■香川県 > 小豆島 > 小豆島 20150425-26(4)二十四の瞳映画村

小豆島 20150425-26(4)二十四の瞳映画村

 
shdsm_eigmr_01DSC_0739.jpg
二十四の瞳映画村 エントランス付近

小豆島 20150425-26(1) ジャンボフェリー 1
小豆島 20150425-26(2) ジャンボフェリー 2
小豆島 20150425-26(3)坂手港 等
に続いて、4月25日〜26日に行ってきた 小豆島の旅行記

続いて、今回の小豆島旅行の最大の目的地だった「二十四の瞳映画村」をご紹介していきます。
例によって個人的なアルバムのようなものですので、流して見ていただければと思います。


まずは、小豆島についてざっと説明しておきます。
小豆島は、淡路島の約50km西側、高松市の約20km北東沖の瀬戸内海に位置する島で、香川県に属しています。
面積は153.30km²で、国内で19番目、瀬戸内海では淡路島に次いで2番目の大きさ。
人口は約3万人で、本土から橋やトンネル、空路がない「船でしか渡れない離島」では国内最多の人口を誇ります。
1957年から半世紀にわたって土庄町・内海町・池田町(香川県小豆郡)の3町体制が続いていましたが、
2006年に内海町・池田町が合併して小豆島町が発足。
現在は、南東部の小豆島町(面積95.63km²/人口約15,000人)と
北西部の土庄町(面積74.37km²/人口約15,000人)との2町から成ります。

島の形は西を向いた“牛”や“犬”のような独特の形で、海岸線は半島と入江が連続する変化に富んだリアス式となっています。
小豆島の基盤となっているのは南方の海底火山から流れてきたマグマがゆっくり冷え固まることによってできた花崗岩層で、
小豆島における火山活動は約1300万年前から本格化して約100万年前まで続いていたということです。
確かに、島内のどこにいても急峻で岩がむき出しになった独特の形の山が視界に入ってくる風景は、
いかにも火山島っぽい雰囲気で、あまり日本の他の地域では見ないような独特の地形でした。




shdsm_eigmr_02DSC_0743.jpg

二十四の瞳映画村
坂手港のある坂手地区と「醤の郷」と呼ばれる苗羽地区((3)の記事を参照)の境目付近から
西に向かって細長く伸びる岬の先端、小豆島町田浦地区に1987年にオープンした日本映画と文学のテーマパーク。
映画「二十四の瞳」(1987年版・田中裕子主演)の撮影で使われたオープンセットを活用したもので、
2005年(黒木瞳主演)・2013年(松下奈緒主演)のドラマ版もここで撮影されました。
瀬戸内海に面した約1万m²の敷地内に「岬の分教場」の木造校舎や漁師の家等、昭和初期の小さな村が再現されている他、
小説「二十四の瞳」の作者壺井栄が生前愛用していた調度品の生原稿などを展示している「壺井栄文学館」や、
日本映画の黄金期の名作の数々を映像と写真で紹介した「キネマの庵」、土産物屋や雑貨屋、佃煮屋、カフェ等が並びます。

●時 間:9:00~17:00(11月のみ 8:30~17:00)
●休業日:なし
●入場料:大人(中学生以上)750円、小学生 350円

※詳細は公式サイト http://www.24hitomi.or.jp/ をご覧ください。


また、木下惠介監督・高峰秀子主演で1954年に公開された初代の映画版「二十四の瞳」で舞台になった
「岬の分教場」(旧・苗羽小学校田浦分校(旧・田浦尋常小学校))も「二十四の瞳映画村」のすぐ近くに
現存しており、別料金でそちらも見学することができます。

●入場料:大人(中学生以上)220円、小学生 110円
 二十四の瞳映画村とのセット券:大人(中学生以上)830円、小学生 390円




shdsm_eigmr_03DSC_0745.jpg
エントランスから見た「シネマ・アートウォール」
2014年に完成した日本初となる日本映画壁面パネルアート。
全長54mの巨大なパネルアートで「愛染かつら」「東京物語」「カルメン故郷に帰る」「二十四の瞳」等
日本映画黄金期の銀幕を飾ったスターたちの名場面が綴られています。




shdsm_eigmr_05DSC_0873.jpg
「二十四の瞳映画村」内




shdsm_eigmr_06DSC_0871.jpg
「二十四の瞳映画村」内




shdsm_eigmr_07DSC_0870.jpg
「二十四の瞳映画村」内




shdsm_eigmr_08DSC_0754.jpg
「岬の分教場」へ続く通り




shdsm_eigmr_09DSC_0760.jpg
「岬の分教場」




shdsm_eigmr_10DSC_0770.jpg
「岬の分教場」の木造校舎と男先生の家

1954年公開の初代「二十四の瞳」の舞台になった苗羽小学校田浦分校(「二十四の瞳映画村」と同じ田浦地区に現存)を
1987年版「二十四の瞳」の撮影用のセットとして再現した木造校舎。

昔から「二十四の瞳」が好きで映画版やドラマ版を何度も繰り返し見てきた私にとっては、
初めて訪れたのに思い入れが深過ぎる場所で、不思議な感じでした。




shdsm_eigmr_11DSC_0783.jpg
「岬の分教場」校舎内の廊下



shdsm_eigmr_12DSC_0787.jpg
「岬の分教場」教室




shdsm_eigmr_13DSC_0837.jpg
「岬の分教場」教室




shdsm_eigmr_14DSC_0794.jpg
「岬の分教場」教室




shdsm_eigmr_15DSC_0817.jpg
この書道作品も「二十四の瞳」に出ていた子供たちの名前になっています。




shdsm_eigmr_16DSC_0826.jpg
オルガン




shdsm_eigmr_17DSC_0840.jpg
「岬の分教場」教室の窓から見た汐江海岸(瀬戸内海)




shdsm_eigmr_18DSC_0764.jpg
「岬の分教場」の前に広がる汐江海岸(瀬戸内海)




shdsm_eigmr_19DSC_0749.jpg
汐江海岸(瀬戸内海)

沖には航行中のジャンボフェリーが見えています。





shdsm_eigmr_21DSC_0898.jpg
ギャラリー「松竹座」
昭和30年代の映画館を再現した施設で、平成24に完成しました。
1階は映画館とギャラリー。2階はギャラリー。




shdsm_eigmr_22DSC_0892.jpg

40席ある映画館では、木下惠介監督・高峰秀子主演の1954年版「二十四の瞳」を一日中上映しています。





shdsm_eigmr_23DSC_0889.jpg
昭和30年代の映画館を再現したエントランスには往年の大スター達の写真や、
映画「二十四の瞳」の同窓会シーンで使われた「水月楼」のジオラマが展示されています。




shdsm_eigmr_24DSC_0864.jpg
「キネマの庵」
1950年代の日本映画黄金期といわれる時代の名作の数々を紹介。
併設されている「Caféシネマ倶楽部」では、アルマイトの食器で食べることができる「給食セット」や
小豆島で生まれたB級グルメ「醤(ひしお)丼」等が提供されています。
また、小豆島が舞台になった映画「八日目の蝉」が第35回日本アカデミー賞最優秀賞10冠を
受賞したことを記念して、「八日目の蝉」小豆島展が常設展として展示されています。




shdsm_eigmr_25DSC_0868.jpg
「八日目の蝉」のパネル

他にも、出演者(井上真央、永作博美、小池栄子、渡邉このみ)、原作者・角田光代さん、成島出監督のコメントと写真、
登場人物の相関図、映画撮影日誌、小豆島ロケ地マップ、台本、絵コンテ等のパネル、
撮影で使用された衣装や靴、小道具等を展示しています。





shdsm_eigmr_20DSC_0878.jpg
二十四の瞳の像「せんせあそぼ」




shdsm_eigmr_04DSC_0883.jpg
二十四の瞳の像「せんせあそぼ」の前から見た「二十四の瞳映画村」

端午の節句の前だったので、菜の花畑に鯉のぼりが設置されていました。
菜の花畑は、夏にはヒマワリ、秋にはコスモスが満開になります。


小豆島 20150425-26 
次回に続きます。

■関連記事
小豆島 20150425-26(1) ジャンボフェリー 1
小豆島 20150425-26(2) ジャンボフェリー 2
 
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する