■兵庫県 > 姫路市・播磨 > 姫路 2014.1231(1)

姫路 2014.1231(1)

このブログでは初となる姫路編。
2回に渡って、再整備が進められている姫路駅周辺(北側)をご紹介していきます。
(2014年12月31日撮影)

hmj141231_01DSC_0619.jpg
JR姫路駅キャッスルビューから見た大手前通りと姫路城

姫路市
兵庫県南西部(播磨地方)に位置する都市で、人口は神戸市に次いで県内第2位の約53万5千人。
全国で初めて中核市に移行した都市の1つです。
商業・工業共に規模が大きく、兵庫県南西部の中心都市として姫路都市圏を形成していますが、
JR神戸線の新快速で三ノ宮まで約40分・大阪まで約1時間と京阪神方面への交通の便がよく、
神戸・大阪のベッドタウンとしても発展しています。



hmj141231_02DSC_0568.jpg
JR姫路駅 駅ビル「piole姫路」と現在再整備が進められている駅前広場(北口)

JR姫路駅
山陽新幹線、山陽本線(JR神戸線)、播但線、姫新線の計4線が乗り入れる姫路市の中心駅。
新幹線は全ての「ひかり」「こだま」と、一部の「のぞみ」「みずほ」「さくら」が停車、
在来線は特急を含む全列車が停車します。
かつては国鉄飾磨港線と姫路市営モノレールも乗入れていましたが、
どちらも現在は廃止されています。
平成25年度の一日平均乗降客数は約10万人※となっています。(※乗車人員:49,445人×2)




hmj141231_03DSC_0648.jpg
JR姫路駅 在来線ホーム

在来線は、島式ホーム3面8線で、2008年に全ホームが高架化が完成しました。
新幹線は、島式・相対式2面3線のホーム+2線の通過線。



hmj141231_04DSC_0487.jpg
中央コンコース(改札外/南北自由通路)




hmj141231_05DSC_0543.jpg
駅ビル「piole姫路」本館

piole姫路(ピオレ姫路)
JR姫路駅の駅ビル(本館)および高架下にあるヤング館、ごちそう館、おみやげ館から構成される商業施設。
2013年4月にオープンしました。



hmj141231_06DSC_0499.jpg
キャッスルガーデン
駅ビル「piole姫路」本館の北側、旧駅ビルの跡地に整備されたオープン地下広場(庭園)で、
駅ビルの地下部分と地下街「GRAND FESTA」を結びます。
石垣などのデザインを施すことで姫路城外濠(そとぼり)をイメージし、
周辺にはオープンカフェやイベントに活用できる広場を整備することで、
水と緑にあふれた憩いの場を目指しているということです。




hmj141231_29DSC_0506.jpg
FESTA
キャッスルガーデン及び芝生広場の北側にある複合商業施設。2011年オープン。
JR姫路駅の高架化と駅周辺の再整備によって解体された旧駅ビル「FESTA」に入っていた約40店舗が移転しました。




hmj141231_07DSC_0501.jpg
JR姫路駅と眺望デッキ「キャッスルビュー」

キャッスルビュー
JR姫路駅中央コンコース正面に整備された姫路城が一望できる眺望デッキ。
JR姫路駅駅ビル「piole姫路」本館や山陽姫路駅・山陽百貨店の2階と直結しています。
大手前通りを挟んで姫路城と駅が正対する立地を活かし、
鉄と木を組み合わせることで姫路城の門をイメージしています。




hmj141231_08DSC_0639.jpg
「キャッスルビュー」




hmj141231_09DSC_0485.jpg
「キャッスルビュー」1階部分
JR姫路駅中央コンコースと大手前通り及び姫路城を結ぶ直線上にあります。




hmj141231_10DSC_0597.jpg
「キャッスルビュー」内部




hmj141231_11DSC_0600.jpg
「キャッスルビュー」内部
真正面に大手前通り及び姫路城が見えます。




hmj141231_12DSC_0606.jpg
「キャッスルビュー」から見た大手前通り及び姫路城

大手前通りは、姫路城の大手門〜姫路駅に至る約1km・幅員約50mの姫路のメインストリート。
駅前広場再整備の一環として、姫路駅から北側約200mで交差する十二所前線から南の区間で、
車道が片側4車線から1車線に縮小され、一般車の通行を制限してバス・タクシーが優先となりました。




hmj141231_13DSC_0626.jpg
姫路城をズームで

説明するまでもないですが、
姫路城は江戸時代に建てられた天守閣や櫓、門、土塀等の建造物、
石垣、堀などの土木建築物が現存する非常に貴重な城で、
国宝や重要文化財に指定されている他、1993年には法隆寺と共に日本初の世界文化遺産となりました。
2009年から姫路城大天守保存修理が行われてきましたが、
間もなく全ての工事が完了し、3月27日から大天守内部の一般公開が再開される予定です。




hmj141231_14DSC_0490.jpg
連絡デッキ
「キャッスルビュー」を経由して、JR姫路駅・「piole姫路」本館と山陽姫路駅・山陽百貨店を結んでいます。
また、現在整備中の新バスターミナルへのメインアクセスにもなる予定です。



hmj141231_17DSC_0582.jpg
連絡デッキ上から見た山陽姫路駅・山陽百貨店方面




hmj141231_16DSC_0586.jpg
連絡デッキ上から見た「姫路ターミナルスクエアビル」

「姫路ターミナルスクエアビル」は神姫バス株式会社によって現在建設中の複合ビルで、
1階部分はバスターミナル、上層階はオフィス向けフロアとなります。今春オープンの予定です。




hmj141231_15DSC_0592.jpg
連絡デッキ上から見た姫路駅前広場
大手前通り方面




hmj141231_18DSC_0575.jpg
連絡デッキ上から見た姫路駅前広場
バスターミナル、FESTA、芝生広場、キャッスルガーデン、駅ビル「piole姫路」本館等が見えます。

芝生広場、キャッスルガーデンの奥(東側)は、地上時代のJR姫路駅のホームや線路、操車場等の跡地で
「キャスティ21コアゾーン」と呼ばれる再開発プロジェクトが進められています。
高さ約100m(予定)の「ホテルモントレ姫路(仮称)」をはじめ、
シネマコンプレックスやスーパーが入居する商業施設、専門学校等が建設される予定です。




hmj141231_19DSC_0573.jpg
最後は、山陽百貨店との接続部分付近から見た連絡デッキとJR姫路駅方面

姫路 2014.1231 次回(2)に続きます。
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する