■高槻市 > 高槻市 201310(9)阪急高槻市駅

高槻市 201310(9)阪急高槻市駅

高槻市特集その9

tktk07_20DSC_0842.jpg
阪急高槻市駅 ホーム

高槻市は大阪府の北東部に位置する人口は約36万人(大阪府内で第6位)の中核市です。

大阪と京都の中間に位置し、ベッドタウンとして発展してきましたが、
幹線道路沿線を中心に大規模な工場や流通施設が立地する産業都市としての性格も併せ持っています。
また、JR高槻駅周辺〜阪急高槻市駅周辺にかけては百貨店や大型商業施設・商店街が多数集まり、
北摂でも有数の商業集積地となっています。
近年はJR高槻駅北側の大規模な再開発によって、ますます注目を集めています。



昨日は阪急高槻市駅周辺をご紹介しましたが、その続きとして、今日は阪急高槻市駅構内を中心にご紹介したいと思います。

tktk07_01DSC_0703.jpg
阪急高槻市駅
阪急高槻市駅は阪急京都線の駅で「快速特急(土・休日のみ運転)」を除き、全種別が停車します。
日中は1時間あたり特急6本・準急6本・普通6本の計18本が発着。
2012年度の平均一日平均乗降人員は63,556人となっています。(※JR高槻駅は約13万人)

現在の高架駅は1993年に完成。
改札・コンコースは2階、ホームは3階にあります。
※駅構内図 http://rail.hankyu.co.jp/station/pdf/map/takatsuki_shi.pdf をご覧ください。

改札外(1・2階)は「ミング阪急高槻」となっており、ファッション、飲食、スーパー、書店、
スポーツクラブ(KONAMI)、銀行等々、様々な店舗が入居しています。
※ミング阪急高槻の詳細は http://ming.hankyu.co.jp/index.html をご覧ください。



それではまず、昨日の高槻市 201310(8)阪急高槻市駅周辺でもご紹介した駅構内の南北通路の部分から見ていきます。

tktk07_12DSC_07732.jpg
駅構内の南北通路から見た改札階への階段・エスカレーター
規模は全く違いますが、なんとなく阪急梅田駅のBIG MAN前広場のところに構造や雰囲気が似ているような気がします。




tktk07_03DSC_0751.jpg
1つ上の写真の階段上から見た南北通路




tktk07_05DSC_0750.jpg
2階 コンコース(改札側)




tktk07_04DSC_0738.jpg
2階 コンコース(南北通路への階段側)





続いて、駅西側から「ミング阪急高槻」の様子を見ながら改札方面に進んで行きます。

tktk07_06DSC_0810.jpg
西側、高架下から見た阪急高槻市駅と「ミング阪急高槻」西側出入口




tktk07_07DSC_0694.jpg
1つ上の写真の出入口から入った「ミング阪急高槻」ハッピー広場
阪急らしい内装です。




tktk07_08DSC_0812.jpg
2階に上がります。




tktk07_09DSC_0814.jpg
エスカレーター上から見たハッピー広場




tktk07_10DSC_0815.jpg
ハミング広場




tktk07_11DSC_0747.jpg
「ミング阪急高槻」2階中央寄りの出入口




tktk07_12DSC_0746.jpg
1つ上の写真の出入口から見た東側 2階 コンコース(改札方面)




tktk07_02DSC_0742.jpg
1つ上の写真の場所から見た、南北通路の吹抜け及び改札階への階段・エスカレーター




tktk07_13DSC_0754.jpg
エスカレーターを上がったところから見た西側(「ミング阪急高槻」出入口側)




tktk07_13DSC_0756.jpg
1つ上の写真の場所から見た東側
写真左側は改札口、右側は通路(ミング阪急高槻)が駅東側に向かって続いています。




tktk07_14DSC_0752.jpg
コンコースから見た改札口




tktk07_15DSC_0828.jpg
改札口




tktk07_16DSC_0837.jpg
改札内




tktk07_17DSC_0850.jpg
3階 ホーム西端よりから
ホームは島式2面4線で、ホーム有効長は10両。




tktk07_19DSC_0843.jpg
駅名表示板




tktk07_18DSC_0853.jpg
ホーム中央よりから




tktk07_20DSC_0856.jpg
最後は、9300系「通勤特急」梅田行き



高槻市 201310 次回「高槻市役所 総合センターR階展望フロアからの眺望 」に続きます。

 
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する