■京都府 > 京都市内 > 四条通 2014.11(6)〜 四条大宮周辺 〜

四条通 2014.11(6)〜 四条大宮周辺 〜

 
四条通 2014.11(1)〜 四条大橋周辺 〜
四条通 2014.11(2)〜 四条河原町周辺 〜
四条通 2014.11(3)〜 新京極・寺町 等〜
四条通 2014.11(4)〜 大丸京都店 等〜
四条通 2014.11(5)〜 四条烏丸周辺 〜
に続いて、京都「四条通」編です。

今日は「四条烏丸」〜「四条大宮」にかけてを見ていきます。
(2014年11月18日撮影)


「四条烏丸」から四条通を西に向かって進んで行きます。

sijo141118_62☆DSC_0979
「四条烏丸」の1つ西側
室町通との交差点付近から見た四条通の大宮方面




sijo141118_62☆DSC_0986
「四条新町」交差点から見た四条通の大宮方面
基準はよくわかりませんが、この辺りでは京都市内中心部なのに
20階建て近い高層マンションが建ち並んでいました。
比較的規制が緩い地区なんでしょうね。




sijo141118_63☆DSC_0990
「四条堀川」交差点から見た堀川通
「堀川通」は烏丸通の約700m西を南北に走る幹線道路。
片側4車線あり他の主要な通りに比べても特に広い通りです。




sijo141118_64DSC_0994.jpg
「四条堀川」交差点を超えると「四条大宮」が見えてきます。




sijo141118_67DSC_0018.jpg
「四条堀川」から約250m進むと「四条大宮」です。

「四条大宮」
四条通と大宮通と後院通の、3つの幹線道路が交差する五叉路。
交差点の地下には「阪急大宮駅(阪急 大宮駅 2014参照)」(駅ビルは交差点の北東角)、
交差点南西角には嵐電(京福電気鉄道)のターミナル駅である「四条大宮駅」がある他、
京都市内各地への向かうバスターミナルもあり、交通の要衝となっています。
烏丸駅・河原町駅まで延伸される以前は京都線のターミナル駅でもあったこともあり、
駅周辺はちょっとした繁華街となっています。

「大宮通」の名前の由来
「大宮」とは皇居のことを意味する言葉で、大宮通は「皇居の通り」を意味しています。
「平安京」の「大内裏」の東側を通ることからこの名が付いたと言われており、
かつては「大宮大路(東大宮大路)」と呼ばれていました。




sijo141118_68DSC_0033.jpg
「四条大宮」交差点西側
写真左(南西角)は嵐電(京福電気鉄道)四条大宮駅の駅ビル(日本生命四条大宮ビル)
写真右(北西角)は「大宮東映」の跡地にできた商業施設「MIVNA 四条大宮」です。




sijo141118_70DSC_0063.jpg
南東側から見た「四条大宮」交差点北側
写真左(北西角)「MIVNA 四条大宮」、後院通と大宮通を挟んで、
写真右(北東角)は阪急大宮駅駅ビルです。



sijo141118_71DSC_0076.jpg
阪急大宮駅駅ビルから見た北側
写真左の通りが後院通、右側の通りは大宮通です。「四条大宮」交差点でYの字に合流します。
「四条大宮」交差点以南は片側2車線の幹線道路である大宮通ですが、
「四条大宮」交差点以北は道幅が非常に狭くなり一方通行の区間も多くなっています。




sijo141118_66DSC_0005.jpg
「四条大宮」交差点の東側の四条通に設置されている案内標識

案内標識の右上、二条駅に向かって斜めの矢印になっている通りが「後院通」です。
「後院通」は「碁盤の目」と言われる京都では珍しく斜めに走る幹線道路で、
東西・南北それぞれ約550mの距離のある「千本三条」交差点と「四条大宮」交差点間を
ほぼ45度の角度で斜めに結んでいます。
「千本三条」以南で狭くなる千本通、「四条大宮」以北で狭くなる大宮通ですが、
後院通を経て千本通と大宮通は連続した一つの幹線道路として機能しています。



nj02_23DSC_0395.jpg
「千本三条」交差点から見た「後院通」と「四条大宮」方面
二条駅 2014.04(3)から流用)


千本通や二条駅周辺については
二条駅 2014.04(1)
二条駅 2014.04(2)
二条駅 2014.04(3)
をご覧ください。




sijo141118_73DSC_0088.jpg
北西角「MIVNA 四条大宮」前から見た西側
阪急大宮駅駅ビルと四条通




sijo141118_75DSC_0089.jpg
1つ上の写真と同じく、北西角「MIVNA 四条大宮」前から見た南側
嵐電(京福電気鉄道)四条大宮駅の駅ビル(日本生命四条大宮ビル)




sijo141118_77DSC_0108.jpg
嵐電(京福電気鉄道)四条大宮駅 改札口

嵐電(京福電気鉄道)四条大宮駅の詳細は「嵐電(京福電気鉄道)嵐山本線 2014」、
阪急大宮駅の詳細は「阪急 大宮駅 2014」をご覧ください。


四条大橋から四条通を西に向かって歩いてきましたが、
大宮でついに完全に真っ暗になってしまいました。
2014年11月18日撮影分の写真はここまでです。
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する