■都心(堂島-中之島-船場) > 淀屋橋・北浜 > 淀屋橋odona 2015.6(2)1階外周部

淀屋橋odona 2015.6(2)1階外周部

odona150705_●24DSC_0696
淀屋橋odona 1階北側のポルティコ(回廊)

先日の 淀屋橋odona 2015.6(1)に続いて、「淀屋橋odona」その2。
今日は1階外周部(北・西・南面)の写真をUPしていきます。
(2015年6月21日(日)・7月5日(日)撮影)
7/12 写真追加・差し換え済


odona150705_23DSC_0693.jpg
淀屋橋odona 1階北側のポルティコ(回廊)

淀屋橋odonaの1・2階は、外周部の回廊に面して店舗が配置されているのが特徴で、
1階の外周部は通りまでゆったりと取られた空間とポルティコ、
2階の外周部にはウッドデッキの回廊(東面除く)が設けられており、
屋内と屋外の両側から各店舗に出入りすることができます。
(一部店舗は屋内もしくは屋外からの入口のみ)


odona150705_●20DSC_0346
店舗一覧と1階のフロアガイド




それでは北東角を起点に→北西角→南西角→南東角と、
左回りに1階外周部を見ていきます。

odona150705_21DSC_0657.jpg
北東角から見た北側の通り




odona150705_22DSC_0685.jpg
1階北側のポルティコと歩道




★odona150709_24DSC_0029
1階北側のポルティコと歩道
(7月9日撮影)




odona150621_08DSC_0344.jpg
1階北側のポルティコと歩道

ファンションビルのテナントというより、路面店という雰囲気です。




smtm150621_24DSC_0338.jpg
北西角 




odona150621_07DSC_0329.jpg
北西角から見た東側
淀屋橋odona北側の通り




smtm150621_15DSC_0335.jpg
北西角から見た南側
淀屋橋odona西側の通り




★odona150709_261DSC_0039
この一角はパティスリー「ジョエル(joel)」と
スペインバール/レストラン「ファロ デル ポニエンテ(FARO DEL PONIENTE)」が並んでおり、
店の前にはテラス席も設けられています。
(7月9日撮影)



★odona150709_262DSC_0047
「ファロ デル ポニエンテ(FARO DEL PONIENTE)」とテラス席
(7月9日撮影)




★odona150709_263DSC_0063
「ファロ デル ポニエンテ(FARO DEL PONIENTE)」とテラス席
(7月9日撮影)




★odona150709_264DSC_0052
通りから見た「ジョエル(joel)」と「ファロ デル ポニエンテ(FARO DEL PONIENTE)」
(7月9日撮影)




odona150705_27DSC_0726.jpg
西側の通りから見た北側
突き当りには住友ビル本館の南東角が見えています。




odona150705_●29DSC_0739
西側の通りから2階外周部のウッドデッキへと通じる階段

その左側の緑の部分には、淀屋橋odonaができる以前、
ここに立地していた旧・愛日小学校の石碑が残されています。




odona150705_29DSC_0744.jpg




odona150705_32DSC_0757.jpg
西側の通りから見た南側




odona150705_34DSC_0783.jpg
南西角




odona150705_33DSC_0786.jpg
南西角から見た北側
淀屋橋odona西側の通り

正面には住友ビル本館や新ダイビル(148m)が見えています。




odona150705_35DSC_0777.jpg
南西角から見た東側
淀屋橋odona南側の通り

正面には日本生命本店の本館と東館が見えています。




odona150705_36DSC_0800.jpg
南側の通りから見た西側
通りの先には、大阪倶楽部、住友ビル2号館・3号館、新石原ビル(石原産業本社)等が見えています。

淀屋橋odonaは、いわゆる「住友村」と「日本生命村」に挟まれた地点に立地しています。




odona150705_37DSC_0790.jpg
1階南側のポルティコと歩道




odona150705_38DSC_0573.jpg
1階南側のポルティコと歩道




odona150705_39DSC_0812.jpg
南側の通りから見た東側

御堂筋と日本生命本店の本館と東館




odona150705_41DSC_0583.jpg
南東角付近から見た1階南側のポルティコと歩道



odona150705_42DSC_0637.jpg
南東角付近から見た南側の通り




淀屋橋odona 2015.6 次回に続きます。

odona150621_02DSC_0433.jpg
南東側(御堂筋)から見た淀屋橋odona

淀屋橋odona(三井住友海上大阪淀屋橋ビル・淀屋橋三井ビルディング)
淀屋橋の御堂筋沿い(中央区今橋四丁目)に立地する大型複合ビルで、
敷地の西側はいわゆる「住友村」の一角に面しています。
建物は一体化していますが、北半分がA棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」、
南半分がB棟「淀屋橋三井ビルディング」と、2棟のビルで構成されています。

A棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」は、東京の駿河台ビル・駿河台新館と並ぶ三井住友海上火災保険の主要拠点、
B棟「淀屋橋三井ビルディング」は、地権者および三井不動産の賃貸オフィスとなっています。

A棟・B棟共に、低層階(地下1階~地上2階)は、商業施設「淀屋橋odona」となっており、
「はたらく街」から「たのしむ街」へ。をコンセプトに、飲食店や雑貨店、書店など35店舗が入居しています。
※淀屋橋odonaの詳細は公式サイト(odona.jp)をご覧ください。

規 模:地上16階・地下4階建
竣 工:2008年


  
関連記事
522:

お久しぶりです。
本ブログのますますの発展を願っています。
都構想否決されたが、関空の運営権売却にはオリックスが手を上げ、カジノはTPPが妥結すれば、拒否できないらしく、今の成り行きからは誘致もあり得るが、大阪では維新憎しで自民が共産党になっているので、予断は許さない。

さてオドナの用地、あの世界的に有名な市場主義を謳えた町人学者山片蟠桃が活躍した升屋が、小学校の敷地として大阪市に寄付した土地で、それが明治維新以来市場経済とは真逆の政府御用会社三井にわたるなんて升屋も残念無念あの世で大阪市を呪っているだろう。
市場主義経済の本家大阪の大阪精神の象徴を、官僚と御用会社につぶされた証がオドナともいえる。

鴻池後継の三和も三菱の軍門に下り、大阪経済の中核米取引所運営の中心であった加嶋屋後継の大同生命もぱっとせず、唯一残った財閥住友は大半東京に移転し政治に近づき、徳川期からの根こそぎ生粋の大阪商人は消えた。
中之島や淀屋橋は本社があってもトップ不在の抜け殻のような街で何か侘しい。

カジノ誘致程度では復活は難しそうだと思う今日この頃です。

2015.07.14 01:15 masa #- URL[EDIT]
524:masa さん

masa さんお久しぶりです。

いつも本当にありがとうございます。

オドナの場所にあった小学校にはそんな歴史があったのですね。
そう思うと複雑な気持ちになりますね。

確かに、蒼々たる起業が集積していた淀屋橋や北浜、本町、船場の界隈ですが、
次から次へと本社機能が東京に移転してしまって、
本社から実質東京が本社の大阪本社や大阪支社に格下げされたところだらけで、
側だけは立派なんですが本当に「抜け殻」という感じで、
撮影したり記事を書いたりしていても、寂しい気持ちになるばかりです。

「住友村」とは言うものの、その住友ですら今は実質東京がメインですもんね。
三井と合併した起業も多いですしね。

まだ編集中で記事のUPはもう少し後になりそうですが、
日本生命の本社や三休橋筋、道笑町界隈もじっくり撮影してきましたが、
数少ない今も大阪に拠点を置いてくれている企業には本当に感謝です。

2015.07.19 16:38 MIYA(@miya_osaka) #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する