■天満橋・大手前 > 天満橋駅 周辺 > 中之島周辺の散策 201210(15)天満橋周辺 1

中之島周辺の散策 201210(15)天満橋周辺 1

 
中之島周辺の散策 201210(14)中之島公園周辺 2 に続いて、
中之島 周辺の散策シリーズ
中之島からは少し離れますが 天満橋 周辺をご紹介します。


01DSC_0131.jpg
天神橋上から見た天満橋方面
中央の2階建ての橋が天満橋で、地域として「天満橋」と呼ばれているのは大川の右(南)側となります。
天満橋2大ビルOMMビル天満橋駅ビルが存在感を放っています。
左奥の方の超高層ビル群はOBPです。


02DSC_0597.jpg
天満橋から見た夜の天満橋駅ビル

明治末期、大阪市電天満橋停留場、京阪電鉄天満橋駅が天満橋南詰に開業して以来、
一般的に地名として「天満橋」と言えば天満橋南詰周辺のこの地域を指すようになりました。
(北に1km程離れた別のところに天満橋一丁目〜三丁目という住所があるのでややこしいですが。)
京阪が淀屋橋駅まで延伸され現在はかなり地位が低下しましたが、
かつて京阪の始発ターミナル駅が置かれていたこともあり、商業施設やオフィスビルが集積しています。
駅付近に京阪本社や、日本経済新聞社大阪本社、テレビ大阪本社がある他、
谷町筋以東の上町台地上は大手前の官庁街となっており、
大阪府庁、大阪合同庁舎、大阪府警察本部、NHK大阪放送局 等々、大阪の中枢のひとつとなっています。







03DSC_0664.jpg
天満橋
天満橋は大川に架かる天満橋筋(天満橋交差点を境に、以南は「谷町筋」、以北は「天満橋筋」と呼び名が変わります。)の橋で、
難波橋、天神橋と共に「浪華三大橋」と称されています。
2階建ての橋になっており、下部は天満橋南詰で土佐堀通と交差する「天満橋交差点」
上部は土佐堀通をまたぐ跨道橋になっています。
現在の橋は1935年(昭和10年)に架け替えられたもので、
1970年(昭和45年)に天満橋交差点の渋滞緩和のために跨道橋が建設されました。



04DSC_0603.jpg
南側から見た天満橋
天満橋の南側は、上町台地の北端で、急な下り坂になっています。



05DSC_0609.jpg
上部のオーバーパスと下部の天満橋交差点に分岐します。




06DSC_0608.jpg
坂の途中で東側を見るとビルの間に大阪城が見えていました。




07DSC_0615.jpg
天満橋交差点から見た谷町筋南側




08DSC_0621.jpg
天満橋交差点から見た土佐堀通東側



09DSC_0107.jpg
OMMビル(大阪マーチャンダイズ・マートビル)
天満橋交差点北東角にある、オフィスやテナント、大小の展示ホールからなる複合ビル。
京阪本線が1963年に天満橋から淀屋橋まで延伸した際、地下化された天満橋駅の跡地に建設され1969年(昭和44年)に竣工しました。
シカゴのマーチャンダイズマートビルをモデルに作られたと言われており、高さはそれほでもないですが、
横幅がある巨大なビルで、3,000人以上の就労者が働いています。(地上22階、地下4階 高さ約80m)
京阪・地下鉄谷町線の天満橋駅とは、地下通路で繋がっています。




10DSC_0613.jpg
天満橋交差点から見た土佐堀通西側



11DSC_0108.jpg
天満橋駅ビル
かつては松坂屋大阪店が入居していましたが2004年に閉店。現在は京阪シティモールが入居しています。
ビルの西側は大阪キャッスルホテルとなっています。
地下2階に京阪本線・中之島線、地下3階には地下鉄谷町線の天満橋駅があります。
2012年に天満橋駅周辺地域が都市再生緊急整備地域の指定を受けたこともあり、
京阪が建替を検討していると報道されました。



12DSC_0661.jpg
天満橋には大阪市営バスが乗り入れており、大阪駅、天王寺駅、難波駅に続く
大阪市営バスの4番目の都心バスターミナルの役割を果たしています。




13DSC_0620.jpg
天満橋交差点




14DSC_0668.jpg
谷町筋のひとつ西側の筋
土佐堀通の南側は上町台地となっており、このような坂道が大変多いです。




15DSC_0775.jpg
夜の土佐堀通


中之島周辺の散策 201210(16)天満橋周辺 2 に続きます。
 
■関連カテゴリ
中之島 周辺
中之島
天満橋
 
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する