■都心(堂島-中之島-船場) > 中之島 > 中之島周辺の散策 201210 (2)中之島中部 肥後橋・渡辺橋周辺 1

中之島周辺の散策 201210 (2)中之島中部 肥後橋・渡辺橋周辺 1

昨日の 中之島周辺の散策 201210(1)淀屋橋周辺 に続いて、
中之島中部の肥後橋・渡辺橋周辺をご紹介します。

まずは、肥後橋周辺から
淀屋橋と同様に、肥後橋という正式な住所はなく、肥後橋というのは土佐堀川に架かる四つ橋筋の橋の名前ですが、周辺の地域名として呼ばれる場合が多いです。肥後橋周辺は高層ビルが林立する大阪有数のオフィス街となっています。橋の地下には地下鉄四つ橋線が通っており、橋の南詰に肥後橋駅があります。
「肥後橋」という橋の名前は、江戸時代、橋の北詰の中之島に肥後熊本藩の蔵屋敷があったことに由来します。

01肥後橋DSC_0345
錦橋(土佐堀川)から見た肥後橋
橋を囲むようにアパホテル大阪肥後橋駅前(107m)、朝日新聞、中之島三井ビルディング(140.15m)、関電ビルディング(195.45m)等が建ち並んでいます。
上を走る高架道路は環状線から分岐した阪神高速11号池田線です。


DSC_0475.jpg




02肥後橋DSC_0427
肥後橋南詰の肥後橋交差点


03大同生命DSC_0428
肥後橋交差点の南東角にある大同生命本社ビル(88m)
界わいのランドマークとして親しまれ街の財産となっていたウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の旧大同生命ビルディングの社会的価値が継承されています。テラコッタの外壁、チューダー式アーチや屋上に並ぶピナクルなど、旧ビルのネオゴシック様式を受け継ぐその姿は、ガラス張りの高層ビルには無い新たな近代的オフィスビルを実現し、再びランドマークとして親しまれています。


04フェス横DSC_0563*
肥後橋交差点 北東方面
土佐堀川を挟んで住友生命中之島セントラルタワー(141.645m)、大阪三井物産ビル(104.95m)が見えます。


05フェスDSC_0561
肥後橋交差点 北方面
中之島フェスティバルタワー(198.96m)が見えます。
中之島フェスティバルタワーは、四つ橋筋を挟んで相対する新朝日ビルディングとフェスティバルホール、大阪朝日ビルと朝日新聞ビルを高さ200メートルの2棟の超高層ビルへ建て替える「大阪・中之島プロジェクト」の東地区で、今秋完成予定です。(フェスティバルホールは2013年完成予定)
低層階にフェスティバルホール、四ツ橋筋を挟んで西側にある大阪本社ビルから朝日新聞大阪本社が移転し、中高層階はテナントオフィスとなります。


06_1フェスDSC_0349
肥後橋北詰
四つ橋筋を挟んで、朝日新聞ビル(左)と中之島フェスティバルタワー(右)


06_2フェスDSC_0347
肥後橋北詰 中之島フェスティバルタワー低層部
旧フェスティバルホール壁面にあったレリーフ「牧神、音楽を楽しむの図」も、当時と同じ信楽焼によって再制作されて設置されています。


07_1フェスDSC_0417
渡辺橋(堂島川)上から見た中之島フェスティバルタワー


07_2朝日新聞DSC_0423
渡辺橋(堂島川)上から見た現・朝日新聞大阪本社
朝日新聞グループの登記上の本店
でもあります。
中央の大阪朝日ビルと、その南西部分をL字型に囲むように増築された朝日新聞ビルで一体感を持たせています。


08フェスDSC_0419
渡辺橋(堂島川)上から見た四ツ橋筋南方面
大同生命本社ビルの南側には、大手化学メーカーの石原産業本社が入る新石原ビル(86m)や、タワーマンション「D'グラフォート大阪N.Y.タワーHIGOBASHI(150.7m)」が見えます。


09フェスDSC_0425
四ツ橋筋大同生命本社ビル前から見た中之島フェスティバルタワー


10フェスフェスDSC_0409
中之島通 渡辺橋駅上から見た朝日新聞ビル・大阪朝日ビルと中之島フェスティバルタワー


中之島周辺の散策 201210(3)中之島中部 肥後橋・渡辺橋周辺 2
に続きます。
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する