2014年07月 の記事一覧

あべの筋 20140727(2)

昨日のあべの筋 20140727(1)に引き続いて、2014年7月27日撮影のあべの筋のレポートです。

abnsj140727_09DSC_0425.jpg
あべのキューズモール2階から見たあべの筋
右側の2車線が7月24日から共用開始された北行きの車線です。

あべの筋(都市計画道路長柄堺線)は、
大阪市北区から大阪府泉南市に至る主要地方道「大阪府道30号大阪和泉泉南線」の一部で、
あべの近鉄前交差点〜住吉区の遠里小野橋の区間を指します。
現在、阿倍野再開発事業の一環として、幅員を24mから40mに拡幅する工事中です。



今日は、あべのキューズモール北端・あべのハルカス付近から南側の阿倍野交差点付近に向かって、
工事の進捗状況をレポートしていきます。

abnsj140727_14DSC_0375.jpg
あべのキューズモール北端付近付近




abnsj140727_10DSC_0402.jpg
新たに設けられた「あべの橋(キューズモール前)」バス停(北側から)




abnsj140727_11DSC_0378.jpg
「あべの橋(キューズモール前)」バス停(南側から)




abnsj140727_12DSC_0390.jpg
このバス停自体は結構前から完成した状態で放置されていましたが、
いよいよ8月4日から実際に使用されるようです。




abnsj140727_13DSC_0397.jpg
現在、JR天王寺駅の西側、阿倍野橋(JR環状線と大和路線の掘割上に架かる陸橋)上にある
「あべの橋(北行おりば)」があべのキューズモール前に移設されるようです。

※詳細は大阪市交通局HPをご覧ください
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/announce/w_new_info/w_new/list_h26_all/20140722_abenobahi.html




abnsj140727_15DSC_0365.jpg
あべのキューズモールの中央付近から見た北側
あべのハルカス・近鉄前交差点方面



abnsj140727_47DSC_0369.jpg
ちょうどまた阪堺電車「堺トラム・紫おん」が走っていきました。
もうかなり見慣れましたが、それでもやっぱり堺トラムを見るといまだに反応してしまいます(笑)




abnsj140727_16DSC_0373.jpg
上の2枚と同じ場所から見た南側
あべのベルタ・阿倍野交差点方面




abnsj140727_17DSC_0364.jpg
あべのキューズモールの南端付近から見た北側
新しい北行き車線とあべのnini(高さ96.45m)・あべのハルカス(高さ300m)




abnsj140727_18DSC_0355.jpg
あべのキューズモールの南端付近から見た南側
新しい北行き車線とプラウドタワー阿倍野(高さ84.28m)あべのベルタ




abnsj140727_19DSC_0343.jpg
あべのベルタ北端付近から見た北側
あべのキューズモールあべのハルカス方面




abnsj140727_20DSC_0347.jpg
北側から見たあべのベルタ前




abnsj140727_21DSC_0338.jpg
南側から見たあべのベルタ前
この部分はなぜか1車線しかないので、ちょっと詰まりそうですね。




abnsj140727_22DSC_0331.jpg
阿倍野交差点から見た北側 あべの筋拡幅部分



abnsj140727_23DSC_0543.jpg
最後は、帰り道に同じ場所で撮った夕方の写真 


あべの筋 20140727 次回に続きます。

※ここ最近の関連記事
あべの筋 20140727(1)
あべの筋 20140703(2)
あべの筋 20140703(3)
地下鉄谷町線 阿倍野駅の新連絡通路 2014.04
あべの筋 2014.04
あべの筋 140227・28

※過去の関連記事一覧
あべの筋・あびこ筋
 
関連記事

あべの筋 20140727(1)

2014年7月27日撮影のあべの筋のレポートです。

abnsj140727_01DSC_0444.jpg
阿倍野歩道橋(鮨屋萬助・阿倍野歩道橋)から見たあべの筋

あべの筋(都市計画道路長柄堺線)は、
大阪市北区から大阪府泉南市に至る主要地方道「大阪府道30号大阪和泉泉南線」の一部で、
あべの近鉄前交差点〜住吉区の遠里小野橋の区間を指します。
現在、阿倍野再開発事業の一環として、幅員を24mから40mに拡幅する工事中です。


abnsj140703_01DSC_0099.jpg
7月3日撮影の写真(あべの筋 20140703(2)あべの筋 20140703(3)
この時点で北行きの車線(写真右側の2車線)がすぐにでも共用開始できそうな感じでしたが、
7月24日ついに切り替わったようです。



abnsj140727_02DSC_0452.jpg
手前の電車が止まっているところは、阪堺電車 天王寺駅前駅です。

あべの筋の天王寺駅前駅〜松虫駅間は阪堺電車上町線との併用軌道区間となっていますが、
あべの筋の拡幅に伴って、今後この線路も西側に移動する予定です。

今後は阪堺電車上町線と今回供用開始した北行き車線(写真右側の)に挟まれた部分で
工事が行われることになると思います。




abnsj140727_04DSC_0474.jpg
あべの筋阿倍野歩道橋 近鉄前交差点北側部分より




abnsj140727_05DSC_0480.jpg
南行き車線と阪堺電車 天王寺駅前駅

ここは渋滞が激しく、よくこのように車の列が近鉄前交差点まではみ出してしまっています。




abnsj140727_03DSC_0446.jpg
阿倍野再開発地区(手前からあべのniniあべのキューズモール、あべのベルタ)と北行き車線



abnsj140727_06DSC_0507.jpg
阿倍野歩道橋あべのnini2階通路の接続部分から




abnsj140727_07DSC_0411.jpg
あべのキューズモール2階から
ちょうど、阪堺電車 天王寺駅前駅から「堺トラム・紫おん」が出発していきました。



abnsj140727_48DSC_0414.jpg
私個人的には、最初にこの「堺トラム」のイメージ図を見た時は少し色味が地味過ぎるかな…と思いましたが、
実際走っているところを見ると阿倍野の街にすごく調和している気がします。




abnsj140727_08DSC_0433.jpg
あべのキューズモールあべのniniあべのハルカス岸本ビルを結ぶ横断歩道
北側車線の完成で横断歩道の距離もかなり長くなりました。


あべの筋 20140727 次回に続きます。

※ここ最近の関連記事
あべの筋 20140703(2)
あべの筋 20140703(3)
地下鉄谷町線 阿倍野駅の新連絡通路 2014.04
あべの筋 2014.04
あべの筋 140227・28

※過去の関連記事一覧
あべの筋・あびこ筋
 
関連記事

阿倍王子神社 夏祭り 2014

昨年に続いて、阿倍王子神社の夏祭りのレポートです。

matsuri14_00DSC_0708.jpg
阿倍王子神社
創建についてはいろいろな説がありますが、
熊野神社の分霊社である九十九王子の一つとされ、大阪府内で唯一現存している王子となっています。
詳細はHPを参照ください。http://abeouji.tonosama.jp/



matsuri14_12DSC_0726.jpg

今年も例年通り7月27日(宵宮)、28日(本宮)の2日間に渡って夏祭が行われました。
境内や神社周辺には約300軒の露店が出て、約5万人の人出で賑わいました。


※内容はほぼ同じですが、昨年の夏祭のレポートはこちら 
→ 阿倍王子神社 夏祭り 2013




東側(あべの筋側)のお参り口の方から、順にレポートしていきます。

matsuri14_01DSC_0654.jpg
東側 あべの筋から見た阿倍王子神社




matsuri14_03DSC_0661.jpg
阿倍王子神社前のあべの筋歩道

相変わらず、今年もすごい人出でした



matsuri14_04DSC_0640.jpg
あべの筋の歩道がお参り口への通路となっており、車道に背を向ける形でたくさんの露店が並びます。




matsuri14_041DSC_0807.jpg
阿倍王子神社からあべの筋を隔てた東側は王子本通商店街となっています。




matsuri14_042DSC_0647.jpg
王子本通商店街
普段は、夜は静かな商店街ですが、この日は夜遅くまでこの人通りです。




matsuri14_043DSC_0787.jpg
東側(あべの筋側)の鳥居




matsuri14_044DSC_0771.jpg
東側(あべの筋側)がお参り口(入口)となっています。




matsuri14_046DSC_0671.jpg
壇尻囃子(だんじりばやし)




matsuri14_047DSC_0769.jpg




matsuri14_07DSC_0679.jpg
社務所の1階部分の通路を抜けると本殿が見えてきます。




matsuri14_08DSC_0702.jpg
本殿




matsuri14_10DSC_0700.jpg




matsuri14_101DSC_0764.jpg
御神輿




matsuri14_11DSC_0724.jpg
茂杜能木霊神




matsuri14_14DSC_0756.jpg
あべの筋の1つ西側の通り「熊野街道」沿いがお帰り口(出口)となっています。




matsuri14_15DSC_0736.jpg
東側(熊野街道側)の鳥居




matsuri14_17DSC_0750.jpg
阿倍王子神社を出て、熊野街道を北に向かって進んで行きます。
正面にはあべのハルカスが見えています。

それにしても、身動きが取れないような人の数です。





matsuri14_18DSC_0615.jpg
阿部野王子神社から熊野街道を北に約50mほど行ったところに、安倍晴明神社があります。




matsuri14_20DSC_0621.jpg
安倍晴明神社
阿倍王子神社が管理する末社で、境内約180坪(約600平米)ほどの小さなお宮です。
この地で生まれたとされていいる平安時代の陰陽師 安倍晴明を祀っています。
興味のある方は、詳細はHPを参照ください。http://abeouji.tonosama.jp/abeseimeijinja/




matsuri14_201DSC_0815.jpg
本殿



matsuri14_202DSC_0814.jpg
安倍晴明公像




matsuri14_203DSC_0820.jpg
安倍晴明公像の奥に見えるのは「葛之葉霊狐の飛来像(くずのはれいこのひらいぞう)」
狐であったと言われている晴明公の母・葛乃葉が信田森から飛来する姿をイメージした像ということです。




matsuri14_19DSC_0630.jpg
安倍晴明神社の境内西側 鳥居の近くにある「泰名稲荷神社」




matsuri14_204DSC_0833.jpg
泰名稲荷神社
江戸時代から存在している安倍晴明大神の父・安倍保名の名を冠しているということです。





matsuri14_21DSC_0589.jpg
安倍晴明神社から熊野街道をさらに北に約50mほど行ったところ
東天下茶屋商店街(晴明通)との交差点付近




matsuri14_23DSC_0580.jpg
東天下茶屋商店街(晴明通)




matsuri14_24DSC_0555.jpg
東天下茶屋商店街(晴明通)と阪堺上町線の東天下茶屋駅
 
 
※阿倍王子神社、東天下茶屋駅周辺に関しての以前の記事もぜひご覧ください。
 →阿倍王子神社 夏祭り 2013
 →阪堺上町線 東天下茶屋駅 周辺(1)
 →阪堺上町線 東天下茶屋駅 周辺(2)
 →阪堺上町線 東天下茶屋駅 周辺(3)
 →阪堺上町線 東天下茶屋駅 周辺(4)
 
 
関連記事

北近畿 20140711-12(4)天橋立周辺

昨日の【夕日ヶ浦周辺】に続いて北近畿 20140711-12の観光編です。

北近畿タンゴ鉄道(KTR)についてのレポートは
北近畿 20140711-12(1)KTR 北近畿タンゴ鉄道 1
北近畿 20140711-12(2)KTR 北近畿タンゴ鉄道 2
をご覧ください。


【天橋立周辺】

hsdt01DSC_0707.jpg
丹後の観光拠点 北近畿タンゴ鉄道(KTR)天橋立駅



KTR44DSC_0716.jpg
天橋立駅に停車中の特急「はしだて」(381系)
宮福線全線(宮津駅〜福知山駅)と宮津線の宮津駅〜天橋立駅は電化されており、
福知山駅〜宮津駅を経由して京都方面から287系や381系等のJR西日本の特急も乗入れています。




hsdt02DSC_0710.jpg
天橋立駅前の通り



hsdt03DSC_0697.jpg
天橋立駅前にある天橋立温泉唯一の外湯「智恵の湯」




文珠山山上にあり、天橋立を南側から一望できる「天橋立ビューランド」に行ってみました。

hsdt04DSC_0594.jpg
「天橋立ビューランド」へのリフト乗り場



hsdt05DSC_0596.jpg
リフト(上り)



hsdt11DSC_0655.jpg
リフト(下り)



hsdt06DSC_0613.jpg
リフトの他に、このようなモノレールでも上ることができます。




hsdt08DSC_0625.jpg
天橋立(天橋立ビューランド(文珠山の山頂)から)
京都府宮津市、日本海の宮津湾にある全長約3.6km・幅約20~170mの砂州で
陸奥の「松島」・安芸の「宮島」とともに、日本三景とされている特別名勝のひとつです。



hsdt07DSC_0617.jpg
股のぞき台
天橋立ビューランド(文珠山の山頂)から見る天橋立は、
天に舞う龍のように見えることから「飛龍観」と呼ばれています。



hsdt09DSC_0645.jpg
天橋立ビューランドキャラクター ビューくん・ランちゃん




hsdt13DSC_0669.jpg
智恩寺(山門)
天橋立南端にある寺院。
日本三文殊のひとつで通称切戸(又は九世戸)の文殊堂として知られている文殊菩薩の霊場です。



hsdt12DSC_0667.jpg
山門の正面、茶屋通りは飲食店や土産店、旅館が建ち並ぶ賑やかな通りです。



hsdt14DSC_0675.jpg
「廻旋橋」上から見た天橋立運河



hsdt15DSC_0681.jpg
天橋立の上はこのような松並木の道になっており、対岸まで徒歩や自転車で渡ることができます。
(徒歩で片道約50分)



hsdt16DSC_0684.jpg
天橋立海水浴場




hsdt10DSC_0651.jpg
最後は、もう一度天橋立ビューランド(文珠山の山頂)から見た天橋立


北近畿 20140711-12 以上です。
 
関連記事

北近畿 20140711-12(3)夕日ヶ浦周辺

すみません。少し間があいてしまいましたが、
北近畿 20140711-12(1)KTR 北近畿タンゴ鉄道 1
北近畿 20140711-12(2)KTR 北近畿タンゴ鉄道 2
に続いて北近畿編。

前回・前々回は北近畿タンゴ鉄道(KTR)についてのレポートでしたが、
今日・明日は夕日ヶ浦温泉と天橋立を中心に観光の写真をUPしていきます。
個人的なアルバム代わりみたいなものなので、ゆるく見ていただければと思います(笑)


【夕日ヶ浦周辺】

yhgur01DSC_0390.jpg
夕日ヶ浦温泉の最寄り駅である北近畿タンゴ鉄道(KTR)木津温泉駅



yhgur02DSC_0401.jpg



yhgur03DSC_0405.jpg
外観だけではなく駅舎内も非常に趣があります。



yhgur04DSC_0415.jpg
ホームには天然温泉の足湯「しらさぎの湯」があります。



yhgur06DSC_0406.jpg
ホームから



yhgur05DSC_0427.jpg
ホームから




yhgur07DSC_0395.jpg
木津温泉駅前にある「ふく松喫茶」



yhgur09DSC_0375.jpg
「ふく松喫茶」店内



yhgur10DSC_0379.jpg
「ふく松喫茶」店内



yhgur11DSC_0381.jpg
「ふく松喫茶」店内から見た木津温泉駅




yhgur12DSC_0312.jpg
夕日ヶ浦(浜詰)海岸



yhgur13DSC_0251.jpg
海岸沿いには旅館や民宿が建ち並んでいます。



yhgur14DSC_0278.jpg
7月に入ったばかりの平日だったこともあり、海岸にはまだほとんど人がいませんでしたが、
夏休み期間中は多くの海水浴客で賑わいそうです。



yhgur15DSC_0265.jpg
久しぶりに海に入りましたが、台風の影響か結構いい波がきていました。
和歌山に住んでいた頃はよく磯ノ浦に行きましたが、またサーフィンがしたくなりました。



yhgur17DSC_0263.jpg
遠くの方にはサーファーの姿も




yhgur18DSC_0350.jpg
この日泊まった旅館の部屋から見た夕日
「夕日が浦」と呼ばれるだけあって、本当に素晴らしい夕日でした。


明日は【天橋立周辺】をUPする予定です。
 
 
関連記事

北近畿 20140711-12(2)KTR 北近畿タンゴ鉄道 2

昨日に続いてKTR 北近畿タンゴ鉄道の写真です。

今日はKTR8000形「タンゴディスカバリー」をご紹介します。

KTR31DSC_0728.jpg
KTR8000形「タンゴディスカバリー」(福知山駅にて)
1996年に導入された特急形気動車で、北近畿タンゴ鉄道内だけではなく、JRの山陰本線や舞鶴線でも運用されています。
登場時は、福知山線系統の特急「タンゴディスカバリー」として新大阪駅〜久美浜駅間で運行されていましたが、
1999年の舞鶴電化にあわせ、京都と丹後地区を山陰線経由で結ぶ特急に変更されました。
2011年3月からは「タンゴディスカバリー」という列車名は廃止され、「はしだて」「まいづる」として運用されています。




KTR32DSC_0240.jpg
車両側面




KTR33DSC_0241.jpg
側面に描かれた「TANGO DISCOVERY」のロゴ




KTR34DSC_0232.jpg
座席はリクライニングシートで、シートピッチは広く取られています。




KTR36DSC_0211.jpg
乗務員室の後ろにはこのようなフリースペースが設けられています。




KTR37DSC_0214.jpg
フリースペースの側面は大型の窓になっています。




KTR38DSC_0217.jpg
フリースペースから見た客室




KTR35DSC_0235.jpg
デッキと客室の間の扉




KTR40DSC_0219.jpg
デッキと連結部
トイレと洗面所が設けられています。




KTR39DSC_0222.jpg
洗面所




KTR41DSC_0238.jpg
最後は「タンゴディスカバリー」外観をもう一枚(木津温泉駅にて)

個人的には、JR西日本の特急形車両283系「オーシャンアロー」とデザインがよく似ている気がします。
特に283系の貫通型先頭車側とは本当にそっくりで、初めてこの車両を見た時は見間違いました。
 
 
関連記事

北近畿 20140711-12(1)KTR 北近畿タンゴ鉄道 1

いつもとは少し趣旨が変わりますが、今日からしばらく
先週行ってきた北近畿で撮影した写真をご紹介していきます。

まず、今日・明日はKTR 北近畿タンゴ鉄道の写真です。

KTR18DSC_0592.jpg
「丹後くろまつ号」(天橋立駅にて)
昨年4月に導入された「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」に続き、
今年の5月に導入された観光型列車。
「『海の京都』の走るダイニングルーム」をコンセプトに、
車内にキッチンを備えた「レストラン列車」となっています。

「あかまつ」「あおまつ」「くろまつ」共に
KTR700形※を全面的にリニューアルした車両で、
デザインは水戸岡鋭治氏が手掛けています。



KTR19DSC_0590.jpg
「丹後くろまつ号」



KTR20DSC_0587.jpg
「丹後くろまつ号」



KTR21DSC_0226.jpg
「丹後あかまつ号」

「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」「丹後くろまつ号」の詳細は
https://ktr-tetsudo.jp/matsu/train/index.html
をご覧ください。



残念ながら時間の都合で今回「あかまつ」「あおまつ」「くろまつ」に乗ることはできませんでしたが、
一般列車用としてリニューアルされた「コミューター車両」という車両に乗ることができたので、
ご紹介しておきます。

KTR02DSC_0432.jpg
「コミューター車両」(木津温泉駅にて)
KTR800形※を一般列車用としてリニューアルした車両で、昨年10月に導入されました。
「丹後あおまつ号」車両と連結して運行する他、朝夕の通勤・通学時間帯にも運行されています。
デザインは「あかまつ」「あおまつ」「くろまつ」と同じく、水戸岡鋭治氏が手掛け
「あかまつ」にも馴染むような内外装になっています。



KTR17DSC_0581.jpg
「コミューター車両」(天橋立駅にて)
隣には「丹後くろまつ号」が停車中です。



KTR03DSC_0436.jpg
客用扉横のロゴマーク



車内を見ていきます。

KTR10DSC_0442.jpg
座席は全席転換クロスシート



KTR13DSC_0543.jpg
席によってモケットの柄が異なります。



KTR14DSC_0575.jpg
なんとなくですが、阪急6300系のシートに少し似ている気がします。



KTR15DSC_0573.jpg
カーテン



KTR11DSC_0504.jpg
床は板張りです。



KTR06DSC_0453.jpg
運転室・前面貫通扉付近



KTR07DSC_0441.jpg
前面貫通扉の窓から



KTR08DSC_0563.jpg
運転室



KTR04DSC_0567.jpg
客用扉付近



KTR05DSC_0555.jpg
客用扉の窓から



KTR09DSC_0560.jpg
運転室妻面に貼られた運転室妻面に貼られた銘板や車番、路線図等




KTR23DSC_0724.jpg
※KTR700形(KTR705)
オリジナルのKTR700形(トイレ付)・800形(トイレ無し)は1989年と1990年に導入されました。
「あかまつ」「あおまつ」「くろまつ」「コミューター車両」としての全面改装を受けていない車両は
基本的にこのような外観になっています。
(この車両では黄色に塗られていますが、客用扉と前面貫通扉は元々無塗装のステンレス) 
 

北近畿 20140711-12 明日に続きます。
 
関連記事

あべの筋 20140703(4)AITビル前


2014年7月3日撮影のあべの筋のレポート。その(4)

ait140703_01DSC_0005.jpg
AITビル
阿倍野筋2丁目東商店会沿いにある岸本ビルグループの複合商業ビル。
■1987年(昭和62年)竣工 ■地上10階・地下1階

今日は、以前あべの筋東側の商店街 20140210 の記事でご紹介した
AITビル前の工事の続報です。



ait140703_02DSC_0993.jpg
AITビルとあべの筋の間の中央部分にあったビル(示南というラーメン屋が入っていました)が解体され、
新たに2階建の小さいビルが建てられています。
(AITビルと一体化して見えますが別の建物で、この建物の存在によってAITビルの入口も南北に隔てられています。)

まだ断言はできませんが、いろいろ調べたところ
「KOMEHYO あべの店」というリサイクルショップが8月上旬にオープンするようです。




ait140703_04DSC_0150.jpg
阿倍野筋2丁目東商店会 AITビル北側から




ait140703_05DSC_0154.jpg
真ん中のシャッターが下ろされ工事用のフェンスに囲まれている部分が新築されたビルです。




ait140703_06DSC_0156.jpg




ait140703_07DSC_0163.jpg
南側から




ait140703_08DSC_0164.jpg
阿倍野筋2丁目東商店会 AITビル南側から




ait140703_09DSC_0980.jpg
最後は、あべのキューズタウン前の歩道から見たあべの筋とAITビル 
 
 
関連記事

報告

いつもご覧いただいてありがとうございます。

基本的に、このブログでご紹介するのはほとんどが大阪のことなんですが、
時々京都や神戸等、大阪以外の街をご紹介することもありますので、
突然ですが、ブログのタイトルを「Osaka city view ~ 大阪の景観 ~」から
「大阪および近畿の景観 ~ Scene of Osaka and Kinki ~」に変更いたしました。

仕事等の都合で最近は更新の頻度が下がりがちで、いつも見ていただいている方々には非常に申し訳なく思っていますが、
今後もできる限り更新を続けていきたいと思っておりますので、これからもよろしくお願いいたします。

※サイトやブログにリンクを貼っていただいている方には大変お手数おかけしますが、
もしよろしければ、変更していただければ幸いでございます。
 
 
関連記事

あべの筋 20140703(3)


昨日のあべの筋 20140703(2)に引き続いて、2014年7月3日撮影のあべの筋のレポートです。

abnsj140703_07DSC_0022.jpg
あべのキューズタウン2階から見たあべの筋
右側の2車線が間もなく共用開始される拡幅部分です。

あべの筋(都市計画道路長柄堺線)は、
大阪市北区から大阪府泉南市に至る主要地方道「大阪府道30号大阪和泉泉南線」の一部で、
あべの近鉄前交差点〜住吉区の遠里小野橋の区間を指します。
現在、阿倍野再開発事業の一環として、幅員を24mから40mに拡幅する工事中です。



abnsj140703_21DSC_0922.jpg
阿倍野交差点から見た北側 あべの筋拡幅部分

今日は、南側の阿倍野交差点付近から北側の近鉄前交差点に向かって、
工事の進捗状況をレポートしていきます。



abnsj140703_22DSC_0926.jpg
阿倍野交差点北西角 あべのベルタ前




abnsj140703_23DSC_0927.jpg
あべのベルタ前 歩道部分




abnsj140703_25DSC_0945.jpg
あべのベルタ前 車道の拡幅部分(南側)




abnsj140703_24DSC_0932.jpg
あべのベルタ前 車道の拡幅部分(北側)




abnsj140703_26DSC_0970.jpg
北側から見たあべの筋とあべのベルタ




abnsj140703_28DSC_0936.jpg
あべのベルタ北端から見た北側
あべのキューズタウンあべのハルカス方面




abnsj140703_29DSC_0943.jpg
あべのベルタとあべのキューズタウンの間の横断歩道




abnsj140703_30DSC_0951.jpg
写真左側(南側)があべのベルタ。右側(北側)があべのキューズタウン
あべのキューズタウンの後に見える高層ビルはあべのグラントゥール(高さ144.07m)




abnsj140703_31DSC_0957.jpg
あべのキューズタウン南東側から見たた北側 あべの筋




abnsj140703_32DSC_0962.jpg
あべのキューズタウン前 歩道(南端付近から見た北側)




abnsj140703_33DSC_0967.jpg
あべのキューズタウン前 車道の拡幅部分(南端付近から見た北側)




abnsj140703_34DSC_0973.jpg
あべのnini(高さ96.45m)とあべのハルカス(高さ300m)も入れて




abnsj140703_35DSC_0984.jpg
あべのキューズタウン前 歩道(中央付近から見た北側)




abnsj140703_36DSC_0991.jpg
あべのキューズタウン前 車道の拡幅部分(中央付近から見た北側)




abnsj140703_37DSC_0988.jpg
あべのキューズタウン前 車道の拡幅部分(中央付近から見た南側)




abnsj140703_40DSC_0010.jpg
新たに設けられた「あべの橋(キューズモール前)」バス停




abnsj140703_39DSC_0001.jpg
車道側から見た「あべの橋(キューズモール前)」バス停




abnsj140703_41DSC_0014.jpg
あべのキューズタウン前(北端付近)から見た北側(阿倍野歩道橋、近鉄前交差点方面)




abnsj140703_42DSC_0079.jpg
阿倍野歩道橋あべのniniとの接続部)から見た南側 あべの筋




abnsj140703_43DSC_0072.jpg
阿倍野歩道橋北西側から見た近鉄前交差点
右側の2車線が間もなく共用開始される拡幅部分です。




abnsj140703_08DSC_0148.jpg
最後は、あべのハルカスの西側の歩道から見た あべの筋
 
 
あべの筋 20140703 次回に続きます。
 
 
関連記事

あべの筋 20140703(2)

2014年7月3日撮影のあべの筋のレポートです。

7月3日に撮影したものの、もうすぐにでも共用開始できそうな感じだったので、
しばらく様子見でUPを止めていたのですが、7月7日時点でまだ共用開始されていなかったので、
とりあえず共用直前の様子としてUPしておきます。

今日は阿倍野歩道橋あべのキューズタウンからの写真を中心にご紹介していきます。

abnsj140703_01DSC_0099.jpg
阿倍野歩道橋(鮨屋萬助・阿倍野歩道橋)から見たあべの筋
右側の2車線が間もなく共用開始される拡幅部分です。

あべの筋(都市計画道路長柄堺線)は、
大阪市北区から大阪府泉南市に至る主要地方道「大阪府道30号大阪和泉泉南線」の一部で、
あべの近鉄前交差点〜住吉区の遠里小野橋の区間を指します。
現在、阿倍野再開発事業の一環として、幅員を24mから40mに拡幅する工事中です。



abnsj140703_02DSC_0112.jpg
手前の電車が止まっているところは、阪堺電車 天王寺駅前駅です。

あべの筋の天王寺駅前駅〜松虫駅間は阪堺電車上町線との併用軌道区間となっていますが、
あべの筋の拡幅に伴って、今後この線路も西側に移動する予定です。



abnsj140703_03DSC_0133.jpg
写真右側(西側)は阿倍野再開発地区で、
手前(北側)からあべのniniあべのキューズタウン、あべのベルタと並んでいます。



abnsj140703_09DSC_0144.jpg
あべのnini(高さ96.45m)
左奥には現在天王寺・阿倍野地区で3番目の高さを誇るあべのグラントゥール(高さ144.07m)も見えます。




abnsj140703_06DSC_0086.jpg
新たに整備されたあべの筋西側の歩道部分
こちらはほぼ完成しています。




abnsj140703_05DSC_0048.jpg
あべのキューズタウン2階から見たあべの筋




abnsj140703_04DSC_0038.jpg
あべのキューズタウン3階から見た北側
阿倍野歩道橋、近鉄前交差点方面




abnsj140703_10DSC_0060.jpg
阿倍野歩道橋(鮨屋萬助・阿倍野歩道橋)から見た北東側
近鉄前交差点JR天王寺駅(天王寺MIO)




abnsj140703_11DSC_0062.jpg
阿倍野歩道橋から見た西側 尼崎平野線

近鉄前交差点から西成区の花園北交点(花園北交点以西は国道43号となります)まで東西に伸びる幹線道路で、
あべの筋と共に阿倍野地区第二種市街地再開発事業の一環として幅員40mに拡幅工事中です。
こちらは供用開始までまだもう少しかかりそうです。




abnsj140703_12DSC_0056.jpg
尼崎平野線 南側 アベノセンタービルアポロビルあべのルシアス前の歩道部分
 
 
あべの筋 20140703 次回に続きます。
 
 
関連記事

あべの筋 20140703(1)

例によって、仕事の関係で約1ヶ月も更新が止まってしまっていましたが、
久しぶりの更新です。

abnsj140703_00DSC_0904.jpg
阪堺電車松虫駅北側から見たあべの筋阪堺電車モ351形
(2014.7/3撮影)
後方には上の方が雲か霧に隠れたあべのハルカスが聳えています。



abnsj140703_00DSC_0978.jpg
あべのベルタ前から見た阪堺電車「堺トラム・茶ちゃ」と大阪市営バス
(2014.7/3撮影)
後方の白い高層ビルはプラウドタワー阿倍野(高さ84.28m)です。


とりあえず、今日はたった2枚だけのUPで次回以降の予告みたいな感じになりますが、
明日から、7/3撮影のあべの筋周辺の状況をご紹介していく予定です。
 
 
関連記事