■香川県 > 小豆島 > 小豆島 20150425-26(3)坂手港 等

小豆島 20150425-26(3)坂手港 等

 
小豆島 20150425-26(1) ジャンボフェリー 1
小豆島 20150425-26(2) ジャンボフェリー 2
に続いて、4月25日〜26日に行ってきた 小豆島の旅行記
ここからは小豆島で回ったところを時系列順にUPしていきます。

例によって個人的なアルバムのようなものですので、流して見ていただければと思います。


jmbfry_70DSC_0696.jpg
ジャンボフェリーから見た小豆島(坂手港付近)

まずは、小豆島についてざっと説明しておきます。
小豆島は、淡路島の約50km西側、高松市の約20km北東沖の瀬戸内海に位置する島で、香川県に属しています。
面積は153.30km²で、国内で19番目、瀬戸内海では淡路島に次いで2番目の大きさ。
人口は約3万人で、本土から橋やトンネル、空路がない「船でしか渡れない離島」では国内最多の人口を誇ります。
1957年から半世紀にわたって土庄町・内海町・池田町(香川県小豆郡)の3町体制が続いていましたが、
2006年に内海町・池田町が合併して小豆島町が発足。
現在は、南東部の小豆島町(面積95.63km²/人口約15,000人)と
北西部の土庄町(面積74.37km²/人口約15,000人)との2町から成ります。

島の形は西を向いた“牛”や“犬”のような独特の形で、海岸線は半島と入江が連続する変化に富んだリアス式となっています。
小豆島の基盤となっているのは南方の海底火山から流れてきたマグマがゆっくり冷え固まることによってできた花崗岩層で、
小豆島における火山活動は約1300万年前から本格化して約100万年前まで続いていたということです。
確かに、島内のどこにいても急峻で岩がむき出しになった独特の形の山が視界に入ってくる風景は、
いかにも火山島っぽい雰囲気で、あまり日本の他の地域では見ないような独特の地形でした。




shdsm_skt_07DSC_0734.jpg
坂手港
坂手港は小豆島の南東部(香川県小豆郡小豆島町)にある港湾で、
神戸高松を結ぶジャンボフェリーが寄港し、主に京阪神(神戸)方面からの玄関口となっています。
写真右側のモニュメントはヤノベケンジ氏による「THE STAR ANGER」
後方の山は碁石山〜洞雲山。





shdsm_skt_02DSC_0304.jpg
坂手港から見たジャンボフェリー(こんぴら2)




shdsm_skt_03DSC_0328.jpg
坂手港に着岸するジャンボフェリー(こんぴら2)



shdsm_skt_04DSC_0330.jpg
坂手港に着岸したジャンボフェリー(こんぴら2)




jmbfry_04DSC_0708.jpg
坂手港に着岸したジャンボフェリー(りつりん2)




shdsm_skt_05DSC_0709.jpg
停泊中のジャンボフェリー(りつりん2)とモニュメント「THE STAR ANGER」




shdsm_skt_06DSC_0728.jpg

ヤノベケンジ氏によるモニュメント「THE STAR ANGER(スター・アンガー)」
「瀬戸内国際芸術祭2013 小豆島町醤の郷+坂手港プロジェクト」の一環として設置された
巨大ミラーボール作品「THE STAR ANGER(スター・アンガー)」。
核や放射能の問題に長年にわたって取り組んできたヤノベケンジ氏の、
現代社会へのあり様に対する怒りを込めた作品ということです。




shdsm_skt_08DSC_0723.jpg
「THE STAR ANGER」と、高松に向けて出港したジャンボフェリー(りつりん2)



shdsm_skt_09DSC_0719.jpg
ヤノベケンジ(絵師 岡村美紀)による壁画「小豆島縁起絵巻」
「瀬戸内国際芸術祭2013 小豆島町醤の郷+坂手港プロジェクト」の一環として
ジャンボフェリーの待合所に描かれた高さ約5m×長さ約35mの巨大壁画。
小豆島に芸術作品が集まることによって展開される神話的物語を後世に伝え続ける記録絵画で、
テーマは「希望の島」。



shdsm_skt_10DSC_0716.jpg
「THE STAR ANGER」と「小豆島縁起絵巻」




shdsm_skt_01DSC_0717.jpg
坂手港から見た山側




shdsm_skt_11DSC_0295.jpg
坂手港観光案内所内




shdsm_skt_12DSC_0737.jpg
坂手港観光案内所内には「Jネットレンタカー小豆島坂手港店」も併設されています。

小豆島では、島内をほぼ網羅する路線バス(小豆島オリーブバス株式会社)も運行されていますが、
今回は短い滞在時間でいろいろな所を巡りたかったので、レンタカーを利用することにしました。





shdsm_mrkn_01DSC_0291.jpg
坂手港から北に数kmのところにある小豆島町の苗羽地区や馬木地区の周辺は「醤の郷」と呼ばれるエリア。
醤油の産地である小豆島ですが、このあたりは特に醤油蔵や醤油工場が集積し、辺り一面にはほんのり醤油の香りがただよいます。



shdsm_mrkn_02DSC_0292.jpg
マルキン醤油記念館
大正初期から使われていた醤油工場のひとつを改造した資料館で、
醤油の製造工程や醤油造りの道具、マルキン醤油の歴史等を紹介しています。
建物は国の登録有形文化財です。




shdsm_mrkn_03DSC_0294.jpg
マルキン醤油記念館・ショッピングコーナー
様々な醤油製品をはじめ、佃煮、そうめん、オリーブ製品など、小豆島の特産品が揃います。
小豆島の名物のひとつ「しょうゆソフトクリーム」を食べることもできます。


小豆島 20150425-26 
次回に続きます。

■関連記事
小豆島 20150425-26(1) ジャンボフェリー 1
小豆島 20150425-26(2) ジャンボフェリー 2
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する