天王寺公園 170502(3)てんしば編3

tnnj170502_61DSC_0886.jpg
あべのハルカスをはじめとする天王寺・阿倍野のビル群と「てんしば」
(2017.5.2撮影)


天王寺公園 170502(1)てんしば編1
天王寺公園 170502(2)てんしば編2に続いて
「てんしば」を中心に、2017年5月2日に撮影した天王寺公園の写真をUPしていきます。


abn170424_47DSC_0502.jpg
あべのルシアス15階から見た天王寺公園付近(2017.4.24撮影)

天王寺公園
JR天王寺駅の北西側、大阪市天王寺区茶臼山町にある市立公園です。
総面積26.0haの園内には、1915年(大正4年)開園の天王寺動物園をはじめ、
市立美術館、旧住友家の名園慶沢園、茶臼山、河底池等があります。
2015年10月には、公園南東部のエントランスエリアが
「てんしば」エリアとしてリニューアルオープンました。






「てんしば」
JR天王寺駅方面からの入口となる南東部のエントランスエリアに、2015年10月にオープン。
面積は約25,000平方メートル。約7,000平方メートルの広大な芝生広場を中心に
カフェや各種レストランをはじめ、コンビニエンスストア、産直市場、ゲストハウス、
子どもの遊び場、ドッグラン、フットサルコート等、多彩な施設が立地しています。



「てんしば」についての詳細は、公式HP https://www.tennoji-park.jp/ をご覧ください。



今日は「てんしば」の西側、芝生広場を中心に見ていきます。

tnnj170502_32DSC_0828.jpg
東側から見た「てんしば」芝生広場(2017.5.2撮影)

東・北・南側を商業施設、西側を天王寺動物園に囲まれた芝生広場は
東西に長い長方形の形をしており、面積は約7,000平方メートル。
芝生広場の外周の歩道は1周約450m・半周約250mのジョギングコースにもなっています。
開園時間は7:00~22:00となっています。



tnnj170502_67DSC_0829.jpg
「てんしば」芝生広場(2017.5.2撮影)

芝生広場の中央の方ではサッカー等スポーツを楽しむ人が目立ちました。
そして、その奥には天王寺動物園の入口も見えています。


tnnj170502_68DSC_0836.jpg
「てんしば」芝生広場(2017.5.2撮影)

奥の方には通天閣も見えています。



tnnj170502_65DSC_0833.jpg
「てんしば」芝生広場(2017.5.2撮影)

端の方の少し盛り上がったところには、座って寛いでいる人が多かったです。



tnnj170502_64DSC_0824.jpg
「てんしば」芝生広場(2017.5.2撮影)



tnnj170502_64DSC_0814.jpg
「てんしば」芝生広場(2017.5.2撮影)



tnnj170502_66DSC_0843.jpg
「てんしば」芝生広場(2017.5.2撮影)



tnnj170502_62DSC_0880.jpg
「てんしば」芝生広場の西端部分から見た東側
(2017.5.2撮影)




tnnj170502_63DSC_0894.jpg
「てんしば」芝生広場とJR天王寺駅(天王寺MIO)
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_69DSC_0890.jpg
「てんしば」芝生広場とあべのハルカス
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_70DSC_0912.jpg
「てんしば」芝生広場の西端部分から見た西側
天王寺動物園 てんしばゲート
(2017.5.2撮影)

「てんしば」の西側は天王寺動物園となっています。
上記写真の「てんしば」に面した動物園南東側の入口「てんしばゲート」の他、
動物園の西側、新世界に面した所に「新世界ゲート」が設けられています。

この写真を撮ったのは平日の18:00前だったので、もう閉園していました。



tnnj170502_71DSC_0876.jpg
「てんしば」から見た天王寺動物園 てんしばゲート
(2017.5.2撮影)

天王寺動物園
天王寺公園内にある大阪市立の動物園で、1915年(大正4年)1月1日に開園しました。
現在約11ヘクタールの園内におよそ200種1000点の動物を飼育しており、
都心のオアシスとしていつも多くの利用者で賑わっています。

■開園時間:9:30~17:00(入園は16:00まで)
(5月・9月の土日祝日は18:00まで開園、入園は17:00まで)
■休園日:毎週月曜日(休日にあたる場合は翌平日休)
■入園料(一般入園者):大人500円、小・中学生200円、未就学児無料

天王寺動物園についての詳細は、
公式HP http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu170/tennojizoo/ をご覧ください。


個人的な話ですが、僕自身初めての動物園の記憶が
30数年前に遠足で来た天王寺動物園だったので、
昔から非常に思い入れの強い動物園です。



tnnj170502_72DSC_0878.jpg
「てんしば」芝生広場の西端部分から見た北西側
(2017.5.2撮影)

写真の右奥の方には大阪市立美術館が見えています。
その手前の階段は「てんしば」と大阪市立美術館方面を結ぶ陸橋です。



tnnj170502_73DSC_0915.jpg
「てんしば」と大阪市立美術館方面を結ぶ陸橋
(2017.5.2撮影)


「天王寺公園 170502」次回に続きます。
次回は上記写真の陸橋を通って大阪市立美術館方面を見ていきます。
 
関連記事

天王寺公園 170502(2)てんしば編2

tnnj170502_32DSC_0828.jpg
天王寺公園エントランスエリア「てんしば」芝生広場
(2017.5.2撮影)


天王寺公園 170502(1)てんしば編1に続いて
「てんしば」を中心に、2017年5月2日に撮影した天王寺公園の写真をUPしていきます。


abn170424_47DSC_0502.jpg
あべのルシアス15階から見た天王寺公園付近(2017.4.24撮影)

天王寺公園
JR天王寺駅の北西側、大阪市天王寺区茶臼山町にある市立公園です。
総面積26.0haの園内には、1915年(大正4年)開園の天王寺動物園をはじめ、
市立美術館、旧住友家の名園慶沢園、茶臼山、河底池等があります。
2015年10月には、公園南東部のエントランスエリアが
「てんしば」エリアとしてリニューアルオープンました。






「てんしば」
JR天王寺駅方面からの入口となる南東部のエントランスエリアに、2015年10月にオープン。
面積は約25,000平方メートル。約7,000平方メートルの広大な芝生広場を中心に
カフェや各種レストランをはじめ、コンビニエンスストア、産直市場、ゲストハウス、
子どもの遊び場、ドッグラン、フットサルコート等、多彩な施設が立地しています。



「てんしば」についての詳細は、公式HP https://www.tennoji-park.jp/ をご覧ください。



前回の天王寺公園 170502(1)てんしば編1では
東側、JR天王寺駅寄りの「天王寺ゲート」付近の商業施設が並んでいるところをご紹介しましたが、
今日はその西側、芝生広場とその南北に立地する施設を中心に見ていきます。

tnnj170502_31DSC_0799.jpg
東側から見た「てんしば」芝生広場(2017.5.2撮影)

東・北・南側を商業施設、西側を天王寺動物園に囲まれた芝生広場は
東西に長い長方形の形をしており、面積は約7,000平方メートル。
芝生広場の外周の歩道は1周約450m・半周約250mのジョギングコースにもなっています。
開園時間は7:00~22:00となっています。



まずは、芝生広場の北側に並ぶ施設から見ていきます。

tnnj170502_26DSC_0795.jpg
前回の天王寺公園 170502(1)てんしば編1でご紹介した
夜の肉炉端ROBERT、青いナポリ イン ザ パーク付近から見た西側、芝生広場方面
(2017.5.2撮影)

ここを右(北)に曲がります。


tnnj170502_33DSC_0802.jpg
1つ上の写真の位置から右(北)に曲がったところ
(2017.5.2撮影)

正面に見える3階建ての建物は近鉄フレンドリーホステルです。



tnnj170502_33DSC_0815.jpg
(2017.5.2撮影)

【ゲストハウス】
近鉄フレンドリーホステル Kintetsu Friendly Hostel-Osaka Tennoji Park-

1階は多言語対応の国際観光案内所、バス待合所、共用キッチンを備えた交流スペース、
2・3階はゲストハウス(ベッド数70台)となっています。



tnnj170502_34DSC_0809.jpg
近鉄フレンドリーホステル前から見た南側
(2017.5.2撮影)



芝生広場の北側を、西へ向かって順に見ていきます。

tnnj170502_34DSC_0811.jpg
(2017.5.2撮影)

【総合ペットサービス】
ペットパラダイス DX
営業時間:10:00~20:00
(トリミングサロン・ドッグラン・犬の幼稚園は10:00~19:00)



tnnj170502_35DSC_0852.jpg
ペットパラダイス DXのドッグラン(2017.5.2撮影)



tnnj170502_36DSC_0860.jpg
ペットパラダイス DXのドッグラン(2017.5.2撮影)



tnnj170502_37DSC_0851.jpg
(2017.5.2撮影)

【肉と野菜×MEN & WOMEN】
ソライロキッチン
SORAIRO KITCHEN in TENSHIBA PARK
営業時間: 11:00~23:00



tnnj170502_38DSC_0861.jpg
ソライロキッチン(2017.5.2撮影)



tnnj170502_39DSC_0863.jpg
ソライロキッチンのテラス席(2017.5.2撮影)



tnnj170502_40DSC_0248.jpg
夕方のソライロキッチン(2017.5.2撮影)



tnnj170502_41DSC_0864.jpg
(2017.5.2撮影)

【カフェ、地元大阪産野菜・果物・加工品】
産直市場よってって
営業時間: 10:00~20:00



tnnj170502_42DSC_0869.jpg
産直市場よってっての西側に建つ
池上四郎第6代大阪市長の銅像
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_43DSC_0872.jpg
産直市場よってっての前から見た南東側(2017.5.2撮影)

あべのハルカスをはじめとする天王寺・阿倍野のビル群と「てんしば」



tnnj170502_44DSC_0906.jpg
西側から見た芝生広場北側の通り(2017.5.2撮影)



続いて、芝生広場の南側を、
東から西へ向かって順に見ていきます。

tnnj170502_45DSC_0823.jpg
東側から見た芝生広場南側の通り(2017.5.2撮影)



tnnj170502_46DSC_0820.jpg
(2017.5.2撮影)

【子どもの遊び場】
ボーネルンド プレイヴィル 天王寺公園
営業時間: 9:00~19:00(冬期は18:00まで)



tnnj170502_47DSC_0839.jpg
ボーネルンド プレイヴィル 天王寺公園
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_50DSC_0253.jpg
(2017.5.2撮影)

【フットサルコート】
キャプテン翼スタジアム天王寺
キャプテン翼サッカースクール天王寺校
営業時間:10:00~24:00(土・日・祝は8:00~24:00)



tnnj170502_49DSC_0847.jpg
キャプテン翼スタジアム天王寺(2017.5.2撮影)



tnnj170502_51DSC_0225.jpg
キャプテン翼スタジアム天王寺(2017.5.2撮影)


「天王寺公園 170502」次回に続きます。
 
関連記事

天王寺公園 170502(1)てんしば編1

tnnj170502_01DSC_0761.jpg
天王寺公園エントランスエリア「てんしば」
(2017.5.2撮影)


今日から何回かに分けて「てんしば」を中心に、
2017年5月2日に撮影した天王寺公園の写真をUPしていきます。


abn170424_47DSC_0502.jpg
あべのルシアス15階から見た天王寺公園付近(2017.4.24撮影)

天王寺公園
JR天王寺駅の北西側、大阪市天王寺区茶臼山町にある市立公園です。
総面積26.0haの園内には、1915年(大正4年)開園の天王寺動物園をはじめ、
市立美術館、旧住友家の名園慶沢園、茶臼山、河底池等があります。
2015年10月には、公園南東部のエントランスエリアが
「てんしば」エリアとしてリニューアルオープンました。






「てんしば」
JR天王寺駅方面からの入口となる南東部のエントランスエリアに、2015年10月にオープン。
面積は約25,000平方メートル。約7,000平方メートルの広大な芝生広場を中心に
カフェや各種レストランをはじめ、コンビニエンスストア、産直市場、ゲストハウス、
子どもの遊び場、ドッグラン、フットサルコート等、多彩な施設が立地しています。



「てんしば」についての詳細は、公式HP https://www.tennoji-park.jp/ をご覧ください。



ということで、
JR天王寺駅の北西側「天王寺駅前」交差点にある
「天王寺ゲート」付近から順に見ていきます。

tnnj170502_02DSC_0742.jpg
「天王寺駅前」交差点西側の横断歩道から見た天王寺公園「天王寺ゲート」
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_04DSC_0749.jpg
「天王寺駅前」交差点西側の横断歩道から見た天王寺公園「天王寺ゲート」と谷町筋
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_02DSC_0738.jpg
「天王寺ゲート」の南側(2017.5.2撮影)

「天王寺駅前」交差点から新今宮駅方面への通り
後方に見えるドン・キホーテのビル等との間は
JRの環状線や大和路線等が走る掘割になっています。



tnnj170502_05DSC_0752.jpg
「天王寺ゲート」付近(2017.5.2撮影)



tnnj170502_09DSC_0771.jpg
「天王寺ゲート」付近から見た南東側
「天王寺駅前」交差点とJR天王寺駅(天王寺MIO)あべのハルカス
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_10DSC_0774.jpg
「天王寺ゲート」付近から見たあべのハルカス
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_11DSC_0320.jpg
「天王寺ゲート」付近から見たあべのハルカス
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_12DSC_0767.jpg
「天王寺ゲート」付近から見た西側(2017.5.2撮影)

「てんしば」の入口に寄りにあたる部分。
この辺りは通りの両側に商業施設が並んでいます。



tnnj170502_13DSC_0301.jpg
「天王寺ゲート」付近から見た西側(2017.5.2撮影)

夕方から夜は、並木のライトアップや暖色系の夜間照明がいい感じです。



tnnj170502_06DSC_0753.jpg
案内図は動物の形のデザインになっています。
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_07DSC_0755.jpg
天王寺公園案内と周辺案内
(2017.5.2撮影)

左側の図「天王寺公園案内」のオレンジの部分が「てんしば」となります。



tnnj170502_08DSC_0758.jpg
店舗案内とエリア案内
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_14DSC_0769.jpg
(2017.5.2撮影)

【コンビニエンスストア】
ファミリーマート 天王寺公園エントランス店
営業時間:24時間



tnnj170502_15DSC_0777.jpg
ファミリーマートの前から
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_16DSC_0781.jpg
(2017.5.2撮影)

【フラワー&雑貨】
SPOONBILL(スプーンビル)
営業時間:10:00~21:00



tnnj170502_17DSC_0785.jpg
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_18DSC_0790.jpg
(2017.5.2撮影)

【クレープ&ガレットカフェ】
クレープリー・スタンド シャンデレール 天王寺
営業時間:平日10:00~23:00・土日祝8:00~23:00



tnnj170502_19DSC_0800.jpg
(2017.5.2撮影)

【和洋カジュアルダイニング】
肉炉端ROBERT
営業時間:ランチ11:00~16:00・ディナー17:00~23:00



tnnj170502_20DSC_0265.jpg
夜の肉炉端ROBERT
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_22DSC_0784.jpg
(2017.5.2撮影)

【スペシャルティコーヒーショップ】
タリーズコーヒー 天王寺公園店
営業時間:8:00~21:00

手前の建物は、あべちか(地下街)の出入口



tnnj170502_23DSC_0794.jpg
(2017.5.2撮影)

【ピッツェリア・トラットリア】
青いナポリ イン ザ パーク

営業時間:11:00~23:30
ランチ11:00~15:00(LO)
ディナー17:00~22:30(LO)
カフェ&バル11:00~23:00(LO)


tnnj170502_24DSC_0817.jpg
青いナポリ イン ザ パーク
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_25DSC_0268.jpg
青いナポリ イン ザ パーク
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_21DSC_0804.jpg
夜の肉炉端ROBERT、青いナポリ イン ザ パーク付近から見たあべのハルカス
(2017.5.2撮影)



tnnj170502_26DSC_0795.jpg
夜の肉炉端ROBERT、青いナポリ イン ザ パーク付近から見た西側
(2017.5.2撮影)

芝生広場が見えてきました。



tnnj170502_27DSC_0819.jpg
1つ上の写真と同じ場所から振り返った東側
JR天王寺駅(天王寺MIO)方面
(2017.5.2撮影)


「天王寺公園 170502」次回に続きます。
 
関連記事

鶴橋駅周辺 2014.2(2)

tsuru140224_11DSC_0911.jpg
鶴橋駅西改札口の西側(2014年2月撮影)

昨日の鶴橋駅周辺 2014.2(1)に続いて、
2014年2月撮影と少し古い写真が中心となってしまうのですが(一部2017年2月撮影)、
今日は鶴橋駅とその周辺の写真をUPしていきたいと思います。


tsuru140224_35DSC_0658.jpg
JR鶴橋駅 1番ホーム(2014年2月撮影)

鶴橋駅
JR西日本(大阪環状線)・近鉄(大阪線・難波線)・地下鉄千日前線が乗入れる駅。
1日の利用者数は、JRが20万人弱、近鉄が約16万人、地下鉄が約3万人、合計で40万人弱となり、
大阪市内では、大阪(梅田)難波天王寺(阿倍野)京橋に次ぐ利用者数です。





鶴橋駅周辺 2014.2(1)では、駅構内やホームをご紹介しましたが、
今日は、駅の周辺を見ていきます。

tsuru140224_06DSC_0336.jpg
鶴橋駅西改札口の東側(2017年2月撮影)

鶴橋駅周辺は、商店街や市場、飲食店街が広範囲に渡って広がっています。
アーケードが設けられた細い通りが迷路のように延々と伸びる商店街は
様々な店がひしめき合い、非常に活気があります。
御幸通(生野コリアタウン)等と共に日本最大のコリアタウンの中心で、
韓国食材・衣料品を扱った店舗や、焼肉店、韓国料理店も非常に多いのも特徴です。




まずは、西改札口の東側から見ていきます。

tsuru140224_03DSC_0870.jpg
鶴橋駅西改札口前から見た東側(2014年2月撮影)





この辺りは商店街や市場となっており、
アーケードが設けられた細い通りが延々と続いています。


tsuru140224_04DSC_0344.jpg
鶴橋駅の東側(2017年2月撮影)



tsuru140224_05DSC_0341.jpg
鶴橋駅の東側(2017年2月撮影)



tsuru140224_05DSC_0342.jpg
鶴橋駅の東側(2017年2月撮影)



tsuru140224_05DSC_0332.jpg
鶴橋駅の東側(2017年2月撮影)



続いて、西改札口の西側を見ていきます。

tsuru140224_07DSC_0876.jpg
鶴橋駅西改札口前から見た西側(2014年2月撮影)





この辺りは焼肉店、韓国料理店を中心とした
飲食店が集まっています。


tsuru140224_08DSC_0879.jpg
鶴橋駅西改札口前から見た西側(2014年2月撮影)



tsuru140224_10DSC_0904.jpg
鶴橋駅の西側(2017年2月撮影)



tsuru140224_14DSC_0887.jpg
鶴橋駅の西側(2017年2月撮影)



tsuru140224_15DSC_0890.jpg
鶴橋駅の西側(2017年2月撮影)



tsuru140224_16DSC_0889.jpg
鶴橋駅の西側(2017年2月撮影)



tsuru140224_17DSC_0863.jpg
鶴橋駅西改札口の西側から見た北側
(2014年2月撮影)

正面の通路を奥(北側)に進んで行くと、
JRの中央改札口および、地下鉄千日前線への出入口になります。



tsuru140224_18DSC_0857.jpg
1つ上の写真の通路を進んだところ
(2014年2月撮影)

写真左側の階段を下っていったところが地下鉄千日前線鶴橋駅、
写真右側の入口を入ったところがJR鶴橋駅の中央改札口


tsuru140224_19DSC_0670.jpg
JR鶴橋駅 中央改札口(2014年2月撮影)



tsuru140224_21DSC_0691.jpg
北側から見たJR鶴橋駅 中央改札口
(2014年2月撮影)

手前の横断歩道がある広い道路は千日前通です。





tsuru140224_22DSC_0673.jpg
千日前通を挟んだ北側(2014年2月撮影)

千日前通を挟んで駅の北側にも商店街が続いています。



tsuru140224_23DSC_0678.jpg
JR鶴橋駅 中央改札口の前から見た千日前通の東側(今里方面)
(2014年2月撮影)



tsuru140224_25DSC_0694.jpg
JR鶴橋駅 中央改札口の前から見た千日前通の西側(上本町方面)
(2014年2月撮影)


「鶴橋駅周辺 2014.2」以上です。
 
関連記事

鶴橋駅周辺 2014.2(1)

御幸通(生野コリアタウン) 2017.2に続いて、
2014年2月撮影と少し古い写真が中心となってしまうのですが(一部2017年2月撮影)、
今日は鶴橋駅とその周辺の写真をUPしていきたいと思います。

tsuru140224_41DSC_0985.jpg
近鉄鶴橋駅(2014年2月撮影)

鶴橋駅
JR西日本(大阪環状線)・近鉄(大阪線・難波線)・地下鉄千日前線が乗入れる駅。
1日の利用者数は、JRが20万人弱、近鉄が約16万人、地下鉄が約3万人、合計で40万人弱となり、
大阪市内では、大阪(梅田)難波天王寺(阿倍野)京橋に次ぐ利用者数です。





まずは、駅構内から見ていきます。

tsuru140224_02DSC_0875.jpg
JR・近鉄 西改札口(2014年2月撮影)

向かって左側がJR、右側の奥が近鉄の西改札口です。


tsuru140224_19DSC_0670.jpg
JRの中央改札口(2014年2月撮影)

JRの改札口はこちらがメインのようです。


tsuru140224_20DSC_0666.jpg
JRのBOOK OFF改札口(2014年2月撮影)

駅の中2階にある「BOOK OFF」にもJRの改札口が設けられています。



続いて、ホームを見ていきます。

tsuru140224_31DSC_0623.jpg
JR鶴橋駅 1番ホーム南端付近から
(2014年2月撮影)

JR鶴橋駅は、相対式ホーム2面2線の高架駅で、線路・ホームは3階部分にあり、
2階部分にある近鉄の線路・ホームとはホーム南寄りで立体交差しています。
ホームに設けられた乗換改札口・乗換専用通路によって、
JR←→近鉄を直接乗り換えができるようになっています。



tsuru140224_34DSC_0628.jpg
JR鶴橋駅 1番ホーム南端付近から見た2番ホーム
(2014年2月撮影)



tsuru140224_32DSC_0660.jpg
JR鶴橋駅 1番ホーム中央付近から
(2014年2月撮影)



tsuru140224_33DSC_0102.jpg
JR鶴橋駅 2番ホーム南端付近から
(2014年2月撮影)



tsuru140224_35DSC_0658.jpg
JR鶴橋駅 1番ホーム南寄りから
(2014年2月撮影)



tsuru140224_35DSC_0632.jpg
JR鶴橋駅 1番ホーム南寄りから
(2014年2月撮影)

写真左側に見える改札口は、近鉄への乗換改札口です。



tsuru140224_36DSC_0634.jpg
JR鶴橋駅 1番ホームから近鉄への乗換改札口
(2014年2月撮影)



tsuru140224_37DSC_0056.jpg
近鉄側から見た乗換改札口とJR鶴橋駅1番ホーム
(2014年2月撮影)



tsuru140224_38DSC_0058.jpg
JR←→近鉄の乗換専用の階段
(2014年2月撮影)



tsuru140224_40DSC_0023.jpg
乗換専用の階段から見た近鉄のホーム
(2014年2月撮影)



続いて、近鉄のホームを見ていきます。

tsuru140224_39DSC_0021.jpg
近鉄のホームから見たJRへの乗換専用の階段
(2014年2月撮影)



tsuru140224_45DSC_0042.jpg
近鉄鶴橋駅(2014年2月撮影)

近鉄鶴橋駅は、島式ホーム2面4線の高架駅で、線路・ホームは2階部分にあり、
3階部分にあるJRの線路・ホームとはホーム西寄りで立体交差しています。
ホームに設けられた乗換改札口・乗換専用通路によって、
JR←→近鉄を直接乗り換えができるようになっています。

1番線の北側にももう1面ホームがありますが、現在は使用されていません。



tsuru140224_44DSC_0968.jpg
近鉄鶴橋駅 1・2番ホーム西寄りから
(2014年2月撮影)



tsuru140224_45DSC_0018.jpg
近鉄鶴橋駅 1・2番ホーム東寄りから
(2014年2月撮影)



tsuru140224_51DSC_0038.jpg
近鉄鶴橋駅 3番ホームに停車中の特急「アーバンライナー」
(2014年2月撮影)



tsuru140224_49DSC_0971.jpg
近鉄鶴橋駅 2番ホームに停車中の準急名張行き(大阪線)
(2014年2月撮影)



tsuru140224_48DSC_0066.jpg
近鉄鶴橋駅 2番ホームに停車中の快速急行松阪駅行き(大阪線)
(2014年2月撮影)



tsuru140224_50DSC_0953.jpg
近鉄鶴橋駅 1番ホームに停車中の準急大和西大寺駅行き(奈良線)
(2014年2月撮影)


「鶴橋駅周辺 2014.2」次回に続きます。
 
関連記事