2013年12月 の記事一覧

あべのハルカス 20131229

12月になってから本当にろくに更新ができてなくて、本当に申し訳ございません。
京阪枚方市駅特集もまだ途中で止まったままですが(後日必ず続きをUPします)、
また、あべのハルカスです。

hrks131229_11DSC_0620.jpg
北側 谷町筋沿い 天王寺公園前から

前回12月22日は壁面の数字が「75」でしたが、今日は「68」です。
この数字は、高層フロアの照明を利用したグランドオープン(来年3月7日)までの残り日数表示で、
オープンの100日前から始まり、グランドオープン前日までカウントダウンされるそうです。
今日12月29日は「68」=グランドオープンまで68日ということになります。



hrks131229_01DSC_0615.jpg
あべのハルカスJR天王寺駅(天王寺MIO)


あべのハルカスは近畿日本鉄道が2014年3月7日のグランドオープンをめざして大阪市阿倍野区に建設中の超高層ビルです。
百貨店やホテル・オフィス・美術館などが入居し、58~60階は展望台になります。
高さは300m(地下5階・地上60階建て)で、ビルとしては高さ日本一を誇ります。

2013年6月13日、「タワー館」の地下2~地上14階までの部分が先行オープン。
「タワー館」先行オープンと同時に、「近鉄百貨店阿倍野本店」から「あべのハルカス近鉄本店」に、
旧「新館」部分は「ウイング館」にそれぞれ名称変更されました。
2013年10月10日には、改装工事中だった「ウイング館」4階~8階がオープン。
営業面積が7万7000平方メートルとなり、全面開業時(10万平方メートル)の約8割が完成しました。

2013年10月22日に近鉄から新たな発表があり、あべのハルカスの全館グランドオープン日が
2014年3月7日(金)に決定しました。
残りの部分の開業時期は以下の通りです。
■百貨店「あべのハルカス近鉄本店」(地下2階~14階)全館オープン:2014年3月7日
■展望台「ハルカス300」(58階~60階):2014年3月7日
■ホテル「大阪マリオット都ホテル」(19・20・38階~55・57階):2014年3月7日
■「あべのハルカス美術館」(16階):2014年3月7日
■オフィス(17・18階、21~36階):2014年2月から順次入居開始


詳細は、10月22日のプレスリリース(PDF)
http://www.abenoharukas-300.jp/news/pdf/131022grandopen.pdf
をご覧ください。



hrks131229_02DSC_0630.jpg
北側 阿倍野橋上から




hrks131229_03DSC_0599.jpg
北西側 真下から




hrks131229_04DSC_0700.jpg
西側 真下から



hrks131229_05DSC_0697.jpg
阿倍野歩道橋から見た南側 あべの筋




hrks131229_06DSC_0584.jpg
あべのキューズモール2階から見たJR天王寺駅(天王寺MIO)阿倍野歩道橋あべのハルカス




hrks131229_07DSC_0581.jpg
あべのキューズモール2階から見たあべのハルカス岸本ビル




hrks131229_08DSC_0572.jpg
南側 あべのキューズモール前から




hrks131229_09DSC_0568.jpg
南側 あべのキューズモールの南端付近から

 
■あべのハルカス基本情報
事業主:近畿日本鉄道株式会社
所在地:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
主要用途:百貨店、オフィス、ホテル、美術館他
階数:地下5階、地上60階
高さ:地上約300m

■ホームページ
 あべのハルカス 公式HP:http://www.abenoharukas-300.jp/
 あべのハルカス近鉄本店 公式HP:http://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/
 竹中工務店 特設HP:http://www.abeno.project-takenaka.com/index.php


※あべのハルカスは平成23年7月27日付で株式会社日本政策投資銀行が実施するDBJ Green Building認証において、
国内トップクラスの卓越した環境・社会への配慮がなされたビルに贈られる最高ランク評価“プラチナ”を取得しました。

 
 


まだまだ仕事が落ち着かずで今年は年末年始も返上で仕事になりそうなので、
恐らく今日で今年の更新は最後になると思います。

皆さま今年もこのブログをご覧いただきまして本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。
 
 
関連記事

あべのハルカス 20131222(北側からの夜景)

最近、更新がすっかり止まってしまって申し訳ございません。
仕事の方があまりにも忙しくて、撮影も編集もする時間が全くなくて・・
京阪枚方市駅特集も途中で止まったままですが、
また落ち着いたら再開します。


今日は、少ないですが久しぶりにあべのハルカスの写真を何枚かUPしておきます。

hrks131222_02DSC_0518.jpg
北側 天王寺公園から シンボルツリーと共に

あべのハルカスは近畿日本鉄道が2014年3月7日のグランドオープンをめざして大阪市阿倍野区に建設中の超高層ビルです。
百貨店やホテル・オフィス・美術館などが入居し、58~60階は展望台になります。
高さは300m(地下5階・地上60階建て)で、ビルとしては高さ日本一を誇ります。

2013年6月13日、「タワー館」の地下2~地上14階までの部分が先行オープン。
「タワー館」先行オープンと同時に、「近鉄百貨店阿倍野本店」から「あべのハルカス近鉄本店」に、
旧「新館」部分は「ウイング館」にそれぞれ名称変更されました。
2013年10月10日には、改装工事中だった「ウイング館」4階~8階がオープン。
営業面積が7万7000平方メートルとなり、全面開業時(10万平方メートル)の約8割が完成しました。

2013年10月22日に近鉄から新たな発表があり、あべのハルカスの全館グランドオープン日が
2014年3月7日(金)に決定しました。
残りの部分の開業時期は以下の通りです。
■百貨店「あべのハルカス近鉄本店」(地下2階~14階)全館オープン:2014年3月7日
■展望台「ハルカス300」(58階~60階):2014年3月7日
■ホテル「大阪マリオット都ホテル」(19・20・38階~55・57階):2014年3月7日
■「あべのハルカス美術館」(16階):2014年3月7日
■オフィス(17・18階、21~36階):2014年2月から順次入居開始


詳細は、10月22日のプレスリリース(PDF)
http://www.abenoharukas-300.jp/news/pdf/131022grandopen.pdf
をご覧ください。



hrks131222_03DSC_0536.jpg
北側 谷町筋沿い 天王寺公園前から




hrks131222_04DSC_0558.jpg
JR天王寺駅公園口前から




hrks131222_01DSC_0513.jpg
最後は、天王寺公園からもう一枚
壁面の数字は、高層フロアの照明を利用したグランドオープン(来年3月7日)までの残り日数表示で、
オープンの100日前から始まり、グランドオープン前日までカウントダウンされるそうです。
今日12月22日は「75」=グランドオープンまで75日ということになります。


 
■あべのハルカス基本情報
事業主:近畿日本鉄道株式会社
所在地:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
主要用途:百貨店、オフィス、ホテル、美術館他
階数:地下5階、地上60階
高さ:地上約300m

■ホームページ
 あべのハルカス 公式HP:http://www.abenoharukas-300.jp/
 あべのハルカス近鉄本店 公式HP:http://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/
 竹中工務店 特設HP:http://www.abeno.project-takenaka.com/index.php


※あべのハルカスは平成23年7月27日付で株式会社日本政策投資銀行が実施するDBJ Green Building認証において、
国内トップクラスの卓越した環境・社会への配慮がなされたビルに贈られる最高ランク評価“プラチナ”を取得しました。

 
 
関連記事

京阪枚方市駅 201310(5)南口周辺3

京阪枚方市駅 201310 その5(2013年10月撮影)

hrkt04_16DSC_0899.jpg
「枚方中央ビル(旧枚方三越)」と枚方市駅の間の通り

京阪 枚方市駅
大阪府枚方市※にある京阪電車(京阪本線・交野線)の駅で、一部の臨時列車を除いて、全種別が停車します。
一日平均乗降人員は90,849人(2011年度)で、京橋・淀屋橋に次いで京阪本線で第3位となっています。

※枚方市は大阪府の北東部に位置する特例市で、以前ご紹介した高槻市から淀川を挟んで南側にあります。
人口は約41万人(大阪府内で第4位)。来年(平成26年)4月に中核市に移行することが決まっています。



京阪枚方市駅 201310(3)南口周辺1京阪枚方市駅 201310(4)南口周辺2に続いて、南口のレポート。
今日は西側を見ていきたいと思います。

hrkt04_14DSC_0074.jpg
「枚方中央ビル(旧枚方三越)」と枚方市駅の間の通りを西側に進んで行きます。




hrkt04_15DSC_0270.jpg
「枚方中央ビル(旧枚方三越)」と枚方市駅の間に架かるペデストリアンデッキから




hrkt04_16DSC_0266.jpg
地上 「枚方中央ビル(旧枚方三越)」と枚方市駅の間の通りから見た東側
一つ上の写真は、ちょうどバスの上に見えるペデストリアンデッキから撮影しました。




hrkt04_17DSC_0222.jpg
「枚方中央ビル(旧枚方三越)」
「TSUTAYA枚方駅前本店(物販館)」や「スターバックス」、「食品スーパーラッキー」、「ABCクラフト」等が入居しています。




hrkt04_18DSC_0263.jpg
「スターバックス」と「TSUTAYA枚方駅前本店(物販館)」




hrkt04_19DSC_0235.jpg
「TSUTAYA枚方駅前本店(物販館)」入口

TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の本社は現在、
東京都渋谷区の「東京本社」と大阪市北区梅田の「大阪本社(登記上本店)」となっていますが、
ここ「TSUTAYA枚方駅前本店」が、TSUTAYA発祥の地※であり、1号店となります。
この(物販館)の他、(レンタル館)が枚方市駅北口、(ゲーム館)が後ほどご紹介するエル枚方にあります。




hrkt04_20DSC_0254.jpg
北西側から見た「枚方中央ビル(旧枚方三越)」




hrkt04_20DSC_0237.jpg
「枚方中央ビル(旧枚方三越)」を西端まで進んだところで、府道20号線との交差点が出てきます。
京阪本線の高架下には「エル枚方(食遊館)」、高架の向こう側(北側)には「ビオルネ」が見えています。




hrkt04_21DSC_0252.jpg
「エル枚方(食遊館)」
先程チラッと触れました「TSUTAYA(ゲーム館)」の他、飲食店やヘアーサロン等が入居しています。




hrkt04_22DSC_0247.jpg
交差点から見た東側 枚方市駅南口の方を振り返る




hrkt04_23DSC_0238.jpg
交差点から見た南側




京阪枚方市駅 201310 次回に続きます。
 
 
関連記事

京阪枚方市駅 201310(4)南口周辺2

京阪枚方市駅 201310 その4(2013年10月撮影)

hrkt04_08DSC_0973.jpg
枚方市駅南側
ペデストリアンデッキから見た「岡東中央公園」と枚方市役所

京阪 枚方市駅
大阪府枚方市※にある京阪電車(京阪本線・交野線)の駅で、一部の臨時列車を除いて、全種別が停車します。
一日平均乗降人員は90,849人(2011年度)で、京橋・淀屋橋に次いで京阪本線で第3位となっています。

※枚方市は大阪府の北東部に位置する特例市で、以前ご紹介した高槻市から淀川を挟んで南側にあります。
人口は約41万人(大阪府内で第4位)。来年(平成26年)4月に中核市に移行することが決まっています。



前回の京阪枚方市駅 201310(3)南口周辺1に続いて、駅南側周辺をご紹介していきたいと思います。

hrkt04_01DSC_0067.jpg
ペデストリアンデッキと、「ひらかたサンプラザ2号館(旧近鉄百貨店枚方店)」(左)、「ひらかたサンプラザ1号館」(右)




hrkt04_02DSC_0104.jpg
ペデストリアンデッキ上から
今日は「ひらかたサンプラザ2号館(旧近鉄百貨店枚方店)」と「ひらかたサンプラザ1号館」の間を抜けて
さらに南側に進んで行きます。




hrkt04_03DSC_0105.jpg
「ひらかたサンプラザ2号館(旧近鉄百貨店枚方店)」と「ひらかたサンプラザ1号館」の間の部分で、
地上へのエスカレーターが設置されています。




hrkt04_04DSC_0147.jpg
一つ上の写真の逆側から見た枚方市駅側




hrkt04_05DSC_0007.jpg
エスカレーター下から




hrkt04_06DSC_0969.jpg
またペデストリアンデッキ上に戻りまして。
枚方市駅から「ひらかたサンプラザ2号館(旧近鉄百貨店枚方店)」と「ひらかたサンプラザ1号館」の間を経て、
「岡東中央公園」、枚方市役所に至るまで「ふれあい通り」という歩道が整備されています。




hrkt04_07DSC_0966.jpg
細くなりますが、さらにデッキが続きます。緩やかな下り坂となっています。




hrkt04_08DSC_0979.jpg
ペデストリアンデッキから見た「岡東中央公園」
「ふれあい通り」の奥に枚方市役所が見えます。左側の茶色の建物は枚方市市民会館です。




hrkt04_08DSC_0002.jpg
「岡東中央公園」北側から見た「ひらかたサンプラザ2号館(旧近鉄百貨店枚方店)」南側の通り
「がんこ寿司」の奥には「川原町商店街」の入口が見えています。




hrkt04_08DSC_0005.jpg
一つ上の写真の逆側
「ひらかたサンプラザ1号館」南側、「岡東中央公園」との間の通り




hrkt04_09DSC_0003.jpg
ペデストリアンデッキ下から見た「岡東中央公園」




hrkt04_09DSC_0001.jpg
「岡東中央公園」から見たペデストリアンデッキと「ひらかたサンプラザ1号館」と「ひらかたサンプラザ2号館(旧近鉄百貨店枚方店)」




hrkt04_10DSC_0983.jpg
「岡東中央公園」
何かイベントが行われていたようで、平日の夕方前でしたがかなり人が集まっていました。




hrkt04_11DSC_0988.jpg
枚方市役所




hrkt04_12DSC_0990.jpg
市役所前から見た北側(枚方市駅方面)




hrkt04_12DSC_0934.jpg
最後は、「枚方中央ビル(旧枚方三越)」と「ひらかたサンプラザ1号館」の間に架かる連絡通路から見た
「岡東中央公園」の西側の通りです。



京阪枚方市駅 201310 次回に続きます。
 
 
関連記事

京阪枚方市駅 201310(3)南口周辺1

京阪枚方市駅 201310 その3(2013年10月撮影)

hrkt03_01DSC_0946.jpg
南側から見た枚方市駅(中央改札口付近)

京阪 枚方市駅
大阪府枚方市※にある京阪電車(京阪本線・交野線)の駅で、一部の臨時列車を除いて、全種別が停車します。
一日平均乗降人員は90,849人(2011年度)で、京橋・淀屋橋に次いで京阪本線で第3位となっています。

現在の高架駅は1993年に完成。改札・コンコースは2階、ホームは3階にあります。
3面6線分のスペースがあるので非常に大規模な駅で、ターミナルの雰囲気があります。
改札外(1・2階)は「京阪枚方ステーションモール」となっており、
「京阪百貨店枚方店」と「京阪ザ・ストア枚方店」を核として、ファッション、飲食等、様々な店舗が入居しています。
詳しくは、駅構内図 http://www.keihan.co.jp/traffic/station/stationinfo/pdf/090.pdf をご覧ください。

※枚方市は大阪府の北東部に位置する特例市で、以前ご紹介した高槻市から淀川を挟んで南側にあります。
人口は約41万人(大阪府内で第4位)。来年(平成26年)4月に中核市に移行することが決まっています。



今日から3回に渡って駅南側周辺をご紹介していきたいと思います。

hrkt03_17DSC_0056.jpg
枚方市駅南口のロータリー

枚方市駅南口は、駅前ロータリーを囲む様に並ぶ、枚方市駅(駅ビル)・「枚方中央ビル(旧枚方三越)」・
「ひらかたサンプラザ」1号館、 2号館(旧近鉄百貨店枚方店)、3号館がペデストリアンデッキで結ばれており、
各ビル内の通路も含めて、“申”の字のような型で通路が繋がっています。



通路を通りながら、各ビルを見ていきます。

hrkt03_06DSC_0907.jpg
写真は枚方市駅2階南西側の出口から見た「枚方中央ビル(旧枚方三越)」方面へのペデストリアンデッキ

枚方市駅2階南西側 → 枚方中央ビル(旧枚方三越) → ひらかたサンプラザ1号館 → 2号館(旧近鉄百貨店枚方店)
→ 3号館 → 枚方市駅2階南東側 の順で歩いて行ってみます。



hrkt03_02DSC_0922.jpg
一つ上の写真の場所から見た枚方市駅



hrkt03_04DSC_0071.jpg
枚方中央ビル(旧枚方三越)
1968年に「枚方三越」が開店、2005年に閉店しました。枚方三越自体の収支はそれほど悪くはなかったらしいですが、
95年の阪神大震災で大阪店が被災したことなども影響し、閉店することになったらしいです。
枚方三越閉店後は「TSUTAYA 枚方駅前本店」「食品スーパーラッキー」等々が入店していますが、
ビルは現在黒字ということです。



hrkt03_08DSC_0948.jpg
「ひらかたサンプラザ1号館」から見た「枚方中央ビル」




hrkt03_11DSC_0904.jpg
枚方中央ビル前から見た「ひらかたサンプラザ2号館(旧近鉄百貨店枚方店)」(左)と「ひらかたサンプラザ1号館」(右)

ひらかたサンプラザ1号館
地上6階建 銀行や商業施設、オフィスが入居

ひらかたサンプラザ2号館
1975年「ひらかた丸物」として開店。「丸物」が近鉄の資本参加を受け1977年「枚方近鉄百貨店」(株式会社枚方近鉄百貨店)に。
さらに株式会社近鉄百貨店が株式会社枚方近鉄百貨店を吸収合併し、1998年「近鉄百貨店枚方店」に改称されました。

2012年2月に「近鉄百貨店枚方店」が閉店し、現在は空きビルとなっていますが、
不動産事業などを手掛けるソウ・ツーによって、地上8階、地下2階建ての新たな商業施設に建て替えられ、
2016年春に開業することが発表されています。
同社が東京・代官山に開業し話題になった蔦屋書店と専門店で構成する複合施設「代官山T-SITE」
運営ノウハウを生かしたものになる可能性もあるということで、今後が非常に楽しみになってきました。

以下、関連するリンクも貼っておきます。
■京阪・枚方市駅前に新商業施設 地上8階地下2階 近鉄百貨店跡地に28年春開業予定 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130904/wlf13090409040002-n1.htm

■ソウ・ツーからのプレスリリース(PDF)
http://www.so-two.com/images/pdf/130903.pdf





hrkt03_07DSC_0108.jpg
「ひらかたサンプラザ1号館」と「枚方中央ビル」




hrkt03_09DSC_0923.jpg
「枚方中央ビル」から見た「ひらかたサンプラザ1号館」




hrkt03_10DSC_0076.jpg
枚方市駅から見た「ひらかたサンプラザ1号館」




hrkt03_03DSC_0962.jpg
「ひらかたサンプラザ1号館」から見た枚方市駅南口(西側)




hrkt03_13DSC_0957.jpg
「ひらかたサンプラザ1号館」から見た枚方市駅南口(東側)




hrkt03_12DSC_0079.jpg
ペデストリアンデッキ上から見た「ひらかたサンプラザ2号館(旧近鉄百貨店枚方店)」(左)と「ひらかたサンプラザ1号館」(右)




hrkt03_14DSC_0121.jpg
一つ上の写真の逆側 ペデストリアンデッキ上から見た枚方市駅
右側に少し「ひらかたサンプラザ3号館」も見えています。




hrkt03_19DSC_0149.jpg
一つ上の写真のペデストリアンデッキと枚方市駅の接続部分
京阪枚方市駅 201310(1)の記事でご紹介した、中央改札口と東改札口を繋ぐ2階南側の通路に繋がっています。




hrkt01_17DSC_0103.jpg
ひらかたサンプラザ3号館(さんぷら座)
地上5階建 飲食店を中心に商業施設が入居




hrkt03_16DSC_0065.jpg
「ひらかたサンプラザ3号館」3階から見たロータリー




hrkt03_20DSC_0023.jpg
南側「サンプラザ2号館(旧近鉄百貨店枚方店)」前から見た「ひらかたサンプラザ3号館」
後には枚方市駅東改札口への階段も見えます。




hrkt03_22DSC_0021.jpg
一つ上の写真の場所から見た枚方市駅側
駅北側への道路が高架下を貫通しています。




hrkt03_21DSC_0026.jpg
「ひらかたサンプラザ3号館」と「サンプラザ2号館(旧近鉄百貨店枚方店)」の間の道路
2号館と3号館は、3階部分で連絡通路で直結していました。




hrkt03_23DSC_0043.jpg
「ひらかたサンプラザ3号館」前から見たロータリー
「枚方中央ビル(旧枚方三越)」が向こうに見えています。




hrkt03_25DSC_0171.jpg
「ひらかたサンプラザ3号館」前から見た枚方市駅中央改札口方面




hrkt03_24DSC_0036.jpg
「ひらかたサンプラザ3号館」前から見た駅北側への道路




京阪枚方市駅 201310 次回に続きます。
 
 
関連記事

京阪枚方市駅 201310(2)改札内・ホーム

京阪枚方市駅 201310 その2(2013年10月撮影)

hrkt02_01DSC_0761.jpg
5・6番ホーム西端近くから見た1・2番、3・4番ホーム

京阪 枚方市駅
大阪府枚方市※にある京阪電車(京阪本線・交野線)の駅で、一部の臨時列車を除いて、全種別が停車します。
一日平均乗降人員は90,849人(2011年度)で、京橋・淀屋橋に次いで京阪本線で第3位となっています。

現在の高架駅は1993年に完成。改札・コンコースは2階、ホームは3階にあります。
3面6線分のスペースがあるので非常に大規模な駅で、ターミナルの雰囲気があります。
改札外(1・2階)は「京阪枚方ステーションモール」となっており、
「京阪百貨店枚方店」と「京阪ザ・ストア枚方店」を核として、ファッション、飲食等、様々な店舗が入居しています。
詳しくは、駅構内図 http://www.keihan.co.jp/traffic/station/stationinfo/pdf/090.pdf をご覧ください。

※枚方市は大阪府の北東部に位置する特例市で、以前ご紹介した高槻市から淀川を挟んで南側にあります。
人口は約41万人(大阪府内で第4位)。来年(平成26年)4月に中核市に移行することが決まっています。



今日はホーム・改札内を中心にご紹介したいと思います。

hrkt02_01DSC_0338.jpg
中央改札口




hrkt01_14DSC_0326.jpg
中央改札口の中に設置された発車案内板




hrkt01_15DSC_0749.jpg
改札内




hrkt02_15DSC_0764.jpg
5・6番ホーム西端近くから

ホームは島式3面6線で、京阪では最大規模となっています。
ホーム有効長は1〜5番線が8両、6番線のみ7両となっています。



hrkt02_05DSC_0725.jpg
駅名表示板(3・4番ホーム)




hrkt02_06DSC_0367.jpg
発車案内板(4番ホーム)




hrkt02_07DSC_0372.jpg
時刻表(淀屋橋・中之島線方面)

日中のダイヤは、京阪本線が1時間あたり上下各15本(特急6本・急行3本・準急3本・普通3本)、
当駅が始発の交野線(私市方面)が普通6本となっています。




順に各ホームを見ていきます。

hrkt02_01DSC_0730.jpg
3番ホームから見た1・2番ホーム(三条・出町柳方面)




hrkt02_04DSC_0380.jpg
1・2番ホーム東よりから




hrkt02_02DSC_0741.jpg
3・4番ホーム(淀屋橋・中之島線方面)




hrkt02_03DSC_0346.jpg
3・4番ホーム東よりから




hrkt02_10DSC_0736.jpg
4番ホームから見た5・6番ホーム
「10000系きかんしゃパーシー号」が停車中でした。




hrkt02_11DSC_0796.jpg
5・6番ホーム(交野線 交野市・私市方面)
5番線は線路が西側(淀屋橋側)で京阪本線に繋がっており、一部京阪本線の淀屋橋方面行きのホームとしても使用されます。




hrkt02_12DSC_0770.jpg
5番ホームの駅名表示板
先程ご紹介した3・4番ホームの駅名表示板では、向かって左側の隣駅が京阪本線の御殿山駅だったのに対して、
こちらは交野線の宮之阪駅となっています。




hrkt02_12DSC_0780.jpg
発車案内板(交野線 6番ホーム)

交野線は枚方市駅と交野市の私市駅を結ぶ営業距離約7km・全8駅の支線で、全線複線となっています。
以前は京阪本線と交野線を直通する電車も運行されていましたが、現在は交野線内折り返し運転の普通のみとなっています。
(日中は1時間6本、朝ラッシュ時は1時間8本)




hrkt02_13DSC_0766.jpg
6番線に停車中の普通私市行(10000系)




hrkt02_14DSC_0753.jpg
6番線の西側(淀屋橋側)はこのように行き止まりになっています。




hrkt02_08DSC_0776.jpg
5・6番ホーム西よりから
5番線は西側(淀屋橋側)で京阪本線に繋がっています。




hrkt02_16DSC_0783.jpg
5・6番ホーム東よりから
向かって左側の京阪本線と、右側の交野線で分岐しています。




hrkt02_16DSC_0789.jpg
5・6番ホーム東端付近から見た西側




hrkt02_17DSC_0787.jpg
5・6番ホーム東端から見た交野線




hrkt02_18DSC_0722.jpg
京阪本線を走行中の電車内から見た交野線の高架




hrkt02_09DSC_0759.jpg
最後は、5・6番ホーム西端から見た京阪本線
特急淀屋橋行(8000系)が出発していきました。




京阪枚方市駅 201310 次回に続きます。
 
 
関連記事

京阪枚方市駅 201310(1)

今日から京阪枚方市駅をご紹介していきます。(2013年10月撮影)


hrkt01_01DSC_0134.jpg
南口側から見た枚方市駅(中央改札口付近)


hrkt01_07DSC_0821.jpg
北口側から見た枚方市駅(中央改札口付近)

京阪 枚方市駅
大阪府枚方市※にある京阪電車(京阪本線・交野線)の駅で、一部の臨時列車を除いて、全種別が停車します。
日中のダイヤは、京阪本線が1時間あたり上下各15本(特急6本・急行3本・準急3本・普通3本)、
当駅が始発の交野線(私市方面)が普通6本となっています。
一日平均乗降人員は90,849人(2011年度)で、京橋・淀屋橋に次いで京阪本線で第3位となっています。

※枚方市は大阪府の北東部に位置する特例市で、以前ご紹介した高槻市から淀川を挟んで南側にあります。
人口は約41万人(大阪府内で第4位)。来年(平成26年)4月に中核市に移行することが決まっています。



今日はまず、駅の外観やコンコース(改札外)を中心にご紹介したいと思います。

hrkt01_02DSC_0211.jpg
中央口(南口側)



hrkt01_02DSC_0179.jpg

現在の高架駅は1993年に完成。改札・コンコースは2階、ホームは3階にあります。
3面6線分のスペースがあるので非常に大規模な駅で、ターミナルの雰囲気があります。
※駅構内図 http://www.keihan.co.jp/traffic/station/stationinfo/pdf/090.pdf をご覧ください。

改札外(1・2階)は「京阪枚方ステーションモール」となっており、
「京阪百貨店枚方店」と「京阪ザ・ストア枚方店」を核として、ファッション、飲食等、様々な店舗が入居しています。



hrkt01_03DSC_0185.jpg
中央口(南口側)




hrkt01_04DSC_0201.jpg
2階中央改札口の下、駅構内1階に設けられた北口と南口をつなぐ南北自由通路




hrkt01_04DSC_0887.jpg
幅が広く非常に広々しています。




hrkt01_04DSC_0885.jpg
京阪百貨店の入口やショーウインドー、店舗が通路に面して並んでいます。




hrkt01_06DSC_0823.jpg
中央口(北口側)
先程ご紹介した南北自由通路を抜けたところです。




続いて、2階中央改札口付近を見ていきます。

hrkt01_08DSC_0293.jpg
南北自由通路南側から2階中央改札口前コンコースへの階段




hrkt01_09DSC_0301.jpg
2階中央改札口前コンコース
1階の南北自由通路同様、非常にゆったりとスペースがとられています。




hrkt01_10DSC_0291.jpg
2階中央改札口前コンコース
一つ上の写真の逆サイドから




hrkt01_11DSC_0320.jpg
中央改札口横にある「駅ナカ・ユニクロ」




hrkt01_12DSC_0305.jpg
中央改札口




hrkt01_13DSC_0322.jpg
中央改札口
一つ上の写真の逆サイドから
改札の向こう側には「けいはんインフォステーション」があります。




hrkt01_11DSC_0273.jpg
中央改札口前コンコースから、東改札口前コンコースや駅南側のペデストリアンデッキへは通路で繋がっています。




続いて、東改札口付近を見ていきます。


hrkt01_17DSC_0103.jpg
南口側から見た枚方市駅(東改札口付近)
東改札口はひらかたサンプラザ3号館(さんぷら座)付近にあります。




hrkt01_16DSC_0042.jpg
東改札口付近では、駅の高架下をこのような道路が走っており、
その歩道部分にはバスの降り場や駐輪場も設けられています。
プチ阪急梅田や南海難波といった感じです。



hrkt01_17DSC_0168.jpg
東改札口への階段と、ひらかたサンプラザ3号館




hrkt01_18DSC_0162.jpg
一つ上の写真の階段を上ったところ
写真左側の通路は、先程ご紹介した中央改札口前コンコースと東改札口前コンコース、駅南側ペデストリアンデッキを繋ぐ通路。




hrkt01_18DSC_0152.jpg
2階東改札口前コンコース




hrkt01_19DSC_0802.jpg
2階東改札口前コンコース
一つ上の写真の逆サイドから




hrkt01_19DSC_0156.jpg
2階東改札口前コンコースとひらかたサンプラザ3号館は2階部分で直結しています。




hrkt01_20DSC_0798.jpg
東改札口




京阪枚方市駅 201310 次回に続きます。
 
 
関連記事

JR天王寺駅 西側ロータリー 131127

tnj131127_01DSC_0465.jpg
阿倍野歩道橋南西側から見た近鉄前交差点とJR天王寺駅
今日は、以前から工事が行われていた駅西側のロータリーのレポートです。




tnj131127_02DSC_0389.jpg
阿倍野歩道橋から見た谷町筋とJR天王寺駅(MIOプラザ館)




tnj131127_03DSC_0385.jpg
駅西側のロータリー
谷町筋とJR天王寺駅(MIOプラザ館)に挟まれた部分にあり、以前から工事が行われていましたが、
ほぼ完成したようです。




tnj131127_04DSC_0360.jpg
少しズームで
バス用のレーンと植え込みが新たに設けられているようです。




続いて、地上から見ていきます。

tnj131127_05DSC_0429.jpg
JR天王寺駅公園口を出たところから
あべのハルカスあべのnini(高さ96.45m)、あべのグラントゥール(高さ144.07m)が目を引きます。




tnj131127_06DSC_0427.jpg
北側から見たロータリーの様子




tnj131127_07DSC_0437.jpg
バス専用のレーンと言うより、バス駐車場でした。




この日撮影した他の写真も何枚か載せておきます。

tnj131127_10DSC_0407.jpg
JR天王寺駅西側 谷町筋の陸橋「阿倍野橋」から見たJR環状線と大和路線の掘割




tnj131127_09DSC_0422.jpg
あべちか(アベノ地下街)でもイルミネーションが始まっていました。




tnj131127_08DSC_0417.jpg
「パールガーデン」



12月はかなりバタバタするので更新が減ると思います。
いつもご覧いただいている方には申し訳ございませんが、今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
関連記事