堺東銀との間の路地も銀座北ロードとなります。




ski_05_21DSC_0561.jpg
堺東商店街
昔ながらの商店街という感じです。


堺東駅周辺、明日に続きます。
 
 
関連記事

堺市 201309(3)堺東駅周辺1

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日から3回に分けて堺東駅周辺をご紹介していきたいと思います。

ski_03_01DSC_0421.jpg
堺東駅



では、昨日の大小路の続きから。

ski_03_02DSC_0318.jpg
大小路橋から堺東駅の間は歩道の幅がかなり広いです。




ski_03_03DSC_0320.jpg
堺市役所
右の建物は堺地方合同庁舎




ski_03_04DSC_0533.jpg
大小路
市役所の前あたりまでくると、かなり賑やかな感じになります。




ski_03_05DSC_0465.jpg
大小路




ski_03_06DSC_0415.jpg
大小路の東端=府道30号大阪和泉泉南線(大阪市内では谷町筋やあべの筋と呼ばれている筋)と交差する地点に堺東駅が立地しています。
正面「NANKAI」の看板のある建物が堺東駅です。




ski_03_07DSC_0438.jpg
堺東駅西口から南方向へ伸びるペデストリアンデッキ(堺東駅側)から
正面はジョルノ専門店街




ski_03_08DSC_0429.jpg
ペデストリアンデッキ(堺東駅側)から
中央の大きい建物2棟が堺市役所です。




ski_03_09DSC_0424.jpg
ペデストリアンデッキ(ジョルノ側)から
府道30号大阪和泉泉南線と南海高野線の間に、駅ビルやロータリー、バスターミナルがあります。




ski_03_10DSC_0426.jpg
ペデストリアンデッキ(ジョルノ側)から見た大小路




ski_03_11DSC_0442.jpg
堺東駅西口前から見たロータリー




ski_03_12DSC_0445.jpg
ペデストリアンデッキの下の部分




ski_03_13DSC_0457.jpg
ジョルノ前から見たロータリー




ski_03_14DSC_0489.jpg
堺東駅西口前から
府道30号大阪和泉泉南線の南方向




ski_03_15DSC_0490.jpg
堺東駅西口前から
府道30号大阪和泉泉南線の北方向




ski_03_16DSC_0486.jpg
府道30号大阪和泉泉南線




ski_03_17DSC_0472.jpg
ジョルノ専門店街
再開発により1981年にオープンした商業ビル。核テナントとして入っていたダイエーが2001年に撤退し、
現在は専門店のみとなってしまっています。
堺東駅周辺では、ダイエーの他にも長崎屋・ニチイ・イズミヤ等、商業施設が相次いで撤退し、繁華街の衰退が深刻な問題となっています。




ski_03_18DSC_0422.jpg
ジョルノ専門店街
ペデストリアンデッキからの入口

堺東駅周辺、明日に続きます。
 
 
関連記事

堺市 201309(2)南海本線堺駅〜南海高野線堺東駅

堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日は大小路を中心に、南海本線堺駅から南海高野線堺東駅にかけての街並みのご紹介をしたいと思います。

ski_02_01DSC_0250.jpg
大小路
南海本線 堺駅と南海高野線 堺東駅を結ぶ道路で、「大小路筋」「大小路シンボルロード」とも呼ばれます。
かつての環濠都市の中央を西から東方向に貫く道路で、1871年に大和川に変更されるまで摂津国と和泉国の国境となっていました。
戦後フェニックス通りが整備されるまでは、堺の東西のメインストリートでした。
1984年から「大小路シンボルロード整備事業」として、歩道の拡幅、壁画モニュメントや噴水の整備、電線の地中化などが行われました。




ski_02_02DSC_0251.jpg
「市之町西2」交差点




ski_02_03DSC_0258.jpg
大小路と大道筋(紀州街道)が交差する「大小路(堺北警察署前)」交差点




ski_02_04DSC_0259.jpg
大道筋(紀州街道)
堺の市街地を南北方向に走る幅員約50m・片側3車線の基幹道路で、道路の中央を阪堺線(路面電車)が走っています。
「大小路(堺北警察署前)」交差点には阪堺線の大小路駅があります。




ski_02_05DSC_0253.jpg
大小路駅(浜寺駅前方面のりば)




ski_02_06DSC_0262.jpg
大道筋(紀州街道)と大小路駅(恵美須町方面のりば)




ski_02_07DSC_0264.jpg
紀州街道の石碑




ski_02_09DSC_0298.jpg
アスティ山之口(山之口商店街)
大道筋(紀州街道)の2本東側を平行する商店街で、かつての堺のメインストリート大小路から
現在のメインストリートフェニックス通りまでの間にアーケードが設けられています。
残念ながら現在はシャッター通り化が進んでいますが、堺市内の商店街では最も古い伝統と歴史を誇り、
第2次大戦後までは大阪の心斎橋と並ぶほどの繁華街だったらしいです。
写真は北側(大小路側)の入口




ski_02_10DSC_0294.jpg
アスティ山之口(山之口商店街)北よりのゾーン




ski_02_11DSC_0291.jpg
アスティ山之口の中間辺りには開口神社があり、アスティ山之口はその参道にもなっています。




ski_02_12DSC_0289.jpg
開口神社




ski_02_13DSC_0286.jpg
アスティ山之口(山之口商店街)南よりのゾーン




ski_02_14DSC_0279.jpg
アスティ山之口(山之口商店街)南側(フェニックス通り側)の入口




ski_02_16DSC_0275.jpg
フェニックス通り
戦災復興計画によって1955年(昭和30年)に全線開通した幅員50mの大通りで、堺の東西のメインストリート。
1956年復興の象徴としてフェニックスの苗木126本が植樹され、「フェニックス通り」の愛称が定着しました。




ski_02_15DSC_0268.jpg
大道筋と交差する宿院交差点付近には、このような石灯籠が建てられています。





ski_02_08DSC_0299.jpg
さて、また大小路に戻りまして、堺東駅方向に向かって進みます。




ski_02_17DSC_0306.jpg
大小路に架かる歩道橋より
正面には堺市役所や堺地方合同庁舎が見えます。




ski_02_18DSC_0307.jpg
正面の高架道路は阪神高速15号堺線です。




ski_02_19DSC_0310.jpg
大小路橋
大小路と阪神高速15号堺線がクロスする部分にある大規模な歩道橋です。




ski_02_20DSC_0309.jpg
大小路橋から見た南西側




ski_02_21DSC_0314.jpg
大小路橋から見た北側




ski_02_22DSC_0312.jpg
大小路橋から見た東側 堺東駅方向




ski_02_23DSC_0316.jpg
もう少しで堺東駅です。




ski_02_24DSC_0317.jpg
この辺りは歩道の幅がかなり広くなっています。

続きは、明日以降更新の堺東駅周辺の記事でご紹介していきます。
 
 
関連記事

堺市 201309(1)南海本線堺駅

「大阪都構想」の是非が争点となる堺市長選が9月15日告示(29日投開票)されましたが、
今日からしばらく堺市の主要駅の周辺をご紹介していきます。
堺市は大阪市の南側(大和川左岸)に位置する政令指定都市で、人口約84万人・面積約150平方キロメートル。
人口・面積ともに大阪第2の都市となっています。

今日は南海本線 堺駅のご紹介をしたいと思います。

ski_01_01DSC_0237.jpg
南海本線 堺駅 東口

ラピートα以外の全種別が停車し、なんばから特急・急行・区急で約10分、普通で約15分です。
平成23年度の一日平均乗降人員は33,429人で、南海の駅では8位となっています。




ski_01_02DSC_0172.jpg
ホームの駅名表示板




ski_01_03DSC_0177.jpg

ホームは島式2面4線の高架駅で、2階に改札、3階にホームがあります。
改札口は東口、西口、南口の3ヶ所あります。




ski_01_04DSC_0167.jpg
4番線にラピートが停車しています。




ski_01_05DSC_0234.jpg
東口




ski_01_06DSC_0228.jpg
改札の上には南蛮屏風があります。




ski_01_07DSC_0229.jpg
駅ビルの複合商業施設「PLATPLAT」の入口




ski_01_09DSC_0232.jpg
東口から見た駅前広場




ski_01_10DSC_0224.jpg
東口駅前広場から見た駅ビルと堺駅東口




ski_01_08DSC_0220.jpg
東口駅前広場から見た駅ビルと堺駅東口
写真右側、階段を下ったところの通路は西口に通じています。




ski_01_11DSC_0218.jpg
「PLATPLAT」




ski_01_12DSC_0246.jpg
南海本線 堺駅(東口側)と南海高野線 堺東駅を結ぶ大小路筋




ski_01_13DSC_0247.jpg
大小路筋から見た堺駅




続いて、西口のご紹介

ski_01_14DSC_0184.jpg
西口の改札




ski_01_15DSC_0186.jpg
西口からホテル・アゴーラ リージェンシー堺(旧・リーガロイヤルホテル堺)、ポルタス堺(ポルタスセンタービル)は、
屋根付の連絡通路で直結しています。




ski_01_17DSC_0211.jpg
ホテル・アゴーラ リージェンシー堺(旧・リーガロイヤルホテル堺)



ski_01_18DSC_0188.jpg
ポルタス堺(ポルタスセンタービル)




ski_01_19DSC_0191.jpg
ホテル・アゴーラ リージェンシー堺とポルタス堺の吹き抜け空間。天井はガラス張りとなっています。




ski_01_16DSC_0193.jpg
ホテル・アゴーラ リージェンシー堺から見た堺駅と連絡通路




ski_01_20DSC_0195.jpg
西口駅前広場




ski_01_21DSC_0207.jpg
西口駅前広場には、堺市出身の与謝野晶子の銅像が建てられています。




ski_01_22DSC_0209.jpg
最後は、西口駅前広場から見た堺駅

 
堺市 201309 次回に続きます。
 
 
関連記事

阿倍野 130913

今日は特にテーマはないですが、通りがかりに撮影した天王寺・阿倍野の夜の写真を何枚かご紹介します。
撮影は2013.9/13です。

abn1309131_01_DSC_0952.jpg
あべのキューズモール3階から見た北側 阿倍野歩道橋JR天王寺駅(MIO)方面




abn1309131_02_DSC_0951.jpg
あべのキューズモール2階から見たあべのハルカス




abn1309131_03_DSC_0947.jpg
あべのキューズモール2階から見た、あべのハルカス岸本ビル




abn1309131_04_DSC_0948.jpg
あべのキューズモール2階から見た、あべのハルカス岸本ビルHoopとの間の道路




abn1309131_05_DSC_0902.jpg
1つ上の写真の逆から
あべのハルカスHoopを繋ぐ連絡通路から見たあべのキューズモール方面




abn1309131_06_DSC_0901.jpg
連絡通路から見たHoop(南北吹抜通路部分)




abn1309131_07_DSC_0905.jpg
連絡通路から見たHoop岸本ビル
連絡通路とHoop1階オープンエアプラザはエスカレーターで直接行き来できます。




abn1309131_08_DSC_0899.jpg
1つ上の写真のエスカレーター上から見た近鉄阿部野橋駅阿倍野口




abn1309131_09_DSC_0906.jpg
あべのハルカス2階南側の通路




abn1309131_10_DSC_0907.jpg
2階南側通路から見た「巴通り」




abn1309131_11_DSC_0911.jpg
あべのハルカス2階南西角から見た南西側 あべのキューズモール方面
写真右側はあべのnini。草間彌生さんの壁面アート「あべのから未来へ」が設置されています。




abn1309131_12_DSC_0913.jpg
あべのハルカス2階西側の通路から見た北西側 近鉄前交差点方面




abn1309131_13_DSC_0915.jpg
阿倍野歩道橋との接続部から見たあべのハルカス2階西側の通路




abn1309131_14_DSC_0916.jpg
阿倍野歩道橋から見た南側 あべの筋




abn1309131_15_DSC_0921.jpg
阿倍野歩道橋南西側から見た北東側 JR天王寺駅・MIO方面




abn1309131_16_DSC_0926.jpg
阿倍野歩道橋北西側から見た南東側 あべのハルカス方面




abn1309131_17_DSC_0931.jpg
阿倍野歩道橋北東側から見た南西側 あべのnini阿倍野センタービル方面




abn1309131_18_DSC_0933.jpg
阿倍野歩道橋から見た西側 あびこ筋
左はJR天王寺駅(天王寺MIO)、右は近鉄阿部野橋駅あべのハルカス




abn1309131_19_DSC_0938.jpg
天王寺MIO
プラザ館の大型LEDディスプレーは月見をイメージした映像が流れていました。
 
 
関連記事

梅田スカイビルからの眺望 201210 (3)

梅田スカイビルからの眺望(3)です。(2012年10月撮影分)

sky01_00DSC_0250.jpg
大阪駅ノースゲートビルディングより
梅田スカイビルの左隣の高層ビルはウェスティンホテル大阪(高さ111m)

梅田スカイビル
新梅田シティの中核のひとつとして1993年に完成した世界初の連結超高層ビル。
(地上40階・地下2階、高さ約173m)
オフィスの他、大阪を代表する人気スポット空中庭園、映画館やレストラン、イベントホール等があります。
イギリスの「THE TIMES」が選ぶ「TOP 20 BUILDINGS AROUND THE WORLD」 の一つに選出されており、
世界的に有名なビルです。
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2018230/The-DK-Eyewitness-Travel-list-of-Top-20-Buildings-in-the-British-Isles-to-visit.html

■新梅田シティのHP http://www.skybldg.co.jp/index.html
■梅田スカイビルのHP http://www.skybldg.co.jp/skybldg/




今日は、空中庭園から見た夜景をご紹介していきます。


sky03_01DSC_0781.jpg
大阪駅〜西梅田




sky03_02DSC_0789.jpg
西梅田




sky03_03DSC_0775.jpg
ヒルトン大阪(145m)〜ブリーゼタワー(174.9m)にかけて




sky03_04DSC_0741.jpg
福島周辺




sky03_06DSC_0747.jpg
淀川 西側(河口方面)




sky03_07DSC_0750.jpg
淀川 北側(十三方面)




sky03_08明石大橋DSC_0631
最後は夕方の明石海峡大橋と神戸港
 
 
梅田スカイビルからの眺望 201210 終了です。
 
 
関連記事

梅田スカイビルからの眺望 201210 (2)

梅田スカイビルからの眺望の続きです。(2012年10月撮影分)

GF_06_13DSC_0325.jpg
グランフロント大阪 北館テラスガーデンから見た梅田スカイビル(一番右)
梅田スカイビルの左隣の高層ビルはウェスティンホテル大阪(高さ111m)、
さらにその左奥のにはローレルタワーサンクタス梅田(高さ143.75m)も見えています。

梅田スカイビル
新梅田シティの中核のひとつとして1993年に完成した世界初の連結超高層ビル。
(地上40階・地下2階、高さ約173m)
オフィスの他、大阪を代表する人気スポット空中庭園、映画館やレストラン、イベントホール等があります。
イギリスの「THE TIMES」が選ぶ「TOP 20 BUILDINGS AROUND THE WORLD」 の一つに選出されており、
世界的に有名なビルです。
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2018230/The-DK-Eyewitness-Travel-list-of-Top-20-Buildings-in-the-British-Isles-to-visit.html

■新梅田シティのHP http://www.skybldg.co.jp/index.html
■梅田スカイビルのHP http://www.skybldg.co.jp/skybldg/




今日は、北側の眺望を中心にご紹介していきます。


sky02_01DSC_0602.jpg
北側
淀川には新十三大橋、NTT十三専用橋、十三大橋、阪急新淀川橋梁が架かっています。




sky02_02阪急鉄橋DSC_0612
十三大橋と阪急新淀川橋梁をズームで
新淀川橋梁は三複線となっており、左から神戸線、宝塚線、京都線となっています。



sky02_03伊丹空港十三DSC_0624
淀川の対岸、十三付近
奥には伊丹空港(大阪国際空港)も見えてます。




sky02_04伊丹空港DSC_0623
伊丹空港(大阪国際空港)ズームで




sky02_05宝塚DSC_0625
宝塚方面




sky02_06尼崎阪神DSC_0630
阪神尼崎方面





sky02_08DSC_0680.jpg
今度は、もう少し東よりを見ていきます。




sky02_09DSC_0622.jpg
新大阪駅周辺
新大阪駅周辺はオフィス街となっており高層ビルも建ち並んでいますが航空法による高さ制限があり、100m前後に抑えられています。




sky02_10DSC_0609.jpg
新大阪駅周辺 ズーム(1)




sky02_11DSC_0610.jpg
新大阪駅周辺 ズーム(2)
右上の方に「太陽の塔」が小さく見えています。




sky02_12DSC_0611.jpg
新大阪駅周辺 ズーム(3)
右側手前の高層ビルは株式会社キーエンスの本社、その奥に見える高層ビルはJR吹田駅北側にあるメロード吹田1番館(134m)です。




sky02_13千中DSC_0627
千里中央付方面
一番高い超高層ビルはザ・千里タワー(高さ164.2m)。他にも100m級の高層ビルが数棟あります。
よみうり文化センターが高さ190mの超高層に建て替えられる予定です。




sky02_14京都方面DSC_0618
北東側 京都方面
 
 
梅田スカイビルからの眺望 201210 次回に続きます。
 
 
関連記事

梅田スカイビルからの眺望 201210 (1)

9月になって初の更新です。
7月の中旬頃から、近年まれに見る仕事の忙しさが続いておりまして、
ブログを更新する作業もなかなかできない上に、撮影にも行けずで・・・
ということでこの機会に、以前撮影だけしていたもののUPするタイミングを逃したまま
お蔵入りしまっていた写真をご紹介していきたいと思います。

今日は、梅田スカイビルからの眺望をご紹介します。(2012年10月撮影分)

sky01_01DSC_0581.jpg
梅田スカイビル
新梅田シティの中核のひとつとして1993年に完成した世界初の連結超高層ビル。
(地上40階・地下2階、高さ約173m)
オフィスの他、大阪を代表する人気スポット空中庭園、映画館やレストラン、イベントホール等があります。
イギリスの「THE TIMES」が選ぶ「TOP 20 BUILDINGS AROUND THE WORLD」 の一つに選出されており、
世界的に有名なビルです。
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2018230/The-DK-Eyewitness-Travel-list-of-Top-20-Buildings-in-the-British-Isles-to-visit.html

■新梅田シティのHP http://www.skybldg.co.jp/index.html
■梅田スカイビルのHP http://www.skybldg.co.jp/skybldg/



sky01_03DSC_0845.jpg
夜景




sky01_02DSC_0583.jpg
真下から
丸く穴の開いた部分の上が空中庭園となります。




それでは、空中庭園からの眺望をご紹介していきます。


sky01_04DSC_0689.jpg
西梅田の高層ビル群



sky01_05DSC_0709.jpg
少しズームで
ハービス大阪(189.7m)やブリーゼタワー(174.9m)を筆頭に高層ビルが建ち並びます。
少し後には中之島の、中之島フェスティバルタワー(200m)や関電ビルディング(195.45m)も見えます。




sky01_07西梅田アップ東DSC_0636
ハービス大阪(189.7m)やブリーゼタワー(174.9m)の手前には
明治安田生命大阪梅田ビル(155.80m)、梅田ダイビル(120.8m)、大和ハウス大阪ビル(大和ハウス工業本社/104.65m)が並びます。




sky01_06西梅田アップ西DSC_0637
さらに西側




sky01_09DSC_0599.jpg
南西側 福島周辺
この辺りは、シティタワー西梅田(177.40m)、The Tower Osaka(177m)、大阪福島タワー(160.46m)、
ローレルタワーサンクタス梅田(143.75m)を筆頭に、タワーマンションが増えてきました。




sky01_10DSC_0727.jpg
夕方の福島周辺




sky01_11DSC_0702.jpg
シティタワー西梅田(177.40m)
はるか後方には弁天町のクロスタワー大阪ベイ(200.375m)、ORC200(200.05m)や
大阪府咲洲庁舎(256.0m)も見えています。




sky01_16DSC_0640.jpg
南東側 キングマンション堂島川(142m)と被っていますが、京セラドーム大阪
写真奥の方は堺泉北臨海工業地帯が見えています。




sky01_08DSC_0656.jpg
南東側 梅田阪急ビル(186.95m)のオフィス部分
その左手前に写っているのは、建設中だったグランフロント大阪 Aブロック(179.5m)




sky01_12天満橋大阪城DSC_0647
南東側 天満橋、大阪城方面
大阪城手前の横長の大きいビルはOMMビルです。
その奥は東大阪市方面になります。




08DSC_0090.jpg
1つ上の写真逆から
OMMビルから見た梅田方面




sky01_13谷4八尾DSC_0651
南東側 谷4方面 NHK大阪放送会館(134.965m)やタワーマンションが建ち並んでいます。
手前にはヒルトン大阪(145m)や北浜の大阪証券取引所ビル(116.79m)も見えます。
写真奥の方は八尾市方面で、右奥には久宝寺のメガシティタワーズのツインタワー(143.8m)も見えます。




キタハマDSC_0646
「三越大阪店」の跡地に建てられた、高さ日本一の超高層マンションThe Kitahama(209m)です。




sky01_14DSC_0644.jpg
シティタワー大阪(169.8m)と淀屋橋アップルタワーレジデンス(152.5m)




sky01_15堀江DSC_0638
南側 湊町方面



sky01_17DSC_0635.jpg
最後は、大阪府咲洲庁舎(256.0m)
左隣の高層ビルはミズノクリスタ(ミズノ大阪本社)(147m)
 
 
梅田スカイビルからの眺望 201210 次回に続きます。
 
 
関連記事