あべの筋・あびこ筋

カテゴリ:あべの筋・あびこ筋 の記事一覧

あべの筋拡幅工事 130627

前回の「あべの筋 130522」から約1ヶ月ぶり、2013年6月27日のあべの筋の様子をご紹介します。

あべの筋(都市計画道路長柄堺線)は、
大阪市北区から大阪府泉南市に至る主要地方道「大阪府道30号大阪和泉泉南線」の一部で、
あべの近鉄前交差点〜住吉区の遠里小野橋の区間を指します。
現在、阿倍野再開発事業の一環として、幅員を24mから40mに拡幅する工事中で、
西側、あべのキューズタウン側から工事が進められています。


abnsj0522_02DSC_0009.jpg
阿倍野歩道橋から見たあべの筋(※すみません。この写真はあべの筋 130522の記事からの流用です。)

あべの筋の天王寺駅前駅〜松虫駅間は阪堺電車(阪堺電気軌道)上町線との併用軌道区間となっており、
あべの筋の真ん中を路面電車が走っています。
写真の電車が止まっている駅は、上町線の起点「天王寺駅前駅」です。



それでは、あべのキューズタウン南端部分から工事の進捗状況を見ていきます。


abnsj0627_01DSC_0526.jpg
あべのキューズタウン南端部分から見た北側
正面にはあべのハルカスあべのniniが見えています。




abnsj0627_02DSC_0530.jpg
完成した歩道部分を北に向かって進んでいきます。

キューズタウン東側の通路と、あべの筋西側の歩道が平行して北に伸びています。
南にかけて、キューズタウンの通路が下っているのか、あべの筋が上っているのかはわかりませんが、
北側では結構な段差があるのですが、この辺りは同じ高さになっています。



abnsj0627_03DSC_0532.jpg
南側を振り返る(※以下、南方向の写真は「↑ 南」、北方向の写真は「↑ 北」とします。)




abnsj0627_04DSC_0534.jpg
↑ 北 あべのキューズモール南側の入口付近




abnsj0627_05DSC_0536.jpg
↑ 南 ベルタの左(東)側にある白い高層ビルはプラウドタワー阿倍野(高さ84.28m)です。




abnsj0627_06DSC_0538.jpg
↑ 北 信号も新たに設置されています。




abnsj0627_07DSC_0555.jpg
↑ 北 あべのハルカス




abnsj0627_08DSC_0540.jpg
↑ 北 あべのキューズタウン北端付近まで来ました。




abnsj0627_09DSC_0548.jpg
↑ 北 前回撮影時には何もありませんでしたが、バス停らしきものが2ヶ所に設置されています。




abnsj0627_10DSC_0547.jpg
完成していないので何とも言えませんが、やはりバス停でしょうね。




abnsj0627_11DSC_0545.jpg
最後は、あべのキューズタウン北端部分から見た南側


少しずつではありますが、完成後の雰囲気が想像できるようになってきました。
 
 

あべの筋 130522

abnsj0522_01DSC_0015.jpg
阿倍野歩道橋から

あべの筋(都市計画道路長柄堺線)は、
大阪市北区から大阪府泉南市に至る主要地方道「大阪府道30号大阪和泉泉南線」の一部で、
あべの近鉄前交差点〜住吉区の遠里小野橋の区間を指します。
現在、阿倍野再開発事業の一環として、幅員を24mから40mに拡幅する工事中です。



abnsj0522_02DSC_0009.jpg
阿倍野歩道橋から

あべの筋の天王寺駅前駅〜松虫駅間は阪堺電車(阪堺電気軌道)上町線との併用軌道区間となっており、
あべの筋の真ん中を路面電車が走っています。
写真の電車が止まっている駅は、上町線の起点「天王寺駅前駅」です。



abnsj0522_03DSC_0014.jpg
阿倍野歩道橋 東側から




abnsj0522_04DSC_0022.jpg
阿倍野歩道橋 西側から
写真真ん中のスペースに天王寺駅前駅が移るようですね。
移設後はまた阿倍野歩道橋歩道橋からアプローチできるようになる予定です。




abnsj0522_05DSC_0987.jpg
あべのキューズタウン2階から




abnsj0522_06DSC_0999.jpg
ズームで
部分的に歩道が完成しつつあります。




abnsj0522_07DSC_0008.jpg
さらにズームで




それでは、工事の南端部分である阿倍野交差点付近から、実際に現場を歩いて見ていきます。


abnsj0522_08DSC_0942.jpg
阿倍野交差点北西角
あべのベルタの前でも工事が進められています。




abnsj0522_10DSC_0946.jpg
1つ上の写真逆から
あべのベルタ北よりから見た阿倍野交差点方向




abnsj0522_11DSC_0953.jpg
キューズタウン南端部分




abnsj0522_12DSC_0955.jpg
キューズタウン南端部分から見た北側
正面にはあべのハルカスあべのniniが見えています。




abnsj0522_13DSC_0949.jpg
このあたりは歩道が完成しつつあります。
歩道の色やデザインは先日ご紹介した旭通と合わせているようです。




abnsj0522_14DSC_0959.jpg
1つ上の写真逆から
あべのベルタ、阿倍野交差点方向




abnsj0522_15DSC_0957.jpg
完成した歩道を北に向かって進んでいきます。




abnsj0522_16DSC_0961.jpg
あべのキューズモール南側の入口付近




abnsj0522_17DSC_0962.jpg
この部分は、地下鉄谷町線阿倍野駅の北改札とあべのキューズタウン地下1階を結ぶ
連絡地下通路の設置工事も行われています。




abnsj0522_18DSC_0972.jpg
ちょうどこの部分の地下ですね。




abnsj0522_19DSC_0969.jpg
あべのキューズタウンの1階部分にはこのような階段とエレベーターも設けられています。
現在はまだ閉鎖中ですが、連絡地下通路完成時にこちらも使えるようになりそうです。




また北に向かって進んでいきます。

abnsj0522_21DSC_0974.jpg
信号も新たに設置されていました。




abnsj0522_22DSC_0977.jpg
あべのキューズタウンがオープンしてからもこの辺りはずっと工事中でしたが、
こうして歩道ができてくるとかなり雰囲気も明るくなりますね。




abnsj0522_24DSC_0981.jpg
最後はまた、あべのベルタ、阿倍野交差点方向

なかなかいい感じなんじゃないでしょうか。完成が楽しみです。
 
 

阪堺電車 天王寺駅前駅 130419

先日の阿倍野地下通路の続きとして、本日は阪堺電車 天王寺駅前駅のご紹介をさせていただきます。


abntikd_02DSC_0163.jpg
先日の阿倍野地下通路の記事でも掲載したekimo天王寺の西側、通路が分岐する地点です。
4/24・25の記事では右側(北)に進んで、谷町線・あべちか方面への通路や、あべちか(地下街)をご紹介しましたが、
本日は、ここを左側(南)に進んで、阪堺電車 天王寺駅前駅に行きます。




abntikd_03DSC_0019.jpg
上の写真の地点から左側(南)に曲がったところ




hankai_02DSC_0272.jpg
阿倍野歩道橋の架け替えに伴い、現在、阪堺電車 天王寺駅前駅への出入口はこの地下通路からのみとなっています。




hankai_12DSC_0675.jpg
しばらく進むと地上に上る階段が出てきます。




hankai_03DSC_0145.jpg
上から見た階段




hankai_04DSC_0146.jpg
階段を上りきると改札が出てきます。




hankai_05DSC_0142.jpg
車止め部分から見たホームの様子
ホームは相対式2面1線。向って左側が乗車用ホーム、右側が降車用ホームとなっています。
有効長は2両分ありますが、臨時列車運転時等を除いて普段は車止めから1両分を空けて停車します。

停車中の車両は、80年以上前に製造され定期運用される電車として
現役日本最古である阪堺161形です。



hankai_13DSC_2218.jpg
あべの筋を走行中の161形




hankai_06DSC_0273.jpg
南側から見た車止め・改札部分
上に目を向けると、阿倍野歩道橋が見えます。
以前は歩道橋から駅に下りる階段がありましたが、歩道橋架け替えに伴い現在は撤去されています。
あべの筋の拡幅による阪堺電車の移設後は、歩道橋からエレベーターでアクセスできるようになる予定です。




電車が入ってくる様子をご覧ください。

hankai_07DSC_0275.jpg
遠くの方に黄色い電車が見えてきました。
左側乗車用ホームでは電車を待つ人が並んでいます。




hankai_08DSC_0276.jpg
接近してきました。




hankai_09DSC_0278.jpg
駅に入ってきました。




hankai_10DSC_0281.jpg
到着しました。
この電車に乗ってきた人たちが右側の降車用ホームから出口に向います。
折り返しで数分後にまた出発です。




hankai_11DSC_0284.jpg
車両をアップで(モ501形)
この車両は、東京の都電荒川線と阪堺電車の共同PRの一環として、
お互いの旧塗装色に塗り替えて「PR相互乗り入れ」として運行している車両で
都電荒川線の昭和20~50年代のカラーに塗装されています。
 

 
最後に、阪堺電車についてざっと説明しておきます。
阪堺電車(阪堺電気軌道株式会社)は大阪唯一の路面電車で、
上町線(天王寺駅前〜住吉公園)と阪堺線(恵美須町〜浜寺駅前)の2つの路線を有しています。
今回ご紹介する上町線は、四天王寺と住吉大社への参詣客輸送を目的とする「大阪馬車鉄道」として
1900年に天王寺西門前駅〜東天下茶屋駅間が開業し、南海鉄道合併後の1910年には電化して電車の運転を開始しました。
その後、近畿日本鉄道、南海電気鉄道を経て1980年に阪堺線とともに「阪堺電気軌道」として分離されました。
現在あべの筋の拡幅工事が行われていますが、それに伴い上町線も現在の位置から西側にスライドする予定です。

今日は天王寺駅前駅だけのご紹介でしたが、阪堺電車については以前にもレポートしていますので
そちらの記事もご覧いただければと思います。
あべの筋 阪堺電車(1)
あべの筋 阪堺電車(2)


プラウドタワー阿倍野 20130324

3月に阿倍野に完成した2つのタワーマンションをご紹介します。


まずは、プラウドタワー阿倍野から

プラウドタワー阿倍野は、阿倍野交差点北東角付近、阿倍野体育館の跡地に
今年3月に竣工されたタワーマンションです。
(高さ84.28m、地上25階、総戸数131戸)

abn0324_01DSC_2185.jpg
阿倍野交差点 南側より




abn0324_02DSC_2336.jpg
夜になると、最上部にイルミネーションが点灯するようになっていました。




abn0324_04DSC_2186.jpg
南西側より




abn0324_05DSC_2212.jpg
北西側から




abn0324_06DSC_2217.jpg
北東側 あべの筋東側の裏通りより




abn0324_07DSC_2200.jpg
あべのベルタで半分隠れていますが、西側 金塚南北線からも見えます。




abn0324_08DSC_2221.jpg
北東側 あべのキューズモール南端から





abn0324_09DSC_2230.jpg
北東側 あべのキューズモール3階から




abn0324_10DSC_2216.jpg
1階 エントランス部分
あべの筋沿いの商店街に面しています。




abn0324_03DSC_2348.jpg
最後は、阿倍野交差点の夜景
後方にはあべのハルカスがそびえています。

立地の良さもあり、ここは売れるだろうなと思っていましたが、
やはり竣工前に全戸完売しました。


明日は、パークタワーあべのグランエアをレポートする予定です。
 
 

阿倍野 130327

すみません。本日も阿倍野関連、写真3枚だけです。


あべのキューズモール2階から

abn0327_01DSC_2294.jpg
あべの筋




abn0327_02DSC_2286.jpg
岸本ビル
順次テナントが入居、オープンしていっています。




abn0327_03DSC_2313.jpg
あべのルシアスとキューズモールの間の道路から見た
あべのハルカスあべのnini
 
 

阿倍野歩道橋からの景色 20130207

本日は写真3枚だけです。
2月7日に阿倍野歩道橋から撮影したあべの筋です。


0207_21_DSC_1585.jpg
写真右(西)側 あべのキューズモールの前の空き地の範囲まであべの筋が拡幅されるということですね。




0207_23_DSC_1658.jpg
西側
あべのnini、あべのキューズモール、あべのベルタ等大型の施設が並びます。




0207_22_DSC_1585.jpg
東側
こちらは昔からの商店街や古いビルと、新しいビルやマンションが混在しています。

 
 

天王寺ミオプラザ館、プラウドタワー阿倍野 20130207

本日は阿倍野関連の小ネタを2つご紹介します。


まずは、天王寺ミオプラザ館(旧「ステーションプラザてんのうじ」昨年7月に会社合併及び名称変更)

以前から改装工事が行われていましたが、
内外装及び入居店舗を大規模リニューアルして、3月15日にグランドオープンするということです。

0207_01_DSC_1664.jpg
あべのキューズモールから(2月7日撮影)




0207_03_DSC_1655.jpg
阿倍野歩道橋から(2月7日撮影)




0207_02_DSC_1651.jpg
阿倍野歩道橋から(2月7日撮影)




0116_22DSC_1210.jpg
ちなみにこの写真は今年1月22日に載せた写真(1月16日撮影)です。
この時は端だけだったのよくわかりませんでしたが、やはり工事用のパネルでした。






続いて、プラウドタワー阿倍野です。

0116_04DSC_1032.jpg
あべの交差点から(1月16日撮影)

プラウドタワー阿倍野は、阿倍野体育館の跡地に建設中のタワーマンションです。
(高さ84.28m、地上25階、総戸数131戸)
この3月に竣工及び入居開始予定で、現在仕上げ段階に入っています。
ちなみに、現時点で全戸完売しているそうです。


0207_11_DSC_1694.jpg
北西 あべの筋向かい側から(2月7日撮影)
1室電気がついている部屋がありました。




0207_12_DSC_1697.jpg
1階 北西側から(2月7日撮影)
あべの筋東側の商店街に面しています。




0207_13_DSC_1698.jpg
1階 エントランス部分(2月7日撮影)




0207_14_DSC_1708.jpg
1階 エントランス部分(2月7日撮影)
高級感があります。




0207_15_DSC_1702.jpg
1階 南側(2月7日撮影)
この部分が何になるのか気になるところです。
マンションの専用スペースなのか、もしくは何か店舗が入るのか。




0207_15_DSC_1703.jpg
真下から見上げる(2月7日撮影)
まだフェンスが張っておりこれ以上近づけないので、
角度的に商店街のアーケードと被ってしまいました。




0207_16_DSC_1715.jpg
あべの交差点から(2月7日撮影)
 
 

あびこ筋 〜 尼崎平野線(3)

昨日から続いて「あびこ筋 〜 尼崎平野線」

今日は、尼崎平野線を動物園前から天王寺の近鉄前交差点に向って散策します。


1301_3_01DSC_1146.jpg
動物園前から 東方向




1301_3_02DSC_1149.jpg
ズームで




1301_3_03DSC_1158.jpg
上町台地の高低差がよくわかります。




1301_3_04DSC_1163.jpg
阪神高速松原線の高架を超えたあたりから坂道が始まります。




1301_3_05DSC_1142.jpg
南東側 市大病院がそびえています。




1301_3_06DSC_1175.jpg
北東側 JR環状線と大和路線が並走し、その北側には天王寺公園が広がっています。




1301_3_07DSC_1138.jpg
一番右が大阪市立大学医学部附属病院
その左が大阪市立大学医学部のキャンパス
大阪市立大学医学部のキャンパスの北側、尼崎平野線に面してあべのメディックスがあります。




1301_3_08DSC_1133.jpg
大阪市立大学医学部附属病院(市大病院)




1301_3_09DSC_1122.jpg
あべのメディックス
あべのメディックスには、大阪市保健所をはじめとする大阪市関連の施設や
隣接する大阪市立大学医学部関連の施設が入居しています。




1301_3_10DSC_1187.jpg
あべのメディックス前から 南東側




1301_3_11DSC_1102.jpg
あべのルシアス前から 北東側
ルシアスあたりで上り坂は終わり、天王寺駅東側あたりまで上町台地上フラットな道が続きます。




1301_3_12DSC_1105.jpg
アポロビル前から 北東側




1301_3_14DSC_1192.jpg
アポロビル前から 南東側




1301_3_13DSC_1113.jpg
近鉄前交差点に到着
この近鉄前交差点を超えると「あびこ筋」となります。



 

あびこ筋 〜 尼崎平野線 ここまで。
 
 

あびこ筋 〜 尼崎平野線(2)

昨日から続いて「あびこ筋 〜 尼崎平野線」


1301_2_00DSC_0778.jpg
天王寺MIOから見た近鉄前交差点と尼崎平野線




1301_2_01DSC_0881.jpg
阿倍野橋(JRの線路が走る掘割部上の陸橋)から
尼崎平野線と掘割部のJR環状線と大和路線の線路が平行しています。
左のビル群は尼崎平野線の北側のビル群の裏側になります。




1301_2_02DSC_0704.jpg
阿倍野歩道橋から 西側
左(南)側 手前から、アベノセンタービル、アポロビル、あべのルシアス、あべのメディックス
右(北)側 手前から、エコーアクロスビル、アパホテル




1301_2_03DSC_0701.jpg
少しズームで




1301_2_04DSC_0692.jpg
阿倍野歩道橋から 西側 
阿倍野地区第二種市街地再開発事業の一環として、
あべの筋と共に幅員40mに拡幅工事中です。




1301_2_05DSC_1212.jpg
阿倍野歩道橋から 北西側 エコーアクロスビル、アパホテル天王寺駅前




1301_2_06DSC_1107.jpg
アポロビル前から 北東側 アパホテル天王寺駅前、エコーアクロスビル




1301_2_07DSC_1111.jpg
アポロビル前から 北西側

かなり古いビルです。
元々は「阿倍野ホテル」として昭和初期に建てられたものですが、ホテル廃業後は、
左(西)半分は浪速郵便局阿倍野橋分室、右(東)半分は大手前看護専門学校として利用されてきました。
浪速郵便局阿倍野橋分室は昨年の3月末で既に廃止になり、
大手前看護専門学校も平成24年度以降の新入生募集を中止しているようなので、
今後のこのビルの行く末が気になります。




1301_2_08DSC_1118.jpg
東側 大手前看護専門学校




1301_2_09DSC_0962.jpg
西側 元浪速郵便局阿倍野橋分室




1301_2_10DSC_0862.jpg
あべのルシアス前から
手前から あべのルシアス、アポロビル、アベノセンタービル、あべのハルカス
※あべのルシアス、アポロビルについては、また改めて紹介したいと思います。




1301_2_11DSC_1104.jpg
あべのルシアス前から 西側




1301_2_12DSC_0608.jpg
あべのルシアス前から 西側




1301_2_13DSC_0871.jpg
あべのルシアス前から 西側 少しズームで

このあたりは上町台地の西端で、東西でかなりの高低差があり、
動物園前・新今宮方面にかけて長い下り坂になっています。


 

あびこ筋 〜 尼崎平野線 次回に続きます。
 
 

あびこ筋 〜 尼崎平野線(1)

今回は、天王寺駅と近鉄百貨店(阿倍野橋駅)の間を東西に走る道路をご紹介します。
近鉄前交差点を境に、東側が「あびこ筋」、
西側は特に愛称はなく、大阪都市計画道路「尼崎平野線」となります。


1301_1_00DSC_0750.jpg
天王寺MIOから

阿倍野歩道橋が目を引く近鉄前交差点の手前(東側)までが「あびこ筋」で、
その奥(西側)が大阪都市計画道路「尼崎平野線」となります。
ちなみに、写真手前を左右(南北)に走っている道路は、
近鉄前交差点より右(北)側が「谷町筋」、左(南)側が「あべの筋」となります。
写真右(北)側、尼崎平野線と並んで掘割部を走る線路は、JR環状線と大和路線。
そのさらに右(北)には天王寺公園が広がっています。

※あびこ筋
阿倍野区の近鉄前交差点〜堺市との市境である住吉区の吾彦大橋
大阪では原則として南北方向に延びるものを「筋」、東西方向に延びるものを「通」と言います。
天王寺駅と近鉄の間は、東西方向の道路なのに、あびこ「筋」というのは、意外な感じがしますが、
この道路があびこ筋と呼ばれる区間は、近鉄前交差点から付属天王寺小学校前交差点までの約500mの区間のみで、
以東は国道25号となります。
あびこ筋は付属天王寺小学校前交差点で右(南)折し、上町筋の南端「天王寺バイパス」と合流し南方向に延びていきます。

※大阪都市計画道路尼崎平野線
阿倍野区の近鉄前交差点〜国道26号と交差する西成区の花園北交点
花園北交点から西側は国道43号となります。




1301_1_01DSC_0778.jpg
あびこ筋 南側 近鉄百貨店(阿倍野橋駅)前から




1301_1_02DSC_1246.jpg
あびこ筋 天王寺MIO(JR天王寺駅)と近鉄百貨店(阿倍野橋駅)の間 東側から




1301_1_03DSC_1231.jpg
あびこ筋 天王寺MIO(JR天王寺駅)と近鉄百貨店(阿倍野橋駅)の間 西側から




1301_1_04DSC_0537.jpg
あびこ筋北側 天王寺MIO(JR天王寺駅)




1301_1_05DSC_0538.jpg
天王寺MIO前




1301_1_06DSC_0477.jpg
あびこ筋北側 天王寺駅東口




1301_1_07DSC_1243.jpg
あびこ筋南側 近鉄百貨店(阿倍野橋駅)
近鉄百貨店新館の外壁もあべのハルカス低層部とデザインをする工事が行われています。




1301_1_09DSC_1250.jpg
近鉄百貨店前




1301_1_08DSC_0548.jpg
近鉄百貨店前




1301_1_10DSC_1235.jpg
あびこ筋南側 右から 近鉄百貨店、新宿ごちそうビル、天王寺都ホテル




1301_1_11DSC_0886.jpg
あびこ筋南側 新宿ごちそうビル
近鉄百貨店前と天王寺都ホテルの間にある飲食店ビル。
お好み焼き、焼肉、洋食、居酒屋、カフェなど約20店舗が入居し、「ごちビル」として親しまれています。
大阪の阿倍野にあるのになぜ「新宿」?と気になっている人も多いと思いますが、
新宿ごちそうビルの名前の由来は、もともとこの場所で戦後から営まれていた旅館の屋号が、
「新宿」(「新しい宿」という意味と、戦後復興が著しかった東京の新宿にあやかって)だったということで、
旅館廃業後にオープンしたこの飲食ビルにも「新宿」という名称が受け継がれたらしいです。




1301_1_12DSC_0528.jpg
あびこ筋南側 天王寺都ホテル




1301_1_13DSC_0544.jpg
天王寺駅東口と近鉄百貨店(阿倍野橋駅中北口)の横断歩道
同じ場所の地下にある地下通路と共に、常に人通りの多い横断歩道です。

 

あびこ筋 〜 尼崎平野線 次回に続きます。
 
 

あべの筋 阪堺電車(2)

前回から引き続いてあべの筋の紹介

阪堺電車(2)です。


11DSC_0686*
あべのキューズモール2階から




12DSC_0186*
あべのハルカス南側にて
(モ351形(左)とモ701形(右))




13DSC_0462*
あべのキューズモール前にて
(モ701形)






阿倍野駅

15DSC_0612*
(南側から)
起点の天王寺駅前駅からひとつ目の駅です。地下鉄谷町線の阿倍野駅も併設されており乗降客数は多いです。
併用軌道区間にあり、両側を車道で挟まれています。
相対式2面2線のホーム(安全地帯)が設けられています。




14DSC_0418*
(北西(あべのベルタ)側から)
上下の電車が同時に停車しています。




16DSC_0626*
(西(あべのベルタ)側から)
下り住吉公園行(モ501形)が停車中です。





17DSC_0801*
阿倍野駅に停車中の「キン肉マン電車」(モ501形)
「新世界100周年キン肉マンプロジェクト」の一環として6月に登場した「キン肉マン電車」
新世界とゆかりの深い作者「ゆでたまご」書き下ろしのラッピングです。





18DSC_0202*
これは以前も一度掲載した写真ですが、
定期運用される電車として現役日本最古(80年以上前に製造)の車両である阪堺161形電車と
高さ日本一(300m)の超高層ビルあべのハルカスを一枚の写真に。
こういったものが混在しているところが天王寺・阿倍野のおもしろいところです。
 
 
(阪堺電車の記事ここまで)
 

あべの筋 阪堺電車(1)

前回に引き続いてあべの筋の紹介

今日は阪堺電車のご紹介です。


01DSC_0942*
モ601形(阿倍野駅にて)

阪堺電車(阪堺電気軌道株式会社)は大阪唯一の路面電車で、
上町線(天王寺駅前〜住吉公園)と阪堺線(恵美須町〜浜寺駅前)の2つの路線を有しています。
今回ご紹介する上町線は、四天王寺と住吉大社への参詣客輸送を目的とする「大阪馬車鉄道」として
1900年に天王寺西門前駅〜東天下茶屋駅間が開業し、南海鉄道合併後の1910年には電化して電車の運転を開始しました。
その後、近畿日本鉄道、南海電気鉄道を経て1980年に阪堺線とともに「阪堺電気軌道」として分離されました。





天王寺駅前駅

02DSC_0666*
(あべのキューズモール2階から)
上町線の起点です。あべの筋の中央部にあり両側を車道で挟まれています。
現在あべの筋の拡幅工事が行われていますが、それに伴い上町線も西側にスライドする予定です。




03DSC_0576*
(駅南側の横断歩道から)




04DSC_0468*
(近鉄前交差点北東角から)




05DSC_0676*
(改札部分)




06DSC_0557_2*
(ホーム)
ホームは相対式2面1線で有効長は2両分ありますが、
臨時列車運転時等を除いて普段は車止めから1両分を空けて停車します。




07DSC_0678*
阿倍野歩道橋の架け替え工事に伴い、現在出入口は地下道からのみとなっています。





08DSC_0457*
近鉄南の横断歩道で信号待ちをする阪堺電車



 
阪堺電車 次回に続きます。
 
  

あべの筋(3)

前回に引き続いてあべの筋の紹介

今日は地下鉄・阪堺阿倍野駅周辺です。


01DSC_0587_1203.jpg
阿倍野交差点南西側から見た北方面




02DSC_0592_1203.jpg
阿倍野交差点南東側から見た北西方面




03DSC_0373_1203.jpg
阿倍野交差点南西側から見た北東方面




04DSC_0590_1203.jpg
阿倍野交差点南東側から見た西方面
横断歩道を渡ったところには、地下鉄阿倍野駅の南改札の出入り口(6号出入口)があります。




05DSC_0605_1203.jpg
阿倍野交差点北東側から見た南方面
上の走る高架は阪神高速14号松原線です。




06DSC_0380_1203.jpg
あべのベルタ前から見た北方面




プラウドタワー阿倍野
阿倍野体育館の跡地に建設中のタワーマンションです。(地上25階、高さ84.28m)
2013年3月竣工予定です。

07DSC_0205_1203.jpg
(南西から)



08DSC_0198_1203.jpg
(北西から)





あべのベルタ
阿倍野地区再開発事業の一環として1987年に開業した複合ビルです。
地下2階〜4階は主に商業施設が入居し、4階~17階は住宅や事務所となっています。
地下2階では地下鉄阿倍野駅と直結しています。

09阿倍野交差点DSC_1203jpg
(南東から)



10DSC_0594_1203.jpg
(北東から)



11DSC_0624_1203.jpg
(あべのベルタ1階)地下鉄阿倍野駅の南改札の出入り口(7号出入口)があります。



12阿倍野駅DSC_0416_1203
(あべのベルタ1階)



13ベルタDSC_0420_1203
(あべのベルタ1階)

 


 
あべの筋 次回に続きます。
 
 

あべの筋(2)

前回に引き続いてあべの筋の紹介

今日はあべの筋東側の商店街です。


あべの筋の東側は、あべの近鉄前交差点南東〜阿倍野交差点にかけて
商店街(阿倍野筋1丁目東商店会、阿倍野筋2丁目東商店会)が続いています。

01DSC_0688*
あべのnini2階通路から




02DSC_0578*
かつては西側も商店街になっておりアーケードも設置されていましたが、
再開発に伴いあべのキューズモールが建設された今では、全く面影すら残っていません。




北から見ていきます。

03DSC_0792*
(北→南)
手前から2件目の店は阿倍野を代表する老舗の喫茶店「スワン」です。
そのひとつ奥は以前紹介した「ユーゴー書店」の跡にできたカラオケBOXです。




04DSC_0194*
(南→北)




05DSC_0197*
(北→南)
近鉄前交差点と阿倍野交差点のちょうど中間あたりに地下鉄阿倍野駅の北改札の出入り口(1号出入口)があります。
近鉄阿部野橋駅から地下鉄谷町線への乗り換えだと、天王寺駅よりこちらの方が近いような気がします。




06あべの筋DSC_0428*
(南→北)
いろんな業種の店があります。チェーン店と昔からの地元の店も新旧バランスよく共存している感じです。
左側に見えるオレンジの電車は、阪堺電車です。




07あべの筋DSC_0429*
(北→南)




08DSC_0599*
(南→北)




09DSC_0604*
(南→北)
地下鉄阿倍野駅の南改札の出入り口(3号出入口)です。

実は、阿倍野交差点の東側や南側にもまだまだ商店街が続いていますが、
それはまた別の機会に紹介できればと思います。

 


 
あべの筋 次回に続きます。
 
 

あべの筋(1)

あべの筋は、大阪市北区から大阪府泉南市に至る主要地方道「大阪府道30号大阪和泉泉南線」の一部で、
あべの近鉄前交差点〜住吉区の遠里小野橋の区間を指します。
現在、阿倍野再開発事業の一環として、幅員を24mから40mに拡幅する工事中です。


あべのキューズモール2階から

01DSC_0678*
南側
天王寺駅前駅〜松虫駅間は阪堺電車(阪堺電気軌道)上町線との併用軌道区間となっており、
あべの筋の真ん中を路面電車が走っています。




02DSC_0689*
南東側ズームで
右奥にある白い高層ビルはプラウドタワー阿倍野(高さ84.28m)です。




03DSC_0458*
阿倍野歩道橋南東角から
写真手前 あべの筋の真ん中に阪堺電車の天王寺駅前駅があります。
道路の向かい側は、右からあべのnini、あべのキューズモール、あべのベルタです。




04DSC_0724*
阿倍野歩道橋北東角から見たあべの筋(南側)方面
写真のあべの近鉄前交差点を境に北側谷町筋南側がと呼ばれています。




05DSC_0547*
あべのハルカス西側から




06DSC_0461*
あべのハルカス・阿部野橋駅方面とあべのキューズモール(メインエントランス)間の横断歩道




07DSC_0653*
横断歩道から見た北側




08DSC_0484*
横断歩道から見た南側




09DSC_0430*
あべのキューズモール(メインエントランス)から見た南側




10DSC_0647*
少し南から見た北側




11DSC_0194*
キューズモールの南端あたりから見た北側
 


 
あべの筋 次回に続きます。