■和歌山県 > 紀北・南紀 > 南紀 20141017-18(5) 串本

南紀 20141017-18(5) 串本

 
実は月の記事数が20を超えるのは昨年の10月以来13ヶ月ぶりなんです。
今月はもう少し更新できると思いますので、よろしくお願いいたします。

ということで、一昨日から10月に行ってきた南紀(和歌山県)編の続きです。
個人的なアルバム代わりみたいな面もありますので、
ゆるく見ていただければと思います(笑)
よって、キャプションも少ない目になります。あしからず。

新宮勝浦に続いて、今日は串本です。


141017nanki_01_01DSC_0903.jpg
JR串本駅

串本町
和歌山県の南部、本州最南端に位置する町です。
陸繋島である潮岬と紀伊半島を繋ぐ砂州部分に広がる市街地には、
3つの商店街や大型商業施設が集まり町の中心地となっています。
平成26年10月31日の人口は17,765人となっています。




141017nanki_01_04DSC_0914.jpg
串本駅 駅前広場
 



141017nanki_01_04DSC_0912.jpg
串本駅 駅前広場




141017nanki_01_02.jpg
串本駅 改札口前

串本駅 
JR西日本 紀勢本線の駅で、特急「くろしお」を含む全列車が停車します。
本州で最も南に位置する駅。
平成24年度の乗降客数は688人となっています。




141017nanki_01_03DSC_0898.jpg
3番ホームに停車中の特急「くろしお」号

ホームは2面3線(単式1面1線+島式1面2線)




141017nanki_01_04DSC_0910.jpg
駅前の商店街(東海岸通り)




141017nanki_01_04DSC_0905.jpg
駅前の商店街(東海岸通り)





141017nanki_01_17DSC_0941.jpg
続いて、潮岬を見ていきます。

潮岬(しおのみさき)
本州最南端の地。
紀伊半島と砂州で結ばれた陸繋島上にあります。
陸繋島は隆起海食台地となっており、地形は平坦ですが標高は60〜80mあり、
水面まではかなり高さがあります。




141017nanki_01_06DSC_0926.jpg
潮岬観光タワー
潮岬にある海抜100m、360度見渡せる展望台。
太平洋を一望できるオーシャンビューのレストランや土産物売場も併設されています。



141017nanki_01_15DSC_0928.jpg
潮岬観光タワーと望楼の芝
潮岬観光タワーの周辺は約10万㎡の大芝生が広がっています。
かつて海軍の望楼(物見櫓)があったところで「望楼の芝」と呼ばれています。




141017nanki_01_08DSC_0945.jpg
潮岬観光タワーから見た南東側




141017nanki_01_09DSC_0948.jpg
潮岬観光タワーから見た南東側
地球が丸いことが実感できます。




141017nanki_01_10DSC_0956.jpg
潮岬観光タワーから見た南西側



141017nanki_01_12DSC_0957.jpg



141017nanki_01_13DSC_0961.jpg
潮岬灯台




141017nanki_01_14DSC_0955.jpg
潮岬観光タワーから見た西側
なんとなく南国っぽい風景ですね。




141017nanki_01_18DSC_0933.jpg
潮岬南端部




141017nanki_01_19DSC_0934.jpg
潮岬南端部から




141017nanki_01_05DSC_0920.jpg
串本駅から潮岬まで乗ってきた熊野交通の路線バス

熊野交通
新宮市を中心に和歌山県南部で路線バス事業、観光バス事業を行うバス事業者。
南海電鉄の連結子会社で、本社は新宮市にあります。
八咫烏のマークが格好いいですね。


串本のご紹介はここまで。
南紀 20141017-18は次回に続きます。

関連カテゴリー(南紀の鉄道編):JR(京阪神以外) 
  
関連記事

管理者にだけ表示を許可する