大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6(1)御堂筋線ホーム 等

hnmc150621_01DSC_0980.jpg
本町駅 御堂筋線ホーム(ホーム中央の階段から)
(全写真、2015年6月21日(日)・7月5日(日)撮影)

大阪市営地下鉄 本町駅
大阪市中央区船場中央にある大阪市営地下鉄の駅で、1933年(昭和8年)開業。
御堂筋線中央線四つ橋線の3路線が乗り入れています。

1日あたりの乗降客数は約21万4千人(中央線・四つ橋線含む)で、
梅田駅(御堂筋線単独で約44万人/谷町線東梅田駅・四つ橋線西梅田駅を含むと約70万人)、
難波駅(約35万人/千日前線・四つ橋線含む)、
天王寺駅(約25万人/谷町線含む)、淀屋橋駅(御堂筋線単独で約22万人)に次いで、
御堂筋線で第5位となっています。


★hnmc150705_00DSC_0086
駅周辺の地図(写真左が北・上が東)

南北に延びる御堂筋線・四つ橋線と東西に延びる中央線がコの字型に接続しています。



★hnmc150705_00DSC_0222
各線が少し離れていることや駅の上に船場センタービルがあることもあり、
駅構内はかなり複雑な構造になっています。
心斎橋駅や難波駅同様、改札内で繋がってはいますが御堂筋線と四つ橋線はかなり離れているので、
本町駅で御堂筋線と四つ橋線を乗り換える人は少なそうです。

■駅構内図(公式サイト)
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/station-guide/M/m18.html




それでは、今日は御堂筋線ホームを中心に見ていきます。

★hnmc150705_01DSC_0126

御堂筋線ホームは、島式ホーム1面2線で、ホーム有効長は10両分。

梅田駅・淀屋橋駅心斎橋駅天王寺駅等と同様に高い天井と広々とした空間が特徴ですが、
ホーム中央に天井を支える柱があったり、シャンデリア風の照明ではない点で、
淀屋橋駅心斎橋駅とは少し雰囲気が違います。

最近、壁面と天井がリニューアルされ、以前に比べてかなり明るく綺麗になりました。




★hnmc150705_01DSC_0187
御堂筋線ホーム 案内図




hnmc150621_02DSC_0994.jpg
御堂筋線ホーム




★hnmc150705_06DSC_0135
御堂筋線ホーム




★hnmc150705_03DSC_0998DSC_0137
ホーム壁面と駅名表示板・路線案内板

以前の緑と赤のタイルからかなり雰囲気が変わりました。




hnmc150621_04DSC_0999.jpg
駅名表示板(数年前から(船場西)と併記されるようになりました)

現在大阪市交通局では駅サインのリニューアルが進められていますが、
モデル駅に選ばれた本町駅では先行して新サインが導入されています。


駅名表示板以外のサインもざっとご紹介していきます。

hnmc150621_05DSC_0003.jpg
路線案内板




★hnmc150705_06DSC_0156
時刻表・乗車位置案内・全線路線図 等




hnmc150621_11DSC_0028.jpg
出口や駅周辺等の案内




hnmc150621_07DSC_0017.jpg
ホームの番号と行き先の方面




hnmc150621_08DSC_0009.jpg
乗換え・出口の案内




★hnmc150705_13DSC_0107
床に貼られたタイプ

まだまだいろんなタイプのサインがありますが、
キリがないのでとりあえずこの辺にしておきます。




★hnmc150705_14DSC_0161
ホーム中央付近
最近、天王寺駅の御堂筋線ホームでも新たにまた設けられましたが、
ホーム上の中2階にあたる部分に改札階とホームを結ぶバイパス通路が設けられています。
天井が高い広々とした空間が狭くなってゴチャゴチャしてしまうという弊害もありますが、
混雑が激しい駅なので仕方ないですね。




★hnmc150705_15DSC_0165
写真右側 バイパス通路を通って改札階(中改札)に向かいます。




★hnmc150705_16DSC_0171
階段の途中から見たホームとバイパス通路




★hnmc150705_17DSC_0176
バイパス通路上



★hnmc150705_19DSC_0181
結構有名な話だとは思いますが、
バイパス通路上の天井の照明は「HOMMACHI」の形になっています。




★hnmc150705_18DSC_0183
改札側から見たバイパス通路




★hnmc150705_24DSC_0211
バイパス通路を抜けた地点 中改札付近




★hnmc150705_22DSC_0191
中改札近くのトイレ入口

大阪市営地下鉄では、今里筋線を除く112駅においてトイレのリニューアルが順次進めれていますが、
本町駅中改札のトイレは2013年(平成25年)8月にリニュールが完了しました。




★hnmc150705_23DSC_0209
トイレ内(男子トイレ)
高級感のある落ち着いた内装になっています。

一方、女子トイレはの方はワインレッドを基調とした内装になっているそうです。
また、淀屋橋駅同様、女子トイレにはパウダーコーナーも設置されています。




★hnmc150705_21DSC_0219
中改札付近から見た、バイパス通路・ホーム方面


とりあえず今日はここまでです。
次回 大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6(2)中央線・四つ橋線ホーム 等に続きます。

■地下鉄関連記事
大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6(2)中央線・四つ橋線ホーム 等(2015/07/19)
大阪市営地下鉄 本町駅 2015.6(1)御堂筋線ホーム 等(2015/07/18)
淀屋橋駅(地下鉄御堂筋線)2015.6(2015/07/04)
地下鉄御堂筋線心斎橋駅 可動式ホーム柵設置 2015.3(2015/03/03)
地下鉄御堂筋線天王寺駅 可動式ホーム柵設置 2015.2(2015/02/24)
大阪市営地下鉄の可動式ホーム柵(千日前線) 201410(2014/11/02)
地下鉄御堂筋線 天王寺駅(2013/04/22)
 
関連記事

淀屋橋odona 2015.6(3)2階外周部

 
少し間が開いてしまいましたが、
淀屋橋odona 2015.6(1)7/12 写真追加・差し換え済)、
淀屋橋odona 2015.6(2)1階外周部7/12 写真追加・差し換え済)に続いて、
「淀屋橋odona」その3。
今日は2階外周部(北・西・南面)を中心にUPしていきます。
(2015年6月21日(日)・7月5日(日)撮影)


odona150705_63DSC_0428.jpg
淀屋橋odona 2階北側のウッドデッキ(回廊)

淀屋橋odonaの1・2階は、外周部の回廊に面して店舗が配置されているのが特徴で、
1階の外周部は通りまでゆったりと取られた空間とポルティコ(北・南面)、
2階の外周部にはウッドデッキの回廊(東面除く)が設けられており、
屋内と屋外の両側から各店舗に出入りすることができます。
(一部店舗は屋内もしくは屋外からの入口のみ)


★★★odona150709_60DSC_0091 (1)




まずは、2階の屋内部分から見ていきます。

odona150705_●61DSC_0390
「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」




odona150705_61DSC_0369.jpg
「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」




odona150705_●62DSC_0374
「淀屋橋三井ビルディング」





続いて、屋外のウッドデッキの回廊部分です。
北東角を起点に→北西角→南西角→南東角と、左回りに見ていきます。


odona150705_●64DSC_0403
北東角
突き当りの向こうは御堂筋です。




odona150705_●60DSC_0411
北東角付近から見た西側(北側の回廊)




odona150705_64DSC_0436.jpg
北西角付近から見た東側(北側の回廊)




odona150705_65DSC_0440.jpg
北西角から見た西側

住友ビル本館や住友ビルディング等、「住友村」のビル群が見えています。




odona150705_66DSC_0449.jpg
住友ビルディング方面をズームで

住友ビルディングの後方(西側)には、
肥後橋の大同生命大阪本社ビル(88.8m)、アパホテル大阪肥後橋駅前(107m)、
さらに後方には中之島の関電ビルディング(195.45m)が重なって見えています。




odona150705_68DSC_0461.jpg
北西角付近から見た南側(西側の回廊)




odona150705_69DSC_0468.jpg
北西角付近から見た淀屋橋odona西側の通り




odona150705_70DSC_0493.jpg
西側の回廊の中間辺りから見た北側
住友ビル本館や堂島の新ダイビル(高さ148m)等が見えています。




odona150705_73DSC_0502.jpg
西側の回廊の中間辺りから見た南西側




odona150705_74DSC_0512.jpg
南西角から見た西側
「住友村」にある大阪倶楽部、銀泉淀屋橋ビル(三井住友カード大阪本社)、
肥後橋の新石原ビル(石原産業本社)等が見えています。



odona150705_75DSC_0543.jpg
南西角から見た東側
(南側の回廊)




odona150705_78DSC_0566.jpg
南東角
突き当りの向こうは御堂筋です。




odona150705_77DSC_0564.jpg
南東角から見た西側
(南側の回廊)





odona150621_02DSC_0433.jpg
南東側(御堂筋)から見た淀屋橋odona

淀屋橋odona(三井住友海上大阪淀屋橋ビル・淀屋橋三井ビルディング)
淀屋橋の御堂筋沿い(中央区今橋四丁目)に立地する大型複合ビルで、
敷地の西側はいわゆる「住友村」の一角に面しています。
建物は一体化していますが、北半分がA棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」、
南半分がB棟「淀屋橋三井ビルディング」と、2棟のビルで構成されています。

A棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」は、東京の駿河台ビル・駿河台新館と並ぶ三井住友海上火災保険の主要拠点、
B棟「淀屋橋三井ビルディング」は、地権者および三井不動産の賃貸オフィスとなっています。

A棟・B棟共に、低層階(地下1階~地上2階)は、商業施設「淀屋橋odona」となっており、
「はたらく街」から「たのしむ街」へ。をコンセプトに、飲食店や雑貨店、書店など35店舗が入居しています。
※淀屋橋odonaの詳細は公式サイト(odona.jp)をご覧ください。

規 模:地上16階・地下4階建
竣 工:2008年




淀屋橋odona 2015.6 以上です。
  
関連記事

淀屋橋odona 2015.6(2)1階外周部

odona150705_●24DSC_0696
淀屋橋odona 1階北側のポルティコ(回廊)

先日の 淀屋橋odona 2015.6(1)に続いて、「淀屋橋odona」その2。
今日は1階外周部(北・西・南面)の写真をUPしていきます。
(2015年6月21日(日)・7月5日(日)撮影)
7/12 写真追加・差し換え済


odona150705_23DSC_0693.jpg
淀屋橋odona 1階北側のポルティコ(回廊)

淀屋橋odonaの1・2階は、外周部の回廊に面して店舗が配置されているのが特徴で、
1階の外周部は通りまでゆったりと取られた空間とポルティコ、
2階の外周部にはウッドデッキの回廊(東面除く)が設けられており、
屋内と屋外の両側から各店舗に出入りすることができます。
(一部店舗は屋内もしくは屋外からの入口のみ)


odona150705_●20DSC_0346
店舗一覧と1階のフロアガイド




それでは北東角を起点に→北西角→南西角→南東角と、
左回りに1階外周部を見ていきます。

odona150705_21DSC_0657.jpg
北東角から見た北側の通り




odona150705_22DSC_0685.jpg
1階北側のポルティコと歩道




★odona150709_24DSC_0029
1階北側のポルティコと歩道
(7月9日撮影)




odona150621_08DSC_0344.jpg
1階北側のポルティコと歩道

ファンションビルのテナントというより、路面店という雰囲気です。




smtm150621_24DSC_0338.jpg
北西角 




odona150621_07DSC_0329.jpg
北西角から見た東側
淀屋橋odona北側の通り




smtm150621_15DSC_0335.jpg
北西角から見た南側
淀屋橋odona西側の通り




★odona150709_261DSC_0039
この一角はパティスリー「ジョエル(joel)」と
スペインバール/レストラン「ファロ デル ポニエンテ(FARO DEL PONIENTE)」が並んでおり、
店の前にはテラス席も設けられています。
(7月9日撮影)



★odona150709_262DSC_0047
「ファロ デル ポニエンテ(FARO DEL PONIENTE)」とテラス席
(7月9日撮影)




★odona150709_263DSC_0063
「ファロ デル ポニエンテ(FARO DEL PONIENTE)」とテラス席
(7月9日撮影)




★odona150709_264DSC_0052
通りから見た「ジョエル(joel)」と「ファロ デル ポニエンテ(FARO DEL PONIENTE)」
(7月9日撮影)




odona150705_27DSC_0726.jpg
西側の通りから見た北側
突き当りには住友ビル本館の南東角が見えています。




odona150705_●29DSC_0739
西側の通りから2階外周部のウッドデッキへと通じる階段

その左側の緑の部分には、淀屋橋odonaができる以前、
ここに立地していた旧・愛日小学校の石碑が残されています。




odona150705_29DSC_0744.jpg




odona150705_32DSC_0757.jpg
西側の通りから見た南側




odona150705_34DSC_0783.jpg
南西角




odona150705_33DSC_0786.jpg
南西角から見た北側
淀屋橋odona西側の通り

正面には住友ビル本館や新ダイビル(148m)が見えています。




odona150705_35DSC_0777.jpg
南西角から見た東側
淀屋橋odona南側の通り

正面には日本生命本店の本館と東館が見えています。




odona150705_36DSC_0800.jpg
南側の通りから見た西側
通りの先には、大阪倶楽部、住友ビル2号館・3号館、新石原ビル(石原産業本社)等が見えています。

淀屋橋odonaは、いわゆる「住友村」と「日本生命村」に挟まれた地点に立地しています。




odona150705_37DSC_0790.jpg
1階南側のポルティコと歩道




odona150705_38DSC_0573.jpg
1階南側のポルティコと歩道




odona150705_39DSC_0812.jpg
南側の通りから見た東側

御堂筋と日本生命本店の本館と東館




odona150705_41DSC_0583.jpg
南東角付近から見た1階南側のポルティコと歩道



odona150705_42DSC_0637.jpg
南東角付近から見た南側の通り




淀屋橋odona 2015.6 次回に続きます。

odona150621_02DSC_0433.jpg
南東側(御堂筋)から見た淀屋橋odona

淀屋橋odona(三井住友海上大阪淀屋橋ビル・淀屋橋三井ビルディング)
淀屋橋の御堂筋沿い(中央区今橋四丁目)に立地する大型複合ビルで、
敷地の西側はいわゆる「住友村」の一角に面しています。
建物は一体化していますが、北半分がA棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」、
南半分がB棟「淀屋橋三井ビルディング」と、2棟のビルで構成されています。

A棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」は、東京の駿河台ビル・駿河台新館と並ぶ三井住友海上火災保険の主要拠点、
B棟「淀屋橋三井ビルディング」は、地権者および三井不動産の賃貸オフィスとなっています。

A棟・B棟共に、低層階(地下1階~地上2階)は、商業施設「淀屋橋odona」となっており、
「はたらく街」から「たのしむ街」へ。をコンセプトに、飲食店や雑貨店、書店など35店舗が入居しています。
※淀屋橋odonaの詳細は公式サイト(odona.jp)をご覧ください。

規 模:地上16階・地下4階建
竣 工:2008年


  
関連記事

阿倍王子神社・安倍晴明神社 2015.7.7「七夕祭」

abn150707_01DSC_0130.jpg
東側 あべの筋から見た阿倍王子神社

今日は七夕ということで、仕事の合間に近所の阿倍王子神社と安倍晴明神社の七夕祭に
ふらっとお詣りに行ったので、その様子をご紹介します。
(2015年7月7日撮影)


まずは、阿倍王子神社から見ていきます。

abn150707_03DSC_0121.jpg
東側(あべの筋側)の鳥居前から




abn150707_02DSC_0140.jpg
あべの筋沿い 北東角付近から
右手前の石碑にもあるように、すぐ近くに安倍晴明神社があります。




abn150707_04DSC_0114.jpg
東側(あべの筋側)の鳥居前から

数百軒の露店や約5万人とわれる人出で賑わう夏祭とは違って
人も少なく静かな感じですが、学天即や月亭八斗といったプロの芸人さんによる
漫才や落語の演芸会や抽選会が行われていたようです。

芸人さんが来て漫才や落語が行われていたのは帰ってきてから知ったのですが、
確かに社務所の方から、なにかイベントが行われているような司会の人の声や、
楽しげな話し声、笑い声が聞こえていて気にはなっていました。



abn150707_05DSC_0106.jpg
本殿

阿倍王子神社
創建についてはいろいろな説がありますが、熊野神社の分霊社である九十九王子の一つとされ、
大阪府内で唯一現存している王子となっています。
詳細はHP(http://abeouji.tonosama.jp/)ご覧ください。




abn150707_06DSC_0095.jpg
本殿




abn150707_07DSC_0089.jpg
本殿の前から見た西側 熊野街道方面





abn150707_08DSC_0088.jpg
保存樹にも指定されていますが、立派な神木です。




abn150707_09DSC_0083.jpg
西側(熊野街道側)の鳥居前から




abn150707_10DSC_0040.jpg
安倍晴明神社

阿部野王子神社から熊野街道を北に約50mほど行ったところに、安倍晴明神社があります。





abn150707_11DSC_0049.jpg

安倍晴明神社
阿倍王子神社が管理する末社で、境内約180坪(約600平米)ほどの小さなお宮です。
この地で生まれたとされていいる平安時代の陰陽師 安倍晴明を祀っています。
詳細はHP(http://abeouji.tonosama.jp/abeseimeijinja/)をご覧ください。




abn150707_12DSC_0062.jpg
安倍晴明神社 本殿




abn150707_13DSC_0066.jpg
安倍晴明公像と葛之葉霊狐の飛来像




abn150707_14DSC_0072.jpg
安倍晴明公像




abn150707_15DSC_0077.jpg
葛之葉霊狐の飛来像(くずのはれいこのひらいぞう)
狐であったと言われている晴明公の母・葛乃葉が信田森から飛来する姿を
イメージした像ということです。




abn150707_16DSC_0079.jpg
安倍晴明神社の境内西側 鳥居の近くにある泰名稲荷神社



阿倍王子神社では今年も例年通り7月27日(月)、28日(火)の
2日間に渡って夏祭が行われます。

matsuri14_00DSC_0708.jpg
昨年の夏祭の様子

境内や神社周辺に約300軒の露店が立ち並び、
2日間で約5万人もの人出で賑わう非常に賑やかな祭です。
興味のある方はぜひとも訪れてみてください。


matsuri14_12DSC_0726.jpg
昨年の夏祭の様子

2013年の夏祭のレポート → 阿倍王子神社 夏祭り 2014
2013年の夏祭のレポート → 阿倍王子神社 夏祭り 2013 
 
関連記事

淀屋橋odona 2015.6(1)

 
今日は、住友村 界隈 2015.6の終盤で少し触れた「淀屋橋odona」のご紹介です。
(2015年6月21日(日)・7月5日(日)撮影)
7/12 写真追加・差し換え済

odona150621_02DSC_0433.jpg
南東側(御堂筋)から見た淀屋橋odona

淀屋橋odona(三井住友海上大阪淀屋橋ビル・淀屋橋三井ビルディング)
淀屋橋の御堂筋沿い(中央区今橋四丁目)に立地する大型複合ビルで、
敷地の西側はいわゆる「住友村」の一角に面しています。
建物は一体化していますが、北半分がA棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」、
南半分がB棟「淀屋橋三井ビルディング」と、2棟のビルで構成されています。

A棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」は、東京の駿河台ビル・駿河台新館と並ぶ三井住友海上火災保険の主要拠点、
B棟「淀屋橋三井ビルディング」は、地権者および三井不動産の賃貸オフィスとなっています。

A棟・B棟共に、低層階(地下1階~地上2階)は、商業施設「淀屋橋odona」となっており、
「はたらく街」から「たのしむ街」へ。をコンセプトに、飲食店や雑貨店、書店など35店舗が入居しています。
※淀屋橋odonaの詳細は公式サイト(odona.jp)をご覧ください。

規 模:地上16階・地下4階建
竣 工:2008年


地下鉄御堂筋線淀屋橋駅に直結しています。



odona150705_01DSC_0873.jpg
北東側(御堂筋)から見た夜の淀屋橋odona




odona150621_03DSC_0377.jpg
淀屋橋odonaの前から見た御堂筋

この日は日曜だったので当然人も車も少なかったです。
この辺りは完全なオフィス街なので平日とは空気感が全然違います。

写真左側(東側)、御堂筋を挟んで淀屋橋odonaの向かい側には日本生命本店があります。




odona150621_06DSC_0354.jpg
日本生命本店(本館)

※日本生命本店を中心としたいわゆる「日本生命村」 についても、
また後日別の記事でご紹介する予定です。




odona150621_05DSC_0456.jpg
日本生命本店(本館)前から見た御堂筋と淀屋橋odona




odona150705_13DSC_0653.jpg
北側から見た御堂筋の歩道と淀屋橋odona




odona150705_07DSC_0640.jpg
南側から見た御堂筋の歩道と淀屋橋odona





odona150705_11DSC_0647.jpg
A棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」のエントランス




odona150705_12DSC_0331.jpg
A棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」のエントランス




odona150705_54DSC_0359.jpg
エントランスの吹抜け




odona150705_57DSC_0400.jpg
エントランスの吹抜け(2階から)




odona150705_55DSC_0355.jpg
左手前の通路を進むとB棟の「淀屋橋三井ビルディング」の方に通じています。
正面は三井住友海上のオフィスのエントランスです。




odona150705_56DSC_0363.jpg
三井住友海上のオフィスのエントランス





odona150705_10DSC_0324.jpg
B棟「淀屋橋三井ビルディング」(写真左側)と
A棟「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」(写真右側)の境目




odona150705_08DSC_0643.jpg
B棟「淀屋橋三井ビルディング」のエントランス
地下鉄 淀屋橋駅の出入口も併設されています。




odona150705_09DSC_0320.jpg
B棟「淀屋橋三井ビルディング」のエントランス




odona150705_51DSC_0298.jpg
エントランスの吹抜け




odona150705_53DSC_0383.jpg
エントランスの吹抜け(2階から)




odona150705_52DSC_0301.jpg
右手前の通路を進むとA棟の「三井住友海上大阪淀屋橋ビル」の方に通じています。
この日は日曜だったので真っ暗ですが、正面にはオフィスエントランスも見えています。




★odona150709_52DSC_0301DSC_0095 (1)
「淀屋橋三井ビルディング」1階 オフィスエントランス
(7月9日撮影)




★odona150709_52DSC_0097 (1)
「淀屋橋三井ビルディング」1階 オフィスエントランス
(7月9日撮影)

地下鉄 淀屋橋駅と直結している地下1階地にも同様のオフィスエントランスがあります。




odona150705_59DSC_0286.jpg
地下鉄 淀屋橋駅と直結している地下1階の入口




odona150705_58DSC_0281.jpg
地下鉄 淀屋橋駅構内(中北/中南改札口付近)から見た淀屋橋odonaの地下の入口





orix141014_3_03DSC_0275.jpg
最後は、オリックス本町ビル28階展望テラスからから見た御堂筋
淀屋橋odonaは写真左上の方に見えます。
(2014年10月撮影/オリックス本町ビルからの眺望 201410(3)から流用)


淀屋橋odona 2015.6 次回に続きます。
  
関連記事