■和歌山県 > 和歌山市および周辺 > 和歌山市駅 140824(3)改札内・ホーム

和歌山市駅 140824(3)改札内・ホーム

 
昨日・一昨日に引き続いて、和歌山市駅周辺の特集(3)
今日は改札内・ホームを中心にご紹介していきます。(2014年8月24日撮影)

【前回記事】
和歌山市駅 140824(1)駅ビル(コンコース等)・駅前広場
和歌山市駅 140824(2)駅ビル(高島屋等)


sieki03-02DSC_0148.jpg
3・4番ホームの駅名表示板と時刻表

和歌山市駅
和歌山県和歌山市にある南海電車(南海本線・和歌山港線)のターミナルで、明治36年(1903年)に開業。
JR西日本の和歌山市駅〜和歌山駅間の電車も乗入れています。
3代目の駅舎となる「南海和歌山ビル」が昭和48年(1973年)に竣工し、
同時に高島屋和歌山店もオープンしました。

平成25年度の一日の乗降客数は、南海 17,569人+JR 3,426人=20,995人で、
1980年代までは拮抗していた和歌山駅※(JRのターミナル)の半分以下まで落ち込んでいます。
(※平成25年度の和歌山駅の乗降客数は、JR 39,312人+わかやま電鉄 5,289人=44,601人)



sieki03-03DSC_0195.jpg
駅構内図

ホームは島式ホーム+櫛形ホームによる3面5線で、2・3番線は行き止まりになっています。
7番線(6番線と同一ホームの西側)は和歌山港線の普通車用のホームでしたが、現在は使われていません。
また、かつては2番線の南側(図右側)に1番線もありましたが現在は廃止され、跡地は駐車場になっています。
(ホームの屋根や跨線橋からの階段は今も残っています。)

■2番線 JR線(和歌山駅方面)
■3番線 加太線(加太方面)
■4番線 南海本線(なんば・関西空港方面)、一部和歌山港方面(四国連絡)
■5番線 南海本線(なんば・関西空港方面)、一部和歌山港方面(四国連絡)
■6番線 南海本線(なんば・関西空港方面)

各ホームは駅ビルの2階にある改札口から正面に伸びる跨線橋で結ばれています。




sieki03-04DSC_0212.jpg
駅ビル2階にある改札口
改札口はこの1ヶ所のみです。




sieki03-05DSC_0190.jpg
改札内に入ったところから見た跨線橋




sieki03-07DSC_0188.jpg
発車案内板
最近では見る機会が減りましたが、南海では今も、時刻や行先、種別などを案内する表示板に
このパタパタ式(反転フラップ式案内表示機)を使用しています。




sieki03-08DSC_0210.jpg
改札口の近くには、来年の秋に開催される「紀の国わかやま国体・紀の国わかやま大会」
カウントダウンボードが設置されています。




sieki03-09DSC_0191.jpg
「南海そば」(改札内)




sieki03-10DSC_0204.jpg
コンビニエンスストア「アンスリー」(改札内)
1997年から京阪・南海・阪神の大手私鉄3社が共同で展開を始めた駅ナカのコンビニエンスストア。
阪急との経営統合に伴って、阪神は2009年に「アズナス」に転換され、現在は京阪と南海のみとなっています。




sieki03-06DSC_0182.jpg
跨線橋の一番奥から見た改札口側




それでは、改札口側から順番に各ホームを見ていきます。

sieki03-11DSC_0202.jpg
■2番線ホーム JR線(紀勢本線・和歌山駅方面)のりば
「紀勢本線」とは言っても和歌山駅以南の御坊・白浜方面に直通する列車はなく、
和歌山駅〜和歌山市駅間を2両編成のワンマン列車が1時間に1往復するのみという
支線的な路線になっています。(正式には支線ではありませんが)




sieki03-13DSC_0337.jpg
2番線ホーム




sieki03-12DSC_0157.jpg
3番線ホームから見た2番線ホーム
2番線ホームの左側は以前は3番線の降車ホームとして使用されていましたが、
現在は柵が設置されていて使用されていません。





sieki03-15DSC_0146.jpg
■3番線ホーム 加太線(加太方面)のりば(写真左側)
■4番線ホーム 南海本線(なんば・関西空港方面)、一部和歌山港方面(四国連絡)のりば(写真右側)




sieki03-18DSC_0341.jpg
2番線ホームから見た3・4番線ホームなんば寄り(東側)




sieki03-16DSC_0138.jpg
3番線に停車中の加太行(7100系2両編成・ワンマン列車)
加太線の列車は以前は6番線から発着していた記憶がありますが、
いつの間にか3番線に移ったようです。




sieki03-17DSC_0141.jpg
4番線に停車中の特急「サザン」なんば行
8両編成の内、なんば寄りの4両(自由席車両)は8000系、和歌山市寄りの4両(座席指定車両)は12000系となっています。
(この写真の車両は自由席車両の8000系です)



sieki03-20DSC_0169.jpg
一つ上の写真「サザン」の後4両部分
座席指定車両12000系(5番線ホームから撮影)





sieki03-19DSC_0159.jpg
■5番線ホーム 南海本線(なんば・関西空港方面)、一部和歌山港方面(四国連絡)のりば(写真右側)
■6番線ホーム 南海本線(なんば・関西空港方面)のりば(写真左側)




sieki03-21DSC_0166.jpg
6番線に停車中の区急(区間急行)なんば行(1000系6両編成)

1992年の導入開始以来、もう20年以上になりますが、
個人的には南海の通勤型車両ではこの1000系が一番好きです。





sieki03-22DSC_0162.jpg
和歌山市駅の北側には和歌山検車区が併設されています。(6番線ホームから撮影)




sieki03-23DSC_0178.jpg
和歌山検車区(跨線橋から撮影)




sieki03-24DSC_0348.jpg
最後は、跨線橋から見たホーム全景 


ということで、3回に渡ってご紹介してきました「和歌山市駅 140824」以上で終了です。

今日のこの記事の更新時間である2014年8月31日19:30。「和歌山タカシマヤ」が約41年の歴史に幕を閉じました。
今回の記事は、和歌山出身の人間として、あまりの衰退ぶりに撮影していて寂しい気持ちになりましたし、
正直、載せるのが躊躇われるような写真もたくさんありましたが、現実から目を背けても何もなりませんし、
なんとかこれ以上衰退することのないよう、また少しでも活性化してくれることを願うばかりです。
 
関連記事
393:

初めまして。芋屋と申します。

大阪出身で現在東京在住です。地理が好きで、こちらのサイトをときどき興味深く拝見させていただいています。

和歌山市に行ったのは今まで3~4回ですが、中心部は道路が広くて整然としていたのを覚えています。

ぶらくり丁は行ったことがありませんが、大阪で言えば心斎橋みたいな場所だったのでしょうか。

南海和歌山市駅は駅前が広く、きれいな駅なのに衰退しているのは残念ですね。

県都にふさわしい賑わいを是非取り戻してほしいと思います。

2014.09.01 02:24 芋屋 #- URL[EDIT]
396:初めまして

MIYAさん、はじめまして。大阪の地域密着型ブログサービス「オオサカジン」運営スタッフと申します。
和歌山には行ったことがないのですが、とても綺麗な駅ですね。
こんなに綺麗で駅の光景も素敵なのに衰退しているなんて、とても寂しいです。
再びこの駅に賑やかになることを願っています。

2014.09.01 11:39 オオサカジン #- URL[EDIT]
398:芋屋 さん

芋屋さん コメント&いつも見ていただいてありがとうございます。

和歌山市は道路は結構整備されていますね。

ぶらくり丁は、大阪で言えば心斎橋、東京で言えば銀座、
京都で言えば四条河原町や新京極のような、
まさに古くからの繁華街だったところです。
でも今となっては、百貨店2件やビブレ等大型商業施設が相次いで撤退、
アーケード商店街も空き店舗だらけでシャッター通りのようになってしまって、
すっかり衰退してしまいました。

JRの方の和歌山駅は、まだ商業施設やビルも結構あってそれなりに活気もあるんですが、
和歌山市駅とぶらくり丁は見る影もないというか、本当に寂しいですね。

2014.09.01 17:46 MIYA(@miya_osaka) #- URL[EDIT]
399:オオサカジン さん

オオサカジンさん コメントありがとうございます。

和歌山市駅は、駅ビルも駅前広場も大きくて立派なターミナルだけに、
こう衰退してしまうと、余計に寂しい感じになってしまいますね。
元々の県内一の繁華街「ぶらくり丁」とともに、地元の衰退は辛いです。

和歌山市駅やぶらくり丁に今後復活はあるのか、
JRの和歌山駅一極集中になっていくのか、
もしくはイオン等郊外の商業施設にさらに客が流れて
和歌山駅も和歌山市駅やぶらくり丁と同じ道を辿るのか、
今後どうなっていくのかわかりませんが、
今後も和歌山には注目していきたいと思います。

「オオサカジン」という名称はよくネットで見るんですが、
また見させていただきますね。
これからもよろしくお願いいたします。

2014.09.01 17:56 MIYA(@miya_osaka) #- URL[EDIT]
401:お返事ありがとうございました

※399:MIYA(@miya_osaka)さん
こんにちは、オオサカジンです。
お返事ありがとうございました。
かつての賑わいを知る人としては、衰退していく様子を見るのはより寂しいでしょうね。
大阪でも昔の名所が消えて、新しい施設にばかり力を入れている部分があるので他人事とは思えません。
過去を消すのではなく、過去と今を共存させて未来へ伝えられたらいいのになぁと思います。

MIYAさんのお越しをお待ちしています。

2014.09.02 14:21 オオサカジン #SFo5/nok URL[EDIT]
402:

和歌山は人口が減り、100万人をきってますし、厳しいですね。

私の地元である奈良も一部自治体を除いて減少が続いています。

近畿圏では和歌山、奈良だけではなく、大阪ですら減少傾向で、非常に厳しい現状です。
どうすれば地方は再生するのか、非常に難しい問題ですが、政治家の方々には真剣に、早急に取り組んでもらいたいです。

2014.09.02 14:25 koto #- URL[EDIT]
403:オオサカジンさん

オオサカジンさん
ありがとうございます。

衰退こそしていませんが、確かに大阪も他人事ではないのかもしれませんね。
過去を消すのではなく、過去と今を共存させて未来へ伝えられたらいいと思いますね。
僕も同感です。
時代の流れで仕方ない部分もあるのかもしれませんが、
僕が長年暮らしている上町台地なんかは割と新しいものと古いものが混在している感じで、おもしろい街です。
再開発一辺倒で古いものは根こそぎなくしていくのではなくて、
そういう風にある程度バランスは保ってもらいたいですよね。
その点、京都なんかはただただ古い街というだけではなく上手くやってますね。

オオサカジンさん今後ともよろしくお願いいたします。

2014.09.02 15:54 MIYA(@miya_osaka) #- URL[EDIT]
404:kotoさん

kotoさん

そうなんです。
僕が和歌山で学生だった頃は、県の人口が約110万弱、和歌山市の人口が40万強でしたが、
この数十年で本当に深刻な人口減少に陥っています。

奈良はまだ和歌山に比べればいろんな部分で全然マシだとは思いますが、
それでも安泰とは言えないですよね。

実際、今近畿で人口が伸びている都道府県は滋賀県だけで、
大阪府ですら減少。

他の地方はともかく大阪の減少なんていうは、
まさに国が長年に渡って、東京(関東)一極集中政策を進めてきた結果、
なるべくしてなってしまっていることだと思いますし、悔しい部分はありますね。

今も地方活性化とか言いだしてますけど、結局バラマキだけのような気がしますし、
根本的な解決を考えているとは思えないですね。

2014.09.02 16:05 MIYA(@miya_osaka) #- URL[EDIT]
406:

※398:MIYA(@miya_osaka)さん

芋屋です。早速のお返事ありがとうございます。

ぶらくり丁は市内随一の繁華街だったんですね。やはりアーケード街は苦戦している所が多いようで、大阪のアーケード街も多くは閑古鳥がないてます。

大規模なモールもいいですが、昔ながらのアーケード街にも捨てがたい魅力を感じます。車でアクセスしやすくするなどして、何とか頑張ってもらいたいです。

これからも近畿各地のすばらしい画像を楽しみにしております。

2014.09.02 22:29 芋屋 #- URL[EDIT]
409:芋屋 さん

芋屋さん

そうですね。
大阪はアーケード街が数えきれないくらいありますが、
郊外などでは苦戦しているところも結構ありますね。

いろいろな理由から最近では撤去するところも増えているらしいですが、
僕もアーケード好きです。
商店街と言えばアーケードってイメージですね。

今年の内にはUPする予定ですが、四国の高松の商店街なんかは
時代に合わせた再開発が行われていて、かなりおもしろいですね。


芋屋さんこれからもよろしくお願いいたしますね。

2014.09.05 02:26 MIYA(@miya_osaka) #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する