■香川県 > 小豆島 > 小豆島 20150425-26(8)中山の棚田と農村歌舞伎

小豆島 20150425-26(8)中山の棚田と農村歌舞伎

 
shdsm_tnd_04DSC_0207.jpg
中山地区

小豆島 20150425-26(1) ジャンボフェリー 1
小豆島 20150425-26(2) ジャンボフェリー 2
小豆島 20150425-26(3)坂手港 等
小豆島 20150425-26(4)二十四の瞳映画村
小豆島 20150425-26(5)エンジェルロード
小豆島 20150425-26(6)戸形崎
小豆島 20150425-26(7)土庄町中心部
に続いて、4月25日〜26日に行ってきた 小豆島の旅行記

土庄町中心部に続いては、中山地区をご紹介していきます。
例によって個人的なアルバムのようなものですので、流して見ていただければと思います。


まずは、小豆島についてざっと説明しておきます。
小豆島は、淡路島の約50km西側、高松市の約20km北東沖の瀬戸内海に位置する島で、香川県に属しています。
面積は153.30km²で、国内で19番目、瀬戸内海では淡路島に次いで2番目の大きさ。
人口は約3万人で、本土から橋やトンネル、空路がない「船でしか渡れない離島」では国内最多の人口を誇ります。
1957年から半世紀にわたって土庄町・内海町・池田町(香川県小豆郡)の3町体制が続いていましたが、
2006年に内海町・池田町が合併して小豆島町が発足。
現在は、南東部の小豆島町(面積95.63km²/人口約15,000人)と
北西部の土庄町(面積74.37km²/人口約15,000人)との2町から成ります。

島の形は西を向いた“牛”や“犬”のような独特の形で、海岸線は半島と入江が連続する変化に富んだリアス式となっています。
小豆島の基盤となっているのは南方の海底火山から流れてきたマグマがゆっくり冷え固まることによってできた花崗岩層で、
小豆島における火山活動は約1300万年前から本格化して約100万年前まで続いていたということです。
確かに、島内のどこにいても急峻で岩がむき出しになった独特の形の山が視界に入ってくる風景は、
いかにも火山島っぽい雰囲気で、あまり日本の他の地域では見ないような独特の地形でした。




shdsm_knkk_15DSC_0227.jpg
土庄町小馬越の小豆島大観音付近から見た肥土山地区〜中山地区方面

田んぼと密集した集落がある写真中央の盆地が肥土山地区、
その向こう側、山に隠れてこの位置からは見えませんが、
小豆島最大の川である伝法川の支流、殿川沿いの谷の斜面にあるのが中山地区です。

高く急峻な山が海岸に迫り平地が少な小豆島では、こういった盆地や海の見えない集落は
この辺りのみらしいです。



shdsm_tnd_03DSC_0201.jpg
殿川沿いの谷の斜面に点在する集落と棚田から成る中山地区(県道252号線から)




shdsm_tnd_01DSC_0197.jpg
中山地区(県道252号線から)




shdsm_tnd_07DSC_0216.jpg
中山の棚田(県道252号線から)

標高150~250mの急峻な山腹に8.8ヘクタール、733枚の大小さまざまな田が連なる中山の棚田。
南北朝時代から江戸時代にかけて作られたものと考えられています。
平成11年農林水産省の「日本の棚田百選」に指定されました。

映画「八日目の蝉」でも、ここで行われる伝統行事「虫送り」のシーンが出てきました。




shdsm_tnd_02DSC_0198.jpg
県道252号線から
写真左側の建物は「こまめ食堂」、写真右側の茅葺き屋根の建物は「中山農村歌舞伎舞台」




shdsm_tnd_05DSC_0211.jpg
こまめ食堂
元々2010年の夏に開幕した「瀬戸内国際芸術祭」に合わせて作られた店で、
芸術祭閉幕後に一旦閉められましたが、2011年にリニューアルオープンしました。
こまめ食堂の建物は、かつて精米所だった建物で昭和初期頃に建てられたそうです。

看板メニューは
棚田でとれた米を「銘水百選」にも選ばれている「湯船の銘水」で炊き上げたおにぎりと
島でとれた野菜や魚を使ったおかず、季節のデザート等からなる「棚田のおにぎり定食」と、
高級食材「小豆島オリーブ牛」を使用した「小豆島オリーブ牛ハンバーガー」。
すべて手作りにこだわってるそうです。




shdsm_tnd_06DSC_0214.jpg
大盛況で、行列ができていました。
並ぶのが苦手ですし時間もなかったので今回は断念。




shdsm_tnd_09DSC_0220.jpg
中山農村歌舞伎舞台
中山農村歌舞伎の起源は今から約300年前、お伊勢参りに出かけた島の人々が上方から伝えたとされています。
荒天で船が出ず、大阪で船待ちしていた島人たちは、上方歌舞伎の華やかな世界に触れ、
歌舞伎の名場面を描いた絵馬や衣装を島に持ち帰り、神社に奉納しました。
歌舞伎の人気は島中に広がり、上方から旅回りの一座や振り付け師を招くなどして、
次第に島人自ら演じられるようになりました。

中山農村歌舞伎は春日神社の奉納芝居として毎年10月第2日曜日に上演され、
観客は「ワリゴウ弁当」を開き、酒を酌み交わし舞台の演技と一体になって夜のふけるまで見物するということです。
歌舞伎は県の無形民俗文化財に、舞台は国の有形民俗文化財として指定されています。

この中山農村歌舞伎のシーンも映画「八日目の蝉」に出ていたので、
この建物に見覚えのある方もいらっしゃると思います。




shdsm_tnd_10DSC_0223.jpg
戸の一部透明になっている部分から見た「中山農村歌舞伎舞台」の中
覗いた瞬間、一瞬びっくりしましたが、舞伎舞の際に使われる背景や人形でしょうか。




shdsm_tnd_08DSC_0219.jpg
「中山農村歌舞伎舞台」が境内にある春日神社
この本殿と「中山農村歌舞伎舞台」は向かい合って建っており、
歌舞伎が開催される際は、その間の斜面が見物席になります。


小豆島 20150425-26 
次回に続きます。

■関連記事
小豆島 20150425-26(1) ジャンボフェリー 1
小豆島 20150425-26(2) ジャンボフェリー 2
 
関連記事

管理者にだけ表示を許可する